MacBookのスペックで動画編集はきつい?|メモリ8GBでも動くおすすめの動画編集ソフトは?

本コンテンツ内で紹介するサービスの一部または全部に広告が含まれています。

「TECH TREND」内で記載している価格は全て税込み表記です。 本コンテンツ内で紹介するITサービスの一部または全部に広告が含まれています。正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。 ※このサイトに表示している広告については、広告掲載基準をご覧ください。 ※本サイトはウェブココル株式会社が運営しております。  ※当記事のご意見は、お問い合わせフォームからお寄せください。

MacBookで動画編集をしている時に、動作が重くてきついなと思ったことはないですか?

この記事では、MacBookで動画編集をしている時に重くなる原因について解説します。また、MacBookが重くなった時の対処法やMacBookでおすすめの動画編集ソフトも紹介します。

この記事を読むことで、どんなスペックのMacBookを使うと動画編集が快適に行えるかわかります。また、古いMacBookが重くて使いにくいと思っている方にとって、MacBookを買い替えるきっかけになるでしょう。

目次

MacBookでの動画編集がきつい原因

まずは、MacBookでの動画編集がきつい原因を2つ紹介します。

  • CPUがM1チップではなくintel製CPU
  • メモリーが足りていない

CPUがM1チップではなくintel製CPU

引用:Apple公式HP「M1が桁違いに速い理由を見る」

MacBookを利用していて動画編集にきついと感じる場面は、CPUがM1チップではなくintel製CPUを使っている場合です。

現在のMacBookには、Apple純正CPUのM1チップが搭載されていますが、それ以前はintel製CPUが使われていました。性能を比較しても、M1チップとintel製CPUと性能を比較して、約4倍M1チップの方が高性能という検証結果が出ています。

そのため、intel製CPUの搭載したMacBookでの動画編集は、処理速度が遅いためでパソコンの動作が重くなってしまいます。

メモリーが足りていない

MacBookで動画編集がきついと思う場合は、メモリーが足りていない場合があります。

動画編集をするのであれば、最低でも8GBは必要です。古いMacBookを使っている場合、標準のメモリーが4GBの時もあったため、動画編集で使うにはスペック不足でしょう。

現在の動画編集ソフトを利用するのであれば、最低でも8GB以上必要です。可能であれば、16GBのメモリーを使うことで、動画編集ソフトがサクサク動くようになるでしょう。

動画編集ソフトが快適にできるMacBook

動画編集ソフトを快適に利用できるMacBookを、2つ紹介します。

  • 13インチMacBook Air(M1チップ、8GBメモリー)
  • 14インチMacBook Pro (M1 Proチップ、16GBメモリー)

13インチMacBook Air(M1チップ、8GBメモリー)|基本的にAirで十分

名称MacBook Air
価格115,280円(税込)
メモリ8GB
ストレージ256GB
CPUApple M1チップ
ディスプレイサイズ13インチ
バッテリー駆動時間最大18時間
重量1.29kg
カラーゴールド・シルバー・スペースグレイ
公式HP公式HP

MacBook Airは、軽いのに高性能なスペックを持っているのが特徴です。特に、Apple M1チップを搭載することにより、以前のCPUと比べて最大3.5倍高速になりました。

また、バッテリーの駆動時間も以前より6時間増量し、最大18時間駆動できます。

MacBookを外に持ち歩いて動画編集などの作業を行う方にとって、MacBook Airは軽いので持ち運びに便利なパソコンです。

APPLE MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3インチ MGN63J/A SSD 256GB メモリ 8GB MGN63JA スペースグレイ【送料無料】【KK9N0D18P】

14インチMacBook Pro (M1 Proチップ、16GBメモリー)|本格的にYouTubeを始めたい人におすすめ

名称MacBook Pro
価格239,800円(税込)
メモリ16GB
ストレージ512GB
CPUApple M1 Proチップ
ディスプレイサイズ14インチ
バッテリー駆動時間最大21時間
重量1.6kg
カラーシルバー・スペースグレイ
公式HP公式HP

M1 Proチップ搭載のMacBook Proは、CPUのスペックが以前のものと比較し3.7倍向上した上に、グラフィック性能も13倍にアップしました。

また、バッテリー駆動時間も21時間とMacBook Airと比較しても3時間以上アップしています。

MacBook Proは、インカメラの性能もアップしており解像度が2倍の1080Pまで向上しました。そのため、より綺麗な画質でオンラインでのミーティングが可能でしょう。

★☆アップル / APPLE MacBook Pro Retinaディスプレイ 13.3 MYD82J/A [スペースグレイ] 【Mac ノート(MacBook)】【送料無料】

MacBookにおすすめの動画編集ソフト

続いて、MacBookにおすすめの動画編集ソフトを4つ紹介します。

  • Filmora
  • PowerDirector 365 Mac版
  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro

初心者なら低スペックMacBook Air×FilmoraでOK

名称Filmora
価格8,980円(税込)※買い切り版
体験版
対応OSmacOS 10.12(Sierra)
macOS 10.13 (High Sierra)
macOS10.14 (Mojave)
CPUIntel Core™ i 5以上、または Apple M1 (Rosetta 対応)
メモリ8GB 以上
公式HP公式HP

☞Filmora(フィモーラ)の口コミ評判をみる

Filmora(フィモーラ)は、WindowsとMacOSの両方に対応した、買い切り版の動画編集ソフトです。

Filmoraは、MacBook Airのスペックで利用できる動画編集ソフトで、初心者向けのさまざまなエフェクトや機能を搭載しています。

初心者から中級者まで幅広くおすすめできる動画編集ソフトであり、無料お試し版もあるため少しでも気になる方は、気軽に試すことができます。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

MacBookで動画編集がきついと感じたらPowerDirector 365 Mac版がおすすめ

Power Director
名称PowerDirector 365 Mac版
価格8,480円(税込)※12ヶ月プラン
体験版
対応OSmacOSX 10.14 以降。
CPUIntel Core™ i シリーズ、または Apple M1 (Rosetta 対応)
メモリ4GB 以上 (8GB 以上推奨)
公式HP公式HP

☞PowerDirectorの口コミ評判をみる

PowerDirector 365 Mac版は、基本的にはどのMacBookでも動く軽めの動画編集ソフトです。特に、メモリも4GB以上と比較的スペックが低くてもソフトを利用できます。

また、CPUもAppleM1チップ以外にもIntel Core™ i シリーズでも動作するので、古いMacBookでも利用できます。

\ PowerDirectorは初心者におすすめ!

YouTubeを始めるなら MacbookAir×Adobe Premiere ProでOK

名称AdobePremiere Pro
価格2,728 円/月 (税込)
体験版
対応OSmacOS v10.15(Catalina)以降
CPUIntel® 第 6 世代以降の CPU、または Apple M1 (Rosetta 対応)
メモリ8GB 以上
公式HP公式HP

YouTubeを始めたいなら、AdobePremiere Proがおすすめです。AdobePremiere Proの特徴として、動画編集に必要なすべての機能が備わっています。

AdobePremiere Proで動画を作成する場合、MacBook Airでも動きますが、できればMacBook Proの方が推奨スペックでしょうまた、作成する動画の画質は、1080pまでの画質ならMacBook Air、それ以上の4K画質はMacBook Proでの作成がおすすめです。

MacBook AirでAdobe Premiere Proを利用することで、外出先などで撮影した映像をそのまま編集し、すぐにYouTubeにアップすることも可能です。

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

MacBook Airで高品質な動画編集がしたいならFinal Cut Proがおすすめ

Final Cut Pro X
名称AdobePremiere Pro
価格36,800円(税込)
体験版
対応OSmacOS 11.5.1以降
CPUApple M1 (Rosetta 対応)が最適
メモリ4GB 以上
公式HP公式HP

MacBook Airで、高品質な動画編集がしたいならFinal Cut Proがおすすめです。

なぜなら、FinalCut Proは、AppleのサービスなのでMacと相性が良いからです。特に、M1チップを搭載したMacBookではintel製CPUの時以上に動画編集が快適に行えます。

また、FinalCut Proであれば、Apple M1搭載でメモリ8GBのMacBook Airのスペックで、4K動画を編集することもできます。

低スペックMacBookでの動画編集がきつい・重いと感じた時の対処法

低スペックMacBookで、動画編集がきつい・重いと感じた時の対処法は4つあります。

  • 他のソフトを終了させる
  • プレビューの画質を下げる
  • 4K画質で書き出さない
  • 長尺の動画編集は避ける

他のソフトを終了させる

低スペックなMacBookを使っている場合、ソフトを何個も同時に起動させていると重くなる原因になります。動画編集に集中するためには、起動中になっているソフトを全て終了させておきましょう。

Macで現在起動中のソフトを確認するには、「アクティビティモニタ」で確認できます。アクティビティモニタの中で「メモリ」を選択し、起動している必要なさそうなソフトを終了させましょう。

プレビューの画質を下げる

低スペックなMacBookで動画編集をしていると、編集した内容を確認するプレビューも重たくなります。標準設定でプレビューがサクサク動かない場合は、プレビューの画質を下げる設定をするとスムーズに再生されるようになります。

画質が落ちて見にくい場合もありますが、編集中はプレビュー画質を下げ、動画を最終確認するときに画質を上げて確認すると良いでしょう。

4K画質で書き出さない

低スペックのMacBookの場合、4K画質で動画を書き出さないようにしましょう。4K画質の動画は、パソコンにかなりの負荷がかかるため、書き出すのに何時間もかかってしまいます。

特に、スペックの低いMacBookを使っているのであれば、4K画質の動画は書き出さずにフルHDでも十分な画質の動画を書き出せます。

長尺の動画編集は避ける

低スペックのMacBookで、長尺の動画編集は避けるようにしましょう。

特に、20分以上の長尺の動画を書き出す場合は、かなり時間がかかってしまいます。また、書き出し中にパソコンに相当な負担がかかり途中でエラーが発生する場合があります。

低スペックのMacBookで、長尺の動画を編集したり書き出したりするのは注意が必要でしょう。

MacBookのスペックで動画編集はきつい?まとめ

この記事では、MacBookのスペックで動画編集がきつい場合の対処法としてのおすすめのMacBookについて解説しました。

MacBookで動画編集する場合、低スペックのMacBookで動画編集をするのは厳しいです。動画編集をするのであれば、AppleのM1チップ搭載のMacBook AirやMacBook Proを選ぶべきです。

また、動画編集を快適にするためにはゲーミングPCの利用もおすすめです。動画編集に使用するなら予算20万円ほどは見ておきましょう「予算20万円で買えるおすすめゲーミングPC5選」の記事を参考にしてみてください。

また、どんな動画編集をしたいかによってソフトの種類もさまざまあるので、自分の作りたい動画によって編集ソフトを選ぶと良いでしょう。

Want to share?

WRITER

TECH TRENDSは最新のインターネット・ウェブ業界情報について発信するナビゲーショナルメディア。IT業界におけるビジネス情報をはじめ、Web3.0、AIなどにも精通するメンバーが集まり、質の高い確かな情報を発信します。

COMMENT

コメントする

目次