SEOコンサルティングの詳細を見る

効果的なリライトのやり方を解説|リライト時の注意点やタイミングも紹介

本記事では、リライトの効果的なやり方からポイント、リライト時の注意点を解説します。

SEO対策で作成した記事の検索順位を改善したい、維持したいときには、リライトを進めることが重要です。リライトとは、公開した記事をブラッシュアップする手法であり、サイト流入数を安定させるために欠かせない施策です。

しかし、リライトのやり方によっては検索順位を悪化させてしまう恐れがあります。「情報を補えばよい」という考え方でリライトを進めると、間違った方法で取り組んでしまう可能性がゼロではありません。

本記事を読めば、リライトする記事の選定方法から具体的なリライトの方法までを理解できるため、検索順位を改善させたいと考えている企業の担当者はぜひ参考にしてください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

効果的なリライトのやり方

リライトで効果を出すためには、次の手順で進めることがおすすめです。

以下では、各項目について詳しく解説します。

リライト対象の記事を選定する

リライトする際は、リライト対象の記事を選定することから始めます。リライト対象の記事は、Googleサーチコンソールやahrefsなどの検索順位を追えるSEO対策ツールを用いて洗い出すことが一般的です。

記事を洗い出す際に、下記の項目に該当するものはリライト対象として選定することがおすすめです。

  • クリック率が悪い
  • 順位が落ちている
  • 順位が横ばいになっている など

「クリック率が悪い」「順位が落ちている・横ばいになっている」などの特徴を持つ記事は、Googleによる評価が今後も下がる可能性が高いと言えます。現在の検索順位が1〜10位であったとしても、将来的には11位以降に下落することが否めません。

特に、「直近で順位が落ちた」「順位が安定して伸び悩んでいる」「上位表示できているのにクリック率が悪い」「検索順位で5〜15位を行き来している」「CVに繋がりやすい」という特徴を持つ記事は、早急にリライトすべき記事と言えます。

例えば、Googleサーチコンソールをチェックした際に、次のような順位変動をしている記事は積極的にリライトすることが大切です。

なお、記事を公開してから順位が安定するまでには3ヶ月から半年程度かかります。公開してから2ヶ月程度の記事はこれから順位が定まってくる段階であるため、リライト対象から外しましょう。

サジェストキーワードや再検索キーワードを確認する

リライト対象の記事が決まれば、対策したキーワードを検索してサジェストキーワード・再検索キーワードを確認しましょう。

杉岡 玲生

サジェストキーワードとは、検索窓の下側に表示される検索キーワードと関連性の高いキーワードのことです。

再検索キーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索結果の最下部に表示される「関連キーワード」にあるキーワードを指します。

記事を公開してから時間が経つと、ユーザーが特定のキーワードを調べたときに知りたい情報が変化する可能性があります。

例えば、映画に関する記事であれば、公開前は「作品名+試写会」や「作品名+舞台挨拶」などがサジェストキーワード・再検索キーワードとして表示されます。一方で公開後は、「作品名+口コミ」「作品名+上映時間」などにサジェストキーワード・再検索キーワードが変化します。

上記の場合、映画公開前は「映画公開に向けたイベントなどの情報を知りたい」という検索意図が見られ、映画公開後は「映画そのものに関する情報を知りたい」という検索意図があると判断できるでしょう。

もし、記事を公開したときと現在でサジェストキーワード・再検索キーワードの内容が異なる場合は、ユーザーが求めている情報に変化が生じていると考えられます。リライトを通じて、情報の差し替えなどを検討することが重要です。

競合サイトとの差分を埋める

サジェストキーワード・再検索キーワードの確認とあわせて、競合サイトとの差分を埋めることも考えます。順位が下がっている・クリックしてもらえないなどの記事は、競合サイトに何かしらの原因で劣っていると推測できます。

例えば、「自社サイトには掲載していない情報を競合サイトが取り扱っている」「競合サイトのほうが最新情報を提供している」などの特徴がある際は、差分となっている内容を自社サイトへ取り入れられないかを検討してみましょう。

