動画編集ソフトおすすめランキングを見る

【用途別】動画編集ソフト(買い切り)のおすすめ9選|Windows・Mac別におすすめの動画編集ソフトを紹介

【用途別】動画編集ソフト買い切りのおすすめ9選|Windows・Mac別におすすめの動画編集ソフトを紹介

※このサイトに表示している広告については、広告掲載基準をご覧ください。

動画編集ソフトには買い切り版と、サブスク版(サブスクリプション)の2つのタイプがあります。買い切り版の動画編集ソフトの最大のメリットは、一括で購入することでそれ以降料金がかからないことです。

そのため、コスパを考えるとサブスク版よりも圧倒的に優れています。ソフトウェアに関しても最低一年に一度は、アップデートされている製品がほとんどなので、何年か経って使えないというパターンも、ほとんどありません。

本記事では、動画編集ソフトの買い切り型に絞った、おすすめの動画編集ソフトを利用者の用途別に、分かりやすくご紹介しています。

編集部厳選!おすすめ買い切り動画編集ソフト

スクロールできます
\オススメ/
Filmora
\コスパ抜群/
Power Director 19 Ultra
\初心者におすすめ/
Adobe Premiere Elements
FilmoraPower DirectorPremiere Elements
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
8,980円(税込)12,980円(税込)19,580円(税込)
MacOS /WindowsMacOS/WindowsMacOS /Windows
公式HP公式HP公式HP
目次

おすすめの動画編集ソフト(買い切り版)|万人におすすめ

数ある買い切り版の動画編集ソフトの中でも、特に動画編集者に人気が高い製品から4つに厳選しました。

スクロールできます
FilmoraPower Director 19 UltraVideo Studio Pro 2021 EaseUS Video Editor
FilmoraPower Director
8,980円(税込)12,980円(税込)14,080円(税込)9,590円(税込)
Mac0S /WindowsWindowsMac0S /WindowsWindows
公式HP公式HP公式HP公式HP

インターネットの世界では、時代の移り変わりがとても激しく、動画編集ソフトにおいても、頻繁にアップデートされるサブスク版を利用される方が比較的に多いです。

しかし、買い切り版の動画編集ソフトにも魅力的な製品が多数あるため、長年愛用しているという動画編集者も、一定数います。

サブスク版の場合は、アップデートにより仕様が大きく変化する可能性があり、以前の仕様に慣れていた人からするとストレスを感じやすいです。

その点、買い切り版はアップデートの回数が少なく、仕様もそこまで大きく変わることはないので、使い慣れた動画編集ソフトをより長く活用することができます。

Filmora(フィモーラ) – 安くてコスパ抜群

ソフト名Filmora(フィモーラ) – Wondershare
価格8,980円(税込)
対応OSWindows/MacOS
動作環境Windows 10/8/8.1/7

OS X 10.10(Yosemite)
OS X 10.11(El Capitan)
macOS 10.12(Sierra)
macOS 10.13 (High Sierra)
macOS10.14 (Mojave)
公式HP公式HP

☞Filmora(フィモーラ)の口コミ評判をみる

Filmora(フィモーラ)“は、WindowsとMacOSの両方に対応した、買い切り版の動画編集ソフトです。

初心者から中級者まで幅広くおすすめできる動画編集ソフトであり、無料お試し版もあるため少しでも気になる方は、気軽に試すことができます。

また、プロ仕様の動画編集ソフトとは異なり、直感的に編集できるため、非常に操作性も高いといえます。

映像のエフェクトやBGM、タイトル等も豊富に用意されており、テンプレートを活用してスピーディーに動画作成が可能です。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Power Director 19 Ultra – Windowsユーザーにおすすめ

ソフト名Power Director 19 Ultra
価格12,980円(税込)
対応OSWindows
動作環境Windows 11/10/8/8.1/7
(64 bit OS のみ対応)
公式HP公式HP

