SEOコンサルティングを見る

ドメインパワーが上がらない原因は?0から上げる具体的な方法やNGな施策も解説

ドメインパワーはSEO対策において重要な項目のひとつで、検索順位を左右する大きな要因です。しかし、新規ドメインを取得してWebサイトを立ち上げてからしばらく経っても、ドメインパワーがずっと0のままなことに困っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ドメインパワーが上がらない原因や0から上げる方法、さらにはやってはいけない施策についてご紹介しています。ドメインパワーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

ウェブココル(株)


ウェブココル(株)

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。SEO対策全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、Webサイトが検索エンジンからどのくらい信頼されているかを表す、ドメインの強さのことです。サイトを立ち上げる際は、共有ドメインより独自ドメインの方がSEO上で優位です。

ジャンルによっては同じ内容のコンテンツを公開しても、ドメインパワーが強いサイトの方が弱いサイトより検索順位が高くなることがあります。ドメインパワーが強いサイトは検索エンジンからの評価が高く、コンテンツの内容も信頼できると判断されているからです。反対に、ドメインパワーが弱いサイトを検索上位に表示させることは容易ではありません。

検索順位が上がれば上がるほど、ユーザーからのアクセス増加が期待できます。そのため、SEO対策においてドメインパワーが重要になります。

ドメインパワーの歴史

ドメインパワーの歴史は、Googleにもともと存在していたページランクまでさかのぼります。ページランクとは、1998年に発明されたWebサイトの重要度を決定するアルゴリズムのことです。

ページランクが高いほど検索順位が高い傾向にあり、「検索上位に表示されている=ドメインパワーが強い」とされていました。

Googleは2016年にページランクの公開を完全に停止しましたが、現在もWebサイトの重要度や信頼度を決めるために機能していると言われています。

ドメインパワーは簡単には上がらない

ドメインパワーをすぐに上げることは難しく、新規ドメインを取得してから1〜2ヵ月程度で大きく上昇することは稀な事例です。

また、設立から1年経ってもドメインパワーがずっと0の状態が続いているサイトが存在するのも事実です。ただ単にコンテンツを更新し続けているだけでは、ドメインパワーは簡単には上がりません。

\ SEOで広告費の削減! /

ドメインパワーを0から上げる具体的な方法

ドメインパワーを上げるためには、Googleなどの検索エンジンから「このサイトは信頼できる」と評価してもらうことが必要です。ここではドメインパワーを0の状態から上げるための具体的な方法を解説します。

企業からのリンクなど質の良い被リンクを獲得する

企業から質の良い被リンクを獲得

オウンドメディアのドメインパワーを上げるためには、質の良い被リンクを獲得することが有効です。質の良い被リンクとは、企業や公的機関など社会的に信用のあるサイトや情報の関連性があるサイトに自分のサイトのリンクが掲載されることを指します。

被リンクの獲得は他のサイトから認められるだけの内容が掲載されているということになるため、Google側からの評価も上がります。記事自体の質が良い・信頼できる一次情報を扱っているコンテンツは質の良い被リンクを獲得しやすい傾向にあります。

質の良いコンテンツを作成し、質の良いサイトから数多くリンクされることがドメインパワーの上昇につながります。

低品質コンテンツを削除やno index処理してサイト全体の質を上げる 

低品質コンテンツを取り除いてサイト全体の質を上げることは、ドメインパワーを上げるために必要不可欠です。

低品質なページの特徴として、アクセス数が少ない・滞在時間が極端に短く読まれていない・更新頻度が低い・文字数が1000文字未満などといった点が挙げられます。サイト内に低品質なページが存在すると、検索エンジンから質の低いサイトであると判断されるため要注意です。低品質なページの削除やno index処理を行って、検索結果に表示されないようにしましょう。

低品質コンテンツを排除し、ユーザーにとって有益で役に立つサイトを運営し続けることで評価が改善されていきます。

サイト全体の流入数を上げる

ドメインパワーを上げるためには、サイト全体の流入数を上げることが重要になります。具体的には、検索結果で1ページ目に表示される10位以内をとれるキーワードで記事を作成するようにしましょう。

10位以内を狙う理由は、11位以下はユーザーからほとんど見られず、サイト全体の流入数も見込めないからです。seoClarity(SEOクラリティ)が公開した2021年11月の検索順位別クリック率データを見ても、10位のページですら1%程度しかクリックされていないことがわかります。

