外部リンク(被リンク)を増やす方法10選|外部対策なら被リンク獲得

外部リンク(被リンク)は検索順位を上げるために欠かせないSEO対策です。

しかし、被リンクを増やすには様々な外部対策が必要です。正しい方法で獲得していかなければ、検索順位に悪影響を及ぼす可能性もあります。

本記事では外部リンク(被リンク)を増やす方法を解説しています。SEOの外部対策なら、質のいいリンク獲得を目指しましょう。

著者:ウェブココル(株) SEO担当
福岡のSEO対策企業のウェブココル(株)です。Webコンサルティング及びSEO対策なら実績のある弊社にお任せください。

目次

外部リンク(被リンク)が必要な理由

外部リンクがSEOで検索順位を上げるために必要な理由はE-A-Tという指標が重視されているためです。

用語解説:E-A-Tとは?
⇒Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つが満たされているWebサイトやページを高く評価するというGoogleが定めた指標の1つです。
・専門性:特定の分野で詳しく書かれた専門的な内容
・権威性:多くの人に認めれらている存在
・信頼性:サイト運営者及びWebサイトの内容が信頼できるか
※参考:検索品質評価ガイドライン

例えば、風邪薬に関する内容を書いた一般人のブログより、医療従事者の方が書いた製薬会社のサイトの方が評価されやすくなります。理由は専門的で信憑性も高いからです。

その結果「専門的で信頼のあるサイトなら外部リンクが多いはずだ」と判断されます。つまり”外部リンク=Web上での第三者からの評価”という風に捉えてもらうといいでしょう。

リンクは編集者による人気投票のようなもので、役に立つコンテンツを多く提供するほど、そうしたコンテンツが自サイトのユーザーにとって有益だと気付く人が増え、そのサイト コンテンツへのリンクを設定してもらえる可能性が高くなります。

引用:リンクプログラム-Google Developers

そのため、「専門性・権威性・信頼性」を満たすサイト作りが外部リンクを獲得するための前提です。そして、Googleの指標にあるE-A-Tを満たしていると判断されるために、質のいい外部リンクが欠かせません。

外部リンク(被リンク)のSEO効果

  • ページの評価が上がる
  • サイト全体が上位表示されやすくなる
  • ページを評価するスピードが早くなる

外部リンクの獲得で期待できるSEO効果は、Googleに対してWebサイトの評価を上げることです。

また、SEO効果は外部リンクをもらったページだけではありません。サイト全体が検索結果で上位表示しやすくなる効果も期待できます。

さらに、Webサイトへの外部リンクが増えるとクローラーの巡回率が上がります。Googleの検索エンジンでは「クローラー」と呼ばれるプログラムが、あらゆるリンクを巡ってWebサイトの情報収集をしています。

そのため、外部リンクを辿ってWebサイトの評価が新しく更新されていくのもメリットです。

つまり、SEO効果としてWebサイトやページの評価(順位)を上げることが期待できます。そして、Googleにいち早く上位表示してもらうこともSEO効果の1つです。

外部リンク(被リンク)を増やす方法10選

  1. 網羅性の高いコンテンツ作成
  2. 逆検索をして掲載依頼を送る
  3. 寄稿をする
  4. 一次情報をプレスリリースする
  5. イベントやキャンペーンを行う
  6. SNSの活動で認知獲得
  7. トレンド性の高いコンテンツ作成
  8. 定期的に競合サイトを確認する
  9. 専門性の高いコンテンツ作成
  10. リンク切れサイトへ代替提案を行う

外部リンクを獲得する方法を解説します。今回はすぐに試すことができる方法を10個厳選しました。特に重要なのは総じて質のいいコンテンツを作成することです。ひとつずつ解説します。

外部リンクを増やす方法はあくまで一例です。SEO効果を確約するものではありません。参考にしながらまずは実践してみてください。

①網羅性の高いコンテンツ作成

記載した情報で検索ユーザーが欲している情報を網羅する必要があります。

例えば「肩こり 治し方」で検索された場合、痛み止めを飲む方法しか書かれていなければすぐに検索結果に戻ってしまいます。それ以上に、マッサージ方法や解消グッズが紹介されていれば、検索ユーザーにとって必要な情報が詰まっているはずです。

そのため、検索ユーザーにとって必要な情報を満たすことで「必要な情報が詰まっている有益なページ」として外部リンクが獲得しやすくなります。検索でユーザーが訪れた1ページの中に必要な情報を満たすようにしましょう。

②逆検索をして掲載依頼を送る

逆検索をすることで外部リンクを獲得することもできます。自身のサイトのコンテンツが他のサイトで利用されていないか、逆検索をして確認してみましょう。

逆検索とは主に3つの方法があります。

  1. 画像検索で類似画像を探す
  2. 専門的な解説が無断掲載されていないかツールでチェックする
  3. 自社サービス・店舗名を検索して言及しているサイトを探す

例えば、画像検索をして自サイトと同じ画像があれば出典先としてリンクを貼ってもらいましょう。さらに、同じ文章をコピーされたいたり、自社について言及しているサイトにリンクの交渉をします。

中にはバナーやスクリーンショットを無断掲載している場合もあるでしょう。しかし、「勝手に無断転載しないでください」と注意してしまうよりもSEO効果が期待できます。

③寄稿をする

寄稿とは他社や他のサイト運営者に「コンテンツを提供するので掲載してください」と依頼することです。

例えば、家電をおすすめしている比較サイトがあれば、自身で執筆した家電のレビュー記事を掲載してもらいましょう。その記事内から、執筆者として自分のサイトへリンクを貼らせてもらうことができれば、外部リンクが獲得できます。

ただし、nofollwではなくきちんとリンク効果のあるサイトに掲載してもらわなければいけません。そのため、寄稿を募集しているサイトや、リンク効果のあるサイトへ依頼を送るようにしましょう。

④一次情報をプレスリリースする

自社で一次情報をリサーチしてデータをプレスリリースする方法は、認知度を持っている企業や店舗におすすめしたい外部リンクの獲得手段です。

例えば、結婚相談所さんであれば「20代女性の未婚率に関する統計データ」を取って掲載します。もし、有名なプレスリリースのサイトであれば他サイトの運営者の目に止まることが多くなるでしょう。

長期的にデータが引用されることで外部リンクが獲得できる可能性があります。

⑤イベントやキャンペーンを行う

自社サービスのイベントやキャンペーンを行うことで、話題性から外部リンクを獲得する方法です。

例えば、イベントに対して協賛をしたりYoutuberとコラボするなどの企画を行います。他にもSNSを通じて割引キャンペーンやプレゼント企画をするのもいいでしょう。

その結果、ニュースサイトやまとめサイト等に転載される機会ができ、外部リンクの獲得に繋がっていきます。話題性を持たせて認知度のアップやリンクを貼ってもらう機会を増やしていきましょう。

⑥SNSの活動で認知獲得

SNSで積極的に活動することで、自社の認知度を上げるのも外部リンク対策の1つです。

例えば、食品会社さんであればレシピや美味しい食べ方をSNSで発信します。他にもインフルエンサーに商品を紹介してもらったり、話題性のあるコンテンツを作ってもらうこともおすすめです。

もし、会社名やサービス名の認知度が上がればGoogleでも検索されやすくなります。まずはSNSで認知度を上げることにより、外部リンクを獲得する機会を増やすことができます。

⑦トレンド性の高いコンテンツ作成

トレンド性の高いコンテンツとは最新情報を取り入れることです。

例えば、お酒に関するサイトなら2020年に「酒税法改正」の法律が変わった情報を載せるといいでしょう。新鮮な情報を競合サイトよりも早く取り入れることで、自分のサイトから外部リンクを獲得しやすくなります。

また、新しい情報を更新していく方が「更新率が高いサイト」としてSEO効果も期待できます。トレンドを素早くキャッチして、コンテンツに取り入れるようにしましょう。

⑧定期的に競合サイトを確認する

競合サイトは定期的にリンクやコンテンツを確認しましょう。

例えば、他社サイトにリンクしていて、自社サイトにリンクしていないページがないか探します。また、競合より良いコンテンツを作成してリンク配置や張り替えをおこなってください。

定期的に競合との違いを精査することにより、獲得すべき外部リンクや対策が見えてきます。

⑨専門性の高いコンテンツ作成

専門的な用語が入ったページは外部リンクがもらいやすい傾向にあります。

例えば、脱毛サロンなら「医療脱毛と脱毛サロンの違いとは?」など、解説系のページを入れるようにしてください。すると、専門家が書いたようなページはWikipediaのように引用されやすくなります。

そのため、検索ボリュームの少ないマニアックな内容でも、専門性の高いコンテンツは入れておくと良いでしょう。

⑩リンク切れサイトへ代替提案を行う

リンク切れを起こしているサイトがあれば、自サイトへリンクを張り替えてもらえないか代替提案を行います。この際、被リンクチェックツールを使えばすぐにリンク切れが確認ができます。

もし、リンク先として自分のサイトのコンテンツが当てはまりそうなら、代替提案を運営者にしてみましょう。

また、自分のサイトに貼られた被リンクも常にチェックしておく必要があります。時間が経つにつれて古いページが消えていたりする場合もあるからです。

自分のサイトへの被リンクがリンク切れを起こしている場合も、他の記事に張り替えてもらえないかリンク先に提案するのをおすすめします。

外部リンク(被リンク)を増やす際の注意点

  • ①量よりも質を重視する
  • ②同じアンカーテキストを多用しない
  • ③関連性に気をつける

外部リンクを増やしたい場合は上記のような注意が必要です。検索結果において悪影響が考えられるリンクは精査したり削除しましょう。

・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。

・アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。

・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

引用:リンクプログラム-Google Developers

例えば、相互リンクサイトに登録してもらう方法もおすすめしません。数年前は効果がありましたが、関連性が低く質の低いリンクと判断されます。

また、同じページから同じアンカーテキストを過度に使用するのもやめましょう。自演リンクと判断されればペナルティを受ける可能性が出てきます。

外部リンク対策はとにかく質のいいリンクの獲得を目指してください。内容があまりに薄いページや相互リンクを目的としたサイトからのリンクは、良い評価を受けるどころか順位が下がってしまう可能性があります。

ウェブココル(株)は外部リンクを増やすサポートを行っています

外部リンク獲得の代行ならSEO対策会社ウェブココル(株)にお任せください。

  • 貴社の問題解決からサポート
  • 最先端のSEO知識の提供
  • 独自のノウハウでコンサルタントが対応

弊社では検索順位アップの対策に強みを持っています。外部リンク対策において、施策提案〜結果分析までトータルサポートいたします。

貴社サイトの検索順位を上げるために外部リンクの獲得を代行いたします。弊社の独自のノウハウを生かし、コンサルタントがヒアリングから営業代行まで徹底して対応いたします。

外部リンク獲得代行のみ依頼は可能でしょうか?

はい、可能です。弊社では外部リンクを獲得するために外部リンク獲得検討リスト作成から営業も代行いたします。ぜひ一度お問い合わせください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる