【必須】プレスリリース配信はSEO対策の効果がある?プレスリリースで検索順位を上げた事例も紹介

プレスリリース配信にはSEO効果がないと、疑っているのではないでしょうか。結論からいうとプレスリリース配信には、しっかりとしたSEO対策の効果が見込めます。

なぜなら、プレスリリース配信後のSNS拡散や転載などが見込めるからです。しかしながら、具体的にどのようなSEO対策の効果が見込めるのかを、しっかりと把握している人は意外にも少ないのが現状です。

本記事ではプレスリリース配信における、SEO対策の効果を分かりやすく解説しています。最後まで読んで頂くことで、プレスリリース配信におけるSEO対策の効果を、完璧に理解することができるでしょう。

著者:ウェブココル(株) SEO担当
福岡のSEO対策企業のウェブココル(株)です。ホームページ集客に関するWebコンサルティング及びSEO対策なら実績のある弊社にお任せください。

目次

プレスリリース配信でSEO対策に効果はある!

  1. 自社のサービスや商品の認知度を上げる
  2. メディアに自社の情報をPRする
  3. プレスリリース配信の内容の転載や引用による被リンクの獲得

プレスリリース配信の主な目的としては、主に3つ挙げられます。プレスリリース配信には他のメディアでの転載や、SNS等での拡散なども狙えるため、SEO対策の効果が十分に見込まれます。

もちろん、自社の商品やサービス自体に魅力がなければ拡散されることはありませんが、ただ単に広告を出すという認識だけで行うのは、非常に勿体ないといえるでしょう。

そのため、プレスリリース配信を行う際には、SEO対策の効果を狙った施策がとても重要になってきます。

プレスリリース配信がSEO対策に効果がある理由5選

  1. プレスリリース配信後に転載やSNSで二次拡散されるため
  2. 転載された先でdofollowの被リンクを獲得できるため
  3. UGC属性が付与されるパターンもあるため
  4. プレスリリース本体からの流入が見込めるため
  5. Googleのクローラー(bot)はリンクを辿るため

プレスリリース配信がSEO対策に効果がある理由としては、主に5つ挙げられます。

それぞれの項目をしっかりと理解しておくことで、SEO対策の効果を最大化させることもできます。特にプレスリリース配信の担当者である方は、得られるSEO対策の効果に関して知っておくのはマストだと言えるでしょう。

プレスリリース配信後に転載やSNSで二次拡散されるため

プレスリリース配信を行った後には、自社のSNS等でも積極的にシェアするようにしましょう。

内容がよければ他のアカウントからもシェアされるはずなので、新規アクセスの流入にも繋がります。

過去にはプレスリリース配信がきっかけで、Twitterや2chなどでもバズを起こした事例もありますので、仮に起こった際には効率的に被リンクを集めることができる可能性があります。

その他、Yahooニュースなどのニュースメディアでも転載されることもあるため、多くのユーザーに届けることができるでしょう。

転載された先でdofollowの被リンクを獲得できるため

プレスリリース配信自体は、基本的にnofollow設定にされることが多いため、SEO対策の効果を得るのは難しいです。

しかし、第三者のメディアに転載・引用された際には、dofollowになる場合が多いため、被リンクを獲得できる可能性は高いです。

SEO対策において被リンクの獲得はとても重要な項目なので、プレスリリース配信をきっかけに多くの被リンクを取得できるといっても過言ではありません。

UGC属性が付与されるパターンもあるため

UGC属性とは、メディアのコメント欄などにユーザーがコメントを掲載した際に、コンテンツのリンクを付けて紹介してもらうことを意味します。

TwitterやFacebookなどのSNSでは、添付したリンクは自動的にnofollow設定になりますが、メディアのコメント欄などではUGC属性が付与されることがあります。

UGC属性が付与されるとSEO対策の効果にもプラスの影響が働くため、プレスリリース配信をきっかけにUGC属性の被リンクがもらえることが期待できるでしょう。

プレスリリース本体からの流入が見込めるため

プレスリリース配信サイトで万が一、自社が配信した記事が検索で上位を取得できた場合は、プレスリリース配信サイト自体から多くのユーザー流入が見込めます。

メディアへ多くの新規ユーザーが流れることで、自社サイト自体もSEO対策の効果を大きく得られます。

特に大手のプレスリリース配信サイトなどは影響力がとても強いため、すでに多くのファンがついており、爆発的なユーザーの流入なども見込める可能性があるでしょう。

Googleのクローラー(bot)はリンクを辿るため

プレスリリース配信を行うことで、転載やSNSでの拡散が見込まれる訳ですが、Googleのクローラーは常にリンクを辿って巡回しているため、自社サイトにクローラーが訪れる頻度が必然的に高くなります。

クローラーが訪れる頻度が高くなるということは、新しく更新した記事などもすぐにインデックスされやすくなる他、SEO対策にもプラスの影響を与えてくれます。

具体的には、早期に新規記事がGoogleに認識されることで、より早く検索に掲載されやすくなるということです。

プレスリリース配信でSEO対策の効果がある例

  • 多くの人が興味を引くキャンペーンやイベントなど
  • 内容に価値がある調査系一次情報

プレスリリース配信を行う上で、SEO対策の効果を狙うのであれば、戦略をしっかりと練った上で内容を考えなければいけません。

多くの企業がプレスリリース配信を行っていますが、ただ単に広告だけの意味合いで配信を行っては、意味がありませんので注意しましょう。

多くの人が興味を引くキャンペーンやイベントなど

プレスリリース配信では何も自社のサービスや商品の紹介などだけではなく、新規のキャンペーンやイベントなどにも活用することができます。

キャンペーンやイベントでプレスリリース配信を行う際には、できるだけ多くの人が興味を持つような内容が求められるとともに、豪華な特典やプレゼントなどがあるとなお良いでしょう。

例えばライブ配信アプリの会社であれば、有名なVライバーなどを招待して、ファンを交えた大規模なライブ配信イベントを行うことなどが挙げられます。

参加者には抽選でVライバーからサイン色紙が後日送られるなどの特典が用意されてあったりすると、ファンからしたらとても嬉しいプレゼントになります。

また、プレスリリース配信した際のキャンペーンやイベントのページなどは、積極的にファンの中で拡散されたりするため、SEO対策の効果を効率よく得ることができるでしょう。

内容に価値がある調査系一次情報

プレスリリース配信する際の内容に、他の人が見た時に価値ある一次情報を提示することで、拡散される可能性を上げることができます。

人は情報に価値があると感じると、他の人にも知らせたくなる生き物です。

分かりやすい例を挙げるとTwitterなどは、SNSの中でも拡散力が高い上に、目新しい一次情報はすぐにシェアされやすい傾向にあります。

また、内容に価値のある調査系の一次情報を盛り込むことで、プレスリリース配信でも拡散されやすくなり、被リンクの獲得に大きくプラスの影響を与えてくれます。

逆に、全く内容に価値がない情報が書かれているとスルーされやすいため、プレスリリース配信の内容を考える際にはしっかりと調査を行い、価値ある情報を掲載するようにしましょう。

SEO対策でプレスリリースを実施するならウェブココルへおまかせください。

会社名ウェブココル(株)
料金1回4万円(税抜)
納期1か月
特徴SEO対策に効果が強い

現時点でプレスリリース配信を少しでも前向きに検討されている方は、是非とも弊社ウェブココル(株)へお気軽にご相談ください。

弊社ではプレスリリース配信として、大きく5つのサービス項目を設けています。

  1. 高品質な一次情報の獲得
  2. アンケート実施代行
  3. PRTIMESでのアカウント作成サポート
  4. プレスリリース配信代行
  5. 外部リンク獲得のための転載先メディア選定代行

実際のプレスリリース配信は弊社の経験豊富なプロのWebマーケターが代行して行いますので、確実にSEO対策の効果を得ることができます。

特に初めてプレスリリース配信を行う方は、最初はどのようなことに注意すべきなのか分かっていない人が多いため、面倒な作業も合わせてプロに依頼した方が効率的です。

少しでも気になる方は、まずはお気軽にご相談ください。

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。トSEO/コンテンツマーケティング、広告運用などWeb集客全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。SEO対策なら弊社にお任せください。

    目次
    閉じる