SEOコンサルティングを見る

建設業におすすめのSEO対策6選|掲載コンテンツや対策キーワードの例も紹介

SEO対策を行いたいものの、何から取り組めばいいのかわからない建設業者の担当者は多いのではないでしょうか?

SEO対策を行うことで自社サイトを検索結果の上位に表示でき、Webサイト経由での集客が可能です。

この記事では建設業者におすすめのSEO対策を紹介します。具体的にどのようなことをすればいいのか、どういった点に注意すればいいのかといった点を取り上げています。

また、実際に建設業者でSEO対策を行い集客につなげた事例も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEO対策の目的

SEO対策の目的は、検索順位の上位表示化によるWebサイトへの流入数・売上・問い合わせ件数を増加させることです。

建設業者の場合、SEO対策によって新築住宅の建設工事やリフォーム工事といった問い合わせ数の増加を狙えます。

建設事務所サイトへの流入を得るためには、SEO対策を施した記事コンテンツを多く制作する必要があります。記事制作にあたっては「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」と狙うキーワードを選定して、戦略的にSEO対策を進めるのがおすすめです。

それぞれのキーワードに該当する具体的な例は後ほど紹介します。

建設業のSEO対策におけるメリット・効果

建設業者がSEO対策を行うメリットは、サイト経由での集客が見込めることです。

SEO対策によって自社サイトが上位表示されることで、広告費不要で長期的なサイト集客が可能となります。広告を出稿することもできますが、コストがかかる上に広告が表示される期間が限られるなど限定的な点が特徴です。

また、検索エンジンを使って建設業の情報を調べる方は、住宅への興味や関心が高いと考えられます。

例えば、新築住宅を建てるために建設業者を調べる方などです。集客につながる可能性の高いユーザーとのコンタクトが可能になる点も、SEO対策を行うメリットの1つだといえるでしょう。

建設業のSEO対策におけるデメリット

建設業者がSEO対策を行う場合、狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかる点には注意しなければなりません。数ヶ月もしくは年単位で中長期的に取り組むことが大切です。

また初心者がSEO対策を行うと、適切な施策を打てずに狙った結果が出ない可能性もあります。ほかにもコンテンツ制作に時間を取られすぎて、建設業者の運営に支障をきたすケースなども考えられます。

建設業の基本的なSEO対策

ここでは建設業者がSEO対策を行う際に押さえておくべき基本的なポイントを紹介します。具体的にどのような対策を行うのか、どのようなキーワードで上位表示を狙うのかといった点を取り上げているため、SEO対策を初めて行う方はぜひ参考にしてください。

外部・内部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築にする

SEO対策を行う際は、内部対策外部対策・コンテンツ対策をそれぞれ行うことが大切です。

内部対策とは、Googleからの評価を高めるための対策をすることです。具体的には以下のような対策が挙げられます。

内部対策目的
クローラビリティサイトマップ内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでページスピードを上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

外部対策とは、ドメインやコンテンツ単位で高い評価を得るサイトを作成し、被リンクを獲得することです。外部対策によってサイトパワーを高められます。

そしてコンテンツ対策とは、ユーザーの検索意図を踏まえたうえで良質な記事コンテンツを制作することです。

記事作成にあたっては、ユーザーの意図に加えてコンテンツの「E-A-T」を重視することも忘れてはいけません。EATとは、GoogleがWebサイトを評価する際に使用する評価軸のことで「Expertise(専門性)」、「Authoritativeness(権威性)」、「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字をとったものです。

「エリア名×建設業」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

上位表示を狙うキーワードは、「エリア名×建設業」のローカルSEOに設定することをおすすめします。これは、建設業者を探すユーザーが「エリア名×建設業」のように特定の地域の業者を探す方が多いためです。

エリア名がない状態だと競合が多くなり、上位表示の難易度が高くなります。一方で地域を絞れば、競合も少なくなるため上位表示を狙いやすくなります。

具体的にどのような施策を行うのか引き続き解説します。

建設業者がSEOで上位表示するための具体的な施策6選

ここでは、建設業者がSEO対策で上位表示を狙う際に行う具体的な施策を紹介します。エリアを限定する、自社の社名で検索してもらえるようにする、キーワードを使い分ける、読者のニーズを想定するなど具体的に取り組むべきことを取り上げているためぜひ参考にしてください。

特定の地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

最初から全国や都道府県単位のキーワードで検索上位を狙うことは現実的ではありません。「〇〇市+建設業」など特定のエリアに絞ることが大切です。地域が限定されることで、競合が少なくなり上位表示されるまでの時間を短縮できます。

また、ユーザーもその地域内の建設業者に興味を持って検索しているため、問い合わせにもつながりやすいでしょう。

地域を絞るといっても、1つの地域だけでも対策すべきキーワードは多いため、そこに注力してください。特定のエリアで上位表示を狙えるようになってきた段階で、都道府県単位での上位表示を狙うなど徐々に拡大していきましょう。

建設業者名で上位表示されるよう対策する

「エリア名×建設業」だけではどの建設業者か区別がつかなくなってしまうため、自社の社名で上位表示されるように対策する必要があります。具体的には、建設業者名での指名検索や自社の認知度向上につながるようにタイトルタグに社名を含めるなどしましょう。

また、パンくずリストやページ内リンクでトップページへのリンクを設定する際も、アンカーテキストに自社の社名を含めることがポイントです。特定の建設業者名で検索する方は、その業者に高い関心を持っていると考えられるため、問い合わせにつながる可能性も高くなります。

建設業関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

SEO対策を行う際は、キーワードをうまく活用して集客につながるコンテンツを制作することが大切です。

その上で抑えておきたいのが、キーワードを使い分けることです。SEO対策を行う場合、大きく分けて「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」があることを覚えておきましょう。

建設業の場合、それぞれのキーワードの例としては以下のようなものが挙げられます。

KWの種類KWの例
流入を得るためのキーワード「建設業安全対策」「建設業 損害賠償保険」「建設業 注文書」「建設業 電気工事業」「建設業 ファクタリング」「建設業 働き方改革」
問い合わせを狙うためのキーワード「地域名 リフォーム」「地域名 建設会社」「地域名 建設会社 おすすめ」「建設業 パンフレット」「建設業 請負金額」「建設業 人気ランキング」

流入を得るためのキーワードに関しては、上記のような建設業に絞ったものだけでなく電気工事業など関連するジャンルを検索するユーザーも考慮することが大切です。

読者を想定したコンテンツ内容にする

コンテンツ制作にあたっては、読者のニーズを把握し、ニーズに沿ったコンテンツ内容にすることが重要です。いくら専門性の高いコンテンツであっても、ユーザーが必要とする情報が掲載されていなければ意味がありません。

建設業者へ仕事を依頼したい方が「この業者に問い合わせてみようかな?」と思えるような内容にする必要があります。一概に断言することはできませんが、過去の施工事例や具体的な見積価格、施工期間などはユーザーの関心が高いと考えられます。

キーワードツールなどを活用してユーザーが興味を持っていることや気になっていることを的確に把握し、それに沿ったコンテンツ制作を進めることがポイントです。

建設業サイトとしての専門性を高める

建設業者がSEO対策を行う場合、専門性を高めることも対策の1つとなります。

コンテンツの情報量を充実させ、ユーザーが知りたい情報、興味を持っている情報を載せることが大切です。また、サイトに掲載するコンテンツの数を最低でも競合他社と同程度もしくはそれ以上に増やす必要もあります。

一方でサイト自体の専門性が高くても、サイトの運営期間が短いとGoogleから評価されないこともあります。

そのため、専門性を高めつつ、長期間運営することが大切です。中長期的な視点を持ってコツコツと取り組んで行く姿勢がSEO対策には欠かせません。

他の建設業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

他の建設業者から被リンクを獲得し、自社のサイトパワーを高めることもSEO対策となります。

建設業ブログなど同業他社が興味を持つようなコンテンツの記事を作成することで被リンクの獲得を目指します。

ただし、建設業と関係のない被リンクはいくら集めて意味がないため注意してください。また、自演による被リンク獲得はGoogleからの評価低下につながるため行わないようにしましょう。

SEO対策を初めて行う場合、まずは競合他社がどのような被リンクをどの程度獲得しているのか調査し、差分を埋めるところから取り組んでみてください。

SEO対策に必須の建設業案内コンテンツ4選

ここでは、建設業がSEO対策を行う際に必須となるコンテンツを紹介します。ここで取り上げるコンテンツは、ユーザーが気になるものでありサジェストとしても欠かせないものです。コンテンツ作りの参考にしてください。

建設業者を利用したお客様の声

過去に実際に自社を利用したお客様の声として、具体的な業務内容や感想などが記載されていると検索したユーザーは興味を持ちやすくなります。

自社の商品やサービスの特徴をただ単にアピールするよりも、実際に利用したお客様目線でコメントしてもらう方が説得力が高まります。また体験談や感想は、他社にはない自社だけのオリジナルコンテンツです。Googleからも評価されやすくなるほか、ユーザーも興味を持ちやすくなるでしょう。

業務内容と料金表ページ

具体的にどのような業務を行っていて、どのくらいの価格で依頼できるのか料金相場を詳しく掲載することも重要なポイントです。

また、料金表を掲載することである程度の予算を把握できるため、見積もりを依頼してから予算オーバーでお断りするといったケースも減ります。ミスマッチが少なくなるため、お客様も建設業者も無駄足となるリスクが軽減されるでしょう。

建設業者のスタッフ紹介ページ

実際に工事を担当するのはどのような人なのか、誰が工事の相談に乗ってくれるのかなど、スタッフを気にする方は少なくありません。そのためサイトには自社スタッフの紹介ページも用意しておきましょう。

どのような経歴を持っていてどのような業務を担当しているのかといった点はもちろん、一人ひとりの人柄がわかるような内容にすることで、お客様に親しみを持ってもらえるようにしましょう。また顔写真も掲載されているとお客様からの信頼を得やすくなります。

お問い合わせページ

コンテンツ内容から興味を持ち、実際に問い合わせをしようとするお客様もいるため、お問い合わせページは必ず用意しておきましょう。

いざ相談しようとしたときにお問い合わせページがどこにあるかわからないと、問い合わせを諦めてしまう可能性もあります。そのため、一目でわかる位置にお問合せフォームのリンクを設置することも大切です。

コンテンツ自体の質を高めることはもちろん、ユーザーにとって使い勝手のいいサイトを作ることも忘れてはいけません。

建設業のSEO対策における注意点

建設業のSEO対策を行う場合、競合他社のサイトをそのままコピーしたようなコンテンツ制作はしてはいけません。コピーコンテンツと判断されるとGoogleからの評価が下がり、最悪の場合検索順位が大幅に落ちてしまう可能性もあります。

コンテンツ制作にあたっては、他社サイトのコンテンツはあくまでも参考にとどめておきましょう。

また、定期的にサイト更新をすることも大切です。優れたコンテンツであっても、掲載している情報が古いものだとユーザーが混乱してしまいます。

建設業のSEO対策における集客事例|株式会社桶川工業

ここでは実際にSEO対策によって集客につなげた、株式会社桶川工業の事例を紹介します。桶川工業は公共工事を主体に受注していましたが、公共工事はいつも受注できるわけではないため、小口修繕による集客にも注力するようになりました。

これまでもホームページはありましたが十分に活用できていなかったためリニューアルしたうえで、ブログなどを通して自社の施工事例を紹介しています。

SEO対策を行ったうえで集客に取り組むようになってからは、ホームページ経由で毎月10〜15件の問い合わせを獲得するようになったそうです。

桶川工業株式会社

水漏れ修理、トイレ・風呂・キッチ...
トップページ 水漏れ修理、トイレ・風呂・キッチンリフォームは東京都板橋区の桶川工業

建設業のSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

建設業でSEO対策を行う目的は、検索結果で自社サイトを上位表示させることで集客につなげることです。

SEO対策を行ううえでは、ユーザーのニーズを踏まえたうえでコンテンツ制作を行う必要があるほか、流入を得るためのキーワード、問い合わせにつなげるためのキーワードを使い分けるなどのポイントを押さえておくことが大切です。

SEO対策はすぐに結果が出るものではないため、コツコツと中長期的に取り組みましょう。 ウェブココル株式会社は、地域名や特定のキーワードを含んだ上位表示を獲得した実績があります。SEO対策に関する幅広いサービスを提供しているため、SEO対策に興味のある建設業者の担当者はいつでもご相談ください。

\建設業のSEO対策ならお任せ /

目次
閉じる