Filmoraの永久ライセンスとは?他のプランとの違いや利用するメリット、購入方法について解説

本コンテンツ内で紹介するサービスの一部または全部に広告が含まれています。

「TECH TREND」内で記載している価格は全て税込み表記です。 本コンテンツ内で紹介するITサービスの一部または全部に広告が含まれています。正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。 ※このサイトに表示している広告については、広告掲載基準をご覧ください。 ※本サイトはウェブココル株式会社が運営しております。  ※当記事のご意見は、お問い合わせフォームからお寄せください。

Filmoraを利用しようと考えている人が悩むのは、永久ライセンスの買い切り版か1年間継続できるサブスク版のどちらを利用するかです。Filmoraの永久ライセンスは、どのような契約で価格はどれぐらいかかるのかわからない人が多いでしょう。

この記事では、Filmoraの永久ライセンスの料金体系と購入方法について解説していきます。また、Filmoraの永久ライセンスについてよくある質問も紹介します。

Filmoraを利用しようと考えている人は、永久ライセンスのメリットをしっかり確認してから購入に進んでいきましょう。

目次

Filmoraの永久ライセンスとは?

Filmoraの永久ライセンスとは、料金を一度払うことで永久的にソフトを利用できる権利のことです。

Filmoraの永久ライセンスを購入するには、公式サイトで販売している「永続ライセンス」を購入する必要があります。Filmoraの公式サイトでは、永続ライセンスを11,790円で販売しています。

また、Filmoraはダウンロード版とパッケージ版があり、公式サイトではダウンロード版のみ販売しています。パッケージ版が欲しい場合は、AmazonやYahooショッピングなどでDVD版を購入可能です。

【最新版】Wondershare Filmora 12 動画編集ソフト Windows版 使いやすいビデオ編集ソフト 永続ライセンス DVDパッケージ版
created by Rinker
¥8,980 (2024/03/02 18:34:26時点 楽天市場調べ-詳細)

Filmoraの料金プラン

Filmoraの料金プランについては、下記の通りです。

料金プラン1年間プランマルチプラット
1年間プラン
永続ライセンス
購入タイプサブスクサブスク買い切り
価格9,979円(税込)10,979円(税込)11,979円(税込)
対応OSWindows、MacOSWindows、MacOS
iOS、Android
Windows、macOS
4K読込・出力
DVD書き込み
アップデートバージョンアップに対応バージョンアップに対応バージョン12のみ対応
Windows版Windows版の購入はこちらWindows版の購入はこちらWindows版の購入はこちら
Mac版MAC版の購入はこちらMAC版の購入はこちらMAC版の購入はこちら

☞Filmora(フィモーラ)について詳しくをみる

Filmoraの製品プランは3種類あり、1年間プランが2つと永久ライセンスプランが1つです。1年間プランは、対応のOSがWindowsのみかWindowsやmacOSなどさまざまなプラットホームで使えるものとに分かれています。

永久ライセンスのプランは1つのみで、一度料金を支払ってしまえば永久的に利用できるプランです。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Filmoraの永久ライセンスと年間プランの違い

Filmoraの永久ライセンスと年間プランの違いは、下記の通りです。

  • 料金の支払い方法
  • バージョンアップの対応

まず、料金の支払い方法についてですが、永久ライセンスは一度プランを購入してしまえば、以降の料金発生はありません。年間プランは、1年間の自動更新プランなので毎年9,979円の支払いが発生します。

もしFilmoraをなるべく安く利用したい人は、永久ライセンスの方がランニングコストがかからずに利用できます。

次に、ソフトのアップデートについてですが、永久ライセンスはアップデートがバージョン12までしか対応していません。Filmoraのバージョンが13になった場合、アップデートされないので新しくバージョン13を購入する必要があります。

年間プランは、毎年料金は発生しますが、アップデートはバーションが変わっても対応されるので、常に新しいソフトを利用できます。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Filmoraの永久ライセンスを取得するメリット

Filmoraの永久ライセンスを取得するメリットは、下記の3つです。

  • 買い切りで解約のし忘れがない
  • 更新の手間がない

買い切りで解約のし忘れがない

Filmoraの永久ライセンスは、買い切り版なので解約のし忘れがありません。

年間プランを利用していると、Filmoraを利用しなくなったとしても自動更新で次の年の分の支払いが発生する場合があります。解約のタイミングを考えているうちに、そのまま自動更新になってしまったということも考えられるでしょう。

しかし、永久ライセンスであれば、一度購入手続きを済ませてしまえば、更新の作業は必要ありません。そのまま永久的に利用できるので、解約を忘れて無駄に更新してしまうこともないでしょう。

更新の手間がない

Filmoraの永久ライセンスを購入しておけば、更新の手間がありません。

年間プランを利用していると、1年ごとに更新の必要があり手間がかかります。もし1年以上Filmoraを利用することを考えているのであれば、永久ライセンスの方が更新作業がないのでおすすめです。

料金も買い切り版と年間プランでは、買い切り版の方がランニングコストが安いです。なるべくFilmoraを安く利用したいなら、永久ライセンスを購入しましょう。

Filmoraの永久ライセンスの購入方法

Filmoraの永久ライセンスの購入方法は、下記の3通りあります。

  • 公式サイトから購入
  • Amazonや楽天から購入
  • 無料版を利用したあとに有料版を購入

まず公式サイトの購入画面では、1年間プランとマルチプラット1年間プラン、永続ライセンスの3製品を選べます。その中の「永続ライセンス」を購入することでソフトを利用できます。

Amazonや楽天では、DVDパッケージ版とダウンロード版の2種類販売しています。また、Amazonや楽天で販売しているFilmoraは永久ライセンス版のみです。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Filmoraの永久ライセンスについてよくある質問

Filmoraの永久ライセンスについて、よくある質問を3つ紹介します。Filmoraの永久ライセンスを購入検討する時に気になる部分だと思われるので、購入前に確認してみましょう。

  • Filmoraの永久ライセンスは複数台で使える?
  • Filmoraを安く買う方法は?
  • Filmoraをアップグレードする方法は?

Filmoraの永久ライセンスは複数台で使える?

Filmoraのライセンス管理は厳しく、永久ライセンスを1つ買ったとしても1台のPCしか利用できません。

ただし、同時に1つのライセンスを使えないだけなので、PCを2台持っていてライセンスを切り替えて使用できます。その場合、OSがWindowsやmacOS同士の場合のみ切り替えが可能です。

Filmoraは、OSが変われば切り替えて使えません。Filmoraを複数台利用する場合は、WindowsとmacOSどちらかのみで使いましょう。

Filmoraを安く買う方法は?

Filmoraを安く買う方法は、ベクターPCショップで購入すると最安価格で購入できます。Filmoraを購入する先を比較した表が下記の通りです。

公式サイト
(Filmora13)
ベクターPC
ショップ
(FilmoraⅩ)
1年間プラン6,980円
マルチプラット1年間プラン10,979円
永続ライセンス11,979円7,678円

ベクターPCショップでは、永続ライセンスが公式サイトより安く購入できます。ただし、注意が必要なのは、ベクターPCショップのFilmoraのバージョンが10ということです。

FilmoraⅩからFilmora13までは無料でバージョンアップできますが、Filmora13にはバージョンアップできません。そのため、最新のFilmoraを利用したい場合は、公式サイトから購入することをおすすめします。

また、FilmoraはLINEやメールでクーポンを発行しています。割引率や割引製品は時期によって異なるので注意が必要ですが、少しでも安くFilmoraを購入したい方は是非チェックしてみてください。

☞公式サイトからの購入はこちら

Filmoraをアップグレードする方法は?

Filmoraをアップグレードする方法は、下記の手順で更新できます。

  • Filmoraの公式サイトから最新版を無料ダウンロードする
  • 最新版をインストールし、現在のバージョンを上書きする

Filmoraは自動でアップグレードされないので、自分でソフトをダウンロードして更新しなければなりません。永続ライセンスのアップグレードは、FilmoraⅩから11は可能ですが、11から12はできません。

最新版のFilmora13を利用したい場合は、新たに購入する必要があるので注意が必要です。

Filmoraを1年以上利用するなら永久ライセンスの購入がおすすめ

この記事ではFilmoraの永久ライセンスについてと他の料金プランの違いについて解説しました。

永久ライセンスは他のプランと違い、1回料金を払うだけで永続的にソフトを利用できます。あまりお金をかけずに動画編集をしたい人は、ランニングコストがかからずに動画編集が可能です。

Filmoraの永続ライセンスを購入すると、サブスク版と比べて更新の手間がかかりません。サブスク版の場合、1年ごとに支払いが発生するので、何年も使っているとその分コストがかかります。

Filmoraを1年以上利用する予定の人は、永久ライセンスを購入してみましょう。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Want to share?

WRITER

TECH TRENDSは最新のインターネット・ウェブ業界情報について発信するナビゲーショナルメディア。IT業界におけるビジネス情報をはじめ、Web3.0、AIなどにも精通するメンバーが集まり、質の高い確かな情報を発信します。

COMMENT

コメントする

目次