MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

上司に嫌われてるから辞めたい!嫌われる理由や対処法を徹底調査

「会社の上司に嫌われて職場に居づらい…辞めようと思うけど、その上司のどんな理由を伝えればいいんだろう?」

上司との関係が良くないと、職場に居づらくて辞めたいと思う人も少なくありません。

でも退職を申し出るなら、その上司にどんな理由をつけて伝えればいいのかと、さらに悩んでしまいますよね。

  • そもそも職場の上司から嫌われてしまうのはなぜだろう? 
  • やっぱり直属の上司に嫌われたら終わりなんだろうか?
  • 上司に嫌われて仕事を辞めたいときはどうすればいい?

など、職場の人間関係に頭を抱えているのではないでしょうか。

そこで今回は、職場の上司に嫌われる原因を探りつつ、実際に嫌われてしまった人のエピソードもご紹介していきます。

さらに、上司に嫌われて仕事を辞めたい時の対処法もお伝えしていますので、ぜひ最後までご覧ください! 

この記事のまとめ

・上司に嫌われても、元々の性格や相性が悪いなどの理由で嫌われることはよくある。

・対処法としては『同僚や後輩を味方につける』、『ミスに徹底的に気をつける』などがおすすめ

・しかし、どうしても辛いなら自分優先で転職か退職した方が良い

退職を言い出せない、すぐに辞めたい場合は、まずは退職代行の『無料相談』で色々聞いてみるのがおすすめ

・『辞めるんです』なら、弁護士監修で退職率100%、会社や上司への連絡も全て代行で安心!

退職代行おすすめランキング23選!サービス内容や評判を徹底比較!

■ 退職代行『辞めるんです』の特徴

  • 弁護士監修だから安全
  • 退職率100%、実績件数7,000件以上
  • 支払いは会社を辞めてからの後払い!
  • 回数無制限で気軽に相談できる
  • 相談した日に即日退職OK
  • 会社や上司への連絡も全て代行
  • 退職後のアフターフォローあり

\ 即日で出社不要!24時間対応OK /

※退職率100%!お金を払うのは辞めてから


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

上司に嫌われてるから辞めたい!嫌われる3つの理由とは?

まずは、そもそも職場の上司に嫌われてしまう理由についてご紹介していきます。

結論から言うと、上司に嫌われる原因で多いのは以下のパターンです。

  • 指示に従わないから
  • 話を合わせなかったから
  • 休みを取ったから

このように上司に嫌われてしまったのは何か理由があるはず。

まずはその理由を1つずつ詳しくみていきましょう!

嫌われる理由1:指示に従わない

職場の上司に嫌われる主な理由は、指示に従わないこと。

上司は職場の部下をまとめる責任があり、部下の行動や仕事の結果はすべて上司の責任になります。

そのため指示にまったく従わない人は、上司からすると面倒な存在だと思われやすいんです。

もちろん上司のYESマンになれというわけではありませんが、上司の言うことに毎回意見するような部下は嫌われやすいです。

お互いに人間なので相性もありますね。

意見をしても好意的に受け入れてくれる上司もいますが、常に一目置かれたい上司ならイライラさせてしまう可能性もあります。

理不尽な命令でない限りは、なるべく素直に指示に従うか、意見する時の態度には十分注意した方が良いでしょう。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

嫌われる理由2:話を合わせなかった

上司と話をする時に話を合わせない人も嫌われることが多いです。

例えば会話はリズムや流れが大切ですね。

しかし、上司が話をしている時にそれをさえぎってしまったり、反論してしまったりすると一気に雰囲気が悪くなります。

上司の中にはそれをいつまでも根に持って覚えている人もいるでしょう。

一度話が合わないと思った部下は、他の部下よりも遠ざけたくなるのも無理はないことかもしれません。

しかし、その一方でそんな上司に気に入られている人もいるはずです。

そういう人は常に上司に上手に話を合わせていて、適度に相手を立てています。

基本的に会社では、空気を読んで自分から上司に話を合わせにいく人は可愛がられることが多いです。

そのため、一度上司に「こいつは部下なのに話を合わせてくれなかった」と思われた場合は、その印象を変えていくのは非常に難しいかもしれません。

嫌われる理由3:休みを取ったから

またとんでもない話ですが、「休みを取ったから」という理由で嫌われるケースもあるようです。

これは先の2つの理由とは違ってとても理不尽に感じますね。

有休を取るのは労働者の権利です。

仕事の段取りもきちんとしてから休んだのに文句を言われるのはたまったものではありません。

しかし、実際にこのような上司はとても多いのが現状です。

おそらく上司の考え方が古く、休みを取ることをサボりだと間違った認識をしているためでしょう。

しかも上司によっては体調不良でも無理をしてでも出社しろと言う人もいますし、子供の学校行事では有休を認めないと言う人さえいます。

職場によっては「決算時期だけは休めない」などの事情もいろいろあるかもしれません。

しかし繁忙期でもないのに気軽に休みを取れない会社はブラック企業です。

ただ休みを取っただけで嫌ってくる上司がいる職場は最悪ですね。

こんな上司に当たってしまうと、ハズレを引いたような残念な気持ちになってしまうでしょう。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

職場の上司に嫌われたら終わり?職場に居づらくなった人の体験談を紹介!

職場の上司に嫌われると本当に厄介です。

仕事にも悪影響を及ぼしますし、精神的にも追い詰められてしまうこともあるでしょう。

続いては、実際に職場の上司に嫌われてしまった人のリアルな体験談を3つご紹介していきます。

自分の状況と照らし合わせて、危ないと感じる時はこれまで以上に注意してください。

体験談1:仕事が進まない

まず1つめは、上司に嫌われて仕事が進まないと悩んでいるAさんの体験談です。

男性社員のAさんは職場の中で自分だけが上司に無視される、仕事のメールをしても返事がないなど明らかに周りと比べて冷たい態度を取られています。

最近は挨拶すら返ってこないとのことで、仕事の話をしたくても話しかけることすら難しいようです。

プライベートな会話や挨拶はまだ我慢できますが、仕事のメールが返ってこないのは責任者としてあり得ないですよね。

仕事が進まないと他の同僚にも迷惑をかけてしまいます。

Aさんは最近は理不尽な上司の態度に腹立たしさも感じています。

この状況が続くようなら仕事を続けるのも難しいかもしれません。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

体験談2:嫌がらせをされる

新入社員のBさんは同性である女性の上司から嫌がらせをされています。

上司は他の人にはニコニコと接しているのに、Bさんだけに威圧的な態度を取ってくるそうです。

しかもBさんの前では声のトーンも低くなり、言葉遣いまで荒くなるので、一種のパワハラだと感じています。

原因も特に思い当たることはなく、強いて言えば仕事がなかなか覚えられないことくらいしか考えられないそうです。

しかし新入社員なら仕事を覚えるのに時間がかかるのは仕方ない部分もありますよね。

Bさんは今後何年もこの女性上司と一緒に仕事をしていくことは確定しているそうで、この先どうなっていくのかと不安を覚えています。

体験談3:もう会社に行きたくない

30代の男性社員のCさんは、小人数の小さな職場に勤めています。

その職場の上司に嫌われているようで、些細なことで文句を言われたり陰で悪口を言われたりする日が続いています。

その上司は日によって機嫌が良く態度を変えることもありますが、基本的には不機嫌で急にキレることもあるようです。

Cさんは周りの同僚とはうまくやっていますが、この上司がいることで胃が痛い日々を送っています。

もう会社に行きたくないと考えながらも、生活のために仕事を簡単に辞めることもできません。

なんとか気にしないように努めていますが、上司に媚びを売ったり反抗的な態度を取ったりする気力もないため、非常に辛い日々を送っています。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

上司に嫌われて辞めたくなった時の対処法は?しんどい人必見!

ここからは、上司に嫌われて仕事を辞めたくなった時の対処法についてご紹介していきます。

結論から言うと、上司に嫌われて仕事を辞めたいなら下記を試すのがおすすめ。

  • 同僚や後輩を味方につける
  • 徹底的にミスをしないようにする
  • 愚痴を言い合える相手を探す

上司に嫌われて精神的にしんどくなっているなら、心を軽くする方法を実践するといいです。

という事で、1つずつ詳しく内容を見ていきましょう!

