【重要】競合サイト分析は必須!similarwebやahrefsで競合サイトを分析するメリットや見つけ方を紹介

競合サイトの分析をどうやって行うのかや、そのメリットに関して疑問を感じているのではないでしょうか。

メディア運営において競合サイトの分析は、必ず必要な項目です。ライバルサイトを分析することで、戦略を練ったりSEO対策に活かしたり、することができます。

逆に、競合サイトの分析を何も行わずに、ただ闇雲に自社だけで施策を練っている行為は、素人が独学でプログラミングを習得しようとしているようなものです。

まずは相手の強みや弱みを知ることが、メディア運営ではとても重要になります。

本記事では競合サイト分析における主なメリットや、具体的な分析のやり方などに関して、分かりやすく解説しています。

最後まで読んで頂くことで、競合サイトを分析する重要性に気付けることでしょう。

目次

競合サイトを分析するメリット

  1. 顧客ニーズを知ることができる
  2. 競合の戦略を知ることができる
  3. SEO対策に有効

競合サイトを分析するメリットとしては、主に3つ挙げられます。

中でも特に競合サイトの分析を行うことで、競合の戦略を知ることができるため、自社サイトにない戦略であれば真似することも可能です。

また、競合サイトがSEO対策における効果を実際に出しているのであれば、自社サイトでも同じような施策を行うことで、SEO対策における効果を効率的に得ることができます。

顧客ニーズを知ることができる

狙っているキーワードで自社サイトよりも、検索上位にある競合サイトを分析することで、どのような顧客ニーズがあるのかを知ることができます。

競合サイトのアクセス状況によっては、自社サイトにはない顧客ニーズが隠されていることも多いため、詳しく分析することでターゲットのニーズ調査にも役立ちます。

また、競合サイトを分析するうちに、見込み客に何度もリピートしてもらえるようなサイトの特徴を、掴むきっかけにもなり得るでしょう。

競合の戦略を知ることができる

競合サイトを分析することで、どのようなキーワードで集客を行っているのかを、明確に知ることができます。

また、競合サイトのサイト設計などを予測し、具体的にどのような戦略を立ててWebマーケティングを行っているのかを、仮説立てて対策を練ることも可能です。

競合サイトが良い戦略を行っていると判断できれば、自社サイトでも有効活用することもできるでしょう。

SEO対策に有効

競合サイトを分析することで、どのような戦略でどのようなキーワードを狙っているかが予測できるため、競合がまだ狙っていない穴場のキーワードなどを知ることができます。

SEO対策においては、まだ競合が目をつけてない競争力がそれほど高くない、キーワードを責めることも大切なことです。

ライバルが少なければそれだけ検索で上位表示がしやすくなるため、SEO対策においても競合サイトの分析は、とても重要だといえます。

競合サイトの見つけ方

  1. プレスリリースで同じ領域の情報発信している競合サイトを見つける
  2. ツールで上位表示されている競合サイトを調べる
  3. 狙っているキーワードで実際に検索をしてみる

