SEOコンサルティングを見る

介護施設が実施すべきSEO対策|集客を安定化させるためのポイントと注意点

最近では、介護施設をインターネットで探すことも一般的になってきました。集客を成功させるためには、SEOの観点を意識した適切なサイト運営が必要です。

しかし、具体的にどのような対策を行えばいいのか、いまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、介護施設が実施すべきSEO対策や集客を安定させるポイントについて解説しています。介護施設サイトの運営者の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEO対策の目的

WebサイトでSEO対策を行う目的は、Googleの検索結果でサイトを上位表示させ、自社のサービスや商品の認知を拡大・問い合わせを増加させることです。

検索順位を上げることでサイトがユーザーの目に留まりやすくなり、サイトへの流入数が増えやすくなります。その結果、売上数や問い合わせ件数を増加させることが可能です。

介護施設サイトであれば、親族の誰かが介護施設への入居を検討している層のリード獲得を狙えます。

介護施設サイトへの流入を得るためには、多くの記事コンテンツ制作が必要です。

「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」と狙いを分けて、戦略的にSEO対策を進めることをおすすめします。

具体的な施策については、以下の項目で解説します。

介護施設・老人ホームのSEO対策におけるメリット・効果

介護施設や老人ホームでSEO対策を実施するメリットは、大きく分けて3つあります。

1つ目は、広告費をかけずに集客できる点です。検索結果で上位表示できれば流入数が増えるので、広告費をかけずに問い合わせ増加が期待できます。

一度決定した検索順位は大きく変動しづらいため、長期的な集客を狙えるでしょう。

2つ目は、制作したコンテンツが介護施設の資産になる点です。インターネット上にアップしたものは、自分で消さない限りWeb上に残り続けます。

検索上位に表示されていれば、介護施設や老人ホームのブランディングにもつながります。

3つ目は、介護施設への入居や施設変更への興味や関心が高い見込み客を集客できる点です。

介護施設サイトに訪れるユーザーの多くは、介護施設や老人ホームに関するキーワードで検索しています。

近年は高齢化に伴って介護施設の需要も高まっているため、SEOによる集客が実現すると、より大きな効果が見込めます。

介護施設・老人ホームのSEO対策におけるデメリット

介護施設や老人ホームでのSEO対策には多くのメリットがありますが、当然デメリットも存在します。

それは、狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかってしまう点です。SEO対策を行ったからといって、必ずしもすぐに結果が出るわけではありません。

キーワードの検索ボリュームや競合によっては、効果が出るまで数ヶ月〜1年以上かかる場合があります。

特に、SEOの知識がない初心者だと適切な施策を打てず、思うような結果が出ないケースも考えられます。

コンテンツ制作に時間を取られすぎて、介護施設の運営に支障をきたしてしまっては本末転倒です。

介護施設・老人ホームの基本的なSEO対策

ここでは、介護施設や老人ホームサイトで実施すべき基本的なSEO対策を解説します。

重要な要素ばかりですので、自サイトで対応できているかチェックしてみてください。

外部・内部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすい介護施設サイトを構築する

介護施設の集客を成功させるためには、Googleだけでなくユーザーにもわかりやすいサイトを構築することが大切です。

そのためには、内部対策外部対策・コンテンツ対策の3つの観点から施策を行う必要があります。

具体的な施策内容は以下の通りです。

施策名施策内容施策目的
内部対策クローラビリティサイトマップや内部リンクを設置し、クローラーの巡回を促す。
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成を行い、ページ・サイト単位での構造化を実施
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでページスピードを上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる
外部対策被リンクの獲得ドメインやコンテンツ単位で高い評価を得られるサイトを作成し、被リンクを獲得することでサイトパワーを高める
コンテンツ対策ユーザーの検索意図を把握した良質な記事コンテンツの制作Googleから高い評価を得ることで上位表示化を達成し、多くの流入獲得を狙う

この他にも、EATを意識したサイトづくりを心がけるとよいでしょう。

EATとは、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・ Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。

EATに優れたサイトは、Googleから独自性があり信頼性が高いサイトと評価されやすくなるので上位表示に繋がります。

「エリア名×介護施設」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

介護施設サイトでは、「エリア名×介護施設」のキーワードで上位表示させるためのSEO対策が求められます。

一般的に介護施設を検討する際は、親族の誰かしらの自宅から近い地域から探すことがほとんどです。

エリア名で検索上位に表示されれば、介護施設を検討しているユーザーに留まりやすくなり、サイトへのアクセスや問い合わせの増加が期待できます。

介護施設・老人ホームがSEOで上位表示するための具体的な施策5選

ここでは、介護施設や老人ホームのサイトをSEOで上位表示させるための具体的な施策を5つご紹介します。

どれか1つだけでなく、全体的に対策を行うことが重要です。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

