SEOコンサルティングの詳細を見る

検索意図とは?調べ方や上位表示させるために重要なポイントを紹介

本記事では、検索意図の意味・重要性から検索意図を調べる方法、ユーザーのニーズを踏まえてコンテンツを作成するポイントなどを解説します。

SEO対策で成果を出すためには、サイト内部の環境を整える内部対策や他社サイトから評価を得る外部対策だけでなく、ユーザーの抱える検索意図を解決するコンテンツ制作が欠かせません。

検索意図を汲み取ったコンテンツはユーザーやGoogleから評価され、上位表示されやすくなります。検索意図を網羅したコンテンツがサイト内に増えると、サイト流入数が上昇してビジネス拡大のチャンスが広がるかもしれません。

しかし、検索意図を調べるにはさまざまなポイントに注目する必要があるため、なんとなくで調査するとユーザーのニーズを的確に捉えられません。

本記事を読めば検索意図を抜け漏れなく汲み取れるようになるため、ユーザーへ有益な情報を届けてサイト流入数アップを図りたいWebマーケティング担当者は、ぜひ参考にしてください。

検索意図を網羅した良質な記事を自社サイトで発信したい企業は、ウェブココル株式会社へご相談ください。ウェブココル株式会社は徹底した品質管理のもと記事制作を進めており、さまざまなキーワードで上位表示を獲得しています。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

検索意図とは

検索意図(インテント)とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンへ入力する検索クエリに隠されている、ユーザーが解決したい事柄のことです。ユーザーが検索する際は、必ず何らかの情報を知りたい・疑問点を解決したいなどの動機があります。

杉岡 玲生

検索クエリとは、ユーザーが実際に検索する際に入力した単語や単語の組み合わせのことです。

一方でキーワードとは、Webマーケティング担当者などがユーザーをターゲティングする際に用いる単語や単語の組み合わせのことを指します。

検索意図を大きく分けると、顕在ニーズと潜在ニーズの2つが挙げられます。顕在ニーズと潜在ニーズの特徴は、それぞれ次のとおりです。

  • 顕在ニーズ:検索クエリから読み取れるユーザーの解決したい問題・悩みのこと
  • 潜在ニーズ:検索クエリの奥底に隠れているユーザーの解決したい問題・悩みのこと

例えば「Web集客 方法」という検索クエリの場合、顕在ニーズは「Web集客の方法について知りたい」と考えられます。潜在ニーズは「売上・問い合わせ数の拡大を図りたい」という目的があると想定できます。コンテンツを作る際には、検索意図である顕在ニーズと潜在ニーズを把握することが重要です。

紹介したように、検索クエリから見え隠れするユーザーの抱えている悩み・疑問などを検索意図と言います。

検索意図は4つに分類される

検索意図は主に下記の検索クエリに分類できます。

  • Doクエリ
  • Knowクエリ
  • Goクエリ
  • Buyクエリ
弓川 堅士

なお、一昔前までは検索クエリを「トランザクションクエリ(取引型)」「インフォメーショナルクエリ(情報型)」「ナビゲーショナルクエリ(案内型)」の3つに分類することが一般的でした。

しかし、ユーザーの持つ検索意図は多様であり、近年では4つの検索クエリに分けられることが主流です。

各検索クエリによって、ユーザーの求める情報は異なります。ユーザーのニーズを満たすコンテンツを制作するためには、検索クエリの特徴を押さえることが欠かせません。以下では、4つの検索クエリについて詳しく解説します。

Doクエリ

Doクエリとは、「やってみたい」という意図が隠れている検索クエリのことです。何らかの行動をとりたいユーザーが用いる検索クエリであり、やり方の解説や行動を促す内容などが求められます。Doクエリの一例は下記のとおりです。

  • 〇〇 制作
  • 〇〇 ダウンロード
  • 〇〇 申請
  • 〇〇 登録
  • 〇〇 対策

Doクエリはユーザーの行動意欲が高い検索クエリであるため、商品・サービスなどの成約に繋がりやすいことで知られています。商品・サービスの販売が目的でSEO対策を進める際は、Doクエリを対策することが一般的です。