ただし、競合サイトとの差分を埋める際は、コピーコンテンツにならないように注意してください。コピーコンテンツに該当すると、サイト全体の検索順位が下がる、リライトした記事が検索結果に表示されなくなる恐れがあります。

弓川 堅士

コピーコンテンツとは、競合サイトなどで取り扱われているコンテンツと酷似している、もしくは完全一致しているコンテンツのことです。

コピーコンテンツにならないようにリライトするためには、取り扱う情報が同じであっても独自の見解・調査結果を盛り込み、独自性を出すことが重要です。

「競合サイトが発信している情報だから自社でも取り扱う」ではなく、「ユーザーが求めているから自社なりの考え方を提供する」というイメージで競合サイトとの差分を埋めることを考えます。

ユーザーの検索意図を想像する

リライトを進める際には、ユーザーの検索意図を想像することも欠かせません。そもそも、ユーザーの検索意図から逸れたリライトをすると、検索順位・クリック率を改善することは困難です。最悪の場合、現在よりもユーザーに記事を見てもらえなくなる恐れがあります。

ユーザーの検索意図を想像するときは検索結果や競合サイトを見るほかに、TwitterやYahoo!知恵袋などを活用することもおすすめです。

TwitterやYahoo!知恵袋では、ユーザーが抱える悩み・不安・疑問などが言語化されているため、世論とマッチした検索意図を汲み取ることが可能です。

リライトする記事で対策しているキーワードをTwitterやYahoo!知恵袋で検索し、ユーザーが求めている情報を洗い出しましょう。

リライトを行う

サジェストキーワード・再検索キーワードや競合サイト、SNSなどで集めてきた情報などをもとにリライトを進めます。リライトをする際は、下記で挙げる項目を中心に手を加えていくことが基本です。

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文の内容
  • 記事の流れ
  • メタディスクリプション
  • 内部リンク

タイトルや見出しなど、いずれかの項目を1カ所でもリライトすると、記事全体で伝えたいことが振れてしまう恐れがあります。そのため、リライトをする際は、記事全体で一貫性があるのかをチェックすることが欠かせません。

また、取り扱う情報が最新のものに差し替えられているのかも確認しましょう。リライトしたにもかかわらず、情報が古いままではユーザーの検索意図にマッチしません。リライトをいくらしても検索順位・クリック率を改善できない可能性があります。

他にも、必要に応じて画像を差し替えたり、言語化が難しい部分はオリジナル画像を追加したりすることでユーザーの満足度を高めることが重要です。

効果測定

リライトをした際には、管理表などを作成して「いつ」「どの記事を」「誰が」「どのように」リライトしたのかを記録に残し、検索順位・クリック率の変動を日々定点観測しましょう。

新規記事を公開したときと同様に、リライトしてすぐは効果が出ません。最低でも、2〜3週間程度は期間を空けて、効果測定をすることがおすすめです。

効果測定で得た情報をもとにリライトを再びする必要がある際は、サジェストキーワード・再検索キーワードの洗い出し・競合サイトの調査・検索意図の深掘りなどを行います。

リライトのポイント

リライトをする際は、下記のポイントを意識しながら進めることが大切です。

以下では、意識すべきポイントを詳しく解説します。

フレッシュネスを意識する

リライトを進める際は、フレッシュネスを意識することが重要です。フレッシュネスは、特に最新の情報が必須となる話題性のあるキーワード・YMYLに関するキーワードで重視されています。

杉岡 玲生

SEO対策におけるフレッシュネスとは、最新の情報が掲載されているサイト・記事を評価する指標のことです。

フレッシュネスは2011年のアップデートで導入され、重要性が年々増してきています。

YMYLとは、「Your Money Your Life」の略称で健康やお金、幸福など、生活面へ特に影響を与える可能性がある領域のことです。

例えば、金融・医療・転職などの業界はYMYLに該当します。

フレッシュネスが重視されているキーワードなのかを判断する指標として、バーティカルバーをチェックすることがあります。バーティカルバーとは、次の画像の「すべて」「ニュース」「ショッピング」などと記されているバーのことです。