介護施設サイトでSEO対策を行う際は、最初から全国や都道府県単位での集客を狙わないことが重要になります。

全国や都道府県に関するキーワードは検索ボリュームが大きく、上位表示化できれば多くの流入を狙えますが、強い競合が存在するケースがほとんどです。

まずは、競合が少なく上位表示に時間がかかりにくい「〇〇区+介護施設」といった市や町単位での上位表示化を狙うとよいでしょう。

また、ユーザーも特定の地域で施設を検索することが多いため、問い合わせに直接つながりやすい点もメリットです。

ポータルサイトの場合、最初は1つの地域に関するキーワードに注力し、上位表示できるようになってきたらエリアを拡大していくことをおすすめします。

介護施設の固有名詞で上位表示されるよう対策する

介護施設におけるSEO対策では、施設の固有名詞で上位表示されるような施策を実施することが大切です。

介護施設の場合、検索結果から比較するケースだけでなく、街頭広告や通りすがり、知人からの口コミによって施設名を知るユーザーも多く存在しています。

あらかじめ施設の名前を知っていて固有名詞で検索するユーザーは顧客になりやすいため、サイトを検索上位に表示させて流入を狙いましょう。

読者を想定したコンテンツ内容にする

介護施設でコンテンツを制作する際は、読者を想定することを心がけましょう。

介護施設を検討している人に興味を持ってもらい、資料請求や問い合わせへつなげるためには、ユーザーの疑問を解消するような内容がおすすめです。

具体的には、以下の内容を網羅するようにしてください。

ジャンルキーワード例
施設の種類・公的施設
(ケアハウス・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護医療院)
・民間施設
(介護付き優良老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け・グループホーム)
ハード面・価格
・立地
・個室or部屋の人数
・広さ
・共用設備
・その他入居中サービス
ソフト面・入居条件
・食事
・周辺環境
・施設周辺の町並みの雰囲気
・職員

また、ユーザーに施設での生活をイメージしてもらいやすいよう、写真を豊富に用意するのも効果的です。

特に介護施設を比較するうえで重要になる、食事・トイレ・風呂・共用部分に関する紹介はできるだけ拡充させるとよいでしょう。

介護施設サイトとしての専門性を高める

介護施設の集客を成功させるためには、サイトの専門性を高めることが重要です。

まずは記事の本数を競合と同程度、もしくは可能であればそれ以上へ増やすとよいでしょう。

Googleからより高い評価を受けるためには、記事の量だけでなく質の高さも求められます。記事に読者が知りたいであろう知識を掲載し、内容の情報量を充実させるようにしてください。

また、コンテンツの内容がどれほど優れていても、サイトを立ち上げて間もない場合はそもそもGoogleから評価されない場合があります。

Googleに「専門性が高いサイト」と認識してもらうためには、サイトの質を向上させることを意識しながら、根気強く長期間運営し続けることも大切です。

介護施設や関連企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

被リンクとは、外部のサイトから自サイトに向けてリンクを張ってもらうことです。

被リンクを多く獲得していると、Googleから高評価を受けやすくなります。

介護に関する記事を制作し、流入数の多い外部ページから評価を高めたい自社ページへの被リンク獲得を目指しましょう。

ただし、介護と関係のないサイトからの被リンクは、いくら集めてもあまり効果は期待できません。被リンクを購入するのも、ペナルティを受けることになるので絶対にやめましょう。

競合がどのような被リンクをどの程度獲得しているのかを調査し、その差分を埋めることが必要になります。

SEO対策に必須の介護施設案内コンテンツ5選

介護施設サイトにおけるSEO対策では、ユーザーが知りたい内容だけでなく、サジェストキーワードからの流入を狙うために必要なコンテンツも合わせて用意することが求められます。