しかし、Doクエリは成約に繋がりやすい分、競合サイトも対策する傾向にあります。Doクエリで上位表示するには、コンテンツ内容を充実させ、ユーザーの検索意図を満たす工夫を施すことが重要です。

Knowクエリ

Knowクエリとは、「何かを知りたい」という意図が含まれている検索クエリのことです。Knowクエリを使うユーザーは、検索クエリに対する答えを求めている傾向です。

そのため、検索クエリに対する回答を掲載するコンテンツを制作すると、ニーズを満たしやすくなります。Knowクエリの一例は次のとおりです。

  • 〇〇 作り方
  • 〇〇 方法
  • 〇〇 違い
  • 〇〇 メリット
  • 〇〇 原因

Knowクエリでは、特に正確な情報が求められます。誤った情報を発信するとユーザーの信頼度が下がってしまい、上位表示を狙うことが難しくなるでしょう。公的機関で得られる情報や自社が持つ独自のノウハウなどを用いて、ユーザーに有益だと思ってもらえる情報を届けることが重要です。

Goクエリ

Goクエリとは、「〇〇へ行きたい」「特定のサイトをチェックしたい」という意図が含まれている検索クエリのことです。固有名詞を使うことが多く、ユーザーの検索意図が明確になっている検索クエリとして知られています。主に、次のようなものがGoクエリに該当します。

  • 〇〇(サイト名・施設名)
  • 〇〇 観光
  • 〇〇 問い合わせ
  • 〇〇 行き方
  • 〇〇 ランチ

「東京駅」「太宰府天満宮」のように、特定の施設に関するGoクエリを対策する場合、移動手段・時間やマップ情報などを記載することで上位表示を実現しやすくなります。他には、MEO対策を進めてGoogleマップの検索結果で上位表示を狙うことも有効です。

杉岡 玲生

MEO対策とは、Googleマップ上で上位表示を狙い集客を目指すWebマーケティング手法です。特に、実店舗を構えている事業者に適しています。

Buyクエリ

Buyクエリとは、「商品・サービスを比較・検討したい」という意図が隠れている検索クエリのことです。Doクエリと同様にユーザーがアクションを起こしやすい検索クエリであるため、成約率が高いという特徴があります。Buyクエリの一例として下記のものが挙げられます。

  • 〇〇 おすすめ
  • 〇〇 口コミ
  • 〇〇 人気
  • 〇〇 比較
  • 〇〇 直営店

Buyクエリを対策する際は、商品・サービスの魅力を十分に伝えることで成約率が高まります。また、利用者の声や利用時のメリット・デメリットなどを丁寧に解説し、ユーザーの検索意図を満たすことが欠かせません。

Buyクエリは成約に繋がりやすいことから、多くのサイトが対策します。上位表示を目指すためには、ユーザの持つ検索意図を網羅的に満たすコンテンツを制作することが重要です。

検索意図を調べる重要性

SEO対策を進める場合、検索意図を把握することが極めて重要になります。ユーザーの検索意図を踏まえてサイト・コンテンツを制作しなければ、上位表示を目指すことが困難です。

実際にGoogleの「Googleが掲げる10の事実」というベージでは、次のように述べられています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Google「Googleが掲げる10の事実」

Googleが掲げる10の真実に書かれていることを簡単にすると、Googleはユーザーの利便性を重視して検索順位を決めているという意味です。検索エンジンではユーザーの利便性を高めるために、検索意図を満たしたコンテンツを上位表示させます。

「検索意図を満たしている=再検索する回数が少なくなる」ことから、ユーザーの利便性が高くなるとGoogleは考えています。Googleが求めているのは、ユーザーの検索意図を一発で解決できるコンテンツを表示することです。

Googleがユーザーに焦点を当てている以上、検索意図を満たすコンテンツを用意しなければ、上位表示を狙うのは難しいと言えるでしょう。

検索意図を調べる方法

検索意図を調べる際には、次で挙げる項目をチェックすることが欠かせません。

  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード
  • よくある質問
  • バーティカル検索
  • ヤフー知恵袋
  • SNS
  • リスティング広告
  • 競合サイト

