動画編集ソフトおすすめランキングを見る

YouTuberにおすすめの動画編集ソフト8選|人気YouTuberが使っている動画編集ソフトも紹介!

YouTuberにおすすめの動画編集ソフト8選

※このサイトに表示している広告については、広告掲載基準をご覧ください。

YouTubeへ動画を上げるためには、動画編集ソフトが必要です。しかし、最近は動画編集ソフトが多様化しておりどれを選ぶべきか迷いがちです。

特に動画編集が初めての方であれば、どの動画編集ソフトを使ったら良いか迷うはずです。

この記事では、PCとスマホどちらの方が動画編集にむいているのか、またPCとスマホそれぞれのおすすめ動画編集ソフト、アプリについて比較していきます。有料版と無料版の動画編集ソフトの違いについても解説しています。

また、人気YouTuberが使用している動画編集ソフトもあわせて紹介しています。

この記事を読むことで、数ある動画編集の中でどれを選ぶべきかわかります。おすすめの動画編集ソフトを購入し、初心者からでもYouTuberを目指していきましょう。

編集部厳選!サクサク動く動画編集ソフト

\オススメ/
Adobe Premiere Pro
\初心者におすすめ/
Filmora
\コスパ最強/
Power Director 19 Ultra
Premiere ProFilmoraPower Director
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
2,728 円/月 (税込)8,980円(税込)12,980円(税込)
Windows/MacMacOS /WindowsMacOS/Windows
公式HPを見る公式HPを見る公式HPを見る
目次

動画編集はPCとスマホどちらがいいのか?

動画編集はPCとスマホどちらがいいかと言えば、PCの動画編集ソフトの方がおすすめです。

なぜなら、PCの動画編集ソフトの方がクオリティの高いソフトが揃っており、動画の管理やアップロードも行いやすいからです。また、パソコンの方がマウスやキーボードを使っての編集作業も楽に行えます。

ただし、ショート動画などの短くてテロップ少なめの動画であれば、スマホのソフトでも動画編集は可能です。スマホで撮影した動画や写真を、スマホ用の動画編集ソフトを使って簡単に編集することができます。

動画編集ソフトはPCとスマホで使い方や機能が違っています。自分の作りたい動画の長さやクオリティによって動画編集ソフトを選んでいきましょう。

YouTuberにおすすめの動画編集ソフト|PCユーザー向

パソコンで使える、YouTuberにおすすめの動画編集ソフトを6つ紹介していきます。

スクロールできます
Adobe Premiere ProFilmora
(フィモーラ)
Power Director 19 UltraAdobe Premiere ElementsDaVinci Resolve StudioFinal Cut Pro X
Premiere ProFilmoraPower DirectorPremiere ElementsDaVinci ResolveFinal Cut Pro X
2,728 円/月 (税込)8,480 円(税込)
※永続ライセンス
12,980円(税込)
※永続ライセンス
19,580 円 (税込)35,980円(税込)36,800円(税込)
Windows/MacWindows/MacWindowsWindows/MacWindows/Mac /Cent OSMac
体験版あり体験版あり体験版あり体験版あり無償版あり無償版あり
公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP

今回動画編集ソフトを選んだ基準は、下記の通りです。

  • 体験版の有無:実際に使ってみたあと購入の判断できる
  • 使いやすさ:誰でも簡単に動画編集ができる
  • 機能の多さ:クオリティの高い動画が作成できる
  • 利用者の多さ:使い方がわからないときに調べやすい

特に、体験版があるかは重要です。実際に動画編集ソフトの体験版を使ってみて、使いやすい部分や使いにくい部分がわかります。

購入前に使い勝手がわかっていると、どの動画編集ソフトが自分に合うのかわかります。また、ソフトを使ってみることでどんな機能があるかがわかるのもメリットです。

Adobe Premiere Pro|超人気Youtuberも使っている動画編集ソフト

Premiere Pro
名称AdobePremiere Pro
料金2,728 円/月 (税込)
体験版体験版あり
※7日間の無料体験が可能
詳細はこちら
対応OSWindows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)
動作環境Windows 10(64 ビット)以降
MacOS v10.15(Catalina)以降
利用するメリット動画編集機能の全てが揃っているプロ仕様。
利用するデメリットソフト料金が高額。
公式HP公式HP