ここでは、介護施設サイトに欠かせない案内コンテンツを5つご紹介します。

介護施設を利用したお客様の声

介護施設サイトのコンテンツとして、お客様の声は非常に重要です。

介護施設は大切な家族や親族が利用することになるため、 ユーザーも口コミなどを確認しながら慎重に選ぶ傾向にあります。

実際に介護施設へ入居した人やその家族・親族の感想を具体的に紹介することで、ユーザーは介護施設を利用したあとのイメージを抱きやすくなります。

お客様の声でよい印象を持ってもらえれば、介護施設への問い合わせ数増加にも効果的です。

お悩み解決コンテンツ

介護施設サイトでは、ユーザーの介護に関する悩みを解決するようなコンテンツを設置するとよいでしょう。

特に、「介護施設 食事 栄養」「老人ホーム 入居費用」「介護施設 面会」のようなニッチなお悩みやシチュエーションを想定したキーワードを対策するのがおすすめです。

ユーザーの疑問を解消できるだけでなく、介護施設に興味を持ってもらうきっかけにもつながります。

お悩み解決コンテンツの中に、問い合わせページへの内部リンクを設置すると効果的です。

Q&Aコンテンツ

介護施設サイトでは、お悩み解決コンテンツだけでなく、Q&Aコンテンツの設置も適しています。

ユーザーから聞かれる事が多い質問に対する回答や、専門用語を解説するコンテンツを紹介するとよいでしょう。

介護施設サイトとしての専門性が向上するだけでなく、ユーザーからの信頼を高めたい時にぴったりです。

また、Q&Aコンテンツ内に問い合わせページへの内部リンクを設置することで、介護施設の問い合わせ数増加にも貢献できます。

運営会社の情報

どのような企業が介護施設や老人ホームを運営しているのかユーザーに知ってもらうためにも、運営会社の情報も忘れずに掲載しておきましょう。

主な内容としては、会社名や住所、資本金や代表者の挨拶などが挙げられます。

資金面に関する問題や悪い噂もなく、きちんとクリーンな運営をしている会社であることを伝えることで、ユーザーは介護施設に対して安心感や信頼感を抱きやすくなります。

お問い合わせページ

最近では、介護施設へのお問い合わせもインターネット経由で行われることが増えています。

せっかく自社の介護施設に興味を持ってくれたとしても、サイトからスムーズに連絡が取れなければ、その場でユーザーが離脱してしまうことも少なくありません。

ユーザーが介護施設へ資料請求や電話相談をしてみようと考えたときに、一目でわかる位置にお問合せフォームのリンクを設置するとよいでしょう。

各コンテンツ内にお問い合わせページへの内部リンクを貼っておくのもおすすめです。

介護施設・老人ホームのSEO対策における注意点

介護施設サイトでは、他のサイトのパクリになるようなコンテンツを投稿しないように心がけましょう。

コピーコンテンツはGoogleからペナルティを受ける可能性があるだけでなく、ユーザーからの信頼を落としてしまいます。

意図的に真似するつもりはなくても、競合サイトを調査しているうちに自然と似てしまう場合があるため注意してください。

また、Googleでは「フレッシュネス」という評価項目を採用しています。フレッシュネスとは、サイト上の情報の鮮度を表す指標です。

定期的にサイトを更新し、常に最新情報を掲載するように心がけましょう。

介護施設・老人ホームのSEO対策における集客事例|パセリ

ここでは、介護施設や老人ホームでSEO対策を行った結果、集客に成功した事例をご紹介します。

東京千代田区の介護施設ポータルサイト運営会社・パセリでは、「エリア名+高級+老人ホーム」などのキーワードで記事を作成し、上位表示させることでサイト集客を実現しました。

家族や親族を老人ホームに入居させる人の「介護施設内でも良い生活をしてほしい」「両親や親族のために、多少高くてもしっかり費用を払いたい」という潜在ニーズを汲み取り、「高級」「ハイクラス」といったキーワードを掛け合わせています。

また、介護に関するコラムを掲載しており、コラム全体で月に約15,000-20,000程度の流入がある点も特徴の1つです。

介護施設・老人ホームのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

高齢化が進む現在、介護施設や老人ホームの需要は非常に高まっています。

適切なサイト運営を行うことで、インターネットからの集客を実現することが可能です。

しかし、SEOに関する知識がまったくない状態で適切な施策を打つのは難しく、思うような結果を出せないことも少なくありません。

介護施設や老人ホームのSEO対策でお困りの方は、ウェブココル株式会社にご相談ください。お客様へしっかりとヒアリングを行ったうえで、少数精鋭のSEOコンサルタントが本当に効果のある施策をご提案いたします。

\介護施設・老人ホームのSEO対策ならお任せ /

目次
閉じる