動画編集ソフトおすすめランキングを見る

Adobe Premiere Rush(ラッシュ)とPro(プロ)の違いは?|用途・価格・おすすめな人の観点から解説

※このサイトに表示している広告については、広告掲載基準をご覧ください。

Adobe製品の中で動画を編集できるソフトに、Adobe Premiere RushとPremiere Proの2種類あります。しかし、2つのソフトにどんな機能があるか、価格がいくら違うのか気になりますよね。実際、Adobe Premiere RushとPremiere Proの特徴やターゲット層はかなり異なります。

自分に合った動画編集ソフトを見つけるためには、編集ソフトの違いを理解しておくことが重要です。

この記事では、Adobe Premiere RushとPremiere Proの違いについて、用途・価格・おすすめな人などを比較して紹介いたします。

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

目次

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)とは?

PremiereRush

Adobe Premiere Rushは、20分以下の短く撮影した動画をすばやく編集して、YouTubeやFacebook、InstagramなどのSNSに共有できるビデオ編集ソフトです。

また、Adobe Premiere RushはスマートフォンやPCの両方で利用でき、それぞれの編集環境を行き来することも可能です。そのため、PCで編集中の動画をスマホで編集することができます。

Adobe Premiere Rushは、基本プランの場合無料で利用できます。ただし、Creative Cloud Express プレミアムを契約することでPremiere Rushのプレミアム機能を使えます。

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)とAdobe Premiere Pro(プロ)を比較

Adobe Premiere RushとAdobe Premiere Proの、基本的な機能や価格などを比較してみました。

Adobe Premiere RushAdobe Premiere Pro
価格Adobe Express:1,078/月 (税込)2,728 円/月 (税込)
体験版基本機能は無料
体験版あり
※7日間の無料体験が可能
対応端末Windows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)/iOS/AndroidWindows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)
主な機能・トランジションを柔軟に調整
・テンプレートでタイトルをカスタマイズできる
・最適な縦横比であらゆるSNSで共有可能
・映像の正確なトリミング
・アニメーションとビデオエフェクトの追加
・さまざまなファイル形式の動画を取り込み可能
公式HP公式HP公式HP

AdobePremiereProの方が価格が高いため、機能もより高性能なものになっています。

Adobe Premirere RushとPremiere Proの価格の違い

Adobe Premirere RushとPremiere Proの価格の違いを、月間と年間コストを分けて比較してみました。

Adobe Premiere Rushは無料版もありますが、今回は有料版を利用した場合の月間・年間コストを出しています。

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)の月間・年間コスト

Adobe Premiere Rushの月間・年間コストは下記の通りです。

Premiere RushスターターCreative Cloud Express
月間コスト無料1,078 円/月
年間コスト無料10,978 円/年

Adobe Premiere Rushは、月払いよりも年払いの方が安く利用できます。もし、長い期間利用しようと思っている方は年払いで契約することをおすすめします。

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)の月間・年間コスト

続いて、Adobe Premiere Proの月間・年間コストは下記の通りです。

Adobe Premiere Pro
月間コスト3,828円/月 (税込)
年間コスト22,186円/年 (税込)

Adobe Premiere Proも月払いよりも年払いの方が半額ぐらい安く利用できます。こちらも、長く利用するのであれば年払いがおすすめです。

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

Adobe Premirere RushとPremiere Proの機能の違い

Adobe Premirere RushとPremiere Proの機能の違いは、下記の通りです。

Premirere RushPremiere Pro
編集画面の違い シンプル本格的
対応端末Windows/Mac/iOS/AndroidWindows/Mac
保存先クラウドのみPC・クラウド両方対応
レイヤー機能4つ制限なし

主な機能の違いとしては、Premirere Rushはさまざまな端末に対応していますが、データの保存先がクラウドにしかおけません。

Premiere Proは、対応端末はPCのみですが、データの保存も自由ですし、レイヤー機能の制限なく使えるのは魅力でしょう。

編集画面の違い|プレミアプロは本格的編集画面

編集画面は、Adobe Premirere Rushがシンプルな画面で、Premiere Proが本格的な編集画面になっています。

Adobe Premirere Rushの編集画面

出典:Adobe公式サイト

Adobe Premirere Rushは、編集中の動画を確認する画面とタイムラインと素材選択の画面の3つに分割されています。編集画面の作りはシンプルで、簡単に動画編集ができるデザインになっています。

Premiere Proの編集画面

出典:Adobe公式サイト

Premiere Proは、編集画面がいくつもの要素に分割されています。動画を確認する画面も2種類あったり、タイムラインにもいろいろな要素があったりボタンが配置されていたりと複雑な作りです。

ただ、動画編集をこれだけ細かく調整できることにより、クオリティの高い動画が作成できます。

対応端末の違い|ラッシュはスマホ・iPadでも利用可能

まずは、Adobe Premirere Rushの対応端末は下記の通りです。

  • Windows【Microsoft Windows 10以降】
  • macOS【macOS Catalina v10.15 以降】
  • iOS【iOS 13 以降】
  • Android【Android 9.0 以降】

Adobe Premirere Rushは、パソコンの他にスマホやiPadでも利用可能です。また、パソコンで作ったデータをスマホでも開けるため、外出先等で動画編集も可能になります。

