SEOコンサルティングを見る

学習塾・予備校サイトにおすすめのSEO対策6選|注意点や制作推奨の記事コンテンツも紹介

本記事では、学習塾サイトでSEO対策を行う際にできる具体的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリット、注意点を紹介します。SEO対策と一言でいっても、具体的な施策はさまざまです。

ただ単にコンテンツを作るだけでは不十分であり、何がポイントとなるのか正しく理解しておく必要があります。これからSEO対策を始めようとしている、もしくは始めたばかりという学習塾の担当者はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEO対策の目的

SEO対策を行う一番の目的は、サイトを検索上位に表示させ流入数の増加や売上・問い合わせ増加につなげることです。学習塾の場合、検索順位アップにより塾の知名度をあげ、そこからWebサイトへのアクセスや入塾の申し込み件数の増加を目指します。

SEO対策を行う上では、検索キーワードを想定したコンテンツ制作が必要となります。コンテンツの中にも以下のような種類があり、目的に応じたコンテンツ制作が必要となります。

  • Webサイトへの流入を増やすためのキーワードに基づいたコンテンツ
  • 問い合わせを増やすためのキーワードに基づいたコンテンツ

具体的に制作するコンテンツの種類については、後ほど解説します。

学習塾・予備校サイトのSEO対策におけるメリット・効果

学習塾サイトでSEO対策を行うことで得られるメリットは以下です。

  • 広告費をかけない中長期的な集客が可能
  • 学習塾への興味や関心の高いユーザーを集客可能

例えば、検索結果の1ページ目に表示することができれば、多くの人の目に止まるため、広告費をかけることなく長期的に学習塾サイトへの集客が可能となります。

広告の場合、一定期間がすぎると消えてしまいますが、SEO対策の一環として作成するコンテンツは、Web上に残り続けるため、自社の資産にもなります。これにより、数年前に作成したコンテンツを見て問い合わせをしてくる人が現れる可能性もあります。

そのほかにも、塾に関連するキーワードで上位表示させることができれば、学習塾への興味や関心が高いユーザーを集客することが可能になります。

学習塾・予備校サイトのSEO対策におけるデメリット

SEO対策を行うデメリットとして、知識やスキルが必要となるため、初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性があります。場合によっては、専門スキルを備えた人材の採用やアウトソーシングなどの対策が必要となります。

また広告の場合、費用をかけることですぐに検索結果の1ページ目に表示させることができますが、SEOの場合狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかります。そのため、SEOに取り組む際は、長期的な視点を持って取り組んでいくことが必要不可欠です。

その他のデメリットとして、動画や記事などのコンテンツ制作に時間を取られてしまい、本業に支障をきたす恐れもあります。

学習塾・予備校サイトの基本的なSEO対策

学習塾のオウンドメディアでSEO対策を行う際のポイントとして、以下の点について解説します。

基本的なポイントですが、非常に重要なため参考にしてみてください。

内部・外部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

Googleにおける検索結果の表示順は、Googleが定めるアルゴリズムによって決まります。そのため、SEO対策はGoogleからの評価を高めるための対策とも言えます。

内部対策では、以下の点に対応する必要があります。

内部対策具体的な施策
クローラビリティサイトマップや内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでサイトの表示速度を上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

また、Google内部への対策だけでなく、外部対策として被リンクを獲得することも重要なポイントです。被リンクを集めるためには、ドメイン(Webサイト全体)やコンテンツ単位で高い評価を得られるサイトを作る必要があります

そのほかにも、ユーザーの意図やニーズに沿った踏まえた良質な記事コンテンツを作ることも大切です。特にコンテンツ制作にあたっては、EAT(専門性、権威性、信頼性)を意識することが欠かせません。

「エリア名×塾」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

学習塾がSEO対策を行う場合、「板橋区 高島平塾」というように「エリア名×塾」で上位表示を狙うことが大切です。なぜなら、学習塾の情報を検索する人の多くは、自宅近くの塾を探しているからです。

近年ではオンラインによる授業も増えていますが、それでも対面で授業を行うケースが一般的であるため、集客につなげるためには、学習塾がある周辺エリアに住む人からの検索に引っかかる必要があります。

そのため、エリア名を含めて上位表示を狙う必要があります。

学習塾・予備校がSEOで上位表示するための具体的な施策6選

学習塾が検索結果で上位表示を狙うためにできる具体的な施策を解説します。取り上げる施策は以下の6点です。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

上位表示を狙う際は、全国や都道府県単位での集客を最初から狙うのではなく、塾周辺のエリアに限定することがポイントです。

塾周辺のエリアに限定することで、競合が少なくなり、上位に表示されるまでにかかる時間も短くなります。また、塾について調べる人は、自分が暮らす地域の塾に興味・関心を持っているケースがほとんどのため、自宅近くの塾である方が問い合わせ繋がります。

