SEOコンサルティングを見る

工務店におすすめのSEO対策6選|掲載コンテンツや集客の例をあげて紹介

近年、工務店を探すほとんどのユーザーが検索エンジンを利用しています。インターネット上で集客したいと考えている工務店は、自社のサイトでSEO対策を進めることが重要です。

工務店のサイトでSEO対策をすると、流入数・売上・問い合わせ数の増加が期待できます。

この記事では、工務店のサイトに適したSEO対策、掲載コンテンツや集客の事例などを紹介します。SEO対策を講じるメリット・デメリットなども解説するため、自社のサイトでSEO対策を進めるべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEO対策の目的

SEO対策の主な目的は、検索順位の上位表示化を実現しサイトの流入数・売上・問い合わせ件数を増加させることです。工務店の場合は、問い合わせ数の増加を狙えます。

工務店のサイトでSEO対策をする際は、自社サイトの流入数をアップさせるための記事コンテンツを多く制作する必要があります。「流入を得るためのキーワード」「問い合わせを狙うためのキーワード」と狙いのキーワードを分けて戦略的に記事コンテンツを制作することがおすすめです。

工務店のサイトで効果的な施策などは記事の後半で紹介するため、あわせて確認しておきましょう。

工務店のSEO対策におけるメリット・効果

工務店のサイトでSEO対策をするメリット・効果は、下記のとおりです。

  • 上位表示できれば、広告費不要で長期的なサイト集客が可能になる
  • 工務店への興味や関心が高いユーザーを集客できる

SEO対策を進めてサイトおよび記事コンテンツが上位表示できれば、広告費をかけなくてもサイト集客が可能になります。広告費を削減できれば、年間の経費を抑えられるため剰余資金を生み出せます。

工務店への興味や関心が高いユーザーを集客できる点も、SEO対策ならではのメリット・効果です。工務店への興味や関心が高いユーザーを集客できると、問い合わせから成約につながる可能性が高くなります。

SEO対策がうまくいけば費用を削減できるだけでなく継続的にユーザーを集客できるため、自社のサイトが営業マンのような役割を果たします。

工務店のSEO対策におけるデメリット

SEO対策にはメリットだけでなくデメリットもあります。下記は、工務店のサイトでSEO対策に取り組む際のデメリットです。

  • 狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかる
  • 初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性もある
  • コンテンツ制作に時間を取られて工務店の運営に支障をきたす可能性もある

SEO対策はすぐに結果が出る集客方法ではありません。サイトの構築をしたり記事コンテンツを制作・公開したりするなど、取り組むべきことが多く、成果が出るまでに6か月以上かかるケースが珍しくありません。

SEO対策とひと口に言ってもさまざまな施策が存在します。SEOを少し勉強した程度の知識量では、適切な施策が打てずに結果が出ない恐れがあります。

SEO対策を進める際は、記事コンテンツを増やしてサイトの流入数を増やすことが一般的です。初心者がSEO対策をした記事コンテンツを制作する場合、1日以上かかることがあります。

以上の理由から従業員数が少ない工務店では、自社でSEO対策を進めることが困難だと判断できます。SEO対策に資金を投じられる場合は、SEO対策を専門に行う業者へ依頼することがおすすめです。

工務店の基本的なSEO対策

工務店のサイトで実践すべき基本的なSEO対策は、次のとおりです。

  • 内部対策外部対策・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する
  • 「エリア名×工務店」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

SEO対策で成果を出すためには、基本的な部分を押さえておくことが重要です。以下では、基本的なSEO対策を一つずつ解説します。

外部・内部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

工務店のサイトでSEO対策する際は、外部・内部・コンテンツ対策にて、ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイト構築をしましょう。

サイト構築が複雑になっている場合、ユーザーが求めるコンテンツにたどり着けなかったり、検索エンジンがページをうまくクロールできなかったりする恐れがあります。

下記では、外部・内部・コンテンツ対策で取り組むべきことを紹介します。

  • 外部対策

外部対策では、ドメインやコンテンツ単位で高い評価を得られるサイトを作成し、被リンクを獲得することが大切です。被リンクを獲得すると検索エンジンから自社のサイトが評価されやすく、検索順位の上位表示化を実現しやすくなります。ここで被リンクを購入するのは、Googleからペナルティを受けるのでやめましょう。

