ホームページの保守管理メンテナンスは何をする?ホームページ保守管理会社って必要?内容は?

ホームページの保守管理メンテナンスを、他社(専門家)に委託するところは多いです。

実際に自社で保守管理メンテナンスを行っているところもありますが、万が一、トラブルがあった際には専門家に対応してもらった方が賢明だと言えます。

なぜなら、会社の看板でもあるホームページのデータが、保守管理を自社で行っていたことが理由で、過去にデータ改竄されたことが事例として実際に挙がっているからです。

本記事ではホームページの保守管理メンテナンスにおける重要性と、委託した場合の具体的な業務内容・料金相場などに関して、分かりやすく解説しています。

最後まで読んで頂くことで、自社のホームページの保守管理メンテナンスを、専門家に委託することがどれだけ重要かご理解いただけることでしょう。

著者:ウェブココル(株) SEO担当
福岡のSEO対策企業のウェブココル(株)です。ホームページの保守管理やSEO対策なら実績のある弊社にお任せください。

目次

ホームページの保守管理ってなぜ必要?

  1. ハッキングなどの緊急事態に対応してくれる
  2. システムの定期的な保守をしないといけない
  3. Web集客のアドバイスもしてくれる

ホームページの保守管理が重要な理由としては、主に3つ挙げられます。

特にハッキングなどの緊急時に対応してくれるという点では、専門家に委託した方が早期解決に繋がりやすいと言えます。

その上、ホームページは定期的なシステムの更新や確認が必要となりますので、手間を考えると保守管理は自社で行うよりも、委託した方が効率的です。

1.ハッキングなどの緊急事態に対応してくれる

ホームページのハッキングなどは、一般の人には見分けがつきにくく、気付いたら機密情報が流出していたなどの事例はよくある話です。

誰もが知る大企業ですら、連日テレビ等で機密情報の漏洩問題などが話題となっています。

Webの専門家が管理しているであろう、大企業のホームページなどがハッキングされてしまうのですから、素人が保守管理しているホームページをハッキングするのは容易だと言えるでしょう。

万が一、が起きた後では遅いので、ホームページの保守管理メンテナンスを自社で行っているところは、専門家に委託した方が良いといえるでしょう。

2.システムの定期的な保守をしないといけない

ホームページの保守管理には、データのバックアップやドメインやサーバーの更新等も含まれています。

特にホームページにおけるデータのバックアップはとても重要な項目であり、万が一、データが消えてしまった場合には、自身で復旧しなければなりません。

復旧作業時は、もちろんホームページの表示はできませんので、時間が掛かればかかるほど自社の集客や売り上げに影響が出てしまう可能性があります。

その点、専門家に委託しているところは、数時間で復旧作業が完了することでしょう。

3.Web集客のアドバイスもしてくれる

ホームページの保守管理メンテナンスを受託している会社では、合わせてWeb集客のアドバイス等も行ってくれます。

オプションサービスのような感じで提供しているWeb制作会社もありますが、基本的には保守管理メンテナンスに付随して適切なアドバイスを行ってくれます。

そのため、保守管理メンテナンスだけではなく、Web集客のコンサルティングとしても利用することが可能です。

ホームページの保守管理の業務内容

  1. ホームページの都度の更新や改修
  2. アカウントの管理
  3. ホームページの稼働状態の確認
  4. 改竄検知システムを活用し、改竄があった場合は復旧
  5. データファイル群のバックアップ
  6. データベースのバックアップ
  7. ドメインやサーバー更新等の管理
  8. Googleサーチコンソールの管理及び調整
  9. クライアントへの検知レポートの提出
  10. 最新版のプログラムに関するお知らせ

ホームページの保守管理メンテナンスに関する具体的な業務内容は、委託するWeb制作会社によって異なります。

とはいえ、基本的な業務自体は変わりないので、どのような業務内容が含まれているのか不安に感じている人は、参考にしてみてください。

また、Web制作会社によっては業務範囲を予め提示しているところが大半ですが、気になる業務内容がありましたら直接担当者に質問するようにしましょう。

逆に、業務内容に関して曖昧な定義をしているWeb制作会社は、詐欺行為を行っている可能性があるので、ご自身でも会社の情報に関して調べるようにしてください。

個人や社内でホームページの保守管理をするデメリット

本業とは別に片手間でホームページの保守管理を、個人もしくは社会で行われている人は、リスクがあることを自覚しなければいけません。

なぜなら、ホームページの保守管理は決して素人ができるものではないからです。

ある程度の知識と経験がある人が、保守管理するのであれば問題ないかもしれません。しかし、全くの素人が本業の片手間でホームページの保守管理を行うのには、リスクが伴います。

万が一、ホームページが他者からのハッキングを受けたり、ウィルス感染した場合には迅速な対応を求められるため、専門家に委託した方が得策です。

ホームページの保守管理、メンテナンスの料金相場

発注先中小規模の制作会社中小規模の制作会社・中小規模の制作会社
・大手制作会社
・中小規模の制作会社
・大手制作会社
料金相場(月額)5,000円以下5,000円〜2万円2万円〜5万円5万円以上

ホームページの保守管理やメンテナンスの料金相場は、業務範囲や委託するWeb制作会社によって異なります。

特に大手のWeb制作会社になれば、料金相場は比較的高くなるため、予算に合わせた委託先の検討が必要不可欠でしょう。

また、委託する際には必ず具体的な、業務内容等の確認を行うようにしてください。なぜなら料金が高いからといって、充実したサービスを提供してくれるかどうかはまた別問題だからです。

合わせてホームページの保守管理を委託する際には、委託先のWeb制作会社の実績や口コミ・評判等も比較して、要検討するようにしましょう。

SEOにも強いホームページの保守管理会社ならウェブココル(株)

会社名ウェブココル(株)
料金月額5,000円〜
特徴Web集客に関するアドバイスも実施

ホームページの保守管理メンテナンスは、専門家に委託することでリスクヘッジに繋がります。

現時点で個人もしくは社内でホームーページの保守管理を行っているところは、万が一を考えてこの機会に専門家に委託することを検討してみましょう。

幸い、弊社ウェブココル(株)では経験豊富なプロが、ホームページの保守管理メンテナンスを請け負っております。気になる方は、是非とも一度お問い合わせくださいませ。

また、弊社ではホームページの保守管理メンテナンスだけではなく、Web集客に関するアドバイス等も親切丁寧に行っております。

万が一の際には、迅速に対応いたしますので、まずはお気軽にご連絡いただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる