SEOコンサルティングを見る

中小企業はSEO対策がおすすめ!上位表示で集客アップを目指そう

中小企業にとって、SEO対策による集客は最もおすすめの集客方法の1つです。自社サイトを検索結果にて上位表示させることで、広告費をかけずに流入数の増加が狙えます。

しかし、実際にどのような施策を行えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、中小企業に適したSEO対策の方法について解説しています。集客の効率化を目指している方はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

中小企業に必要なSEO対策とは?

ここでは、中小企業に必要なSEO対策の概要について解説します。

SEO対策の意味や目的、必要な考え方など、どれも基本的な要素ばかりですのでぜひ確認してみてください。

SEO対策とは検索エンジンにサイトを最適化し上位表示化を目指すこと

SEO対策とはWebサイトを検索エンジンに最適化し、検索結果での上位表示を目指すことです。

ユーザーのニーズを満たす有益な情報をホームページに掲載することで、検索結果で上位に表示されるようになります。

Googleから評価を受けるためには、クローラーにサイトを巡回してもらう必要があります。サイト内部で対策を行い、上位表示させたいページを検索エンジンが見つけやすい構造を作り上げることが大切です。

また、Googleはユーザー体験の高いサイトを高く評価します。ページの表示スピードの向上やモバイル対応など、ユーザビリティの改善が必要です。

SEOはユーザーの検索ニーズを満たすことが大切

SEO対策で効果を発揮するには、ユーザーの検索ニーズを満たすサイト作りが大切です。

ユーザーが欲しい情報を的確に提供し、さらに+αで潜在ニーズまで検討してコンテンツに落とし込むことで、サイトへの流入数増加が狙えます。

サイトに訪問したユーザーを満足させ、商品購入や問い合わせといった結果につなげるためには、文章の他に画像や表を用いた視覚的にもわかりやすい記事を作成することがおすすめです。

SEOはGoogleの理念への理解が必須

効果的なSEO対策を行うためには、Googleの理念に対する正しい理解が必要不可欠です。

Googleの理念は「Googleが掲げる10の真実」に掲載されています。

  1.  ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2.  1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3.  遅いより速いほうがいい。
  4.  ウェブ上の民主主義は機能する。
  5.  情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6.  悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7.  世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8.  情報のニーズはすべての国境を越える。
  9.  スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10.  「すばらしい」では足りない。

この他に、Googleガイドラインなどの情報も一読しておくと、より理解が深まるでしょう。

ちなみに、Google以外の検索ツールとして「Yahoo !」や「safari」が挙げられることがあります。しかし、この2つはあくまで検索ブラウザであって、検索結果などの情報はGoogleが制御しています。

「Yahoo !」や「safari」もGoogleの検索エンジンの技術を利用しており、厳密にいえば検索エンジンではありません。

リスティング広告よりも検索結果画面上でのクリック率が高い

SEO対策の強みは、リスティング広告よりも検索結果画面上でのクリック率が高い点です。

実際に、SEO対策によって上位表示されているページのクリック率は約80%といわれています。

一方で、リスティング広告は自由に設定できる点や検索結果画面で最上位に表示される点がメリットですが、クリック率は低い傾向にあります。

リスティング広告と比較したSEO対策の利点については、以下の項目でも解説します。

SEO対策が必要・不必要な中小企業比較

基本的には、SEO対策はすべての中小企業にとって必要です。

企業名や業務内容をインターネットで検索される可能性があるため、検索結果で上位表示されることで集客の効率化が見込めます。

一方、SEO対策が不必要ではないものの、必ずしも取り組まなくてもいい事業形態が存在します。

代表的な事業例は以下の4つです。

事業例SEOが不要な理由
飲食店食べログやぐるなびなどのグルメサイトの方が集客に効果あり
美容院ホットペッパーや楽天ビューティーの方が集客に効果あり
コンビニインターネットで検索されることはほとんどない
ガソリンスタンドインターネットで検索されることはほとんどない