自社サイトの競合サイトを見つける方法としては、実際に狙っているキーワードで検索をかけてみるのが、一番手っ取り早い方法です。

しかしながら、サイト内の記事が多くなってくると、毎回キーワードごとに検索をかけるのは大変面倒でしょう。

そのため、多くのサイト運営者は、競合サイトを効率的に分析できるツールを活用しています。

分析ツールを活用することで、競合サイトの流入キーワードや、流入経路などを効率的に調べることができます。

競合サイトの分析方法と見るべきポイント

  1. SNSやプレスリリースでどんなキャンペーンを行なっているか調査
  2. 上位表示サイトと自社のSEO対策を比較
  3. 他社がどのようなキーワードで広告を出しているか調査

競合サイトの分析でみるべきポイントとしては、主に3つ挙げられます。

特に上位表示サイトがどのようなSEO対策を行っているかは、とても重要な見るべきポイントです。

また、実際に競合サイトが行っている対策は、自社サイトでも同じように対策を練るべき場合が多いです。

SNSやプレスリリースでどんなキャンペーンを行なっているか調査

競合サイトを分析する方法としては、何も分析ツールを活用するだけではありません。

競合サイトがどのようなプレスリリース配信を行っているかや、SNS等を活用してどのようなマーケティング戦略を行ってるか、などもとても参考になります。

また、競合サイトと類似する商品やサービスを提供しているのであれば、競合サイトが行っている施策はどれも、自社サイトでも真似して行える可能性が高いです。

上位表示サイトと自社のSEO対策を比較

狙っているキーワードで実際に検索すると、検索上位に競合サイトが表示されます。

検索上位の競合サイトをチェックする際には、

  • 記事の内容
  • 被リンク
  • 階層構造

などを詳しく分析し、自社サイトに落とし込んで考えることが大切です。

競合サイトが行っていて、自社サイトが行っていない施策を分析し、自社サイトにも活かしていきましょう。

他社がどのようなキーワードで広告を出しているか調査

競合サイトを分析する際には、どのようなキーワードで広告を出しているのかを、知ることも大切なことです。

例えば競合サイトの分析ツールの一つである「ahrefs」で、他社のリスティングキーワードを調査し、どんなキーワードで流入を狙っているのか調べることができます。

検索流入が多いキーワードを知ることで、自社サイトでも同じように広告を出すこともできますし、敢えて競合サイトが出していないキーワードで広告を出すことも可能です。

競合サイト分析・解析に使えるおすすめツール

  1. ahrefs
  2. similarweb
  3. SEOチェキ

今は様々なSEOツールがリリースされていますが、その中でも特に競合サイトの分析や解析に特化したツールを、3つに絞って分かりやすくご紹介しています。

競合サイトの分析ツールの利用は、サイト運営を行う際には必須と言っても過言ではありません。

ご自身が気になるツールを実際に触ってみて、使いやすいと感じるものを、是非とも活用してみてください。

ahrefs

ツール名ahrefs(エイチレフス)
利用料金・ライト:82ドル
・スタンダード:149ドル
・アドバンスド:332ドル
・エージェンシー:832ドル
主な取得情報・キーワードリサーチ
・ランク・トラッキング
・競合分析
・被リンク調査 など
メリット目的に合わせて様々な機能を活用した分析が可能である
デメリット利用料金が高い

全世界で利用されているSEO分析ツール「ahrefs」には、様々な機能が搭載されています。

正直、ここまで便利なツールは他にないと言っても大袈裟ではなく、競合サイトのみならず自社サイトも、細かく分析することが可能です。

また、記事を作成する際の”キーワード選定機能”も搭載されており、検索エンジンごとにどのくらいのキーワード検索ボリュームがあるのかを、調べることもできます。

similarweb

ツール名similarweb(シミラーウェブ)
利用料金有料版(月額:199ドル)
主な取得情報・大まかなアクセス状況
・アクセスしている国や地域
・流入元と流入先のサイト
・トラフィックを集めているキーワード
・SNSからのトラフィック など
メリット最大37ヶ月前までのデータが確認可能
デメリット無料版だと競合サイトの分析には機能が乏しい

「similarweb」はイスラエルの企業が開発した、競合サイトの分析ツールです。

利用の際には無料版と有料版があり、無料版でもかなり便利な機能が利用できるようになっています。

ただし、競合サイトを詳しく分析するためには、有料版と比べて無料版では機能が乏しいです。

そのため、無料版を試しに利用してみて使い勝手が良いようであれば、有料版に切り替えることをおすすめします。

SEOチェキ

ツール名SEOチョキ
利用料金無料
主な取得情報・検索順位
・キーワード出現頻度
・発リンク数
・ドメインのWhois情報
・HTTPヘッダ情報
メリット完全無料で利用できるSEO分析ツール
デメリット他の有料ツールと比較して機能性が低い

「SEOチャキ」は、”ロプロス”と呼ばれる個人が運営しているSEO分析ツールです。

完全無料で使えるとても優れたツールであることから、すでに多くの利用者がいるため、信頼性がとても高く安心して使える無料SEO分析ツールの一つです。

ただ、他の有料分析ツールと比較して機能性に関しては少し落ちますが、できるだけコストをかけずに競合サイトの分析を行いたい、という人には大変おすすめでしょう。

あわせて読みたい
【いくつ?】ドメインパワーチェック方法と調べ方|ドメインパワーの実力を計測
【いくつ?】ドメインパワーチェック方法と調べ方|ドメインパワーの実力を計測「自社サイトのドメインパワーを知りたいのだけど、どうすれば調べられるのだろう?」と疑問に感じているのではないでしょうか。SEO対策を行う上で、サイトのドメインパ...

まとめ

競合サイトの分析を行うメリットとして、主に3つを挙げました。

  1. 顧客ニーズを知ることができる
  2. 競合の戦略を知ることができる
  3. SEO対策に有効

実際に自社でサイト運営を行っているのであれば、競合サイトの分析は必ず行わないといけない作業です。

ライバルサイトがどのような施策を行っているかによって、自社サイトの身の振り方も変わってきます。

競合サイトがどのような戦略を取っているのかを分析しながら、良い対策は積極的に自社サイトにも、取り込んでいくことが大切です。

とはいえ、競合サイトの分析から、自社サイトへの創意工夫までを一貫して自社で行うのは、とても大変なことだと思います。

幸い、弊社ウェブココル(株)では、競合サイトの分析から自社サイトのSEO対策まで全てお引き受け可能ですので、まずは是非ともお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
福岡で成果報酬(出来高制)のSEO対策業者ならウェブココル株式会社
福岡で成果報酬(出来高制)のSEO対策業者ならウェブココル株式会社福岡で成果報酬型のSEO対策業者を、お探しではないでしょうか?弊社ウェブココル(株)では、SEO対策エキスパートが多数在籍しており、成果報酬型での対応も行っており...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

目次
閉じる