1つの地域に限定しても、対策すべきキーワードは多いため、まずは集客したい地域のSEO対策に注力することが大切です。最初から広範囲の地域を対象とするとやるべきことが増え、大きな負担がかかります。

塾名で上位表示されるよう対策する

「地域名+塾」で検索上位を狙うだけではまだ複数の塾が表示される可能性があるため、塾名で上位表示されるように対策する必要があります。

具体的には、塾名での指名検索や認知度向上を考慮して、塾名をタイトルタグへ含めるといった対策ができます。また、ぱんクズリストやページ内リンクでTOPページへのリンクを繋ぐ際も、アンカーテキストに塾名を含ませるようにしましょう。

検索結果が表示されたときに、Webサイトの名前が表示されていないと不安に感じる人もおり、アクセスを避けられてしまう可能性があります。このような事態を避けるためにも、塾名まで含めて上位表示されるように対策を施してください。

学習塾関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

情報を調べる人が、どのようなキーワードで検索し、Webサイトに流入するのかを考慮したうえで、記事コンテンツを作る必要があります。

例えば、小学生と高校生では、検索キーワードは大きく異なります。

小学生の場合、「小学生 塾 いつから」「小学生 塾 効果」など塾に関する疑問や悩みなどを検索する人が多いと考えられます。一方で、高校生となると「数学 塾」「●●大学 受験 塾」など、特定の科目や受験関連のキーワードを絡めて検索する人が多くなるでしょう。

このように、塾がターゲットとする世代によって、検索キーワードが異なるため、それに応じた記事コンテンツを作る必要があります。

読者を想定したコンテンツ内容にする

コンテンツを作る際は、自分たちが伝えたいことだけではなく、読者が知りたいことは何かを想定したうえで、ニーズに応えられるようなコンテンツにすることが大切です。

また、学習塾は実際に通うのは子供ですが、授業料を支払うのは保護者であるケースがほとんどであり、情報検索も保護者が行う可能性が高いといえます。そのため、保護者が読むことを想定したコンテンツを制作する必要があります。

例えば、1ヶ月どのくらいの費用がかかるのか、子供は何を学ぶことができるのか、塾にはどのような実績があるのかなど保護者目線に立って必要とする情報を提供しましょう。

学習塾サイトとしての専門性を高める

先ほども触れていますが、SEO対策を行ううえでは、EATを意識する必要があり、その一つである専門性(Expertise)を高めることは非常に重要です。

専門性を高めるためには、まず記事コンテンツの数を増やす必要があります。少なくとも競合サイトと同程度のコンテンツ数、可能であればそれ以上の記事数を目指してください。また、記事の数を増やすだけでなく、内容面でも情報量を充実させ、読者が必要としている情報を網羅しましょう。

そのほかにも、Webサイトを長期間運営することも専門性を高めるうえでは重要です。コンテンツが優れていても、運営期間が短いとGoogleから評価してもらえない可能性があります。そういった意味でも、長期的に取り組む必要があるでしょう。

教育関連の被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

SEO対策を行う上では、被リンクを獲得することも重要です。その中でも教育関連の被リンクの獲得を目指すことが大切です。被リンクとは、ほかのWebサイトが自社のWebサイトへのリンクを貼ることを指します。

いくら被リンクが多くても、学習塾や教育に全く関係のないジャンルからの被リンクでは高い評価やドメインパワーを得ることができません。また、自作自演による被リンクや業者から購入する被リンクは評価が低下する恐れがあるため、注意してください。

SEO対策に必須の学習塾案内コンテンツ5選

ここでは、学習塾のWebサイトに欠かせないコンテンツを紹介します。ここで取り上げるのは以下の5つです。

ユーザーが気になるコンテンツであることはもちろん、サジェストとしても必須のコンテンツであるため、参考にしてください。

入塾検討中のサイト初訪問の方へ向けたページ

塾の情報を調べる人の中には、入塾を検討している人もおり、初めて塾のサイトを訪れる人も多いと考えられます。そのため、初めて訪問する人向けのページを用意しておきましょう。

例えば、「初めての方へ」といったページを用意し、塾のコンセプトや指導方針、使用する教材、授業のスケジュールなどについて説明することで、どのような塾なのか理解してもらえます。また、わかりやすく塾の情報をまとめて提供することで、入塾後のミスマッチ防止にもつながるでしょう。

実績や評判をまとめたページ

保護者が、本当に子供を預けて大丈夫な学習塾かどうか判断できるようにするためにも、塾の実績や評判をまとめたページも用意しておく必要があります。

例えば、受験対策を目的として入塾を検討している人は、生徒の合格実績に興味を持っていると考えられるため、具体的な進学先や合格者数を掲載するとよいでしょう。

また、実際に塾を利用している人、過去に利用していた人の体験談の記載もおすすめです。なぜ入塾したのか、どのようなスケジュールで勉強していたのか、塾の印象などできるだけ具体的に記載することで、読んでいる保護者も「これならうちの子も通わせられそう」と感じてもらえる可能性が高くなります。

