【即解決!】ホームページが検索に引っかからないときの原因とすぐできる対処法

自社のホームページがGoogle検索に引っかからないと、お悩みではないでしょうか?

ホームページが検索に引っかからない原因としては主に5つあり、対策を講じることで適切に検索に引っ掛かるように改善することが可能です。

ただし、対策を誤るといつまで経っても検索に引っかからない状態となるので、Webに詳しくない方はプロのWeb制作会社に依頼した方が手っ取り早いです。

この記事は自社のホームーページが検索に引っかからない原因に関して、解説ます。最後まで読んでいただくことで、ホームページが検索に引っかからない問題を解決することができるでしょう。

著者:ウェブココル(株) SEO担当
福岡のSEO対策企業のウェブココル(株)です。Webコンサルティング及びSEO対策なら実績のある弊社にお任せください。

目次

ホームページが検索に引っかからない際のよくある原因

  1. 検索エンジンに登録されていない
  2. ホームページリニューアルの失敗
  3. Googleの品質評価ガイドライン違反のペナルティ
  4. noindex設定をしている
  5. ホームページのタイトルタグが未設定

まずは自社のホームページが検索に引っかからない原因を、ハッキリさせることが大切です。

原因が分かれば対処の仕方も分かりますので、まずはどの原因に当てはまっているのか一つずつみて行きましょう。

①検索エンジンに登録されていない

そもそも検索エンジンに自社のホームページが、登録されていないことが原因となっているかもしれません。

いくらデザイン性に優れたホームページでも、見てくれる人がいなければ意味がありません。検索エンジンへの登録がまだ済んでいない人は、早急に登録を済ませるようにしましょう。

例としてGoogle検索エンジンに登録されているか確認する方法をご紹介します。まず検索欄に「site:ホームページのURL」と入力します。画面が切り替わって検索結果に、自社のホームページが表示されれば検索エンジンに登録済みです。

逆に、ホームページが表示されずに「一致する情報は見つかりませんでした。」と出た場合は、検索エンジンに登録されていないことを意味します。

②ホームページリニューアルの失敗

ホームページのリニューアルに失敗するということはよくあることで、特に

  • CMSを他のものに移行する
  • レンタルサーバーを他のサーバーに乗り換える

などの作業を行う際にデザインが崩れたり、検索エンジンに引っかからなくなってしまったり、などの問題が起こりやすいです。

Webに詳しい人がホームページのリニューアル作業を行う分には、対処の使用もあると思います。しかし、あまり詳しくない人が行うと取り返しのつかないことにもなりかねません。

ホームページのリニューアルを行う際には、Web制作会社などのプロに任せるなどの対処が必要です。

③Googleの品質評価ガイドライン違反のペナルティ

「取得したドメインが中古ドメインで、知らないうちにペナルティをもらってしまった…。」というのもよくあることです。

まず中古ドメインと新規ドメインの違いに関してですが、

  • 新規ドメイン:サイトテーマにあったオリジナルドメインが取得できる
  • 中古ドメイン:運営歴があり、評価を引き継げる

となっており、一見すると中古ドメインの方がドメインパワーが強く、メリットが大きいように思えます。しかしながら、中には悪い評価も引き継いでしまう恐れもあるため注意が必要です。

中古ドメインに悪い評価が溜まっていると、新規でホームページを開設した際にGoogleの検索品質評価ガイドラインに引っかかってしまい、違反ペナルティをもらう恐れがあります。

④noindex設定をしている

noindex(ノーインデックス)設定とは、Google検索エンジンにページを認識されないようにするための設定です。簡単に言ったら自社のホームページを、検索エンジンに表示させないようにするための手段です。

基本的にはindex設定になっているはずですが、たまにnoindex設定になっていることに気づかずに「ホームページが検索に引っかからない…」と悩んでいる人もいますので、先に確認しましょう。