各項目によって、得られる検索意図は若干異なります。ここからは、検索意図を調べる際にチェックすべき項目を詳しく解説します。

サジェストキーワード

サジェストキーワードとは、検索窓の下側に表示される検索クエリと関連性の高いキーワードのことです。検索クエリと並行して検索される機会が多いキーワードであり、ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズのどちらも含まれています。

2023年5月時点に「SEO」と検索した際は、「seoとは わかりやすく」「seo 費用」などのサジェストキーワードが表示されました。

以上のことから「SEO」と検索するユーザーは、「SEO対策について簡単に解説してほしい」「SEO対策にかかる費用相場を知りたい」という検索意図があると想定できます。また、SEOに関する知識が乏しい方が利用する検索クエリと判断することも可能です。

サジェストキーワードは検索意図およびユーザーの属性を把握できるキーワードのため、チェックすることが欠かせません。

関連キーワード

関連キーワードとは、検索結果の最下部に表示されるキーワードのことです。検索結果に表示されているサイト・ページではニーズを解決できなかったユーザーが、再検索する際に用いる傾向にある検索クエリが関連キーワードとして並べられています。

2023年5月時点で「SEO」と検索した場合、上記のような関連キーワードが表示されます。関連キーワードに表示されるニーズを盛り込んだコンテンツを用意できれば、ユーザーの満足度を高められるでしょう。

関連キーワードのなかには、サジェストキーワードと同じキーワードも一部存在します。どちらにも表示されるキーワードはユーザーから特に求められる情報と判断できるため、コンテンツ内に含めることがおすすめです。

よくある質問

よくある質問とは、一部の検索結果で見られる検索クエリに関連する質問とその回答が表示される機能のことです。タブを開くと質問に対する回答および参考ページが表示されます。検索クエリに対するユーザーの知りたい情報・悩みなどをチェックする際に、よくある質問は活用できます。

例えば、2023年5月時点で「SEOとは 初心者」と調べた際には、上記のような質問が表示されます。よくある質問は検索クエリに対する潜在ニーズとなる情報が多く、コンテンツを新規制作するときだけでなくリライトする場面にも活用できます。

なお、一部の検索クエリにはよくある質問が表示されないケースがあることを知っておいてください。Webマーケティング担当者は、さまざまな方法を駆使して検索意図を把握する力が必要です。

バーティカル検索

バーティカル検索とは、検索窓の下にある「画像」「動画」「地図」などのメニューバーのことです。バーティカル検索を用いることで、必要なカテゴリーの情報を抽出しやすくなります。例えば、画像を開くと検索クエリに関連する画像情報のみが検索結果として表示されます。

バーティカル検索のカテゴリーは、ユーザーから求められている順に左側から並んでいます。そのため、バーティカル検索を見ればユーザーがどのような情報に興味関心を持っているのかを抽出することが可能です。

上記の検索クエリの場合、「動画」「画像」が左側にきており「SEO対策のやり方を動画や画像で端的に知りたい」という検索意図が含まれていると考えられます。コンテンツ制作をする際に動画や画像を交えてSEO対策のやり方を解説すると、ユーザーの満足度が高まり、上位表示しやすくなるでしょう。

ヤフー知恵袋

ユーザーの検索意図を調べる際は、ヤフー知恵袋を活用することも有効です。特に、BtoC向けのキーワードに関する検索意図を調べる際に効果的です。

ヤフー知恵袋にはユーザーの悩みが詳細に書かれている場合が多く、該当する検索クエリを使うユーザーの背景を詳しく調べられます。また、どのような情報に満足感を得ているのかをチェックすることもでき、ユーザーに喜ばれるコンテンツ制作に欠かせない情報を得ることが可能です。

なかでも、長文の内容を中心にチェックすると、ユーザーの悩みを詳しくかつ網羅的に調査できます。

SNS

検索意図を調べる方法として、SNSを活用することも挙げられます。ヤフー知恵袋と同様に、ユーザーが抱えるリアルな声を集められ、検索クエリに対するニーズを把握することが可能です。

他にも、該当する検索クエリを使うユーザーの年齢・性別なども把握でき、コンテンツ内容の方向性を定める際にも役立ちます。SNSを使って検索意図を調べる方法では、TwitterやLINEのオープンチャットを活用すると効率よくユーザーのニーズを集められます。

