SEOコンサルティングを見る

SEOライティングのポイント6選|SEOを意識した記事の書き方や制作依頼時の費用まで紹介

SEOライティングとは、ユーザーのニーズに沿った情報を提供しつつ、検索結果で上位表示を目指す記事制作の手法のことです。

Webコンテンツを通して集客に繋げたいと考えているものの、どのようにして記事を作ればいいのか、どういった点に注意すればいいのかわからない企業の担当者は多いのではないでしょうか。

この記事では、SEOライティングの概要や記事を作成する際のポイント、注意点などについて解説します。また、アウトソーシングする際の費用も取り上げているため、ぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

SEOライティングとは

SEOライティングとは、記事制作を行う際の手法の1つであり、検索エンジンの検索結果で上位表示させることを目的としています。SEOライティングでは、Webサイトの運営者が伝えたいことを一方的に伝えるような記事ではなく、ユーザーのニーズに沿ったわかりやすい記事を提供することが基本です。

情報を調べた時、検索結果の1ページ目に出てくるWebサイトは、SEOラインティングをはじめとした各種SEO対策を行った結果として1ページ目に表示されています。

SEOライティングで意識すべき記事の書き方6選

SEOライティングに取り組む際は、いくつかの点を意識することが大切です。ここでは、具体的なポイントとして以下の6点を紹介します。

タイトルや見出しに上位表示を狙うキーワードを含ませる

SEOライティングで記事コンテンツを制作する際は、上位表示を狙うキーワードを記事のタイトルや見出しに含ませることが大切です。タイトルや見出しに適宜キーワードが入っていると、検索エンジンからの評価も高くなり、上位表示される可能性が上がります。

ただし、キーワードを入れる際はユーザーにわかりやすいか、興味をそそられるものになっているかチェックしなければなりません。単にキーワードを羅列しただけのタイトルや見出しでは意味がなく上位表示できないこともあるため注意してください。

関連語や共起語を含みながら本文を執筆する

上位表示を狙うキーワードには、合わせて検索にひっかかりやすい共起語や関連語があるため、メインとなるキーワードとともに本文の中に組み込むようにしましょう。

例えば、「塾」がメインのキーワードである場合、「進学実績」や「コース」「授業」などが関連語、共起語として考えられます。

関連語や共起語を含めることで、3つ以上の言葉を組み合わせて行うロングテールキーワードでの流入増加につなげられます。共起語は専用の検索ツールで調べることもできるため、ぜひ試してみてください。

記事内容や装飾などユーザーファーストな記事を作る

SEOライティングに取り組む場合、最も大切なことはユーザーファーストを心がけることです。

ユーザーがどのような情報を求めているのか洗い出したうえで記事を作成し、記事を読んだあとには他の記事を検索する必要がないようにユーザーの課題や不安を全て取り除いた状態にすることを目指しましょう。

また、記事をよりわかりやすいものにするために、文字を太くする、下線を引くといった装飾を行うことも大切です。

代名詞を名詞へ変更する

検索エンジンは代名詞を理解することが難しいため、SEOライティングを行う際は、できる限り代名詞ではなく名詞を使用することを心がけてください。

代名詞としては「これ」「それ」「その」といった言葉が挙げられます。代名詞を全く使用してはいけないというわけではありませんが、使いすぎるとユーザーにわかりにくい記事となってしまうため注意が必要です。

また、ユーザーの中には記事の途中から読み始める人もいるため、いきなり「それ」と出てきても理解できません。記事を書く際は、代名詞を名詞に置き換えられないか考えながら取り組むようにしましょう。

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)を意識した記事を制作する

記事を作成する際は、E-A-Tを意識することが大切です。E-A-Tとは、Expertise記事の(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のことで、検索エンジンがWebサイトを評価する際の基準の1つにもなっています。

例えば、専門性を高める場合には以下のようなことが重要になります。

  • H2で示した内容をH3で深掘りする
  • ほかのサイトの記事を参考にするのではなく一次情報を確認して掲載する
  • 競合サイトの記事よりも文字数(記事のボリューム)を増やす
  • 専門家に取材する、専門書を調べる

