おすすめ転職エージェントはこちら

ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)を徹底比較!

本記事の結論
  • ポテパンキャンプとRUNTEQだとポテパンキャンプを選ぶべき
  • どちらもRubyで自社開発企業やWeb系企業に転職可能と甲乙つけがたい
  • ポテパンキャンプは転職保証有り、料金が安いなどいくつかRUNTEQと比較して優位性がある
キャリア先輩

本記事を読めばポテパンキャンプとRUNTEQの違いがわかり、あなたが選ぶべきプログラミングスクールを判断できます。

スクロールできます
スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
料金440,000円(分割払い可)
160,000円
※経済産業省給付金28万円の場合
550,000円(分割払い可)
返金保証転職できないと全額返金なし
年齢制限返金保証は30歳未満のみ転職支援は35歳未満のみ
開発言語Ruby on RailsRuby on Rails
学習期間5ヶ月(400時間)9ヶ月(1,000時間)
公式サイト公式サイト公式サイト

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ポテパンキャンプとRUNTEQの違いとは

まずは、ポテパンキャンプとRUNTEQの違いについて解説していきます。

ポテパンキャンプとRUNTEQには以下のような共通点があり、どちらを選ぶか迷いますよね。

共通点
  • 未経験からエンジニアを目指せる
  • 自社開発企業への転職中心
  • Ruby on Rails特化
  • 現役エンジニアが講師

>>エンジニア転職におすすめのエージェントを見る

ポテパンキャンプとRUTNEQの違いについては以下の通りです。

スクロールできます
スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
料金440,000円(分割払い可)
160,000円
※経済産業省給付金28万円の場合
550,000円(分割払い可)
返金保証転職できないと全額返金なし
年齢制限返金保証は30歳未満のみ転職支援は35歳未満のみ
開発言語Ruby on RailsRuby on Rails
学習期間5ヶ月(400時間)9ヶ月(1,000時間)
公式サイト公式サイト公式サイト

料金・学習期間・学習時間・転職保証などの項目で、ポテパンキャンプの方が評価が高いです。

私の実体験からくる基本的な考え方として、「プログラミングスクールで多くの時間を使うくらいなら、早く現場に入って学ぶべき」というスタンスであるため、プログラミングスクールでの学習期間の短いポテパンキャンプを優先して利用すべきかなと考えています。

>>おすすめのプログラミングスクールを見る

比較項目
  • 料金の違い
  • 転職保証
  • 年齢制限の違い
  • 開発言語
  • 学習期間
キャリア先輩

それでは、それぞれの評価項目を1つずつ解説していきます!

①料金の違い

スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
料金440,000円(分割払い可)
160,000円
550,000円(分割払い可)
公式サイト公式サイト公式サイト

料金については、ポテパンキャンプが44万円とRUNTEQ55万円に10万円以上の差をつけています。

さらに、ポテパンキャンプは経済産業省の「リスキリングを通じたキャリア支援事業」に指定されており、最大280,000円国から受講者に対して支給されます。

受給条件は2つあります。

ポテパンキャンプ受給の条件
  • 本登録時に在職者(企業等と雇用契約を締結している者) であること
  • 雇用主の変更を伴う転職を目指していない方に該当しないこと

詳細はポテパンキャンプ公式に問い合わせて、ご確認ください。

ポテパンキャンプの特徴
  • 自社開発企業の転職に強い
  • 現場が認めるカリキュラム
  • 現役エンジニアが講師

※全額返金保証があるから最悪挫折OK

キャリア先輩

実質16万円でweb系開発企業に転職できると考えると、50~60万円の価格帯が多いプログラミングスクールの中でも、ポテパンキャンプの費用対効果の高さはトップクラスに入ります。

>>エンジニア転職がおすすめな理由を見る

②転職保証

スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
返金保証転職できないと全額返金なし
公式サイト公式サイト公式サイト

ポテパンキャンプでは転職保証を行なっており、RUNTEQと比較した場合の優位性となっています。

転職保障とは

ポテパンキャプのカリキュラムをこなして転職支援を受け転職活動を行なったのにエンジニア転職できない場合は受講料が返金されるシステム

正直普通にカリキュラムをこなしていると中々転職保証に該当するような条件は発生しないでしょう。

ただし、それでもサービスレベルとしての差は明確です。

キャリア先輩

もしもの時に40万円以上の高額投資が無駄になるリスクを低減できるサービスは評価されるべきです。

③年齢制限の違い

スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
年齢制限返金保証は30歳未満のみ転職支援は35歳未満のみ
公式サイト公式サイト公式サイト

ポテパンキャンプとRUNTEQの年齢制限の違いについて、どちらも受講自体に制限がないことに違いはありません。

ただし、ポテパンキャンプは転職保障が30歳未満のみとシビア。

転職保証に30歳未満の年齢制限がついている理由は、プログラミングスクール卒業生といえど未経験者扱いで、未経験者OKの求人のほとんどが30歳未満となっているためです。

30歳以上に転職保証の範囲を広げて受け入れてしまうと、30歳以上で入ってきた人の多くは転職できないことになり、プログラミングスクールの運営としても赤字になってしまうからでしょう。

