SEOコンサルティングを見る

ホームページを改善する方法12選|効率的なステップと実際の事例についても解説

サイト経由での集客や企業でのブランディングを成功させるためには、ホームページの改善が欠かせません。

しかし、ホームページを改善したくても、具体的にどのようなことを行えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ホームページを改善する方法12選を解説しています。実際の事例も合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

この記事を書いた人

杉岡玲生

ウェブココル(株)の代表取締役社長。A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。
Twitter:@reonald_seo

ホームページを改善する目的例

ホームページを運用する際は、ただ闇雲に施策を行っても思うような効果を得られません。

ここでは、ホームページを改善する目的例を2つご紹介します。

顧客獲得

ホームページを改善する大きな目的の1つは、サイト経由での新規顧客の獲得です。

「顧客獲得」には商品の購入だけでなく、イベントやサービスへの申し込みも含まれています。

顧客獲得を達成するためには、SEO対策を行うことが必要です。SEO対策の実施により、ホームページが検索結果で上位表示されやすくなります。

検索順位が上がることのメリットは、ユーザーの目に止まりやすくなる点です。その結果、ホームページのクリック率が上がり、より多くのサイト流入が期待できます。

ホームページの改善を行うことでユーザーの滞在時間をアップさせることが可能になり、問い合わせや資料請求といったアクションにもつながりやすくなります。

ブランディング・認知度向上

ホームページを改善する2つ目の目的は、会社のブランディングです。

ホームページで集客を行うことで、会社やサービスの認知度向上につながりやすくなります。

顧客獲得の場合と同じように、ブランディングでもSEO対策が必要です。SEO対策によってホームページが検索結果で上位表示され、ユーザーの目に触れやすくなります。

また、サイトへの流入数を増やし、滞在時間をアップさせるような施策を行うことで、より多くの人に商品やサービスを知ってもらう機会が増える点もポイントです。

ホームページの改善に必要な期間

ホームページの改善に必要な期間は、サイトの規模やSEO知識の有無によって左右されます。

中小企業の一般的なコーポレートサイトを例に挙げると、専門知識が乏しい担当者が自社で施策を行った場合、改善を終えるまでに最低でも1ヶ月以上はかかります。

ただし、実際に効果を得られるような改善は見込めないのが実情です。

一方、SEO対策会社が改善を行う場合もしっかり1〜3ヶ月程度かけますが、検索順位のアップやサイト流入数の増加といった効果は大いに期待できます。

ホームページ改善後に狙った効果を得られるまでの目安期間

ホームページを改善してから狙った効果を得られるまでの目安期間も、狙いたいキーワードや目標のPV数、申し込みや問い合わせといったコンバージョン数によって変化します。

小さな効果であっても最低半年〜1年以上は必要です。また、会社の業績に影響を与えるほどの大きな効果を狙うのであれば、1年半〜2年程度かかります。

この間に記事投稿を行うなど、常にサイトを更新し続ける必要があります。

また、ここで紹介した目安期間は、あくまでもSEO対策会社にホームページ改善を依頼した場合を想定しています。自社で改善を行った場合、さらに長期間かかる点に注意してください。

ホームページ改善の2種類の考え方

ホームページを改善するには大きく分けて2種類の考え方があります。

それぞれ行うべき施策が異なるため、何が必要か把握しておくことが大切です。

また2つの考え方はどちらも重要ですが、サイトの流入数が増えないとコンバージョンにもつながらないため、「ホームページの集客導線の改善」の方が優先度が高くなっています。