リスティング広告

リスティング広告をチェックすることでも、ユーザーの検索意図を調査できます。リスティング広告を活用する場合は、使われているキャッチコピーから検索意図を汲み取ることが可能です。

例えば、「福岡 矯正」と検索すると「目立たない矯正治療」「芸能人も使う」などのタイトルが付けられており、「矯正中に見た目が悪くならないか不安」という検索意図が隠れていると想定できます。

上記のキーワードを対策する場合であればコンテンツ内へ「よくある質問」の項目を設け、「矯正中の見た目がどうなるのか」を解決する情報を掲載すると、ユーザーの満足度が高まるでしょう。

競合サイト

検索意図を汲み取る際は、競合サイトをチェックすることもおすすめです。競合サイトを活用する場合、自社で対策したいキーワードで上位表示しているサイトのコンテンツをチェックし、どのような情報が記されているのかを洗い出します。

競合サイトによって想定する検索意図は若干異なるため、上位表示されているコンテンツをすべてチェックすることがおすすめです。ただし、競合サイトの情報に引っ張られすぎて自社で制作するコンテンツがコピーコンテンツにならないように注意してください。

コピーコンテンツに該当するとGoogleからペナルティを受ける可能性があり、最悪の場合は、特定のコンテンツが検索結果に反映されない、サイト全体の検索順位が下がるなどの悪影響を及ぼします。

検索意図を調べるためのツール

ユーザーの検索意図を調べる際は、下記のツールを活用することがおすすめです。

  • Googleサーチコンソール
  • ラッコキーワード
  • 共起語検索ツール

Googleサーチコンソールを活用すると、ユーザーがどのような検索クエリを使って自社のコンテンツへ辿り着いているのかを調べられます。対策したキーワードだけでは知り得なかった、ユーザーの隠れた検索意図を知るきっかけになります。

ラッコキーワードもユーザの検索意図を調べられるツールの一つです。ラッコキーワードでは、各検索エンジンのサジェストキーワードをリサーチできます。他にも、共起語や競合サイトの見出し抽出なども可能です。

弓川 堅士

共起語とは、対策するキーワードと一緒に使われやすい単語のことです。コンテンツ内へ対策するキーワードと共起語をあわせて使うことで、上位表示されやすくなると言われています。

共起語対策検索ツールを使うことでも、ユーザーの検索意図を調べられます。ユーザーがどのような単語に興味関心を持っているのかを把握できるため、検索意図を深掘りしやすくなります。

検索意図を汲み取ってコンテンツを作成するポイント

検索意図を汲み取って、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成するには、下記のポイントを押さえることが重要です。

  • キーワードを整理する
  • タイトルや見出しに検索意図を含める
  • 検索意図を網羅的に汲み取った本文にする
  • 関連記事を設置する
  • 検索意図を網羅できているかダブルチェックする

ここからは、各ポイントについて詳しく紹介します。

キーワードを整理する

検索意図を汲み取ってコンテンツを作成する際は、コンテンツ制作に取り掛かる前にキーワードを整理することが重要です。主に、次のような方法でキーワードを整理することが一般的です。

  • サイトの目的に応じて対策すべきキーワードを洗い出す
  • 対策すべきキーワードが「Doクエリ」「Knowクエリ」「Goクエリ」「Buyクエリ」のどれに該当するか整理する

キーワードを手当たり次第対策する方法でコンテンツ制作を進めると、サイトの方向性が定まりません。そのため、成果が出るまでに時間がかかってしまいます。

例えば、SEO対策を通じて商品・サービスの販売に繋げたい場合は、成約に繋がりやすいBuyクエリを対策するコンテンツを優先的に制作しましょう。

タイトルや見出しに検索意図を含める

検索意図を踏まえたコンテンツを作りたい場合は、タイトルや見出しに検索意図にまつわる文言を入れることが重要です。

対策するキーワードをタイトルや見出しへ含めるだけでは、ユーザーの持つ顕在ニーズしか汲み取れていないコンテンツに見えやすくなります。ユーザーから顕在ニーズしか汲み取れていないコンテンツだと判断されると、クリック率が下がったり、離脱率が高くなったりすることが否めません。