☞PowerDirectorの口コミ評判をみる

Power Director 19 Ultra“は、ユーザーインターフェースが非常に優れた、Windows専用の動画編集ソフトです。

動画編集における操作が非常にシンプルに設定されており、比較的に初心者でもストレスなく扱うことができます。また、エフェクト機能が非常に豊富に揃っており、様々なシーンに合わせたエフェクトを活用可能です。

その他、編集した動画はYouTubeやFacebook等のSNSに、直接アップロードすることもできます。

\ 国産・日本語サポート豊富 /

セール情報

Video Studio Pro 2021 – パッケージ版あり

Video Studio Pro 2021
ソフト名Video Studio Pro 2021 – COREL
価格14,080円(税込)
対応OSWindows
動作環境Windows 10/8/7
(64 bit OS を強く推奨)
公式HP公式HP

Video Studio Pro 2021″は、カナダのCorel(コーレル)社が開発した、買い切り版の動画編集ソフトです。

動画編集に必要な基本的な機能は全て実装されており、SNS専用の動画を編集する際に使える、”インスタントプロジェクト・テンプレート”も豊富に用意されています。

また、顔を認識して自動追跡しステッカーを貼り付ける、ARステッカー機能も搭載されているため、より独創性の高い動画編集が可能となっています。

EaseUS Video Editor – EaseUS Software

EaseUS Video Editor
ソフト名EaseUS Video Editor – EaseUS Software
価格9,590円(税込)
対応OSWindows
動作環境Windows 7/8/10
公式HP公式HP

EaseUS Video Editor”は、サブスク版と買い切り版の両方から選べる動画編集ソフトです。

サブスク版の場合は1ヶ月間もしくは1年間の契約形式となっており、買い切り版の方は9,590円(税込)支払うだけで、その後はアップデートも無料で行えます。

また、対応OSはWindowsのみなので、MacOSを利用されている方は動画編集ソフト自体が使えません。

その他、無料で使える体験版が用意されているため、EaseUS Video Editorが少しでも気になる方は、まずは無料版をインストールして実際に動画編集してみてください。

EaseUS Video Editor イーザス ビデオエディター ライセンス版

初心者におすすめの動画編集ソフト(有料買い切り版)

買い切り版限定の初心者におすすめの動画編集ソフトを、2つに絞ってご紹介します。

Adobe Premiere ElementsLoiLoScope2
Premiere Elements
19,580円(税込)9,800円(税込)
MacOS /WindowsWindows
公式HP公式HP

ご紹介している動画編集ソフトは全て初心者向けではありますが、全くの未経験の方は無料版の動画編集ソフトである程度スアキルアップしてから、検討するようにしてください。

なぜなら、初心者向けといっても買い切り版ですので、料金的には高めの設定になっているからです。

また、動画編集ソフトの特徴によっては個々に合う合わないが生じますので、まずは無料版もしくは体験版を活用してから、有料版を購入するようにしましょう。

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ) – 初心者におすすめ

Premiere Elements
ソフト名Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ) – Adobe
価格19,580円(税込)
対応OSMacOS/Windows
動作環境 Windows 10
1903以降(バージョン1909推奨)
日本語版(64 bit OS のみ対応、
Windows 7/ 8.1のサポートなし)

macOS 10.14~10.15/11
公式HP公式HP

☞Premiere ElementsとPremiereProを比較する

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ) “は、動画編集者の約9割以上が活用しているAdobeが提供する、買い切り版の動画編集ソフトです。

動画編集者の中には、Premiere ElementsとPremiere Proの、どちらにしようか迷う人が非常に多いです。

双方の大きな違いは、Premiere Elementsは買い切り版であり、初心者向けの動画編集ソフトであることに対し、Premiere Proの方はサブスク版のプロ向け仕様ということです。

そのため、Premiere Elementsは初心者向けに開発されていることもあり、非常に操作性に優れており、動画編集を迷うことなく行えるのが大きな特徴でしょう。

\ スマホからでも簡単購入 /

LoiLoScope2 – パッケージ版あり

ソフト名LoiLoScope2 – LoiloLoiLoScope2
価格9,800円(税込)
対応OSWindows
動作環境Windows 10/8.1/8/7/
Vista
(各64bit/32bit対応)
公式HP公式HP