バーティカルバーの並びは、ユーザーの検索意図にマッチする順に並んでいます。例えば、画像のように「プロ野球 速報」というキーワードの場合は、「プレーのハイライトなどをニュースで端的に知りたい」と考えているユーザーが多く、バーティカルバーの左側に「ニュース」がきています。

フレッシュネスが求められるキーワードの多くは、バーティカルバーの「ニュース」が左側にある傾向です。もし、対策するキーワードを検索した際に、バーティカルバーの「ニュース」が左側にきているときは最新の情報を盛り込む意識を持ちましょう。

一次情報の追加や独自性を出す

リライトをするときは、一次情報の追加や独自性を出すことが重要です。一次情報や独自性は、質の高い記事を作る上で欠かせません。

一次情報とは、公的機関のサイト・資料などに掲載されている情報のことです。例えば、運営しているサイトで人口について述べる場合は、総務省統計局の情報を活用すると一次情報の追加に繋がります。

独自性を出したいときは、公的機関のサイトから引用してきた情報に対して独自の見解を加えるとよいでしょう。他には、自社で調査・インタービューした情報などを盛り込むことも有効です。

リライトを通じて一次情報を追加したり、独自性出したりできれば、E-E-A-Tにある指標の「Experience(経験)」を高めることにも関連します。

弓川 堅士

E-E-A-Tとは、Googleがサイトを評価するために設けているExperience(経験)・Expertise(専門性)・ Authoritativeness(権威性)・Trust(信頼性)の4つから成り立つ指標のことです。
E-E-A-Tに関する詳細はこちら

他記事と内容が重複していないか確認する

リライトをする上で、他記事と内容が重複していないかを確認することも外せません。他記事と内容が重複することは「カニバリゼーション」と呼ばれており、SEO評価において悪影響を及ぼします。

内容が重複した記事Aと記事Bでカニバリゼーションが起こると、Googleはどちらの記事を評価すべきか分かりません。結果として、評価が分散します。Googleから正当に記事を評価してもらえなければ、上位表示を狙うことが難しくなるでしょう。

カニバリゼーションを防ぐには、記事を更新する前に既存記事と重複している場所がないかを比較することが重要です。もし、重複しそうな部分がある際は、内部リンクを活用して適切に対処することをおすすめします。

杉岡 玲生

内部リンクとは、自社サイトで公開している親和性のある記事同士をリンクで繋ぐことを意味します。
内部リンクに関する詳細はこちら

CTAを最適化させる

商品・サービスの成約に繋げることを目的にリライトする際は、CTAを最適化することが重要です。

弓川 堅士

CTAとは、サイトに訪れたユーザーへ行動喚起を促すために設置する、テキスト・ボタンのことです。

記事の内容がいくらよくても、訴求部分が微妙な場合はコンバージョンに繋がりません。例えば、抽象的な訴求文を書いていたり、ペルソナに合った訴求ができていない場合は、コンバージョンが下がりやすい傾向です。

CTAを改善する際には、訴求文へ具体的な数値・キャッチコピーを挿入したり、ペルソナ設定を深掘りしたりすることが大切です。訴求文やキャッチコピーなどは、広告コピーなどの書籍を読むと参考になります。

文章を読みやすくする

リライトをする際には、ユーザーが読みやすい文章を提供する配慮をしましょう。スマートフォンが普及していることから、ユーザーの多くは、サイト・記事をスマートフォンから閲覧します。そのため、段落数が少ない記事は圧迫感を与えてしまい、ユーザーにストレスを与える原因となります。

スマートフォンでも文章を読みやすくするためには、1文あたり80文字以内に抑える、1段落あたり4〜6行へなるように改行するなどの工夫が必要です。

また、テキストカラーと背景色の組み合わせが原因で読み進めにくくなっているケースもあるため、デザイン面にも配慮することをおすすめします。

参考文献への発リンク

リライトを進める場合は、参考文献へ発リンクをすることも大切です。専門機関などから発信されているページを発リンクすると、記載する情報に説得力が増すため、ユーザーに信頼してもらいやすくなります。

