SEOコンサルティングを見る

ロングテールキーワードの選び方は?メリット・デメリットや選定におすすめのツールも紹介

ロングテールキーワードをうまく活用することで、サイトへの流入増加を期待できます。

しかし、そのようにキーワードを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ロングテールキーワードの選び方や選定におすすめのツールについて解説します。サイトを運営している方はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

ウェブココル(株)


ウェブココル(株)

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。SEO対策全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、3語以上の複数キーワードを組み合わせて構成されたキーワードのことです。

たとえば「脱毛 おすすめ 学生」というロングテールキーワードの場合、「学生」「おすすめ」「学生」の3つのキーワードが組み合わされています。

比較的検索ボリュームが少なく、月間の目安が1,000回未満のロングテールキーワードも多い傾向にあります。

そのためビックキーワードより競合性が低く、立ち上げたばかりのサイトでも検索結果での上位表示が狙いやすい点が特徴です。

さらに、複数のキーワードを組み合わせていることにより検索意図が具体的になりやすく、コンバージョンにつながりやすいといったメリットがあります。

サイトの流入数を増やすには、ロングテールキーワードを効果的に活用するとよいでしょう。

月間検索ボリューム目安CVR難易度キーワード例
ビッグキーワード10,000回以上脱毛
ミドルキーワード1,000回~10,000回程度脱毛 おすすめ
ロングテールキーワード1,000回未満脱毛 おすすめ 学生

ロングテールキーワードの選び方・調べ方

適切なロングテールキーワードの選び方にはコツがあります。また、ツールを活用してキーワードを調査するのもひとつの方法です。ここでは、ロングテールキーワードの選び方や調べ方をご紹介します。

ビッグキーワードやミドルキーワードを決定

ロングテールキーワードを選ぶ際は、まずメインとなるビッグキーワードを決定します。サイトのなかでも特に強化したいキーワードを選定するとよいでしょう。

ビッグキーワードの決定後、サジェストなどに表示される関連キーワードから、一緒に組み合わせるミドルキーワードを選びます。

例えば「脱毛」をメインキーワードとするサイトであれば、ミドルキーワードは「脱毛 おすすめ」「脱毛 メンズ」などが挙げられます。

ミドルキーワードを選定する際は、ツールなどを活用して検索ボリュームを確認するとよいでしょう。

Google検索の関連キーワードやキーワードプランナーからサジェストを取得

ロングキーワードの選定をするためには、サジェストの取得が欠かせません。主な手段として、Google検索の関連キーワードから取得する方法や、キーワードプランナーなどのツールを利用する方法が挙げられます。

Google検索では、検索窓にキーワードを入力すると、サジェストキーワードが候補として表示されます。

キーワードプランナーでは、メインキーワードを入力すると、関連するキーワードだけでなく検索ボリュームも確認することが可能です。

キーワードの中から月間検索数が1,000未満のものを洗い出しましょう。

一定の検索ボリュームがあり競合のドメインパワーが低いキーワードを選定

ロングテールキーワードを洗い出したら、検索ボリュームや競合のドメインパワーをもとに最終的なキーワードを選定しましょう。

検索ボリュームの目安としては、月に100回以上検索されているものがおすすめです。

また、競合サイトのドメインパワーが強いキーワードは検索上位を狙うのが難しくなります。

できるだけ強い競合がいないキーワードを選ぶとよいでしょう。

検索意図ごとにキーワードを整理

ロングテールキーワードが決定したら、検索意図ごとにキーワードを整理しましょう。

キーワード管理を怠ると、コンテンツを多く作成していくうちに、どのキーワードをすでに使用したか把握しきれなくなるため注意が必要です。

また、同じ検索意図で複数のコンテンツを作成してしまうと、Googleによる評価上でコンテンツ同士が邪魔し合うカニバリゼーションが発生するリスクもあります。

長期的にサイトを運用していくことを考えると、事前のキーワード整理がおすすめです。

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードの使用には、多くのメリットが存在します。ここでは代表的なものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

競合性が低くサイトの立ち上げ初期でも検索上位や多くの流入を取りやすい

ロングテールキーワードの大きなメリットは、キーワードの競合性が低い点です。

例えば「転職」というキーワードの検索ボリュームは、月間で約20万回に上ります。検索数が多い分、流入数の増加が見込めますが、競合も多しサイトへの集客が難しくなります。

一方、「転職サイト おすすめ 40代」というロングテールキーワードは月間の検索ボリュームが約300程度しかなく、自然と競合性が低くなります。

そのためオウンドメディアなどの立ち上げ初期でも検索上位を狙いやすく、多くの流入数を取り入れることが可能です。

狙っているビッグキーワードでの専門性が高まりサイトがGoogleから評価されやすくなる

ロングテールキーワードを対策することで狙っているビッグキーワードでの専門性が高まり、サイトがGoogleから評価されやすくなる点もメリットのひとつです。

例えばメインのキーワードを「脱毛」に設定する場合、脱毛に関するロングテールキーワードで高品質なコンテンツを作成することで、サイトの脱毛に関する専門性が強化されます。

専門性が高まることで、ビックキーワードでも検索上位表示が期待できるようになる点も魅力的なポイントです。

悩みやニーズや検索意図が具体的である場合が多くコンバージョン率が高くなりやすい

ロングテールキーワードで検索しているユーザーは悩みやニーズが具体的であることが多く、コンバージョンに結びつきやすくなります。

たとえば、「時計 ブランド名 値段」というキーワードで検索している人は、ただ「時計」と検索している人に比べて「このブランドの時計が買いたい」という購買意欲が高い状態です。

ロングテールキーワードで購買意欲が高いユーザーを多く流入できればそのまま購入してもらえる可能性が高くなり、コンバージョン率の増加も期待できます。

ロングテールキーワードのデメリット

メリットの多いロングテールキーワードですが、一方でデメリットも存在します。メリット・デメリットの両方を把握した上でコンテンツを作成していくことが重要です。

検索数が少ないため1つの記事で多くの流入を得ることが難しい

ロングテールキーワードの大きなデメリットは、1つの記事で多くの流入を得ることが難しい点です。

ビッグキーワードの場合、検索ボリュームが大きい分、検索上位に表示されれば大きな流入が見込めます。しかし、ロングテールキーワードは検索数が少ないため、検索上位記事でも流入数が少なくなってしまいます。

ただし、ロングテールキーワードは検索上位の狙いやすさが特徴です。複数のロングテールキーワードを対策することで、十分な流入を得られるようになります。

内容が重複しやすくカニバリが発生する恐れもある

複数の語句を組み合わせるロングテールキーワードですが、組み合わせによっては似た意味のキーワードが存在してしまう場合があります。

その結果、内容が重複しやすくなり、カニバリゼーションが発生する恐れがある点に注意が必要です。

例えば「転職 手段」と「転職 方法」は異なるキーワードですが、同じような意味を持っています。それぞれ別のコンテンツを作成しても、内容が重複してしまうでしょう。

似た内容のコンテンツがあると、サイトを訪問したユーザーがどれを参考にしたらいいのか混乱してしまいます。

またSEOの観点からも、Googleからの評価が分散してしまってどの記事も検索上位に表示されづらくなるといったリスクが生じます。

大きな結果を得るのに時間がかかることがあるためコンテンツの管理・制作体制を整える必要がある

ロングテールキーワードは1記事だけでは多くのコンバージョンが見込めず、サイト全体として大きな結果を得るのに時間がかかります。

複数のロングテールキーワードで対策を行わなければいけませんが、キーワード選定や管理、複数コンテンツの作成といった手間が生じます。

継続してコンテンツを制作し、状況に応じて適切に管理できる体制を整えることが必要です。

すぐに結果を出そうとするのではなく、中長期的な視点が欠かせません。

ロングテールキーワード選定におすすめのツール

ロングテールキーワード選定は、ツールを活用すると効率よく作業が行なえます。ここでは、おすすめのツールを3つご紹介します。

Google検索

Google検索は、ロングキーワード選定の際に役立つツールのひとつです。

検索窓にキーワードを入力した際に表示されるサジェストキーワードや、検索結果の最下部に「○○に関連する検索キーワード」と表示されるキーワードが該当します。

キーワード選定ツールとしては、以下の特徴を持っています。

  • 実際にユーザーが検索したキーワードをもとに、Googleが推測して表示している
  • ユーザーがどのようなキーワードを組み合わせて検索しているかわかる

Google キーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが無料で提供しているツールです。本来はGoogle広告を掲載する際に使用します。

キーワードプランナーの主な特徴は以下の通りです。

  • 会員登録なしで無料で利用できる
  • メインキーワードの関連キーワードをまとめて取得できる
  • おおよその月間検索ボリュームが確認できる
  • 競合性や検索頻度の推移が確認できる

Googleサーチコンソール

GoogleサーチコンソールもGoogleが提供している無料ツールのひとつです。サイトへの流入キーワードを調べることができ、キーワード選定やコンテンツの修正に役立ちます。

他にもSEO対策に欠かせない機能が多く搭載されているため、サイトを運営している方はぜひ導入しましょう。

Googleサーチコンソールの主な特徴は以下の通りです。

  • 無料で利用できる
  • ページごとに検索クエリを確認できる
  • サイト上の問題を検出し、通知してくれる
  • クリック数や平均検索順位、CTRなどを確認できる
  • Googleのインデックスへサイトマップを送信できる 

ロングテールキーワードの選び方でお困りの方はウェブココル株式会社へ

ロングテールキーワードを活用することで、運営初心者のサイトでも検索上位を狙いやすくなり、流入数の増加が期待できます。

そのためには、月間検索ボリュームや競合性を考慮してキーワード選定を行うことが大切です。Googleでは無料で活用できるツールも用意されているため、積極的に活用するのもよいでしょう。

ロングテールキーワードの選び方でお困りの方は、ウェブココル株式会社までご相談ください。少数精鋭のSEOコンサルタントにより、キーワード選定をはじめとした効果のあるSEO施策やホームページ集客のコツをご提供いたします。

\ ロングテールキーワードでの上位表示実績が多数 /

目次
閉じる