ホームページへの集客導線の改善

ホームページへの集客導線を改善するには、以下の観点からサイトを分析し、適切な施策を行う必要があります。

  • 検索結果で何位に表示されているのか
  • どのような検索キーワードで検索されているか
  • ホームページがどの程度クリックされているのか

ホームページの分析を行うには、Google Search Consoleなどのツールを活用すると便利です。

またホームページが検索に引っかからない時も、このサーチコンソールで原因を探る事ができます。

ホームページ内での滞在時間・コンバージョン率の改善

ユーザーがホームページにアクセスした後の行動を分析することで、ページ内での滞在時間やコンバージョン率の改善に必要な施策が明確になります。

Google Analyticsなどのツールを活用し、以下の観点から分析を行うとよいでしょう。

  • ホームページへの流入経路
  • どの属性のユーザーがアクセスしているのか
  • ホームページの滞在時間やコンバージョン率

アナリティクスのエラーに関する記事はこちら

ホームページによくある改善すべき課題

ここでは、改善が必要なホームページの特徴を解説します。

自社のホームページに該当する点がないか、ぜひチェックしてみてください。

デザインにのみ力を入れておりSEO的に必要な施策が施されていない

デザインにこだわっているものの、最低限のSEO対策が実施されていないホームページは改善が求められます。

いくらホームページのデザインが素敵でも、サイト経由での集客にはつながらないからです。

大前提として、デザインだけが集客力やPV数に影響を与えることはほとんどありません。

サイトマップや内部リンクの設置といった、ホームページの内部に対する対策の実施が必要です。

ホームページ全体で狙いたいキーワードやユーザー像が定まっていない

狙いたいキーワードやユーザー像が定まっていないホームページは、目標とする効果を出すことができません。

ホームページを改善する際は、あらかじめ上位表示を狙いたいキーワードを選定し、競合を調査したうえで必要なコンテンツを洗い出すとよいでしょう。

狙いたいキーワードで質の高いコンテンツを制作し続け、ホームページを最適化することで検索結果の上位表示が狙えます。

ホームページが使いづらい・見づらい

サイト内の動線がわかりづらい・画面が見づらいといったホームページも、できるだけ早めに改善する必要があります。

せっかくホームページにアクセスしてもらっても、使いづらいサイトからはすぐに離脱されてしまいます。

ホームページ上の画像配置やフォントのサイズ・カラーには十分注意してください。

他にも、ページが表示されるスピードが遅いと離脱の原因につながってしまいます。画像を圧縮してから載せるなど、ページスピードの改善が必要です。

また、現在ではスマホからホームページを閲覧するユーザーが大多数を占めています。スマホに適したサイト設計に変更しましょう。

問い合わせ・申し込みへの導線が整備されていない

ホームページで一定のPV数があるのに、問い合わせや申し込み件数が増えない場合は、コンバージョンへの動線が整備されていない可能性が高い傾向にあります。

アクセス解析を行い、離脱率が高いページを改善したり、問い合わせページに移動しやすいような工夫を行ったりと、ユーザー目線での動線設計を行いましょう。

また、問い合わせ・申し込みボタンをわかりやすい位置に設定することも大切です。

ホームページ改善の3ステップ

ここでは、ホームページを改善するための3つのステップについて解説します。

PDCAサイクルを回し続けることで、ホームページを改善することが可能です。

ホームページの現状把握

ホームページを改善する前に、現在どのような状態になっているかを把握しておく必要があります。

ホームページの現状は、Google Search ConsoleGoogle Analyticsなどのアクセス解析ツールやヒートマップツールを活用したり、ユーザビリティテストを行うことによって確かめることができます。

主に、以下の観点からホームページを分析するのがおすすめです。

  • どのようなユーザーに閲覧されているのか?
  • 一定期間の閲覧数はどの程度か?
  • どのデバイスから閲覧されているのか?
  • 流入経路はどこか?
  • どの検索キーワードからたどり着いたのか?

ホームページの現状を把握した上で、目標とするPV数やコンバージョン数との乖離まで洗い出せるとよいでしょう。

今後、取り組むべき施策を出しやすくなります。

改善案の策定・実施

現状把握でホームページの分析を行ったら、改善案の策定を行いましょう。

まずは、分析結果から「コンバージョン率が低い」「アクセス数は多いのにすぐ離脱されてしまう」といった課題を抽出します。

課題が見つかったら、解決するための仮説を立てると適切な改善案が見つかりやすくなるためおすすめです。

たとえば「内部リンクを設置する」「問い合わせページへの導線をわかりやすくする」といったことが考えられます。

仮説をもとにした改善案をもとに、必要な施策を実行してください。

効果測定

施策の実施後は効果測定を行い、ホームページでどのような変化が起きているのか確認しましょう。

効果測定は「立てた仮説が正しいか」「適切な施策を実行できているか」を判断し、今後も施策を継続していいのかを見極めるために重要です。

改善を行ってから反応があるまで時間がかかる場合があるため、1週間から1ヶ月程度空けてから検証を行うことをおすすめします。

想定していた効果が出なかった場合は改善前の状態に戻し、次の仮説を立てて新たな施策を行ってください。

Google Analyticsに実装されているA/Bテスト機能を活用するのも1つの方法です。

ホームページの改善施策12選

ここでは、ホームページを改善するための具体的な施策を12個ご紹介します。

すぐに実施できる施策もあるため、ぜひ取り組んでみてください。

集客力を上げるためのホームページ改善案

商品購入やサービスの申し込みといったコンバージョンにつなげるためには、最低限ホームページに訪問してもらわなければいけません。

ホームページでの集客力を上げるために必要な改善案は、以下のとおりです。

  • タイトルに対策するKWを含める
  • 見出しなどに関連する情報を含める
  • モバイルファーストのホームページに改善する

タイトルや見出しに対策するキーワードや関連情報を含めることで、ユーザーから「自分が欲しい情報がありそう」と判断してもらいやすくなり、ホームページを見てもらえる可能性が高くなるでしょう。