杉岡 玲生

発リンクとは、別ページに関するリンクを記事内などに設置することを意味します。自社で取り扱う情報に説得力・信頼性を持たせたいときに活用することが一般的です。

発リンクを通じて信頼性の高い情報を提供できれば、Googleが重視しているE-E-A-Tの観点からも評価されやすくなると考えられます。

少しずつリライトを行う

リライトをする際は一度にすべてを調整するのではなく、少しずつ進めることがおすすめです。リライトによる効果は、1,000文字程度で出る場合もあれば、3,000文字程度取り組んでも出ないケースが見られます。

リライトをすると必ず順位が好転するとは言い切れないため、少しずつ進めることを推奨しています。リライトを部分的に進めると、リライトを外注する際の費用や社内の人的リソースなどのコストを抑えることが可能です。

リライト時の注意点

リライトをする際は、次の項目に注意しながら進めてください。

ここからは、リライト時の注意点について解説します。

広い視点で順位が上がらない原因を分析する

リライトを進める際は、広い視点で順位が上がらない原因を分析することが大切です。上位表示されない原因は、記事の質だけでなく、サイト全体の評価が競合サイトに劣っていることも考えられます。

例えば、競合サイトよりもドメインパワーが低い・記事数が少ないなどの場合は、記事が原因で上位表示できていないとは言い切れません。

弓川 堅士

ドメインパワーとは、Googleからサイトに対する信頼度を数値化した指標のことを意味します。

もし、記事の質が競合サイトと遜色ない場合は、被リンク獲得数が少ないことが原因で上位表示できていないことも考えられます。近年のSEOの傾向として、外部対策を通じて被リンク獲得を進めたほうが効率よく上位表示できるケースが少なくありません。
外部対策に関する詳細はこちら

リライトを進める際には記事だけにフォーカスせず、SEO対策ツールなどを活用してサイトを多面的に分析することが大切です。

検索意図に沿った内容のみを追加する

リライトをする際は、検索意図に沿った内容のみを追加しましょう。リライトで多くある失敗事例として、検索意図からズレた内容を追加することによる、滞在時間の低下・離脱率の上昇などがあります。

たしかに、リライトでは新たな情報を追加することが重要ですが、不要な情報を盛り込むことで検索順位を悪化させてしまう可能性もゼロではありません。

リライト時に内容を増やすときは想定読者や検索意図をもとに、本当に必要な情報なのかを精査した上で追加しましょう。

キーワードを詰め込みすぎない

リライトでSEO評価を高めたいからと言っても、キーワードを詰め込みすぎる対策はとらないでください。一昔前までは、タイトル・見出しにキーワードを盛り込むことで上位表示を獲得しやすくなるなる事例が見られました。

しかし、近年のGoogleはキーワードを無理やり詰め込む行為に対してスパム判定するようになっています。サイトが一度でもスパム判定されるとSEO評価が下がるため、サイト運営を進める妨げとなります。

リライト時にはキーワードを含められる部分だけに挿入し、ユーザーにとって読みやすい自然な文章を作ることを意識しましょう。

効果的なリライトのタイミング

リライトをする効果的なタイミングは、記事数が50〜100本ほど溜まってきた段階です。SEO対策を始めて間もない時期は、リライトよりも新規記事の作成を進め、どのキーワードで上位表示されやすいのかを見定めることに注力します。

サイト内の記事が50〜100本ほど溜まってくるころには、どのようなジャンルのキーワードで上位表示されやすいのかが見えてきます。リライトをする際は、上位表示されやすいジャンルの記事で順位がくすぶっているものから進めると効率的です。

上位表示させて集客や売上をUPしたい場合はウェブココル株式会社まで

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介した内容は、あくまでも基本的なリライトのやり方です。リライトで成果を出すには、記事単体の差分を埋めるだけでなく、サイト全体を分析した上で最適な一手を打つ必要があります。

また、記事の独自性を出すことも大切なことから、基本的なやり方のみで上位表示できるとは保証できません。

ユーザーに有益な情報を届けられる独自性のある記事を作成したい場合は、ウェブココル株式会社へご相談ください。ウェブココル株式会社では、SEO対策専門の編集者・ライターによって記事制作を進めています。ユーザーの検索意図を満たすことはもちろん、独自性のある記事を制作することが可能です。

質の高いリライトをしたい企業の担当者は、ぜひウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次