SEOコンサルティングを見る

タイトルタグの最適な文字数は?スマホとPCでの表示文字数の違いやSEOに効果的なタイトルタグの作り方を紹介

タイトルタグは、SEO対策のみならず、サイトへの流入を増やすためにも重要です。しかし、具体的にどのように設定すればいいのか、いまいちわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、タイトルタグの最適な文字数や、媒体ごとの表示文字数の違いについてご紹介しています。SEOに効果的なタイトルタグを設定したい方はぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人

ウェブココル(株)


ウェブココル(株)

福岡のSEOコンサルティング企業のウェブココル(株)です。SEO対策全般に精通している弊社がWebマーケティング情報をお届けします。

タイトルタグとは

タイトルタグとは、検索エンジンに対し、ページの内容を伝える目的で設定するHTMLタグのことです。

検索結果やSNSの投稿にも表示されるため、Googleからの評価だけでなく、ユーザビリティにも大きな影響を及ぼします。

タイトルタグの重要性

Googleがページを評価する際、タイトルタグによって記載されている内容を判断します。そのため、検索順位の決定に大きな影響を持っており、最適化すべき項目のひとつです。

Googleでも、タイトルタグの重要性について言及されています。

さらに、タイトルタグはページのアクセスを増やすためにも大切な要素です。ユーザーはタイトルタグを見て求めている情報があるかどうか判断するため、適切なタイトルタグを設定する必要があります。

タイトルタグの確認方法

タイトルタグは、ページ内を右クリックして「ページのソースを表示」を選択することで確認可能です。

ただし、1ページごとにチェックするのは手間がかかります。そこで、Googleの拡張機能やツールを使って簡単に調べる方法をご紹介します。

1つ目は、Googleの拡張機能であるSEO META in 1 CLICKを利用する方法です。ボタンをクリックするだけで、開いているページのタイトルタグを確認できます。

2つ目は、ラッコツールズ(TITLE & META情報抽出)を利用する方法です。URLを貼り付けて「抽出」ボタンをクリックすると、そのページのタイトルタグやdescriptionタグが表示されます。一度に複数のURLを調査することも可能です。

もしタイトルタグが正しく設定されていない場合、WordpressなどのCMSを見直してみてください。

SEOに効果的なタイトルタグの文字数

SEOに効果的なタイトルタグを設定するには、適切な文字数を把握しておくことが必要です。

検索結果に表示される際、あまりに長すぎるタイトルタグは途中で省略されてしまいます。

さらに、デバイスによって表示される文字数が異なります。

ここでは、デバイスごとにタイトルタグがどのように表示されるのかご紹介します。

PC(デスクトップ)で表示した場合

38文字のタイトルをPCで表示した場合、おおよそ30文字程度まで表示されます。

ページの内容をユーザーにわかりやすく伝えるためには、タイトルタグを30〜32文字程度に設定することがおすすめです。

スマホ(モバイル)で表示した場合

先ほどと同様のタイトルをスマホで表示した場合、およそ34文字程度まで表示されます。

スマホでは、PCより多くの内容をタイトルタグで伝えることが可能です。

しかし、デバイスやブラウザに影響されるのを避けるためには、タイトルタグは基本的に32文字以内に設定するとよいでしょう。

タイトルタグの文字数を意識する上での注意点

タイトルタグは検索結果だけでなく、ブラウザのタブやページをSNSでシェアした際にも表示されます。

ここでは、初心者の方でも使えるタイトルタグの文字数を意識する上での注意点をご紹介します。

SNSで表示されるタイトルの上限文字数を考慮する

SNSによって、表示されるタイトルの文字数は異なります。

Twitterの場合、PC・スマホアプリともに34文字が上限です。一方Facebookでは、PCで50文字、スマホアプリで48文字が上限となっています。

特定のSNSからのアクセスを狙う場合は、上限文字数も考慮しましょう。

ページがSNSでシェアされた場合も、投稿にタイトルタグが表示されます。より多く拡散されるために、具体的かつわかりやすいタイトルを設定することが大切です。

ブラウザのタブが増えるほど表示される文字数は少なくなる

ページのタイトルタグはブラウザのタブからも確認できるようになっています。タブの数が増えるほど、表示される文字数が少なくなる点に注意が必要です。

ページから離脱したユーザーが戻ってきやすいように、ページの内容を簡単に把握できるようなタイトルタグを設定しましょう。タイトルの先頭10文字以内に重要なキーワードを入れておくと、文字数が少ない中でも情報が伝わりやすくなります。