被リンクの他にも、自社サイトの名前や住所などが言及される「サイテーション」を外部のサイトから得られると、検索エンジンの評価が良くなる傾向です。

  • 内部対策

内部対策では、主に次の項目に力を入れることが大切です。

内部対策の種類目的
クローラビリティサイトマップや内部リンクを設置してクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単体での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでページスピードを上げ、ユーザサビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

内部施策では、サイトの利便性を高めることに注力します。検索エンジンは、サイトを総合的に見て良し悪しを判断するためすべての項目を最適化させることが重要です。

  • コンテンツ対策

コンテンツ対策では、ユーザーの検索意図を満たした良質な記事コンテンツを制作することが重要です。ユーザーの検索意図を網羅した記事コンテンツは、検索エンジンから評価されやすくなります。

結果、検索順位の上位表示化を実現しやすくサイト流入の獲得につながります。

記事コンテンツを制作する際は、E-A-Tを意識することも欠かせません。E-A-Tとは、専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の略称です。

近年のSEOでは記事コンテンツの網羅性に加えて、E-A-Tも重視されています。

「エリア名×工務店」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

工務店のサイトでSEO対策する場合、「エリア名×工務店」で上位表示を狙うことが大切です。基本的にユーザーは、特定の地域にある工務店を探す傾向があります。

そのため、工務店のサイトで「エリア名×工務店」で上位表示を実現できれば、売上・問い合わせ数の増加がかなり期待できます。具体的な施策は以下で詳しく紹介します。

工務店がSEOで上位表示するための具体的な施策6選

工務店のサイトがSEOで上位表示するためには、次の施策を講じることが大切です。

  • 地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う
  • 工務店名で上位表示されるよう対策する
  • 工務店関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する
  • 読者を想定したコンテンツ内容にする
  • 工務店サイトとしての専門性を高める
  • 他の建設業や企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

ここからは、効果が期待できる6つの施策を具体的に紹介します。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

工務店のサイトがSEOで上位表示を目指す場合、地域名など限定したエリアでの検索上位を中心に狙うことがおすすめです。例えば、「〇〇市+工務店」や「〇〇町+工務店」などは、地域名を限定したキーワードに挙げられます。

工務店のサイトがSEO対策を進める際に、地域名や特定のエリアでの上位表示を狙うべき理由は次のとおりです。

  • 限定された地域の方がより競合が少ないため上位表示にも時間がかかりにくい
  • ユーザーもその地域での工務店に興味関心があり問い合わせにつながりやすい
  • 1つの地域だけでも対策すべきキーワードが多い

地域に特化してSEO対策をする場合、競合が少ないことから上位表示されるまでに時間がかかりにくいという特徴があります。そのため、通常よりも短い期間でSEO対策の成果を実感することが可能です。

地域名と工務店関連のキーワードで検索するユーザーは、特定の地域にある工務店に興味や関心があると判断できます。工務店がある地域のキーワードを対策すれば、問い合わせにつながりやすく売上向上につながるでしょう。

地域名とかけ合わせたキーワードは、「地域名+工務店」だけではありません。他にも多くのキーワードが存在し、1つの地域の対策をするだけでもかなりの時間がかかります。

地域名に特化したSEO対策をするときは、始めから全国単位での上位表示を狙うことは控えましょう。サイトが検索エンジンに評価されていない状態で全国単位のキーワードを狙っても上位表示を実現できません。

全国単位で上位表示を狙いたい場合は、限定した地域で上位表示できるようになってから、都道府県→地方→全国と段階を踏んで対策を進めることを推奨します。

工務店名で上位表示されるよう対策する

工務店のサイトがSEOで上位表示を狙うためには、工務店名で上位表示されるよう対策することが大切です。なお、工務店名でユーザーに検索してもらうことを「指名検索」と言います。

工務店名で上位表示化できると、サイトの流入数・売上・問い合わせ数が格段にアップする可能性があります。

工務店のサイトが工務店名で上位表示化するためには、自社サイトへの流入数を得るための記事コンテンツを多く制作することが大切です。記事コンテンツ経由で流入数を増やすと、サイトそのものの評価が高まり工務店名で上位表示を狙えます。

記事コンテンツを制作する際は、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に分けて戦略的にSEO対策を進めることがおすすめです。

「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」の具体例は以下で紹介します。

工務店関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

自社のサイトへ工務店に興味や関心のあるユーザーを集めるためには、工務店関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作することが重要です。

工務店関連のキーワードとひと口に言っても、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に分類できます。下表では、各キーワードの具体例をまとめています。