また、ホームページがスマホに対応していることも重要です。現在では、スマホからインターネットを閲覧する人が多い傾向にあります。

モバイルファーストでないサイトはスマホからだと見づらくなってしまい、ユーザーの離脱を招いてしまいます。

コンバージョン率を上げるためのホームページ改善案

ホームページの集客力を上げる施策を行ったら、コンバージョン率を上げるための改善策を実施しましょう。

具体的には、以下のような施策が該当します。

  • ターゲット層を明確化する
  • 集客するためのキーワードを改善する
  • コンバージョンへのリンクやバナーを工夫する

集客したいターゲット層を明確にすることで、ホームページの改善において目指すべき方向がはっきりしていきます。

狙ったターゲット層のアクセスを増加させるためには、キーワードの見直しが重要です。ターゲット層以外からのアクセスが多い場合、キーワード選定に問題があることが考えられます。

コンバージョンしづらいユーザーのアクセスを減らすことも、コンバージョン率をアップさせるために有効な方法の1つです。

また、せっかくターゲット層のユーザーが訪問しても、コンバージョンにつながらなければ意味がありません。購入ページへのリンクやバナーは、ひと目見てわかりやすいものにすることが大切です。

ユーザーの滞在時間を伸ばすためのホームページ改善案

ユーザーがホームページ上に滞在する時間を伸ばすことで、コンバージョン率のアップにつながりやすくなります。

具体的には、以下のような施策を行うとよいでしょう。

  • ホームページの構成デザインの改善
  • サイト導線の改善
  • サイトの表示速度の改善

ホームページを閲覧した際に、どこに何があるのか見つけられないとユーザーにとってストレスを感じてしまいます。

さらに、せっかく商品やサービスに興味を持ってもらっても、サイトの導線がわかりづらいと申し込みページに遷移する前に離脱されてしまう可能性があります。

構成デザインや導線を見直し、ユーザーがサイト内を巡回しやすいようなホームページを目指しましょう。

また、サイトをクリックしてからページが表示されるまでに時間がかかると、ユーザーの離脱を招いてしまいます。ページの表示速度には十分注意してください。

リピート率を上げるためのホームページ改善案

コンバージョンを増加させるためには、リピート率を上げることも重要です。商品やサービスに興味を持ってもらえば、ホームページへの再訪問も期待できます。

リピート率を上げるための具体的な施策は以下のとおりです。

  • スマートフォンからでも見やすいホームページを制作する
  • ユーザーを逃さないファーストビューをつくる
  • ターゲットのユーザー層に響くコンテンツを作成する

事前に設定したターゲット層に沿ったコンテンツを作成することで、ユーザーの心を掴みやすくなり、商品やサービスに興味を持ってもらいやすくなります。

また、競合が多い場合は「競合と比べて自社が優れている」ということをアピールするのも効果的です。

ホームページの課題・改善施策に優先順位をつけることが大切

ホームページの改善を行う際は、施策に優先順位をつけることが大切です。

手当たり次第に改善施策を実行しても、狙った効果を出すことはできません。

ホームページの課題を分析した上で、どの課題から優先的に解決すればいいのか判断する必要があります。

たとえばアクセス数は多いのに直帰率が高い場合、サイトの表示速度や構成デザインの改善を重点的に行うとよいでしょう。

優先順位をつけることで、ホームページの改善をより効率的に進めやすくなります。

ホームページの改善に必要な費用目安

ホームページの改善に必要な費用は、サイトの規模やSEO対策業者によっても変化します。

ウェブココル株式会社やフリーのSEOコンサルタントの場合は月25〜30万程度ですが、大手の業者では月に100万円かかるケースも少なくありません。

大手SEO業者は実績が豊富な点が強みですが、どうしても割高になってしまいます。

一方、フリーのSEOコンサルタントはホームページ改善にかかる費用を抑えられますが、担当者の得意分野でないと効果を期待しづらい点がデメリットです。

ホームページを改善するためにSEO業者を選ぶ際は、想定される費用と期待できる効果をしっかりと確認しておきましょう。

ウェブココル株式会社のホームページ改善における対策

ウェブココル株式会社がホームページの改善を行う際は、最初に「課題抽出」を実施します。

クライアント様へのヒアリングを参考に、ホームページ上の問題点や競合サイトの動向を分析し、解決すべき課題や必要な施策を洗い出します。

そこで抽出された課題をもとに実践するのが、ホームページの内部対策や外部対策です。オウンドメディアを複数運営している実績やノウハウを生かして、Googleからの評価を上げるための施策を実施します。

また、ホームページ改善の一環として、コンテンツマーケティングも行っています。ターゲット層のニーズを深堀りし、Googleとユーザーの両方から高評価を受けるコンテンツを作成できる点が強みです。

ホームページの改善でSEOの評価を高めたい方はウェブココル株式会社へ

ホームページを改善することで、サイト経由での集客や会社のブランディングが期待できます。

ただし、SEOの知識がないと改善作業は容易ではありません。効率よく成果を上げるためには、専門業者に依頼することがおすすめです。

ウェブココル株式会社では、少数精鋭のSEOコンサルタントによって、クライアント様に寄り添った効果のある施策をご提供いたします。

ホームページ改善でSEOの評価を高めたい方は、ぜひウェブココル株式会社へご相談ください。

\ホームページの改善ならお任せ /

目次
閉じる