図や表などを作成して記事に掲載する

記事コンテンツは文字だけでなく、適宜図や表、箇条書きを取り入れてユーザーにとってわかりやすい記事にすることが大切です。

ユーザーの中には、すぐに情報を知りたい人や文章を読んでいる時間がない人もいます。図や箇条書きを利用することで、情報をわかりやすくシンプルに伝えることができるため、ユーザーにとっても有益です。

また、文字だけの記事はしまい、ユーザーが最後まで読む可能性が低くなるため、そういった意味でも図や表、箇条書きを使用するようにしましょう。

初心者が注意すべきSEOライティングでのNG事項

SEOラインティングに初めて取り組む場合、いくつかのNG事項に注意しなければなりません。

ここでは、初心者が注意すべき具体的なNG項目として以下の3点について解説します。

他サイトの記事をコピペする

競合サイトの記事を内容を丸々コピペして、自社サイトのコンテンツとして掲載することは著作権を侵害する恐れがあり、場合によっては訴えられる可能性もあります。また、コピーコンテンツは検索エンジンからの評価もよくないため、検索順位が下がる恐れがあります。

記事作成にあたって、競合サイトの記事を参考にすることもありますが、あくまでも情報を参考にし、記事本文は自分の言葉を使って表現するようにしましょう。

根拠のないデータや情報を使用する

記事の専門性、信頼性、権威性を高めるためにも、根拠のないデータや未確認の情報を記載することは避けてください。

例えば、アンケート結果に基づいて情報を伝える場合、アンケートの対象者や実施日、実施方法などにも言及するべきです。また、一次情報や書籍などを引用する場合、引用元を示す必要があります。

そのほかにも、ランキング形式で商品やサービスを紹介する記事の場合は、どのような根拠に基づいて順位が決まっているのか示すことが大切です。

景品表示法や薬機法に抵触するような表現する

記事コンテンツを通して商品やサービスの売り上げアップに繋げたい企業は少なくありませんが、景品表示法や薬機法といった各種法律に抵触するような表現は避けてください。

自社商品・サービスを強く訴求したいあまり、過剰な表現となってしまうケースはよくあります。例えば「自社のサプリを飲むことで簡単にダイエットができる」「細菌を●%殺菌してくれる」「がん細胞を減らすことができる」といった表現は、法律に抵触する恐れがあります。自社商品やサービスを紹介する際は、過剰な表現になっていないか注意してください。

SEOライティングに関するよくある質問

ここでは、SEOライティング初心者のよくある質問について解説します。

SEOライティングにおすすめの勉強法は?

SEOライティングを勉強したい場合、SEO関連書籍を読む、Youtubeなどの動画サイトで学習を行うなどがあります。また、実際にWebサイトを運営してみるのも勉強法としてよい手段です。

本屋では、SEOライティングをテーマにした書籍がたくさん並んでいるため、気になるものや読みやすいもの一通り読んでみることをおすすめします。また、YouTubeなどの動画サイトにも、SEOライティングについて解説している動画がたくさんあります。

書籍や動画で知識をインプットしたら、Webサイトを実際に運営することも大切です。頭では理解していることでも、上手くアウトプットできない場合もあります。トライアンドエラーで少しずつSEOライティングに対する知識やスキルを磨いていきましょう。

SEOライティングにおすすめの資格や検定は?

SEOライティングには、そのスキルを証明するためのさまざまな資格や検定があります。資格を取得することで、記事作成時にアピールすることも可能です。具体的な資格・検定には以下のようなものがあります。

名称費用HP
SEO検定4級:12,000円
3級:14,000円
2級:18,000円
1級:20,000円
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
WEBライティング技能検定検定講座料金:32,000円
受験費用:6,000円
https://crowd-kentei.or.jp/
WEBライター検定3級:無料
2級:10,000円
1級:25,000円
https://crowdworks.jp/skill_tests

SEOを意識したライティングでの記事制作の費用

https://cocol.co.jp/seo/

SEOラインティングは、自社で行うだけでなく、アウトソーシングを利用することもできます。

例えば、ウェブココル株式会社では、1記事あたり30,000円〜で記事作成を行うことができます。こちらには、競合サイトの分析からキーワード選定、構成作成、記事作成、入稿作業までが含まれているため、SEOライティングに慣れていない企業でも、コンテンツ制作に取り組むことが可能です。

