ランディングページの利便性が平均以下で上がらないときの改善方法4選

「ランディングページの利便性を上げるには、どうしたらいいのだろう?」とお悩みではないでしょうか。

ランディングページの利便性は、Google広告の品質スコアに大きく影響しています。

ランディングページの利便性の指標が悪いと、

  • クリック単価が高い
  • 検索で広告が上位表示されない
  • クリック率が下がる

などのデメリットが発生しますので、早急に改善する必要性があります。

この記事ではランディングページの利便性に関する改善方法を、分かりやすく4つの方法に分けてそれぞれ解説していますので、是非とも参考にしてみてください。

最後まで読んで頂き実践することで、きっと品質スコアが改善されるはずです。

目次

ランディングページの利便性とは?

ランディングページの利便性とは、Google広告をクリックしてサイトに訪れたユーザーが、目的とした情報をどの程度簡単に見つけられるかを示す指標のことです。

ランディングページのステータスは3つの指標で表されるます。

  • 平均より下
  • 平均値
  • 平均より上

現時点で、ランディングページの利便性が「平均値」「平均より上」であれば問題ないのですが、「平均より下」と評価されている場合は、改善する必要性があります。

なぜなら、ランディングページの利便性は広告ランクを左右する重要な比較項目であり、オークション時のクリック単価や掲載順位に影響を与えてしまうからです。

また、広告ランクの計算式は「広告ランク= 品質スコア × 入札価格」となっており、ランディングページの利便性の項目は「品質スコア」に含まれています。

ランディングページの利便性が平均以下で上がらないときの改善方法4選

  1. 関連性が高いオリジナルコンテンツを提供する
  2. ビジネス情報を詳しく公開しサイトの信頼性を高める
  3. スマホやPCでのUI(操作性)を高める
  4. ランディングページの読み込み速度を上げる

ランディングページの利便性を改善するためには、大きく分けて4つの方法が効果的です。適切に改善することにより、利便性に対する評価は上がるので、是非とも一つずつ取り組んでみてください。

また「どう改善してよいのか記事を読んだだけでは十分に理解できない…。」という方は、弊社「ウェブココル(株)」へお気軽にご連絡くださいませ。

①関連性が高いオリジナルコンテンツを提供する

ランディングページに書かれている内容を今一度見直し、タイトルや見出しなどに適切なキーワードが含まれているか確認しましょう。

ここでは広告文が狙っているキーワードに関連していることが大切になってきます。また、改善する際には他のサイトにはないような便利な機能や、オリジナルコンテンツを明記することが重要です。

例えば特定の商品を探しているユーザーに対しては、具体的な商品に関するコンテンツが必要です。

その他、商品を比較したいユーザーに対しては、比較一覧などを提示して一目で分かるようなコンテンツ内容にしましょう。

②ビジネス情報を詳しく公開しサイトの信頼性を高める

訪れたユーザーがあなたの会社に対して不安感を持たないように、しっかりと会社情報やビジネスに関する情報などを明記しておくことが大切です。

仮にあなたがスーパーで野菜を買う際に、誰が作った野菜なのか明記してあった方が、安心して購入し食べることができるはずです。

ランディングページに関しても、商品やサービスを提供している会社や個人が、ハッキリと分かった方がユーザーにとっても安心して利用できます。

③スマホやPCでのUI(操作性)を高める

UI(User Interface:ユーザーインターフェイス)とは、ランディングページにおけるユーザーから見た、利便性や操作性などを意味します。

UIが悪いランディングページでは、いくら広告文が良くても離脱率が高くなってしまったり、コンバージョンまで結びつかなかったりといった問題を引き起こしてしまいます。

特に操作性が悪いランディングページは、利便性の指標に大きく影響を与えてしまうので、今一度自社のランディングページがユーザーから見てどうなのか分析する必要があるでしょう。

④ランディングページの読み込み速度を上げる

広告がクリックされたとしても、ランディングページの表示が遅いとユーザーは離脱してしまいます。ユーザーは3秒以上読み込み速度に時間がかかると、その時点で40%離脱してしまいます。

理想は2秒以内にページが表示されることですが、SEO対策的にもサイトのページ速度は重要視されているため、現時点で3秒以上表示にかかるようでしたら改善は必須と言えるでしょう。

また、具体的な読み込み速度を上げる改善方法としては、主に3つあります。

  • 画像ファイルを圧縮する
  • ページの画像を遅延読み込み(Lazy Load)設定にする
  • コードファイル(HTMLやCSSなど)の無駄を排除する

サイトの読み込み速度を上げる作業は、他の改善方法よりも手っ取り早く取り組めるため、一番に検討しましょう。

まとめ

要点
・関連性が高いオリジナルコンテンツを提供する
・ビジネス情報を詳しく公開しサイトの信頼性を高める
・スマホやPCでのUI(操作性)を高める
・ランディングページの読み込み速度を上げる

ランディングページの利便性に関する指標は、ご紹介した改善方法4つをしっかりと実践することで、上げることができます。また、すでに上位表示されているランディングページと比較するのも一つの方法です。

ライバルのランディングページと比較して

  • 自社のサイトに何が足りないのか?
  • 差別化につながるような強みはなんなのか?

などを具体的に考えながら改善することで、より自社のランディングページが最適化されるはずです。

その他、ランディングページの利便性に関する改善で分からないことがある方は、弊社「ウェブココル(株)」へお気軽にご連絡くださいませ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる