SEOコンサルティングを見る

ペットショップサイトにおすすめのSEO対策6選|効果や集客事例も紹介

近年は、インターネットに掲載されている情報をもとに訪れるペットショップを決めるユーザーが多くいます。問い合わせ数・来店者数を増やしたい方は、ペットショップサイトに適したSEO対策を講じることが大切です。

この記事では、ペットショップサイトでSEO対策を講じるメリット・デメリットから、具体的な施策・SEO対策を講じる際の注意点までを紹介します。Web上で集客したい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEO対策の目的

SEO対策を講じる主な目的は、Googleなどの検索エンジンにおける検索順位の上位表示化によって、サイトの流入数・売上・問い合わせ件数を増加させることです。

ペットショップサイトがSEO対策を講じると、新規顧客の獲得・問い合わせ件数の増加を狙えます。

ペットショップサイトを作るだけでは、サイトへの流入数を得られません。そのため、ペットに関する情報を発信したコンテンツを多く制作し、さまざまなユーザーにアプローチすることが大切です。

なお、コンテンツを制作する際は、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に分けて、戦略的にSEO対策することがおすすめです。具体的なペットショップサイトのSEO対策は記事の中盤から詳しく紹介します。

ペットショップサイトのSEO対策におけるメリット・効果

ペットショップサイトでSEO対策を講じるメリット・効果は、次のようなものが挙げられます。

  • 上位表示できれば、広告費不要で長期的なサイト集客が可能になる
  • コンテンツが資産となりWeb上に残り続ける
  • ペットショップへの興味や関心が高いユーザーを集客できる

SEO対策を講じて上位表示できれば、検索エンジン上でユーザーの目に留まりやすい場所にコンテンツが表示されるため、広告を使用しなくても長期的なサイト集客が可能になります。

一度制作したコンテンツは、削除しない限り資産として手元に残ります。上位表示されるコンテンツが多ければ、自社の従業員の代わりにコンテンツがペットショップを宣伝する営業部隊になるでしょう。

ペットショップに適したSEO対策をすると、ペットショップに興味や関心が高いユーザーを集客できます。質の高いユーザーを集客できるため、売上に直結しやすくなる傾向です。

ペットショップサイトのSEO対策におけるデメリット

ペットショップサイトでSEO対策を講じる際は、下記のデメリットがあることも知っておいてください。

  • 狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかる
  • 初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性もある
  • コンテンツ制作に時間を取られペットショップの運営に支障をきたす可能性もある

SEO対策の効果が出るまでは、3か月〜半年以上かかることが一般的です。新規ドメインを取得したサイトの場合、上位表示までに1年以上の時間がかかるケースも珍しくありません。

SEOに関する知識をあまり有していない方がSEO対策に取り組むと、適切な施策が打てず効果が出ない可能性があります。SEOに関する知識が乏しい方は、SEO対策を専門に取り組んでいる業者へ依頼することがおすすめです。

従業員の少ないペットショップの場合、コンテンツ作成に時間が取られてしまい、ショップの運営に支障をきたす可能性がある点も知っておきましょう。初心者がSEOに強いコンテンツを作る場合、1日以上かかるケースがほとんどです。

ペットショップサイトの基本的なSEO対策

SEO対策には、ある程度のセオリーがあります。ペットショップのオウンドメディアでのSEO対策では以下を意識しましょう。

  • 内部・外部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する
  • 「エリア名×ペットショップ」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

ここからは、ペットショップサイトの基本的な2つのSEO対策について紹介します。

内部・外部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

SEO対策を講じる際は、検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する必要があります。内部・外部・コンテンツ対策の3つに分けて施策を打つことが一般的です。

下記では、内部・外部・コンテンツに分けて、Googleからの評価を高める効果的な対策を紹介します。

  • 内部対策
クローラビリティサイトマップや内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでサイトの表示速度を上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

内部対策では、サイトの見やすさ・使いやすさなどを高める対策に取り組みます。基本的な部分になるため、サイトを構築する際は4つの項目を必ず意識してください。

  • 外部対策

外部対策では、ドメインやコンテンツ単体で高い評価を得られるサイトを作成し、被リンクを獲得する対策を講じます。被リンクが重要なのは、Googleが被リンクを獲得しているサイトに対して、有益な情報を掲載していると判断するためです。

  • コンテンツ対策

コンテンツ対策では、ユーザーの検索意図を汲み取った良質な記事コンテンツを作ることが大切です。検索意図を満たしたコンテンツを制作すると、Googleから高い評価を得られるため上位表示化を達成しやすく、多くのサイト流入が見込めます。

コンテンツ制作では、E-A-Tを意識しましょう。E-A-Tとは、専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の略称です。

Googleは信頼できる正確な情報を掲載しているコンテンツを高く評価するため、良質なコンテンツ作りにはE-A-Tを意識することが欠かせません。

「エリア名×ペットショップ」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

ペットショップサイトでSEO対策する場合、「エリア名×ペットショップ」のキーワードで上位表示を狙うことに注力しましょう。

ユーザーがペットショップを探す場合、基本的には近隣のペットショップを探すことから、「エリア名×ペットショップ」のキーワードで検索に引っかかることができれば、問い合わせ数・ショップ訪問者数の増加につながるでしょう。

具体的な施策は次の見出しで紹介するので、あわせて確認してください。

ペットショップサイトがSEOで上位表示するための具体的な施策6選

ペットショップサイトがSEOで上位表示するための具体的な施策は、次の6つが挙げられます。

  • 地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う
  • ペットショップ名で上位表示されるよう対策する
  • ペットショップ関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する
  • 読者を想定したコンテンツ内容にする
  • ペットショップサイトとしての専門性を高める
  • 動物関連の被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

ペットショップサイトへの流入数を増やすためには、上記で挙げたすべての施策に取り組むことが大切です。ここからは、6つの施策について詳しく紹介します。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

ペットショップサイトでSEO対策する際は、全国や都道府県単位ではなく「〇〇市×ペットショップ」のように市や町単位での上位表示化を狙うことから始めましょう。

全国や都道府県単位のキーワードは競合サイトが多く、最初に上位表示化を狙うキーワードとして適していません。

「〇〇市×ペットショップ」といったキーワードは、競合サイトが限られるため、上位表示できるまでに時間がかかりにくいという特徴があります。

「〇〇市×ペットショップ」のキーワードで検索するユーザーは、地域にあるペットショップに興味・関心がある状態です。そのため、「〇〇市×ペットショップ」で上位表示化できると、問い合わせ・ショップ訪問につながりやすいというメリットがあります。

SEO対策する場合、一つの地域だけでも対策すべきキーワードが数多く存在するため、まずは市や町単位のキーワードに注力することが大切です。

ペットショップ名で上位表示されるよう対策する

「地域名×ペットショップ」で上位表示化できても、自分が運営するペットショップと地域にある他のペットショップの区別がつかなくなる場合があります。

自分が運営するペットショップの認知度向上を目指したい方は、ペットショップ名で上位表示されるように対策することが大切です。

効果的な施策として、タイトルタグ見出しタグ、パンくずリストやページ内リンクでTOPページへつなぐリンクのアンカーテキストにペットショップ名を含める方法が挙げられます。

コンテンツ内に自然な形でペットショップ名を含められれば、ペットショップ名で上位表示されやすくなるほか、サイトに訪れたユーザーにペットショップ名を覚えてもらうことが可能です。

なお、コンテンツが増えたあとにペットショップ名をアンカーテキストに含めることは時間がかかります。サイト構築する段階から、どの部分にペットショップ名を含めるのかを意識しましょう。

ペットショップ関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

サイト流入数を最大化させるには、「地域名×ペットショップ」「ペットショップ名」の上位表示化だけでなく、ペットショップ関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作することも重要です。

ペットショップ関連のキーワードを検索するユーザーは、ペットショップに興味・関心があると判断できます。

下記では、ペットショップサイトが狙うべきキーワードを、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に分けて紹介します。

キーワードの分野キーワードの種類
流入を得るためのキーワード・犬種(ペット名) 値段
・犬種(ペット名)飼い方
・地域名 動物病院(その他トラブル対処法関連など)
・地域名 ドッグラ上記のように動物・ペット関連の疑問を解決するキーワード
問い合わせを狙うためのキーワード・地域名 ペットショップ
・地域名 ペットショップ 激安
・地域名 (ペット名)専門店
・地域名 (ペット名)販売

「流入を得るためのキーワード」は不安・疑問を解決するキーワード、「問い合わせを狙うためのキーワード」は店舗情報など購買につながるキーワードを選定することがおすすめです。

読者を想定したコンテンツ内容にする

SEOで上位表示させるには、読者を想定したコンテンツ内容にする必要があります。

ペットショップサイトであれば読者を「ペット購入検討者」と想定して、問い合わせ・来店したくなるような情報をコンテンツに盛り込むことが大切です。

具体的に言うと、ショップで取り扱っているペットの種類(詳細な情報まで)・価格・サポート内容など、ペット購入検討者が知りたいと思う内容をコンテンツに落とし込みましょう。

他にも、ショップの営業時間・連絡先・アクセス方法など、来店したい方向けの情報も掲載しておくことをおすすめします。

読者を想定したコンテンツに仕上げると、ユーザーの滞在時間・回遊率が高くなる傾向です。結果、質の高い情報を発信しているサイトだとGoogle側に評価してもらえるため、SEOで上位表示が見込めます。

ペットショップサイトとしての専門性を高める

ペットショップサイトとしての専門性を高めることも、SEOで上位表示を狙うために欠かせません。専門性の低いサイトと専門性の高いサイトで同じような情報を公開する場合、専門性の高いサイトのほうが上位表示されやすくなります。

ペットショップサイトの専門性を高めたい場合は、次のことに取り組みましょう。

  • 記事本数を競合と同程度もしくはそれ以上へ増やす
  • 記事内容の情報量を充実させ読者が知りたいであろう知識を載せる
  • サイトを長期間運営する(短いとコンテンツが良くてもそもそも評価されないこともある)

「記事本数が多い=専門性が高い」とは言えませんが、最低限、競合と同程度もしくはそれ以上に記事の本数を増やすことが専門性を高める第一歩です。

記事の情報を専門機関などから取得したり、充実させたりすることも、専門性を高める上で必要になります。

専門性を高める上で、サイトを長期間運営することも重要です。運営期間が短いサイトは、良質なコンテンツを掲載していても評価されないことが珍しくありません。

動物関連の被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

ペットショップサイトで上位表示を狙う場合、動物関連の被リンクを獲得してドメインパワーを向上させる施策もおすすめです。

ペットショップサイトが被リンクを獲得する際は、動物病院・トリミングサロンなどとの相性が良いと考えられます。ただし、被リンクは動物病院・トリミングサロンに依頼するだけでは獲得できないケースがほとんどです。

そのため、同じ地域の動物病院・トリミングサロンを掲載した「おすすめの動物病院〇選」や「おすすめトリミングサロン〇選」などの記事を作成し、被リンク獲得に向けた営業をすることが大切です。

なお、ペットショップサイトが被リンクを獲得する際は、スポーツ店・家電量販店などのペットショップとは関係のない被リンクを集めても効果がありません。

最悪の場合、サイトの評価を落とすことになるため、関連性のない被リンクを獲得する行為や自演リンクは控えてください。

「どのようなサイトから被リンクを獲得すべきかわからない」という場合は、ツールを活用して競合がどのようなサイトからいくら被リンクを獲得しているのかを調査することをおすすめします。

SEO対策に必須のペットショップ案内コンテンツ4選

ペットショップサイトのSEO対策をする場合、下記の案内コンテンツは必須になります。

  • 店舗で取り扱い中のペットをまとめたページ
  • ペット購入前後のサービスをまとめたページ
  • ペットショップや店員の想いを綴ったページ
  • 来店やペットに関する相談フォーム

これらのコンテンツは、ユーザーがペットショップに問い合わせ・来店する際に気になる項目です。また、サジェストとしても必須になります。

ここからは、4つの案内コンテンツの特徴を紹介します。

店舗で取り扱い中のペットをまとめたページ

店舗で取扱中のペットをまとめたページでは、写真・大きさ・年齢などの基本情報に加えて、吠えるか・臭うか・毛が抜けやすいかなどのマイナス面とも取れる情報まで記載しましょう。

ユーザーの多くは、良い部分と悪い部分のどちらの情報も掲載しているサイトに対して、信頼感を寄せます。時間がある場合は、ペットの種類別にカテゴリー分けして情報を掲載すると、ユーザーが閲覧しやすいサイト構造になるでしょう。

ペット購入前後のサービスをまとめたページ

ペット購入前後のサービスをまとめたページでは、購入前にふれあい体験ができる・トリミングサービスがある・トラブル時は提携先の病院を紹介するなど、ペットを飼いたい方が安心できる情報を掲載することが大切です。

ユーザーがペットを飼う前に抱える潜在的なニーズを解決できるページになるため、サービス・サポートがある場合は詳しく紹介しましょう。

ペットショップや店員の想いを綴ったページ

ペットショップは生き物を扱うお店のため、業務的な情報を淡々と掲載したサイトではユーザーに関心を持ってもらえません。

そのため、人の温かさを感じられるペットショップや店員の思いを綴ったページも用意しましょう。

ペットショップや店員の思いを綴ったページでは、どのような思いでペットの飼育をしているのか・どのような人にペットを飼ってほしいのかなど、ユーザーに寄り添った思いをまとめたページに仕上げることがおすすめです。

来店やペットに関する相談フォーム

SEO対策を講じる際は、ペットショップサイトに関係なくユーザーと運営者がコンタクトを取れる相談フォームを設けることが重要です。相談フォームのないサイトは、Google側から信頼性に欠けると判断されやすくなります。

ペットショップサイトの相談フォームでは、ユーザーの基本情報を記入する項目のほかに、ペット・お店に関するお問い合わせ項目を設けておくと、ユーザーとスムーズにやり取りができます。

ペットショップサイトのSEO対策における注意点

ペットショップサイトでSEO対策を講じる際は、競合のパクリになるようなコンテンツは投稿しないでください。

パクリになるようなコンテンツを掲載すると、サイトのイメージダウンにつながる以外に、著作権侵害で訴えられる恐れがあります。再び上位表示されないなどの事態を避けるためにも、コンテンツは独自の見解を取り入れながらオリジナル性が出るようにライティングしてください。

他にも、ペットショップサイトの情報は定期的に更新することが大切です。近年のアルゴリズムでは、フレッシュネス(情報の最新性)を重視しており、定期的に更新されていないサイトは検索順位が下がりやすい傾向にあります。

長期的なサイト流入を維持・獲得したい方は、注意点を意識しながらSEO対策に講じてください。

ペットショップのSEO対策における集客事例|ペットショップ「Coo&RIKU」

https://www.pet-coo.com/

「SEO対策を講じたペットショップサイトの集客事例が知りたい」という方は、ペットショップの全国チェーン店「Coo&RIKU」のサイトを参考にしてください。

犬種名や付随する「値段」などのキーワードで記事を制作し、上位表示させることでオウンドメディア集客を実現しています。また、ペットショップサイトのSEO対策では欠かせない「地域名×ペットショップ(岡山 ペットショップ)」などでも1位を獲得しています。

「Coo&RIKU」のサイトの流入数は、全体で月間5,000〜10,000程度の見込みです。これからペットショップサイトの流入数アップに取り組みたい方は、「Coo&RIKU」のサイトをチェックしてみましょう。

ペットショップのSEO対策に関するよくある質問

オリジナル性のあるサイトにするには?

他のサイトにはない情報やそのサイトならではの専門知識を入れましょう。検索意図を満たすことだけ意識しすぎて上位表示されているコンテンツと似たり寄ったりになるケースがよくみられます。

自身の経験に基づくコンテンツだったり、この業界にいる人ならではの新しいニュースを配信したり、自身に向けられた口コミ(他のサイトから引用しない口コミ)などを所々に挟むことが大切です。(参考:検索エンジン最適化スターターガイド

被リンクとは?また、被リンクを獲得するためには?

被リンクとは、外部サイトに掲載された自サイトへのリンクの事を指します。他のサイトに紹介される事という認識で問題ありません。

被リンクを獲得することによって、Googleから「外部から評価されるほど信用できるサイト」として高評価を受けやすくなります。

被リンクを獲得する方法はいくつかありますが、最も少ない労力で被リンクを獲得するためには前述もした「オリジナル性のあるコンテンツを配信する」ことです。他の人が引用したくなるコンテンツを配信することで、自然と被リンク獲得できるのが最も簡単です。他の被リンク獲得方法については次のサイトにて紹介しています。

あわせて読みたい
【2022年】被リンクを増やす方法10選|外部対策なら被リンク獲得方法を必見 外部リンク(被リンク)は検索順位を上げるために欠かせないSEO対策です。 しかし、被リンクを増やすには様々な外部対策が必要です。正しい方法で獲得していかなければ、...

ペットショップサイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

ペットショップサイトでSEO対策を講じると、サイト流入数のアップが見込めるため、問い合わせ数・来店者数の増加が期待できます。

ペットショップサイトが上位表示を目指すには、専門性やサイトパワーを高めるなどの基礎的な施策以外に、「地域名×ペットショップ」のキーワードで上位表示を狙うことが大切です。

ペットショップサイトのSEO対策を安心できる業者に依頼したい方は、ウェブココル株式会社にご相談ください。サイトの課題を洗い出し、効果的な施策を打ち出すことが可能です。

これまでに複数のサイトを支援した実績もありますので、SEOのことならぜひウェブココル株式会社へお任せください。

\ ペットショップのSEO対策ならお任せ /

あわせて読みたい
パーソナルジムサイトにおすすめのSEO対策6選|効果やおすすめの記事コンテンツ内容も紹介 最近では、パーソナルジムを探す際にインターネットを活用するのが主流です。パーソナルジムサイトに適切なSEO対策を行うことで、サイトへの流入増加につながり、見学や...
あわせて読みたい
結婚相談所におすすめのSEO対策6選|おすすめのコンテンツ例や集客事例も紹介 最近では、インターネット経由で結婚相談所に問い合わせを行うケースが一般的になってきています。結婚相談所への問い合わせ数を増加させるためには、SEOを意識したサイ...
あわせて読みたい
学習塾サイトにおすすめのSEO対策6選|注意点や制作推奨の記事コンテンツも紹介 本記事では、学習塾サイトでSEO対策を行う際にできる具体的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリット、注意点を紹介します。SEO対策と一言でいっても、具体的な施策は...
目次
閉じる