情報に正確さや新鮮度があり、ユーザーのニーズに沿ったコンテンツ制作は決して簡単ではありません。
したがって、単に記事を作るだけではなく、検索エンジンの上位表示を狙いたい場合は、アウトソーシングするとこのくらいの費用が相場となっています。

ウェブココル株式会社のSEOライティング実績

ウェブココル株式会社では、これまでにもSEOライティングにおいてさまざまな実績を残しています。ここでは、具体的な実績として以下の2点について解説します。

コーポレートサイトにてSEO・WEBマーケティング関連のキーワードで上位表示を獲得

ウェブココル株式会社では、SEOやWEBマーケティングに関する複数のキーワードで上位表示を獲得した実績があります。特に、「自演リンク」や「インスタ リポストできない」といったキーワードでは1位を獲得しています。

買取系サイトにて3ヶ月で地域名キーワードでの検索順位1位を達成

https://cocol.co.jp/voc-baku/

買取など対面でのサービスが基本となる場合、店舗や会社のある地域名を含めたキーワードを設定することが大切です。ウェブココル株式会社では、「地域名+業種」で検索順位1位を3ヶ月で達成した実績があります。地元でのブランディングを達成したい企業にとっては大きな助けとなるでしょう。

SEOを意識したライティングでの記事制作ならウェブココル株式会社

SEOライティングは、ユーザーのニーズに沿った情報を提供したうえで、検索結果の上位表示を目指すライティング手法のことです。

ライティングの際は、キーワードをタイトルや本文に含める、ユーザーファーストを心がける、コピーコンテンツとならないように気をつけるなど注意すべきポイントはたくさんあります。書籍や動画などで情報をインプットしながら、実際にWebサイトを運営しアウトプットするなどして、徐々にスキルを高めていきましょう。

自社内にSEOライティングに取り組むだけの余裕がない場合は、アウトソーシングの利用もおすすめです。ウェブココル株式会社では、SEOやマーケティングに関連するキーワードや地域名を含めたキーワードで検索順位1位を達成した実績があります。SEOライティングに興味のある企業の担当者は、ぜひ一度お問い合わせください。

\ SEOにて効果の出やすいライティングをご提案 /

あわせて読みたい
学習塾サイトにおすすめのSEO対策6選|注意点や制作推奨の記事コンテンツも紹介 本記事では、学習塾サイトでSEO対策を行う際にできる具体的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリット、注意点を紹介します。SEO対策と一言でいっても、具体的な施策は...
あわせて読みたい
パーソナルジムサイトにおすすめのSEO対策6選|効果やおすすめの記事コンテンツ内容も紹介 最近では、パーソナルジムを探す際にインターネットを活用するのが主流です。パーソナルジムサイトに適切なSEO対策を行うことで、サイトへの流入増加につながり、見学や...
あわせて読みたい
結婚相談所におすすめのSEO対策6選|おすすめのコンテンツ例や集客事例も紹介 最近では、インターネット経由で結婚相談所に問い合わせを行うケースが一般的になってきています。結婚相談所への問い合わせ数を増加させるためには、SEOを意識したサイ...
あわせて読みたい
ペットショップサイトにおすすめのSEO対策6選|効果や集客事例も紹介 近年は、インターネットに掲載されている情報をもとに訪れるペットショップを決めるユーザーが多くいます。問い合わせ数・来店者数を増やしたい方は、ペットショップサ...
あわせて読みたい
SEOの外部対策方法5選|被リンクの獲得方法や重要性について解説 SEO対策においては、サイト内だけでなく、外部に向けた施策も重要になります。外部対策の代表例として挙げられるのが被リンクの獲得です。 しかし、具体的にどのような...
あわせて読みたい
ディスクリプションのSEO上の効果とは?設定方法や効果的な書き方を紹介 検索結果上でのWebページのクリック率を向上させるには、ディスクリプションの設定がおすすめです。ディスクリプションを設定することで、SEO上でも間接的な効果が期待...
あわせて読みたい
ローカルSEOとは?順位の決まり方や対策による効果などを紹介 ローカルSEOは、特定の地域を対象としたキーワードで検索の上位表示化を狙う施策のことです。地域名での集客力アップ・ブランディング力向上を目指したい施設・店舗経営...
目次
閉じる