AdobePremiere Proの特徴は、動画編集に必要なすべての機能が備わっていることです。

使い方についての情報も数多くネット記事や書籍で出回っているので、初心者でも時間を確保して学習すれば使い方をマスターできます。

また、WindowsとMac(M1チップ搭載のMacを含む)両方にも対応しているため、パソコンを選ばず使用できるのが魅力です。ただ、ソフトの料金が高額なので、初心者が購入する前に体験版で試してから購入しましょう。

\Adobeはスマホからでも簡単購入 /

Filmora(フィモーラ)|利用者増加中の買い切り動画編集ソフト

Filmora
名称Filmora(フィモーラ)
料金8,480 円(税込)※永続ライセンス
体験版体験版あり
※体験版の機能制限や試用期間はなし
ただし、著作権などを表すマークあり
詳細はこちら
対応OSWindows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)
動作環境Windows 10/8.1/7/( 64 ビットのみ動作可能)
MacOSv10.12 以降
利用するメリット機能を直感的に使える。
無料でほとんどのソフトの機能が使える
利用するデメリット動画編集の機能が少ない。
無料で使用する時にロゴが入る。
公式HP公式HP

☞Filmora(フィモーラ)の口コミ評判をみる

Filmora(フィモーラ)は初心者向けに作られた動画編集ソフトです。とにかくシンプルなUIになっていて、直感的に操作でき、初心者でも簡単に動画が作成できます。

また、500種類以上のエフェクトも用意されているので、場面を切り替えるトランジションなどおしゃれに装飾できます。

\ Filmora公式での購入が一番おトク /

Power Director 20 Ultra|コスパ最強動画編集ソフト

Power Director
名称Power Director 20 Ultra
料金12,980円(税込)※永続ライセンス
体験版体験版あり
※別バージョンの「PowerDirector 365」が試用可能
詳細はこちら
対応OSWindowsのみ
動作環境Microsoft Windows 11 / 10 / 8.1 / 8 / 7 SP1 (64 ビット)
利用するメリットだれでも簡単にプロレベルの動画が作れる。
AI技術搭載で編集スピードが格段にアップしている
利用するデメリットエフェクトなど多用するとPCが重くなる
細かい操作が難しい
公式HP公式HP

☞PowerDirectorの口コミ評判をみる

動画編集に慣れていない初心者でも直感的に操作できて、操作性に関しては申し分ない性能を持っている動画編集ソフトです。

利用者からの評価も高く使い方次第ではプロ向けの動画編集ソフトと並ぶ動画を作成できます。

ただし、ソフトがWindows版のみ販売なので、Macを使っている方は別のソフトを検討する必要があります。おすすめは同じYoutuber向け動画編集ソフトの「Premiere Pro」です。

セール情報

\ 国産・日本語サポート豊富 /

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ) |Adobeの買い切り動画編集ソフト

Premiere Elements
名称Adobe Premiere Elements
料金19,580 円 (税込)
体験版体験版あり
※30日間の無料体験が可能
詳細はこちら
対応OSWindows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)
動作環境Windows 10、11(64 ビット)
MacOS v10.15(Catalina)以降
利用するメリットPremiereProより初心者向けに使える。
AIによる自動編集機能が搭載されている
利用するデメリットPCのスペックにより動作が重くなる場合がある。
公式HP公式HP

☞Premiere Elementsの詳細を見る

Adobe Premiere Elements 2022は、同じAdobeのPremiereProを初心者向けに簡易的に使えるように作られたソフトです。

ただ、ソフトのベースがPremiereProなので、操作感が似ていて動画が作りやすいです。作成する動画も、質の高いものが簡単にできます。

\ スマホからでも簡単購入 /

DaVinci Resolve Studio|映像制作のプロの現場でも使われる動画編集ソフト

DaVinci Resolve
名称DaVinci Resolve Studio
料金35,980円(税込)
体験版無償版あり
※30日間の無料体験が可能
詳細はこちら
対応OSWindows/Mac(M1チップ搭載のMacを含む)/CentOS
動作環境Windows10以降
Mac OS10.15以降
Cent OS7.3
利用するメリット映像制作のプロの現場でも使われるソフト
主に海外ユーザーが多く、ハリウッドなどで人気
利用するデメリットハイスペックなPCが必要
PCの OSが最新版でないとサポートしてもらえない
公式HP公式HP

DaVinci Resolve Studioは、ハリウッドのプロも使用しているソフトのため、質の高い動画を作成できます。

また、無料版のDaVinci Resolveでさえも高解像度で高品質の動画が作れます。ただ、ソフトの操作方法や周辺機器の使い方など初心者には難しい部分が多いです。

created by Rinker
¥44,077 (2022/08/08 04:50:29時点 楽天市場調べ-詳細)

Final Cut Pro X|Macユーザーにおすすめの動画編集ソフトNo.1

Final Cut Pro X
名称Final Cut Pro X
料金36,800円(税込)
体験版無料版あり
90日間無料体験
詳細はこちら
対応OSMacOSのみ
動作環境MacOS11.5.1以降
利用するメリットMac OSに最適な動画編集ソフト
直感的に操作できる編集機能
利用するデメリットMacのみしか使えない
使用方法の情報が少ない
公式HP公式HP

Final Cut Pro Xは、Apple純正の動画編集ソフトのためMacOSでしか使用できません。ただ、Macとソフトの相性が抜群で、MacユーザーならFinal Cut Pro Xが最適と言えます。

また、ソフト自体も直感的に操作できるような作りになっているので、初心者でも使いこなすまでに時間がかからないです。YouTuberでMacを使っている人も多いため、そのままの流れでFinal Cut Pro Xを使用している方も多いです。

YouTuberにおすすめの動画編集アプリ|スマホ・タブレットユーザー向け

次に、YouTuberにおすすめの動画編集ソフトを、スマホ・タブレットユーザー向けのアプリから2つ紹介していきます。

iMovieキネマスター
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: iMovie_-_Google_%E6%A4%9C%E7%B4%A2.pngキネマスター
無料無料
課金あり
(月450円、年2,500円)
Mac
iOS
iOS
Android
体験版なし体験版なし
公式HP公式HP

スマホ・タブレットユーザー向けの動画編集ソフトを選んだ基準は、下記の通りです。

  • 使いやすさ:誰でも簡単に動画編集ができる
  • 機能の多さ:クオリティの高い動画が作成できる
  • 利用者の多さ:使い方がわからないときに調べやすい

スマホで動画編集するなら、簡単に操作できるのが必要です。どうしてもスマホの画面はPCと比べて小さいので操作性が簡単な動画編集ソフトがおすすめです。

また、ソフトの利用者が多いものを選ぶと良いでしょう。利用者が多いと使い方に困ったりした時に、検索すると知りたい情報がたくさん出てくるからです。

iMovie

iMovie
名称iMovie
料金無料
体験版なし
対応OSMac OS/iOS
動作環境Mac OS15以降
利用するメリット操作が簡単
4K編集できる
利用するデメリットWindowsやAndroidで使用できない
テロップの自由度が低い
公式HP公式HP

iMovieは、iPhoneやiPad、MacなどApple製品で使用できる動画編集アプリです。

Apple製品ならどの端末でも使えて、データのやり取りも簡単にできます。例えばiPhoneとMacBookでデータをやり取りしながら動画編集も可能です。

また、標準で高品質なテンプレートがあります。初心者でもテンプレートを使って、自分のiPhoneに入っている写真や動画を読み込むだけで簡単に動画が完成します。

ただ、無料で使用できる素材に制限があります。簡単な動画作成ぐらいなら問題ないですが、凝った作りの動画にしたい場合は、素材の制限に注意が必要です。

キネマスター

キネマスター
名称キネマスター
料金無料
課金あり
(月450円、年2,500円)
体験版なし
対応OSiOS/Android
動作環境iOS/Android
利用するメリット多機能だけど初心者でも扱いやすい
利用するデメリットスマホのスペックにより動作が重くなる場合がある。
公式HP公式HP

キネマスターはスマホやタブレットがあればすぐに動画編集ができます。なぜなら対応しているOSが、iOS、Android両方に対応しているからです。

また編集画面がスマホやタブレットでも使いやすいような作りになっています。スマホの小さい画面でもしっかり編集できるのが魅力です。

ただ、キネマスターを利用する時には注意が必要です。無料版を使う場合、動画上部にウォーターマーク(半透明のロゴマーク)が入ってしまいます。

キネマスターをマークがつかずに動画編集するなら、月額か年払いの課金が必要になります。

人気YouTuberが使用している動画編集ソフト

人気YouTuberがどんなソフトを使っているか、下記にまとめてみました。

Premiere Pro
  • 水溜りボンド
  • 瀬戸弘司
  • カズチャンネル
  • ポッキー
Final Cut Pro X
  • はじめしゃちょー
  • コムドット
  • すしらーめん《りく》

調べてみると人気YouTuberのほとんどが、「AdobePremierePro」か「Final Cut Pro X」を使用しています。

どちらのソフトも使いやすく人気のソフトですが、特にAdobe Premiere Proは、WindowsでもMacでも使える動画編集ソフトなので、おすすめです。もし使い方がわからなかったら、YouTubeなどで調べることも可能です。

Adobe製品の購入はデジハリ経由がおすすめ

Adobe製品を購入する場合、デジハリ(デジタルハリウッド)がおすすめです。

なぜなら、Adobe Creative Cloud コンプリートプランは通常版を購入すると下記のような価格になります。

名称Adobe Creative Cloud コンプリートプラン
価格72,336円(税込)
内容・Photoshop
・Illustrator
・InDesign
・Acrobat DC
・Dreamweaver
・Animate(旧 Flash Pro)
・Premiere Pro
・After Effects
・Audition
・InCopy
・Adobe XD
・Dimension など
届くまでの期間契約後、すぐオンラインコードが発行され使用できる
メリットAdobeのすべてのソフトが利用できる
公式HP公式HP

☞デジハリAdobeマスター講座の口コミ・評判をみる

Adobeの公式サイトから年間プランを契約すると、1年間で約72,336円と安く無い金額です。

しかし、オンラインスクール「デジタルハリウッド」を受講することで、学生でない方でもAdobe Creative Cloud コンプリートプランを購入するのに、学割価格で約45%割引が適用になります。

\ デジハリ経由が一番おトク !スマホでも簡単申し込み!/

YouTuberにおすすめの動画編集ソフト8選まとめ

YouTuberにおすすめする動画編集ソフトを8つ紹介しました。

動画編集ソフトはたくさんの種類がある中で、それぞれの特徴や使い勝手の良さがあります。数ある動画編集ソフトの中から自分に合ったものを見つけることが重要です。

特に人気YouTuberが使用している動画編集ソフトは、人気もあり使いやすいため利用されています。

人気があり実績がある動画編集ソフトは、初心者でもクオリティーの高い動画を作成することが可能なのでぜひ使ってみてください。

この記事を書いた人

福岡のWebマーケティング支援企業のウェブココル株式会社です。本サイトでは実際に動画編集経験者が初心者向けに動画編集の情報を発信します。

編集者

谷口 弦矢

ムービーマスターの編集を担当しています。動画ソフトをはじめとするさまざまなソフトウェアに関する情報を日々仕入れている大学生です。中学生の頃から趣味や学校の活動等で動画編集を行っており、動画編集歴は今年で6年目です。普段、動画編集をするときはAdobePremiereProを利用しています。
Twitter:@tec_tec_0618
サイトURL:GENYA'S PORTFOLIO

コメント

コメントする

目次
閉じる