不自然にキーワードを含めて文字数を増やさない

タイトルタグにページの内容に関するキーワードが含まれていると、SEOにおいて評価されやすくなります。しかし、不自然に入れ込まれたキーワードはかえって逆効果です。

内容によっては、Googleによってタイトルタグを改変される可能性もあります。

不要なワードを削除するとCTRが上がることもあるため、アクセス数が伸びない場合は一度タイトルタグを確認してみましょう。

SEOに効果的なタイトルタグの作り方・設定方法

ここでは、SEOに効果的なタイトルタグの作り方や、設定方法をご紹介します。

検索順位やアクセス数を上げたい方は、ぜひ実践してみてください。

対策したいキーワードをタイトルタグの先頭に置く

Googleでは、検索結果に表示されるタイトルの文字数を定期的に変更しています。キーワードが見えるようにするためには、できるだけ先頭に置くことが大切です。

ユーザーや検索エンジンにページの内容を伝えやすくなるだけでなく、文字数が変更されても悪影響を受ける心配を減らせます。

また、キーワードが先頭にあることでタブの内容が判断しやすくなり、ユーザーの再帰率を高めることにもつながります。

タイトルに具体性を持たせる

ユーザーにページの内容をわかりやすく伝えるには、タイトルに具体性を持たせるとよいでしょう。

タイトルだけで記事の内容を想像させ、クリック率を上げることが可能です。

SEOの観点から見ても、具体性のあるタイトルはページとキーワードの関連性を把握する際に役立ちます。

タイトルタグについて、Googleも以下のように伝えています。

要素に具体的でわかりやすいテキストを記述する。ホームページに「ホーム」、特定の人物のプロフィールのページに「プロフィール」のような曖昧なタイトルは付けないようにしてください。また、 には不必要に長いものや無駄な情報が含まれるものも避けてください。検索結果にタイトルが表示されたときに、その一部しか表示されなくなります。

Google 検索セントラル – わかりやすい 要素を記述するためのベスト プラクティス

不要なキーワードは含めない

タイトルタグを設定する際は、ページ内容に関係のない不要なキーワードを含めないように注意しましょう。

Googleからスパムと判断され、ペナルティを受ける可能性が高くなります。

さらに、キーワードが詰め込まれているとユーザーも何の記事か判断しづらくなり、クリック率の低下にもつながってしまいます。

必ずしも、キーワードが多ければよいというわけではありません。関連性の高いキーワードを適切な数だけ含めることを心がけましょう。

メタキーワード設定はSEO対策に重要な施策ではない

タイトルタグと同様、ページの内容を検索エンジンに伝えるタグとして、メタキーワードが存在します。

以前はSEOに効果的でしたが、現在は重要な施策ではなくなってしまいました。

検索エンジン自体がアップデートされたことにより、メタキーワードを参考にしなくてもページ内容の情報を読み取れるようになったことが主な理由です。

また、メタキーワードの悪用や乱用が多発したことも、原因のひとつとして挙げられています。

以前はメタキーワードでページの内容を判断していたため、ページの質にかかわらず、メタキーワードさえ記述すれば検索エンジンに評価されるようになっていました。

その結果、低品質なページの増加につながったため、Googleの評価においてメタキーワードは重視されなくなりました。

Googleがタイトルタグを書き換える場合もある

ページの内容とタイトルタグの内容が一致していない場合、自動的にタイトルタグの内容が書き換えられることがあります。

Googleでも、タイトルタグの書き換えについて以下のように言及しています。

検索結果に表示されたページのタイトルリンクが修正されていた場合、<title> 要素に Google が調整する問題があるかどうかを確認します。該当しない場合は、タイトルリンクがクエリにより合ったものであるかどうかをご確認ください。

Google 検索セントラル – わかりやすい 要素を記述するためのベスト プラクティス

タイトルタグが書き換えられた場合、大幅に修正してしまうと検索順位が下がってしまう可能性があります。意図していた内容と大きくずれていない場合は、タイトルをそのままにしておくことも手段のひとつです。

タイトルタグとh1タグの違い

h1タグとは、ページ内で最上位に表示される大見出しのことです。

同じページでも、タイトルタグとは別の内容が記載されている場合もあります。

タイトルタグとh1タグとの主な違いは以下の通りです。

表示される場所設定する目的
タイトルタグ検索結果に表示される検索エンジンに向けて設定する
h1タグページ上に表示されるページの閲覧者のために設定する

タイトルタグとh1は一見よく似ていますが、それぞれ役割が異なります。必要に応じて適切な内容を設定しましょう。

タイトルタグの最適な文字数でお困りの方はウェブココル株式会社へ

タイトルタグの最適な文字数は、PC・スマホともに32文字程度といわれています。デバイスやSNSによって表示される文字数が異なるため、サイトへの流入経路や想定するターゲット層に合わせて最適な文字数を設定しましょう。

タイトルタグの文字数や設定でお困りの方は、ウェブココル株式会社までご相談ください。

実際に月50万PVを超えるメディアを作成した実績から、実際に効果のあるSEO施策をご提供します。最先端の技術や知識についてもお任せください。

\ CTRの上がりやすいタイトルタグをご提案 /

目次
閉じる