例えば、「SEO対策 やり方」というキーワードで上位表示されているコンテンツのタイトルを見ると「2023年最新」「無料でできる」など、ユーザーの潜在ニーズへ訴求する文言が使われています。

顕在ニーズと潜在ニーズを合わせたタイトルや見出しにすると、ユーザーやGoogleは検索意図を汲み取ったコンテンツだと判断します。結果として、上位表示化しやすくなるでしょう。

検索意図を網羅的に汲み取った本文にする

検索意図を満たすためには、ユーザーのニーズを網羅的に汲み取った本文を執筆することが欠かせません。検索意図を汲み取った本文を作成する際は、ユーザーが「どのような背景から検索したのか」「潜在的な悩みは何なのか」などを捉える必要があります。

ユーザーのインサイトを把握した上で、読者が有益だと感じる内容に仕上げることが重要です。

ユーザーにとって役立つコンテンツを作るためには、正しい情報を届けるだけでなく、独自の調査結果や自社の見解を盛り込む必要があります。Googleは有益な情報を届ける独自性の高いコンテンツを評価する傾向にあるため、オリジナルの情報を織り交ぜる上位表示されやすくなります。

関連記事を設置する

ユーザーの検索意図を網羅的に解決したい場合は、コンテンツ内に関連記事を設置することが大切です。特定のコンテンツで、対策するキーワードから派生する情報までを網羅することはできません。一つの記事ですべての情報を網羅しようとすると、検索意図が逸れてしまう恐れがあるためです。

関連記事を設置するときは、本文の途中や終盤に対策したキーワードと関連性の高い記事を内部リンクとして取り入れるとよいでしょう。例えば、対策するキーワードが「SEO対策 やり方」の場合、「SEO対策 ツール」「SEO対策 キーワード選定」など、SEO対策のやり方を知りたいユーザーが興味関心を持つコンテンツを関連記事として設置します。

杉岡 玲生

内部リンクとは、自社サイト内に存在するコンテンツ同士をリンクさせることを指します。関連性の高い記事同士を内部リンクすることで、回遊率の上昇が期待できます。
内部リンクに関する詳細はこちら

検索意図を網羅できているかダブルチェックする

検索意図を汲み取ったコンテンツに仕上げるためには、検索意図を網羅できているのかをダブルチェックすることが重要です。人員に余裕がある場合は、コンテンツ作成時に構成担当者と執筆担当者を分けることでダブルチェックしやすくなります。

検索意図を異なる担当者でダブルチェックすると、さまざまな視点からコンテンツ内容を調査でき、検索意図の抜け漏れ防止やブラッシュアップに繋げられます。

もし、構成から執筆までを一人で担当する場合は、構成作成日と執筆日を分けることで、検索意図をダブルチェックすることが可能です。構成作成と執筆が同日になると、異なる視点からコンテンツチェックすることが難しくなるため、検索意図の抜け漏れを見逃しやすくなります。

検索意図を網羅した質の高い記事制作はウェブココルにお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

SEO対策を進める際は、検索意図を網羅したコンテンツを制作することが欠かせません。検索意図を汲み取ったコンテンツを作らなければ、ユーザーやGoogleから評価されず、上位表示を目指すのが困難となります。

検索意図を大きく分けると「Doクエリ」「Knowクエリ」「Goクエリ」「Buyクエリ」の4つです。検索意図を調べるには、サジェストキーワードや関連キーワードをはじめ、バーティカル検索などを活用することが有効です。必要に応じて、ツールを使用することもおすすめします。

検索意図を網羅した質の高いコンテンツを自社サイトへ掲載したい場合は、ウェブココル株式会社へご相談ください。ウェブココル株式会社は、各領域に強みを持つライターと連携しながら記事制作を進めています。検索意図を網羅するだけでなく、カスタマージャーニー分析・ペルソナ設定も徹底的に行うため、ユーザーに届く記事を提供することが可能です。

「自社で記事制作に割けるリソースがない」「過去に低品質なコンテンツを納品されて困った」という悩みを抱えている企業は、ぜひウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次