これらの事業については、SEO対策よりも効果的な集客方法があったり、そもそもSEOでの集客の必要がなかったりするため、SEO対策は後回しでも構いません。

ただし、GoogleMAPで店舗情報を上位表示させるためのMEO対策については、一定の効果が期待できます。

中小企業がSEO対策を行うメリットは大きい

中小企業にとってSEO対策は大きなメリットが存在します。積極的に施策を打つことで、さまざまな効果を狙えるでしょう。

ここでは、SEO対策を行う代表的なメリットを3つご紹介します。

多額の広告費をかけることなく集客できる可能性が高い

中小企業がSEO対策を行うメリットの1つとして、 集客に多額の広告費をかける必要がなくなる点があります。

リスティング広告は検索結果で最上位に表示させることができるものの、大きな入札額がかかるため非常にコストが高くなります。

資金に余裕のある大企業では効果が見込めますが、中小企業は費用の差で大企業に勝つことは困難です。

しかし、SEO対策にかかるコストは、大企業でも中小企業でも大差ありません。そのためマネーゲームになることがなく、中小企業でも大企業に負けない集客が可能になります。

キーワードによっては購買意欲の高いユーザーに訴求できる

SEO対策で選定するキーワードによっては、購買意欲の高いユーザーに訴求することが可能です。

例えば「化粧水 予算 2000円」などのキーワードの場合、このキーワードを検索するユーザーは予算まで決めているため購買意欲が高いことがわかります。

他に「購入」や「申し込み」といった具体的な行動が含まれたキーワードも同様です。

購買意欲が高いユーザーが検索するキーワードで対策を行い、検索結果で上位を取れれば、大幅に売り上げを伸ばせる可能性があります。

長期的にアクセスを獲得できる

SEO対策を行うことにより、サイトへのアクセスを長期的に獲得できる点もメリットの1つです。

リスティング広告は一時的にしか表示されない場合がある上に、長期表示させるためには費用がかかってしまいます。

しかし、SEO対策によって検索結果で上位に表示されたページはGoogleからペナルティを受けたりしない限り、その後も大きく順位が変動することはあまりありません。

SEOでは、ユーザーに対して低コストかつ長期的に訴求することが可能です。

中小企業がSEOを行うにはデメリットもある

中小企業がSEO対策を行うことで多くのメリットを得られますが、実はデメリットも存在しています。

せっかくの施策を無駄にしないためにも、事前にデメリットを把握しておくと安心です。

代表的なデメリットを3つご紹介します。

即効性は低い

SEO対策を行うデメリットの1つは、効果が現れるまでに時間がかかる点です。

記事を公開してからすぐに上位表示されるものもあれば、キーワードによっては上位表示まで半年〜1年ほどかかる場合もあります。

特に、月間検索数が1万件以上のビックキーワードは競合も強く、上位表示の難易度も高くなります。

SEO対策は即効性が低いため、サイトを長期間運用しながら根気よく施策を行うことが必要です。

企業によっては不要なこともある

上記の項目でも取り上げた通り、業態によってはSEO対策が不要になることがあります。

たとえば飲食店や美容院などのように、食べログ・ぐるなび・ホットペッパーのような充実した口コミサイトやECサイトがすでにある場合は、そちらを優先させた方が集客には効果的です。

また競合がいない独占事業や、コンビニのようにそもそも検索するものではない事業についても、SEO対策はさほど重要ではありません。

アルゴリズムや規約の知識が必要になる

効果的なSEO対策を行うためには、アルゴリズムや規約に対する知識が必要になります。

Googleの検索アルゴリズムは日々変化しているため、それに対応できるだけの知識を習得しつづけなければいけません。

またインターネットである程度の知識は得られるものの、なかには間違った対策が掲載されていることがあります。

たとえばサイト評価を高めるために被リンクを不正に集めると、規約によってGoogleからペナルティを受けることになり、検索順位が大幅に下落してしまいます。

自分でSEO対策ができるか自信がない場合は、専門家に依頼すると安心です。

中小企業がSEO対策を行うコツ

ここでは、中小企業がSEO対策を行うコツについて解説します。

コツを押さえて施策を実行することで、効率よく結果を出せるようになるでしょう。

専門性が高いコンテンツを作成する

中小企業のサイトで検索上位を狙うには、専門性が高いコンテンツを作成することが必要です。

実際の体験談や調査など、出所が明確な一次情報を集めて専門性の高いページに仕上げましょう。

場合によっては専門家へのインタビューを載せたり、監修者を立てたりすることもおすすめです。

ただし、名ばかりの監修者はそこまで効果が高くありません。監修者のサイトから被リンクを受けたり、SNSで自サイトを言及してもらってサイテーションを獲得したりといった工夫を行うとよいでしょう。

信頼が持てるような情報を提示する

ユーザー目線だけでなく、Googleからの評価においても「信頼できる企業である」と認識してもらうことが大切です。

そのためには、自社の業界に関する高い協会や団体に企業名とサイトURLを登録し、被リンクを獲得するとよいでしょう。

また、Googleマイビジネスへの登録もおすすめです。登録することによってGoogle MAPでの検索結果に店舗情報が表示されやすくなり、どのような企業なのかがユーザーに伝わりやすくなります。

さらにGoogleの検索結果に企業情報が登録されることがあるため、店舗での営業を行っていない中小企業でも登録しておくのがベターです。

まずはロングテールキーワードで上位表示を狙う

SEO対策を始める際は、まずはロングテールキーワードで上位表示を狙うとよいでしょう。ロングテールキーワードとは3語句のキーワードを組み合わせたものです。

ビックキーワードはより多くの流入が見込めますが、競合が強いことが多く、最初から上位を狙うのは容易ではありません。

まずは「会社名」「サービス名+地域名」「商品名」の3つのスモールキーワードで上位表示を達成できるような対策を行いましょう。

これらのキーワードは検索回数は多くないものの、自社の見込み顧客が検索するキーワードです。

スモールキーワードで安定して上位表示できるようになったら、徐々にビックキーワードに挑戦していくことをおすすめします。

継続的なサイト運営ができる体制を整える

SEO対策で集客を成功させるには、継続的なサイト運営が必要不可欠です。

SEO対策を行ってもすぐに効果が現れるとは限りません。また、立ち上げたばかりのサイトはドメインパワーが弱く、いくら質の高いコンテンツでもなかなか上位に表示されないことがあります。