対処法1:同僚や後輩を味方につける

誰が見ても分かるほど上司にはっきり嫌われている時は、同僚や後輩を味方につけるのがおすすめ。

常識のある人なら上司が特定の部下に冷たく接しているのを見ておかしいと感じているはずです。

上司の嫌がらせなどを話せばきっと親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

もしかすると自分と同じような目にあっている人もいるかもしれません。

また同僚や後輩がたくさん味方になってくれると、上司の方が職場では肩身が狭くなりますね。

自分の立場が危うくなったのを察知すると、上司の嫌がらせも無くなる可能性があります。

そこから上司に仕返しをするのは少し大人げないですが、何かあった時に一緒になって動いてくれる人がいるのは心強いですよ。

ぜひ信頼できる味方を職場内にたくさん作るようにしましょう。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

対処法2:徹底的にミスをしないようにする

上司に嫌われると些細なミスで怒鳴られたり嫌味を言われたりすることがあります。

嫌がらせをしてくる上司は陰湿な性格をしていることが多いため、このような弱みはなるべく見せないほうが良いでしょう。

したがって、仕事では徹底的にミスをしないように注意することが大切です。

たとえ上司に嫌われても、ミスさえしなければ面と向かって嫌味を言われる回数は確実に減ります。

つまり、上司に嫌味を言う隙を見せないことがポイント。

仕事ができる人間になれば職場でも信頼される立場になり、上司も気安く嫌がらせをすることはできません。

ミスを減らすことは上司の嫌がらせ対策になり、自分の評価も上がるので一石二鳥になりますよ!

対処法3:愚痴を言いあえる相手を探す

上司に嫌がらせをされている時は愚痴の1つも言いたくなりますよね。

そんな愚痴を言いあえる相手を探すのも心の平穏のためには必要なことです。

たとえば、愚痴を言える相手なら同じ職場内の人でなくても良いので、プライベートな友人や家族に聞いてもらうのもおすすめですよ。

溜まっている鬱憤を吐き出せば少し気持ちが軽くなります。

友人や家族なら少しくらい過激な愚痴を言っても大丈夫です。

きっとどんなことでも受け止めてくれるでしょう。

しかし愚痴を言ってもイライラが収まらず、ネガティブな感情が消えない時は要注意。

ストレスが大きくなりすぎると鬱症状や体調不良で出社できなくなるケースもあります。

このような場合は無理に我慢しすぎずに、転職を考えてみるのも1つの方法です。

体を壊してまでその職場にこだわらなくても、探せば他にもっと良い職場は見つかるかもしれません。

仕事を変えるのは勇気がいりますよね。

でもストレスの元凶である上司から離れると驚くほど心は軽くなりますよ。

自分を守るためにはどうすべきなのか、じっくり考えてみてくださいね。

\ 辞めたいけど退職を切り出せない方へ /

まとめ

今回ご紹介したように、職場の上司に嫌われてしまう理由はいろいろあります。

上司のもともとの性格や相性が悪いなど、自分に非がなくても嫌われることは残念ながらよくある話なのです。

なので「自分がダメな人間だから」「仕事ができないからしょうがない」と、ネガティブになるのは良くありません。

嫌な上司がいると仕事に行くのが辛くなりますが、気持ちを楽にするために下記のことを試してみてください。

  • 同僚や後輩を味方につける
  • 徹底的にミスをしないようにする
  • 愚痴を言い合える相手を探す

それでも、どうしても対処しきれない時は最終手段として転職することも可能です。

今の職場だけがすべてではありません。

あまり思いつめずに愚痴を言い合える人を見つけて、上手にストレスを発散しながら働ける環境を作っていきましょう!

本当に辛い時は退職代行を使って会社を辞めてもいい

今の仕事が本当に辛い、会社を辞めたいけど退職を切り出すのが怖い。

そんな時は無理して頑張り続けるのではなく、退職代行を使って会社を辞めてもいいんです。

会社や上司に一切連絡を取ることなく、スムーズに辞められる退職代行をまとめているので、ぜひ無料相談で色々聞いてみてください!

第1位:辞めるんです

退職代行おすすめランキング23選!サービス内容や評判を徹底比較!