キーワードの種類キーワードの例
流入を得るためのキーワード・工務店 ハウスメーカー 違い
・工務店 ハウスメーカー どっち
・工務店 イベント 企画
・工務店 打ち合わせ 回数
・工務店 探し方
・工務店 設計事務所
問い合わせを狙うためのキーワード・地域名 工務店
・地域名 工務店 おすすめ
・地域名 工務店 実績
・工務店 地域名 安い
・工務店 依頼

基本的には、お悩み解決に関連するキーワードが「流入を得るためのキーワード」、問い合わせや成約に結びつくキーワードが「問い合わせを狙うためのキーワード」です。

工務店のサイトで成果を出すためには、流入を得るためのキーワードで工務店に興味や関心のあるユーザーを集めつつ、問い合わせを狙うためのキーワードでユーザーをクロージングする必要があります。

読者を想定したコンテンツ内容にする

工務店のサイトで記事を制作する際は、読者を想定したコンテンツ内容にすることが欠かせません。工務店のサイトに掲載されている記事に対してユーザーが求めていることは、「工務店がどのような仕事をしてくれるのか」についてです。

詳しく説明すると、工務店訪問検討者が問い合わせをしたくなるように「実績」「価格」「業務内容」を、コンテンツ内容に盛り込むことが大切です。

コンテンツ内に実績・価格・業務内容の3つの情報があることで、ユーザーは問い合わせすべきかどうかを判断できます。

一方で、コンテンツ内に実績・価格・業務内容に関する情報がない場合は、自社のページからユーザーが離脱する可能性が高くなるでしょう。

記事を作る際は、ユーザーが「知りたい」と思う情報を先回りした構成に仕上げると、読者を想定したコンテンツ内容になります。

工務店サイトとしての専門性を高める

工務店のサイトで上位表示するためには専門性を高めることが大切です。専門性の高いサイトと専門性の低いサイトで似たようなコンテンツがあった場合、検索エンジンは専門性の高いサイトの記事を上位表示させる傾向があります。

工務店のサイトで専門性を高めるためには、次のような取り組みが必要になります。

  • 記事本数を競合と同程度もしくはそれ以上へ増やす
  • 記事内容の情報量を充実させ読者が知りたいであろう知識を載せる
  • サイトを長期間運営する(短いとコンテンツが良くてもそもそも評価されないこともある)

工務店のサイトの専門性を高める上で、記事本数を競合と同程度もしくはそれ以上へ増やす必要があります。記事が少なければ、工務店関連の情報を網羅できず専門性に欠けやすくなります。

記事を制作する際はただ記事数を増やすだけでなく、記事の情報量を充実させましょう。記事の情報を充実させるためには、読者の顕在ニーズや潜在ニーズを調べて知りたいであろう知識を載せることが大切です。

検索エンジンがサイトの専門性を判断する際は、サイトの運営期間にも着目します。サイトを運営する期間が短い場合は、読者のニーズを満たした記事をいくら制作しても、評価されないことが珍しくありません。

立ち上げたばかりのサイトでSEO対策をする際は、長期的に施策を打ち続けることが求められます。

他の建設業や企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

近年のSEOでは、被リンクによるサイトパワーの有無で上位表示できる・できないが大きく分かれます。工務店のサイトで上位表示を狙いたい場合は、他の建設業や企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させることが必要です。

ただし、工務店と関係のない被リンクはいくら集めてもサイトパワーの向上に寄与しません。例えば、工務店のサイトでお菓子屋さんのサイトやペットショップのサイトなどから被リンクを獲得しても効果はあまりないでしょう。

工務店のサイトで被リンクの獲得を目指すときは、外部ツールを利用して競合がどのようなサイトから被リンクを獲得しているのかを調査して差分を埋める方法がおすすめです。

SEO対策に必須の工務店案内コンテンツ4選

工務店のサイトでSEO対策を進める場合、下記で挙げる案内コンテンツが必須です。

  • 工務店を利用したお客様の声
  • 業務内容と料金表ページ
  • 工務店のスタッフ紹介ページ
  • お問い合わせページ

これらの案内コンテンツは、ユーザーが気になる・サジェストとしても必要なコンテンツです。ここからは、5つのコンテンツをどのように制作すべきか紹介します。

工務店を利用したお客様の声

工務店のサイトには、実際に建物を建てたいと思うユーザーが一定数訪れます。建物を建てたいと思っているユーザーは、工務店を利用したお客様の声をもとに、問い合わせるべきかどうかを判断したいと思っています。