しかし、SEO対策に気を取られて、本業がおそろかになってしまっては本末転倒です。

社内で体制を整えるのが難しい場合は、SEO業者へ相談するとよいでしょう。

中小企業がSEO対策で成功するためのポイント・注意点

中小企業がSEO対策で成功するためには、まずは先ほど取り上げた3つのスモールキーワードでSEOを意識したコンテンツを作ってみるとよいでしょう。

ここでは、SEO対策における具体的なポイントや注意点について解説します。

タイトルや見出し・メタディスクリプションにキーワードを入れる

サイトへの流入数を増やすためにはタイトルページの見出しメタディスクリプションに上位表示を狙いたいキーワードを含ませるとよいでしょう。

たとえば「サービス名+地域名」で対策を行うなら、「〇〇市で遺産相続の相談を行うならお任せください」といったような形になります。

ただし、無理矢理キーワードを詰め込んだり、キーワードを意味もなく羅列するのは逆効果です。

あくまでも自然にキーワードを取り入れるようにしてください。

見出しの構造を整える

検索エンジンやユーザーに記事の内容をわかりやすく伝えるためには、見出しの構造を整えることが大切です。

「h2」「h3」といったhタグを使用して構造を整理し、SEOで対策したいキーワードや、その関連キーワードを入れ込むようにしましょう。

hタグには「h6」まで階層がありますが、実際はそこまで使う必要はありません。

また、タイトルタグと同様、不自然にキーワードを盛り込まないように注意してください。

画像は圧縮しテキストを入力する

記事の中に画像を入れる際は、Tiny Pingなどを使って画像を圧縮するようにしましょう。

画像を載せることで記事の容量が大きくなり、ページの表示スピードが低下する場合があります。

画面が表示されるまで時間がかかるとユーザーを不快にさせてしまい、ユーザビリティに悪影響です。

また、Googleは基本的に画像データの内容を文字列で判断しています。画像にはalt属性を設定し、画像に関する説明を記載しておくとよいでしょう。

SEO事業者への依頼もおすすめ

中小企業がSEO対策を行う上で、SEO対策会社への依頼もおすすめです。

ご紹介したSEO対策を最低限実践した上で、実際はもっと複雑な作業を行わなければいけません。

SEOの専門知識がない状態では効果的な施策を打つのは難しいだけでなく、間違ったSEO対策を行うリスクもあります。

またSEO対策に時間を取られて、本業に支障が出てしまっては本末転倒です。

自分たちだけでは自信がない場合は、SEO事業者に依頼するのもよいでしょう。SEO事業者に複雑な作業を代行してもらうことで、効果を最大限に発揮しやすくなります。

SEO対策を業者へ依頼すべき中小企業の特徴

ここでは、特にSEO対策を専門業者に依頼すべき中小企業の特徴をご紹介します。

当てはまる企業の方は、ぜひSEO業者の利用を検討してみてください。

広告費などに多額の予算をかけられない

広告費に多額の予算をかけられない企業にこそ、SEO対策は非常におすすめです。

リスティング広告などを利用する場合、月に数百万円ほど必要になることもあります。

一方SEO対策の場合、サイトを検索結果で上位表示化することができれば、広告費をかけずに流入数の増加が狙えます。

さらに、一度上位に表示されれば順位が大きく変動することはあまりないため、中長期的なサイト集客が可能です。

社内にSEOやWebマーケティングに精通する担当者がいない

社内にSEOやWebマーケティングに精通する方がいない場合は、専門業者に依頼した方がよいでしょう。

現在SEOも複雑化しており、専門的な知識やスキルがないとサイト運営は難しくなります。

何が課題かがわからないまま闇雲にサイト更新を続けていると、気づいた時には改善しようのない状態になっているケースもあるため注意してください。

また、社内のリソースをSEOに避けない場合も、SEO業者を利用することをおすすめします。

これまでサイト経由での集客ができていない

これまでサイト経由での集客ができていない場合、間違ったサイト運営を行っていることが考えられます。

サイトの状態が悪化する前に、SEO業者に依頼して正しい方向へ導いてもらうとよいでしょう。

プロの目線から課題を見つけてもらい適切なアドバイスをもらうことで、SEO集客ができるサイトに成長する可能性が高くなります。

【予算別】中小企業が業者へ依頼する際におすすめのSEO対策

ここでは、SEO対策会社へ利用する際の料金相場をご紹介します。

プロへの依頼を検討している方はぜひ参考にしてください。

なお、大手に依頼する際はこれよりかかる場合が多い傾向にあります。

〜10万円|コンテンツ制作

ある程度サイトの構造がしっかりしており、社内でサイト運用担当者がいる場合は、コンテンツ制作のみを依頼するのもよいでしょう。

予算はおおよそ10万円程度で、月に数本程度の記事コンテンツ制作が可能です。

コンテンツの質を高めるだけでも、Googleからの評価を高めやすくなります。

ウェブココル株式会社では、記事制作を3万円/本から承っています。

〜30万円|SEO対策コンサル

自社にSEOやマーケティングに関する知識を持つ方がいない場合は、SEO対策コンサルを依頼するのがおすすめです。

SEO対策コンサルでは、SEO観点からサイト内の改善施策を提案することが一般的です。対策業者側では実施を行わず、分析結果をもとにした改善案の資料の提出までがメインとなります。

適切な施策をアドバイスすることで、検索結果での上位表示化を達成し、集客につなげることが目的です。

ウェブココル株式会社では、サイトの規模にもよりますが、20〜30万円でSEO対策コンサルを承っております。

〜50万円|SEO業務ディレクション

社内でSEO対策へ割くリソースがない企業や、SEO対策を一任したい企業には、SEO業務ディレクションがぴったりです。

SEOコンサルでは改善施策の提案のみですが、ディレクションでは施策の実施までを請け負います。

費用は高くなるものの、もっともSEO対策における成果を出しやすい方法です。

ウェブココル株式会社では、SEOコンサル(20〜30万円)をディクレション(15〜20万円)合わせた約50万円でSEO業務ディレクションを行っています。

ウェブココルのSEOコンサルティング実績

ここでは、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティング実績として、美術品買取専門店の事例をご紹介します。

クライアント様はホームページ制作会社と自社にてSEO対策を実施していましたが、経営層が伸び悩んだために当社に依頼していただきました。

ウェブココル株式会社では、まずは現状の課題や競合サイトを分析し、検索ニーズの把握を行います。その上で、内部対策・外部対策・コンテンツ制作の3つの観点から施策をご提案いたしました。

その結果、「東京 絵画買取」のキーワードで検索順位1位を獲得し、他にもさまざまな「作家 買取」のKWで上位表示を達成しました。

また、サイトへの流入数が7倍に成長したのも実績の1つです。

中小企業のSEO対策はウェブココルにお任せください!

広告費をかけずに中長期的なサイト集客を行えるSEO対策は、多くの中小企業におすすめです。

しかしSEOは年々複雑化しており、 専門的な知識がないと効果的な施策を打つのは難しくなります。

自社だけでは自信のない企業やSEO対策にリソースを避けない企業は、SEO対策業者に依頼するのがおすすめです。
ウェブココル株式会社では、クライアント様にしっかりヒアリングを行った上で、本当に効果のある施策をご提案しています。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

\ 中小企業のSEO対策ならお任せ /

目次
閉じる