LoiLoScope2″はWindows専用の動画編集ソフトであり、ガイド機能が実装されているため、初心者でも簡単に動画編集を始めることができます。

自動作成機能も備えているため、動画編集に慣れてない人でもサクサク動画編集が行えるでしょう。

また、処理速度も非常に早いので、軽快な操作が行える動画編集ソフトをお探しの方にもおすすめです。

ハイスペックのPCでなくてもスムーズに処理してくれるため、ストレスなく動画編集が行えます。

LoiLoScope2 動画編集、DVD、ブルーレイ、ディスク作成ソフト 結婚式、運動会も1本でOK!

Macにおすすめの動画編集ソフト(買い切り版)はFinal Cut Pro X一択

Final Cut Pro X
ソフト名Final Cut Pro X
価格36,800円(税込)
対応OSMacOS/Windows
動作環境macOS Big Sur 11.2.1以降
macOS Catalina 10.15.6以降
公式HP公式HP

Final Cut Pro X”は、Apple社が開発したプロ向けの動画編集ソフトです。

Mac製品を活用されている方であれば、最初は無料で使えるiMovieを活用している人が多いですが、”Final Cut Pro X”はiMovieをプロ向け仕様にした動画編集ソフトになります。

また、日本一のYouTuberとして名高い”HIKAKIN”氏も利用していたことから、多くの編集者が利用している動画編集ソフトでもあります。

プロも愛用するおすすめの動画編集ソフト(買い切り版)

プロ向けの動画編集ソフトの中でも、特におすすめかつ人気が高い、買い切り版の動画編集ソフトを2つご紹介します。

EDIUS X ProDaVinci Resolve Studio
DaVinci Resolve
59,800円(税込)39,578円(税込)
WindowsMac /Windows/Linux
公式HP公式HP

プロ向けの動画編集ソフトになると、料金的には更に高めの設定になっているため、それぞれの利点と欠点を十分に把握した上で購入するように努めましょう。

また、双方にして機能面は申し分ないので、最終的には操作性やユーザーインターフェース等の、細かい部分が比較対象になりやすいです。

EDIUS X Pro – grass valley

ソフト名EDIUS X Pro – grass valley
価格59,800円(税込)
対応OSWindows
動作環境Windows 10 (version 1903 以降) 64bit
公式HP公式HP

EDIUS X Pro”は、チームワークによる共同・共有編集が可能な動画編集ソフトです。

買い切り版の動画編集ソフトの中では、トップクラスの価格設定となっており、値段に見合う多彩な機能を兼ね備えています。

「新時代の映像制作をサポートしてくれる動画編集ソフト」といっても過言ではなく、混在編集なども気軽に行えます。また、無料のプラグインも多数用意されているため、拡張性にも優れており、自身に適した動画編集スタイルに仕様を変更することも可能です。

created by Rinker
¥54,109 (2022/08/08 23:10:00時点 楽天市場調べ-詳細)

DaVinci Resolve Studio – Black Magic Design

DaVinci Resolve
ソフト名DaVinci Resolve Studio – Black Magic Design
価格39,578円(税込)
対応OSMac /Windows/Linux
動作環境macOS 10.13.6 High Sierra以上
Windows 10
CentOS 7.3
公式HP公式HP

DaVinci Resolve Studio”は、ハリウッドで圧倒的なシェアを誇る、ハイクオリティな動画編集ソフトです。

他の動画編集ソフトと比較して様々なOSに対応している上に、開発元がアメリカということもあり、かなり機能性に優れた特徴を持っています。

料金的にはそこそこしますが、日本でも映像スタジア会社等でよく使われている動画編集ソフトなので、製品としては確かな信頼性を持っていると言えるでしょう。

また、製品のカスタマーサポートは、日本人の専属スタッフが対応してくれるため、万が一トラブルが起きても安心して相談可能です。

created by Rinker
¥44,077 (2022/08/08 04:50:29時点 楽天市場調べ-詳細)