続いて、Premiere Proの対応端末は機器の通りです。

  • Windows【Microsoft Windows 10以降】
  • macOS【macOS Catalina v10.15 以降】

Premiere Proは、基本的にPCのみで使用できます。Premiere Proは、動画編集のすべての機能が備わっているため、スペックの高いPCが求められます。特にCPUやメモリなどは必要スペックの情報を確認してからPremiere Proをインストールするとよいでしょう。

保存先の違い|ラッシュは保存先がクラウドのみ

データの保存先の違いとして、Adobe Premirere Rushはクラウド上しかデータが保存できません。その為、Adobe Premirere Rushは動画編集したデータをパソコン・スマホ本体に保存できず、Adobeクラウドに自動的に保存される設定になっています。

動画データを使用する際は、常にクラウド上にアクセスしてからになるので、外出先などで動画編集をする場合、通信量がかかるので注意が必要です。

Premiere Proは、クラウドとPCの両方に保存可能です。そのため、PCにデータをいれてどこでも動画編集ができますし、クラウド上にデータを置いておけばさまざまな場所でアクセスしてデータを利用できます。

レイヤー機能の違い|Rushはレイヤーが4つまで

Premiere Rushでは、動画編集の際に最大4つの動画と最大3つの音声レイヤーを追加できます。この動画の数は、本格的に動画編集をしたい人にとっては少ないでしょう。

PremiereProの動画編集の場合、レイヤーの制限はありません。ただし、レイヤーが多すぎるとパソコンの処理が追い付かない場合があるので、注意が必要でしょう。

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)がおすすめな人

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)がおすすめな人は、下記の通りです。

  • スマホやタブレットで編集がしたい人
  • 動画編集をしたことがない人

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

スマホやタブレットで編集がしたい人

Premiere Proは、スマホやタブレットには未対応です。しかし、Adobe Premiere Rushはスマホやタブレットでもインストールできるため、外出先でもスマホ1台で編集が簡単にできます。

Creative Cloud Expressを契約すれば、モバイルとデスクトップ間でビデオプロジェクトを同期させることができます。そのため、アプリ内から動画と写真を撮影することも可能です。

動画編集をしたことがない人

Premiere Proは操作に慣れるまでに時間がかかります。特に動画編集ソフトの中でも高機能なソフトのため、さまざまな機能をつかいこなすには動画編集初心者には難しいでしょう。

逆に、動画編集を始めたての人は、Adobe Premiere Rushの無料版を使うのもアリです。Adobe Premiere Rushは無料のため、使うまでのハードルは高くないので気軽に始められます。

Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)がおすすめな人

続いて、Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)がおすすめな人は下記の通りです。

  • 動画編集を本格的に行いたい人
  • YouTubeに動画を投稿したい人

動画編集を本格的に行いたい人

Adobe Premiere Rushのターゲットは初心者やスマホユーザーです。本格的に動画編集をしたい人のために作られた動画編集ソフトではありません。

そのため、本格的に動画編集を行いたい人は、初心者でもPremiereProを利用することを視野に入れてもよいでしょう。なぜなら、PremiereProを最初から使うことで動画編集の幅が広がりますし、使い方に慣れればクオリティの高い動画を作成可能になるからです。

YouTubeに動画を投稿したい人

YouTubeに動画を上げることを考えると、Adobe Premiere Rushでは編集に限界があります。

特に、YouTubeの編集でテロップ・音楽・画像などを多用する人は、Premiere Proで動画編集するのがおすすめです。なぜなら、Premiere Proでの動画編集はテロップも自由に加工できますし、音楽や画像も制限なく好きなものを入れられるからです。

ProとRushは連携・同期できるの?動画ファイルに互換性はある?

Premiere ProとAdobe Premiere Rushの連携・ファイルの同期については、下記の通りです。

  • プロでラッシュのファイルを開く➜可能
  • ラッシュでプロのファイルを開く➜不可能

Premiere Proでは両方のファイルを開けるのですが、Adobe Premiere RushではPremiere Proのファイルを開けません。

例えば、Adobe Premiere Rushで作った動画ファイルを、Premiere Proでさらにクオリティ高く加工することが可能です。ただし、一旦Premiere Proで編集したAdobe Premiere Rushの動画ファイルは、Premiere Rush側では開けないので注意が必要でしょう。

Premiere RushとProの違いまとめ

この記事では、Adobe Premiere RushとPremiere Proの違いを価格や機能で比較しました。

基本的には、Adobe Premiere Rushはスマホなどで簡単に動画編集を楽しみたい人向けで、Premiere Proは本格的に動画編集をしていきたい人に向けた動画編集ソフトです。

Adobe Premiere RushとPremiere Proでは作れる動画のクオリティが違うので、それぞれの動画編集ソフトの特徴を理解して、自分にあった動画編集ソフトを選んでいきましょう。

この記事を書いた人

福岡のWebマーケティング支援企業のウェブココル株式会社です。本サイトでは実際に動画編集経験者が初心者向けに動画編集の情報を発信します。

編集者

谷口 弦矢

ムービーマスターの編集を担当しています。動画ソフトをはじめとするさまざまなソフトウェアに関する情報を日々仕入れている大学生です。中学生の頃から趣味や学校の活動等で動画編集を行っており、動画編集歴は今年で6年目です。普段、動画編集をするときはAdobePremiereProを利用しています。
Twitter:@tec_tec_0618
サイトURL:GENYA'S PORTFOLIO

コメント

コメントする

目次
閉じる