ただし、誇大な表現や虚偽の情報を載せることは控えましょう。

オンライン授業の動画などを掲載した紹介ページ

オンライン授業を実施している学習塾であれば、動画コンテンツとしてオンライン授業の様子を紹介することもおすすめです。

動画を通して、子供や保護者がリアルな授業の雰囲気を知ることができるだけでなく、Webサイトへの滞在時間も長くなるため、Googleからの評価も得やすくなります。

特に昨今は新型コロナウイルスの影響により、オンライン授業に対するニーズも高まっています。動画コンテンツを用意することで、興味を持ってもらえる可能性があります。

学年やレベル別のコース案内ページ

多くの塾では、学年や年齢、レベル別にコースがわかれているケースが一般的です。そのため、塾でどのようなコースを提供しているのか、対象年齢・学年などについての案内ページも欠かせません。

なお、コース案内のページを作成する際は、各コースの詳細から先ほど紹介した実績紹介のページにリンクできるようにしましょう。Webサイト内を回遊できるようにすることで、SEO対策に繋がります。

募集要項やスケジュールなどの入試情報ページ

塾に興味を持っている人の中には、受験対策を目的としている人もいるため、募集要項やスケジュールといった入試に関連する情報を掲載するページも用意しておくといいでしょう。

教育委員会のような公的な機関が提供している情報を引用すると、Webサイトの権威性も高まるため、SEO対策にもなります。

また、情報を記載する際は、画像ではなくテキストで表示するようにしましょう。これは、検索エンジンが認識できるようにするためです。

学習塾・予備校サイトのSEO対策における注意点

学習塾サイトのSEO対策を行う場合、競合サイトのコピーとならないように注意しなければなりません。

例えば、記事のライティングを行う際に、競合サイトのコンテンツをそのままコピーしてしまうとGoogleからの評価が下がってしまいます。場合によっては、大幅に検索結果の表示順が下がり、再び検索上位表示されない恐れもあるため注意してください。なお、コンテンツの語尾を少し変えただけのものはコピーコンテンツとみなされます。

また、一度作成した記事であっても、情報が古くなる可能性があるため、定期的に情報を更新する必要があります。

自演リンクもペナルティを受けやすいため行わないようにしましょう。

学習塾・予備校のSEO対策における集客事例|武田塾

https://www.takeda.tv/

学習塾のSEO対策の成功事例としてあげられるのが武田塾です。

武田塾は、日本各地で校舎を運営していますが、「新宿 塾」「渋谷 塾」といった「エリア名×塾」のキーワードで、ポータルサイトにもしっかりと掲載されています。

また、初めて訪れる人向けに塾の概要を開設したページやコース案内、合格実績などもそれぞれ用意されています。

さらに、受験に関するノウハウや勉強法などを記事コンテンツとして多数掲載しており、Webサイトの専門性も高いといえるでしょう。

このような点から、検索結果でも上位に表示され、オウンドメディア集客の流れができています。

学習塾・予備校サイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

学習塾サイトのSEO対策を行う場合、ユーザーのニーズに応えられるようなコンテンツを多数制作し、Webサイトとしての専門性を高める必要があります。また、コース案内や合格実績、初めて訪れる人向けのページなども欠かせません。これらの対策を自社で全てカバーするとなると、大きな負担がかかります。

SEO対策を行いたい場合、アウトソーシングの利用も検討してみてください。ウェブココル株式会社では、専門知識やスキルを持ったSEOコンサルタントが、お客さまのニーズに応じたSEO対策の提案を行います。興味のある方は、一度ご相談ください。

\ 学習塾サイトのSEO対策ならお任せ /

あわせて読みたい
結婚相談所におすすめのSEO対策6選|おすすめのコンテンツ例や集客事例も紹介 最近では、インターネット経由で結婚相談所に問い合わせを行うケースが一般的になってきています。結婚相談所への問い合わせ数を増加させるためには、SEOを意識したサイ...
あわせて読みたい
パーソナルジムサイトにおすすめのSEO対策6選|効果やおすすめの記事コンテンツ内容も紹介 最近では、パーソナルジムを探す際にインターネットを活用するのが主流です。パーソナルジムサイトに適切なSEO対策を行うことで、サイトへの流入増加につながり、見学や...
あわせて読みたい
ペットショップサイトにおすすめのSEO対策6選|効果や集客事例も紹介 近年は、インターネットに掲載されている情報をもとに訪れるペットショップを決めるユーザーが多くいます。問い合わせ数・来店者数を増やしたい方は、ペットショップサ...
目次
閉じる