また、ページの目的によっては故意的にnoindex設定にすることもありますので、覚えておくと良いでしょう。

⑤ホームページのタイトルタグが未設定

タイトルタグ(title)とは、ホームページにおける看板のようなものであり、タイトルタグが設定されていないとホームページが検索に表示されなない可能性があります。

タイトルタグ自体はSEO対策的にも重要な役割を果たしており、実際に検索した結果の全てのサイトがタイトルタグで表示されます。

まだ設定されていない方は、早期にタイトルタグを設定しておきましょう。

すぐ出来る!ホームページが検索に引っかからない際の対処法

  • Google Search Consoleで『インデックス登録をリクエスト』する
  • ホームページの検索設定を見直す
  • ホームページリニューアルした場合は移行作業を見直す

ホームページが検索に引っかからない際の具体的な対処方法に関して、それぞれ分かりやすくまとめてみました。紹介している3つの方法を試してみても検索に引っかからない場合は、弊社ウェブココル(株)へお気軽にご相談ください。

①Google Search Consoleで『インデックス登録をリクエスト』する

Web上にある全てのホームページは、Googleの「クローラー」と呼ばれる検索エンジンロボットが巡回して、サイトを検出しデータベースに登録(インデックス)した後に検索結果に表示させます。

クローラーに自社のホームページを見つけてもらうまで待つこともできますが、Google Search Consoleを活用することでインデックス登録を要求することが可能です。

  1. Google Search Consoleの「URL検査の検索窓」にインデックスしたいページリンクを入力する
  2. 画面が切り替わり「URLがGoogleに登録されていません」と表示されたのを確認
  3. 「インデックス登録をリクエスト」を選択する

基本的にはGoogle Search Consoleを活用せずとも、ページを公開しある程度時間が経てばインデックスされます。

また、Google Search Consoleで毎回わざわざ登録をリクエストしなければいけないようなホームページは、何かしら別の問題を抱えている可能性もありますのでご注意ください。

②ホームページの検索設定を見直す

ホームページが検索に引っかからない対処法として2つ目に、検索設定を見直すことが挙げられます。

具体的には

  • noindexになってないか?
  • タイトルタグが入っているか?

の2つを今一度、確認してみましょう。noindex設定になっている場合は、設定を解除しGoogle Search Consoleを活用してインデックス登録をリクエストしてください。

WordPressを活用している方は、3つの手順で確認が可能です。

  1. 管理画面
  2. 設定
  3. 表示設定の画面で「検索エンジンでの表示」を確認

「検索エンジンでの表示」にチェックが入っている場合は、外すようにしてください。

また、タイトルタグが入っていない場合は、タイトルタグ(<title>タイトル</title>)を設定し直し、同じようにGoogle Search Consoleを活用してインデックス登録をリクエストして様子をみましょう。

③ホームページリニューアルした場合は移行作業を見直す

ホームページのリニューアルをした後に検索に引っかからなくなった場合は、一度、移行作業の内容を一から見直し問題がある箇所を見つけることが大切です。

ただし、ホームページの移行作業は複雑で問題が分かりにくいことが多いので、個人で解決しようとせずにプロのWeb制作会社に依頼した方が得策でしょう。

その際はお気軽に弊社「ウェブココル(株)」へご連絡くださいませ。

ホームページが検索に引っかかるように依頼するならウェブココル(株)

【公式HP】https://cocol.co.jp
会社名ウェブココル(株)
料金1回5万円(税抜)
期間2週間で解決します
特徴1年間のアフターフォロー込

上記の対処法で不可能な場合や完全に誰かにお願いしたい場合は、弊社へお気軽にご連絡ください。

弊社では経験豊富なWebのエキスパートが在籍しておりますので、クライアント様の問題を早急に対処いたします。

また、ご依頼料金に関しても大手のWeb制作会社と比較するとかなりリーズナブルとなっており、1回5万円からご依頼可能です。

そのほか気になることがございましたら、お問い合わせフォームから直接ご連絡くださいませ。きっとご満足のいく結果が得られることでしょう。

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

    目次
    閉じる