工務店を利用したお客様の声に関するコンテンツの有無で、サイトの問い合わせ数が変化するケースは珍しくありません。

工務店を利用したお客様の声に関するコンテンツを制作する際は、実際に自社のサービスを利用したお客様の感想と業務内容などを具体的に紹介しましょう。

業務内容と料金表ページ

工務店のサイトでは、案内コンテンツとして業務内容と料金表ページが必要です。工務店に建物の造設を依頼する場合、多額のお金がかかることが一般的です。

業務内容と料金表のページがなければ、ユーザーは金額相場をイメージしにくく、問い合わせを見送る可能性が高くなります。

業務内容と料金表のページでは、どのような業務があり、どれくらいの費用で依頼できるのかを細かく解説しましょう。社内にリソースがある場合は、業務内容と料金表のページに「無料相談承ります」などと記しておくことも効果的です。

工務店のスタッフ紹介ページ

工務店のサイトでSEO対策を進める場合、スタッフ紹介ページもあわせて制作しましょう。ユーザーが工務店を利用すべきか判断するときは、実績や料金のほかに、どのようなスタッフが対応するのかも確認します。

ユーザーのなかには「頼れそうな職人さんが居たから依頼できた」と口にする方も少なくありません。

工務店のスタッフ紹介ページを作る際は、スタッフの顔写真や自己紹介などの人柄がわかる情報を記載しましょう。

他には、どのような実績があるのか・顧客先の方々とどのように接しているのかなど「安心して依頼できる工務店」だとユーザーに思ってもらえる情報を公開することも大切です。

お問い合わせページ

工務店のサイトで集客するためには、お問い合わせページが必要です。

お問い合わせページのリンクは、ユーザーが依頼や相談をしたいと考えたときに、一目でわかる位置に設置することが大切です。

基本的には、ヘッダー・フッダーメニューにお問い合わせページのリンクを設置すると、ユーザーに見つけてもらいやすくなります。

工務店のSEO対策における注意点

工務店のサイトでSEO対策を講じる際は、下記の点に注意しましょう。

  • 他のサイトのパクリになるようなコンテンツは投稿しない
  • 定期的にサイトを更新する(フレッシュネス)

他のサイトのパクリになるようなコンテンツは、インターネット上であっても著作権侵害に該当します。SEOの観点で見ると、パクリになるようなコンテンツはペナルティの対象となるためサイト評価を著しく落とす恐れがあります。

工務店のサイトでSEO対策に力を入れる場合は、定期的にサイトを更新することが大切です。定期的にサイトを更新することは「フレッシュネス」と呼ばれ、近年のSEOでは重視されている項目の一つです。

上記で挙げた注意点を意識せずにSEO対策を進めると効果が得られません。工務店のサイトで集客したい方は、正しい方法でSEO対策を講じる必要があります。

工務店のSEO対策における集客事例|有限会社谷垣工務店

工務店のサイトの成功事例として、大阪府にある「有限会社谷垣工務店」のサイトが挙げられます。

有限会社谷垣工務店のサイトは、地域に特化したSEO対策を進めて「東淀川区 工務店」で1位を獲得しています。定期的に記事を更新しており、フレッシュネスを意識している点もSEO対策の参考にすべき部分です。

サイト構造や記事の内容・更新頻度など、SEO対策の観点で見ると有限会社谷垣工務店のサイトはお手本になります。

「工務店のサイトをどのように制作すべきか迷っている」という方は、有限会社谷垣工務店のサイトをチェックしてみましょう。

工務店のSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

工務店のサイトでSEO対策をすると、流入数・売上・問い合わせ件数が増加することを期待できます。サイトで集客したい方は、基本的なSEO対策はもちろん、工務店のサイトに特化した施策を打つことが重要です。

しかし社内でSEO対策をする場合、正しい知識を持っている方がいなければ成果が出ない恐れがあります。

工務店のサイトのSEO対策にお困りの方は、現場で得た知見をもとに効果的な施策を講じる「ウェブココル株式会社」へご相談ください。ウェブココル株式会社では、お客様満足度を優先して高い品質のサービスを提供しています。

「SEO対策を進める時間がない」「うまく成果を出せるか自信がない」という方は、ぜひウェブココル株式会社へお問い合わせください。

\工務店のSEO対策ならお任せ /

目次
閉じる