買い切りの動画編集ソフトの選び方

買い切り版の動画編集ソフトを選ぶ際には、主に3つの項目に注意してください。

  1. 動画編集の用途を明確にする
  2. 初心者の方は普及シェア率を見る
  3. 使用するPCのスペックを確認する

動画編集ソフトを選ぶ際に一番大事なことは、「動画編集の用途を明確にする」ことです。

例えばスポーツの場合、目的や目標が明確でないと、どのような練習をすればよいのか分かりません。

練習が一つの手段だとするならば、動画編集においても「どうのような動画を作りたいのか」が明確でないと、手段となる動画編集ソフトを選ぶのは難しいでしょう。

動画編集の用途を明確にする

動画編集の用途を明確にする

多くの動画編集ソフトから自身に適した製品を選ぶためには、動画編集の用途をより具体的にする必要があります。作りたい動画が明確になっていると、それに必要な機能も分かりやすくなるため、動画編集ソフトも選びやすくなります。

逆に、作りたい動画が抽象的で、どのような機能が必要なのか分かっていない状態だと、動画編集ソフト選びに失敗する可能性が非常に高いです。

また、初心者や未経験者の場合は、はじめから高性能な有料版の動画編集ソフトを利用するのではなく、まずは無料版から活用してみてください。

初心者の方は普及シェア率を見る

初心者の方で買い切り版の動画編集ソフトを選ぶ際には、初心者向けに開発されている製品であることに加えて、どのくらいの利用者がいるのかを比較しましょう。

比較的多くの人に利用されている動画編集ソフトであれば、それほど大きく外れることはありません。

また、人気が高い動画編集ソフトは、インターネット上にもたくさんの情報が出回っているため、分からないことはすぐに調べることができます。

使用するPCのスペックを確認する

ご自身のパソコンのOSや動作環境に、適した動画編集ソフトを選ぶようにしましょう。動画編集ソフトの中には、Windows専用のものもあれば、MacOS専用のものもあります。

その上、動作環境としてOSのバージョンにも縛りがある製品も多いため、必ず購入前に確認が必要です。

買い切り版の動画編集ソフトで動画編集をしよう!

買い切り版の動画編集ソフトを、利用者の用途別に分かりやすくご紹介しました。

スクロールできます
万人におすすめ初心者向けプロ向け
Filmora(フィモーラ)
Video Studio Pro 2021
EaseUS Video Editor
Adobe Premiere Elements
LoiLoScope2
EDIUS X Pro
DaVinci Resolve Studio

買い切り版の場合は、アップデートの頻度も重要になってくるため、必ず購入前にスペック同様に確認が必要です。

また、サブスク版と違い購入した後に返品するのは面倒なので、しっかりと考慮した上で購入するようにしてください。買い切り版の動画編集ソフトを活用して、バリバリ魅力的な動画を一緒に作っていきましょう。

編集部厳選!おすすめ買い切り動画編集ソフト

スクロールできます
\オススメ/
Filmora
\コスパ抜群/
Power Director 19 Ultra
\初心者におすすめ/
Adobe Premiere Elements
FilmoraPower DirectorPremiere Elements
(4.5 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
8,980円(税込)12,980円(税込)19,580円(税込)
MacOS /WindowsMacOS/WindowsMacOS /Windows
公式HP公式HP公式HP

この記事を書いた人

福岡のWebマーケティング支援企業のウェブココル株式会社です。本サイトでは実際に動画編集経験者が初心者向けに動画編集の情報を発信します。

編集者

谷口 弦矢

ムービーマスターの編集を担当しています。動画ソフトをはじめとするさまざまなソフトウェアに関する情報を日々仕入れている大学生です。中学生の頃から趣味や学校の活動等で動画編集を行っており、動画編集歴は今年で6年目です。普段、動画編集をするときはAdobePremiereProを利用しています。
Twitter:@tec_tec_0618
サイトURL:GENYA'S PORTFOLIO

コメント

コメントする

目次
閉じる