検索順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%
引用元:SEOラボ

検索ボリュームが少ない・上位表示されている競合が弱い、など10位以内を見込めそうなキーワードを探して記事を作成することが必要です。

プレスリリースを配信し被リンク獲得を狙う 

プレスリリース

プレスリリースを配信して被リンクの獲得を狙うことも、ドメインパワーを上げるための方法のひとつです。

プレリリース情報が一次情報として引用されたり、プレリリース情報を転載するメディアに掲載されたりと被リンク獲得に至る機会が多く存在します。プレリリースする文章には自社サイトのURLも忘れずに記載しておきましょう。

また、プレリリースメディアに掲載された記事は大勢の人の目に触れることになるため、プレリリースの内容が有益なものである場合はさらに別のメディアから被リンクを受けることもあります。

E-A-Tを意識したサイトを作る

Googleから評価されてドメインパワーを上げるためには、E-A-Tを意識したサイト作りが欠かせません。

E-A-TとはExpertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の3つの略称で、Googleが独自で定めた評価基準のことを指します。

E-A-Tは直近のSEO評価の指標でも特に重要視されている項目です。運営者情報を記載したり、専門性や信頼性の高い情報を執筆したりと、高品質かつE-A-Tが高いと評価されるようなサイトを作成しましょう。

既存記事の古い情報を削除し最新情報を追記する

検索エンジンからより評価されるサイトにするためには、既存記事の古い情報の削除と最新情報の追記が大切です。記事作成時は最新の情報を掲載していても、時間が経つと情報が古くなっている場合があります。

また、記事の順位が上がらない場合は検索上位の記事と比較することもおすすめです。自分の記事との違いを知ることで、足りていない要素がはっきり分かります。

高品質でE-A-Tの高いサイトが作成できたからといって、そのまま放置してはいけません。過去記事を定期的に見直し、古い情報が記載されているものや必要な情報が足りていないものは最新版にリライトするようにしましょう。

長期間運営し続ける

ドメインパワーを上げるための方法として最もシンプルなのは、サイトを長期間運営し続けることです。Googleでは、新規に立ち上げたサイトよりも運営歴の古いサイトの方がSEO上で良い評価を受ける傾向にあります。

ただし、単純にドメインが古ければ高評価がもらえるというわけではなく、定期的に更新していくことでドメインパワーを徐々に上げることが可能です。

また、サイトを長期間運営し続けると被リンクの数も自然と増えていく場合が多いため、相乗効果が期待できます。

ドメインパワーを上げるためのNGな施策

ドメインパワーの上げ方にはさまざまな方法が存在するものの、やり方を間違えるとドメインパワーが下がったり、最悪の場合0になったりする場合があります。ここでは、ドメインパワーを上げるためにやってはいけない施策をご紹介します。

低品質なコンテンツを更新・放置し続ける

低品質なコンテンツを更新したり、放置し続けたりすることはGoogleからの評価を下げる要因になります。質の低いコンテンツを闇雲に増やしても意味がありません。サイト内に低品質なコンテンツを発見したら、すぐに削除するなどの対応を行いましょう。

関連性のないサイトや低品質なサイトからの被リンクを獲得する

被リンクはドメインパワーを上げるうえで重要ですが、関連性のないサイトや低品質なサイトからの被リンクを獲得しても評価に良い影響は与えません。

さらに、ドメインパワーや検索順位を上げることを目的とした意図的な被リンクの獲得はガイドライン違反になるため、検索結果から削除されてしまう場合があります。

高品質なコンテンツを作成することで、質の高い被リンクを自然に獲得できるようにしましょう。

ドメインパワーが上がらないなどのサイトのお困りごとはウェブココル株式会社 

ドメインパワーはWebサイトの検索結果を上位に表示させるために重要な要素です。しかし、新規ドメインを取得してからドメインパワーを上げるまでには、さまざまな施策を正しい方法で行う必要があります。

ウェブココル株式会社では調査系コンテンツでのプレスリリース配信代行も承っておりますので、ドメインパワー強化に欠かせない質の良い被リンクを狙うことが可能です。ドメインパワーが上がらないことでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

\ SEOで広告費を削減! /

目次
閉じる