RUNTEQの年齢制限については、転職支援が35歳のみとなっています。

こちらは転職保証がないにも関わらず、転職支援すら35歳未満で打ち切りとなっています。

35歳以上でも未経験OKの求人がないわけではないのですが、ほぼほぼ転職できる可能性がないため、転職支援をする意味がなく35歳の年齢制限がかかっているものと考えられます。

④開発言語

スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
開発言語Ruby on RailsRuby on Rails
公式サイト公式サイト公式サイト

開発言語は、ポテパンキャンプとRUNTEQ共にRubyで、Ruby on Railsという開発フレームワークを中心にWeb開発を学びます。

RubyはRuby on Railsという開発フレームワークを使うことによって、短納期での開発が可能であり工数削減やプロダクト改善のPDCAを回しやすいといった特徴があります。

そのため、RubyはWeb系のベンチャー・スタートアップ企業で多く利用されており、Web自社開発企業への就職に強いポテパンキャンプやRUNTEQでは、学習対象のプログラミング言語としてRubyを選定しているということになります。

⑤学習期間

スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
学習期間5ヶ月(400時間)9ヶ月(1,000時間)
公式サイト公式サイト公式サイト

学習期間の短さはポテパンキャンプに軍配が上がります。

後輩ちゃん

学習期間の評価としては長い方が良いのでは?

そう思われる方もいると思います。

プログラミングスクールを利用する目的としてはなるべく早くエンジニア転職を実現することだと考えています。

前の料金の章でも言いましたが、エンジニア転職を早く実現できると給料も早く貰えます。

そのエンジニア転職を最短の期間で実現できる方が高く評価されるべきと考えます。

キャリア先輩

働きながら長期間継続するのは、正直精神的にも体力的にもきついので、学習期間が短くエンジニア転職を実現できるのであれば、ポテパンキャンプの方が高く評価されるべきと考えました。

また、想定の学習時間を比較した結果、ポテパンキャンプの方が400時間と効率的に学習できています。

後輩ちゃん

学習時間はさすがに長い方がスキルも身につくのではないでしょうか?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

プログラミングスクールに通っている時間よりは、実務でエンジニアとして働く時間を早く増やすべきです。

プログラミングスクールで学べることはあくまでプログラミングスクールの中の話で、実務の世界とはやはり違います。

キャリア先輩

スクールに通っている時間よりも実務を行う時間に当てた方がエンジニアとして立ち上がるのは結果的に早まります。

また、ポテパンキャンプでは週あたりの学習時間が少なく効率的です。

これをさらに具体化して1日あたりの学習時間を確認しましょう。

コースRUNTEQ
(WEBエンジニア転職コース)
ポテパンキャンプ
受講期間最大9ヶ月最大5ヶ月
合計受講時間1,000時間400時間
週あたりの受講時間28時間20時間
1日の想定学習時間平日3時間、土日6.5時間平日2時間、土日5時間
RUNTEQとポテパンキャンプの学習時間

RUNTEQは以下の想定学習時間の確保が必要です。

RUNTEQは以下の想定学習時間の確保が必要です。
  • 平日3時間
  • 土日6.5時間

働きながら通う人は、仕事から帰って20時から23時まで学習し土日はほぼ学習にフルコミットとなります。

ポテパンキャンプの想定学習時間
  • 平日2時間
  • 土日5時間

働きながら通う人は、仕事から帰って21時から23時まで学習し、土日はほぼ半日潰れる形となります。

ただ、仕事の休憩時間や合間を使うと30分から1時間は学習時間に当てられるはずです。

そうすると夜に1時間の学習となるため、進められる現実感が結構湧いてくると考えています。

キャリア先輩

学ぶ時間の多さも大切ですが、本当に挫折せずに進められるかの観点も忘れないようにしましょう。

ポテパンキャンプとRUNTEQならポテパンキャンプがおすすめ

スクロールできます
スクール名称ポテパンキャンプRUNTEQ
画像ポテパンキャンプとはRUNTEQ
料金440,000円(分割払い可)
160,000円
※経済産業省給付金28万円の場合
550,000円(分割払い可)
返金保証転職できないと全額返金なし
年齢制限返金保証は30歳未満のみ転職支援は35歳未満のみ
開発言語Ruby on RailsRuby on Rails
学習期間5ヶ月(400時間)9ヶ月(1,000時間)
公式サイト公式サイト公式サイト

料金・学習期間・学習時間・転職保証の全ての観点からポテパンキャンプとRUNTEQではポテパンキャンプがおすすめです。

ポテパンキャンプを利用して、エンジニア転職を実現しましょう!

今、IT業界は人材不足に悩んでおり、未経験者の受け入れも積極的に行っています。

ただ、それを聞いた多くの方がIT業界を志望しており、良い会社から順番に埋まっている状況です。

迷っているうちにあなたにあった最高の会社の求人が他の人に取られてしまう可能性もあります。

相談自体は無料ですので気になったら今すぐ行動してライバルに差をつけてしまいましょう!

ポテパンキャンプの特徴
  • 自社開発企業の転職に強い
  • 現場が認めるカリキュラム
  • 現役エンジニアが講師

※全額返金保証があるから最悪挫折OK

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