■ 『辞めるんです』の特徴

  • 弁護士監修だから安全
  • 退職率100%、実績件数7,000件以上
  • 支払いは会社を辞めてからでOK!
  • 回数無制限で気軽に相談できる
  • 相談した日に即日退職
  • 会社や上司への連絡も全て代行
  • 退職後のアフターフォローあり

\ 即日で出社不要!24時間対応OK /

※退職率100%!後払いOKの退職代行

退職代行『辞めるんです』は、民間企業が運営する退職代行サービスです。

弁護士が監修しているため、非弁行為などの危険性はなく、安心して退職することができます。

さらに、『辞めるんです』は後払いの退職代行サービスで、お金を払うのは辞めてからというのが大きなメリットです。

これまでの退職率も100%だったり、7,000件以上の実績があったりと、信頼度の高いサービスと言えるでしょう。

また、LINEや電話で何度でも無料相談や質問できるので、退職を考えている方はぜひ色々聞いてみてください!

運営元の種類民間企業(弁護士監修
実績対応件数7,000件/退職率100%
料金(手数料)27,000円(追加費用一切なし)
後払い退職してからの後払いOK
サポートLINE・電話で無制限に相談できる
24時間対応OK
即日退職OK
会社への連絡全て代行
返金保証の有無全額返金保証あり
その他退職後のアフターフォローあり

\ 即日で出社不要!24時間対応OK/

※退職率100%!お金を払うのは辞めてから

第2位:退職代行TORIKESHI

退職代行おすすめランキング23選!サービス内容や評判を徹底比較!

■ 退職代行『TORIKESHI』の特徴

  • 安心・安全の労働組合運営
  • 24時間対応、LINEだけで全て完結
  • 退職前の無料相談も無制限にOK!
  • 相談した日に即日退職もできる
  • 有給消化などの交渉も対応
  • 会社や上司への連絡も全て代行
  • 退職できなければ全額返金保証あり
  • 退職後の転職、失業保険もサポート

\ LINEで完結!気軽な無料相談もOK /

※転職や失業保険のアフターサポートあり!

『退職代行TORIKESHI』は、労働組合が運営する安心・安全の退職代行サービス。

労働組合が運営しているため、退職だけでなく有給の消化や残業代の交渉なども代わりに行ってもらうことができます。

また、退職した後の転職サポートはもちろん、失業保険のアフターサポートまでついているのが嬉しいポイントです。

さらに、退職前に無料相談することができ、退職まで全てLINEで完結するので、難しい手続きなく会社を辞めることができますよ!

運営元の種類労働組合
実績対応件数500件以上/退職率100%
料金(手数料)一律25,000円(追加費用一切なし)
後払いなし
サポートLINEで無制限に相談できる
24時間対応OK
即日退職OK
会社への連絡全て代行、連絡不要
返金保証の有無全額返金保証あり
その他
  • 転職や失業保険のフォローあり
  • 有給消化や残業代の交渉もOK

\ LINEで完結!気軽な無料相談もOK /

※転職や失業保険のアフターサポートあり!

第3位:退職代行ガーディアン

退職代行おすすめランキング23選!サービス内容や評判を徹底比較!

■退職代行ガーディアンの特徴

  • 労働組合運営だから違法性はなく安心
  • 依頼したその日から即日退職、出社不要
  • 退職率100%、辞められなかったケースなし
  • 正社員、アルバイト、パートの退職に対応
  • 全国から相談可能
  • 労働組合なので、会社との交渉もOK
  • 会社や上司への連絡も一切不要

\ 雇用形態、地域関係なく対応! 

※即日退職OK!気軽な無料相談も対応

退職代行ガーディアンは、労働組合が運営する退職代行サービスです。

労働組合の運営なので、会社との交渉も可能で、これまでに辞めれなかったケースはありません。

さらに、正社員、アルバイト、パートなど全ての雇用形態に対応しているのも嬉しいポイントです。

全国どこでも相談可能なので、地方在住の方ならぜひこちらを検討してみることをおすすめいたします!

運営元の種類労働組合(提携)
実績退職率100%
料金(手数料)24,800円(税込)
後払いなし
サポートLINEで無料相談OK
24時間対応OK、休日も対応
会社への連絡全て代行
返金保証の有無なし
その他労働組合のため、会社への交渉も対応

\ 雇用形態、地域関係なく対応! 

※即日退職OK!気軽な無料相談も対応

→もう一度、ランキング第1位へ戻る

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