SEOコンサルティングの詳細を見る

【売上・集客UP】ホテルが行うべきSEO対策|内部対策・外部対策・コンテンツ対策別に解説

当記事では、ホテルのサイトが行うべき基本的なSEO対策を内部対策・外部対策・コンテンツ対策に分けて解説します。

SEO対策はGoogleなどで上位表示を獲得し、サイト流入数を高めながら売上・集客を拡大するマーケティング手法です。中長期的に安定した集客を実現できることから、ホテル業界をはじめさまざまな業界で注目されています。

ホテルでマーケティングを任せられている担当者のなかには、「売上・集客を拡大するためにはSEO対策が必要であるものの何をすべきかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

当記事を読めばSEO対策を網羅的に理解できるため、自社サイトに不足している対策を把握できます。サイト経由からの問い合わせ数や予約数を増やしたいと考えているホテルの担当者は、ぜひ参考にしてください。

ウェブココル株式会社は、ホテルのように地域名を絡めたキーワードを対策したい事業者への支援を得意としています。これまでに多くの「地域名+〇〇」というキーワードで上位表示を実現させ、さまざまな企業のサイト流入数・ブランディング力向上に貢献してきました。

※「地域名+業種」のSEO対策は、1地域につき1社限定で請け負っております。宿泊者数を増やしたいホテルの担当者は、お早めにお問い合わせください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

ホテルがSEO対策を行う目的

そもそもSEO対策とは、GoogleやYahoo!などで検索した際に自社サイトを上位表示させる対策のことを意味します。

SEO対策をすると、自社サイトにアクセスするユーザーが増えるためビジネス拡大を図ることが可能です。インターネット上で24時間365日いつでもユーザーへアプローチできることから、SEO対策はさまざまな店舗ビジネスで注目されているWebマーケティング手法の一つです。

ホテルのサイトでSEO対策を行う主な目的は、問い合わせ数や予約数を増やすことです。ホテルの場合「世田谷 ホテル」「京都駅 ホテル」「東京ドーム ホテル」など、地域名や施設名を絡めたキーワードで上位表示できると宿泊者数の増加に繋げられるでしょう。

ホテルがSEO対策をするメリット

ホテルがSEO対策をするメリットとして、主に下記の3つが挙げられます。

メリットを知っておけば、ホテルのサイトでSEO対策をする意味を正しく理解できます。以下では、3つのメリットについて詳しく解説します。

利益率の向上

ホテルのサイトでSEO対策を講じると、自社サイトで集客できるようになるため、利益率を向上させられます。

多くのホテルが利用している楽天トラベルやじゃらん、一休などのポータルサイトは、多くのユーザーへ見てもらえるものの、掲載費用が発生することが一般的です。また、ポータルサイト経由で予約が入る際は、決済手数料が必要になるケースもあり、直接予約してもらうよりも利益率は下がります。

一方で、SEO対策を進めて上位表示を実現できれば、ポータルサイトに支払う諸費用が不要となり利益率アップに繋がります。

安定した集客が可能

SEO対策を講じて上位表示できるページが増えてくると、安定した集客を実現することが可能です。

特定のキーワードで上位表示を実現できると、自社サイトよりも有益な情報を発信するサイトが出てきたり、大幅なアップデートが起きたりしない限りは、検索順位が大幅に悪化することはありません。

杉岡 玲生

アップデートとは、Googleが検索結果を決める指標を改訂することを意味します。大幅なアップデートは少ないものの、小さなアップデートは定期的に行われています。

ホテルのサイトでは、ユーザーが検索するかつ問い合わせに繋がりやすいキーワードで上位表示化できると、中長期的に安定した問い合わせや予約を獲得できるでしょう。

ブランディングが可能

ホテルのサイトでSEO対策を進めると、ブランディングに繋げられます。例えば、「地域名・施設名+高級ホテル」や「地域名・施設名+女子旅行+ホテル」などのキーワードで上位表示できると、旅行でホテル選びを重視したいユーザーに見てもらえます。

結果として、「〇〇市の高級ホテル=〇〇ホテル」や「〇〇市で女子旅行にうってつけのホテル=〇〇ホテル」というように、ブランディングすることが可能です。

ブランディングができれば多くのユーザーに認識してもらえるため、サイトからだけでなく電話による問い合わせや予約が増えることも期待できます。

ホテルがSEO対策をするデメリット

SEO対策はホテルのサイトに効果的なマーケティング手法ですが万能ではありません。下記のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

ここからは、SEO対策をするデメリットを詳しく解説します。

即効性がない

SEO対策で施策を講じても、即効性がないことを知っておきましょう。キーワードを対策してからサイト・ページが上位表示されるまでには、半年〜1年程度かかることが一般的です。さらに、安定した集客に結びつくまでには1年以上かかることも珍しくありません。

即効性を求める場合は、SEO対策を進めながらWeb広告を活用することがおすすめです。実際に、即効性のある集客と安定した集客のどちらも求める企業などでは、SEO対策とWeb広告を併用しているケースが多くあります。

SEO対策で成果を出したいホテルは、サイトをコツコツと育てていく考え方が重要になることを理解しておきましょう。

キーワードによっては上位表示させる難易度が高い

SEO対策をする際は、キーワードによって上位表示させる難易度が変化することも知っておきましょう。例えば、競合の多いキーワード、問い合わせ・予約に繋がりやすいキーワード、ビッグキーワード・ミドルキーワードなどは、上位表示を狙うことが難しい傾向です。

弓川 堅士

ビッグキーワードとは、「ホテル」や「〇〇ホテル」のような単語のみで成り立つキーワードのことです。一方で、ミドルキーワードとは、「東京 ホテル」や「甲子園球場 ホテル」など、2つの単語を掛け合わせてできるキーワードを意味します。

なお、3単語以上から成り立つキーワードをロングテールキーワードと言います。(ロングテールキーワードに関する詳細はこちら

SEO対策を始めて間もない時期は、競合が少なく上位表示を狙いやすいロングテールキーワードから対策することがおすすめです。サイトがある程度育ってきたタイミングで、ミドルキーワードやビッグキーワードを対策しましょう。

上位表示させるためには専門的な知識が必要

SEO対策を講じてサイトを上位表示させるには、専門的な知識が必要となります。Googleは検索アルゴリズムを常に変化させており、トレンドを踏まえた施策を講じなければ上位表示を実現することは困難でしょう。

杉岡 玲生

検索アルゴリズムとは、Googleがサイト・ページの検索順位を決める指標となっている算法のことです。検索アルゴリズムはブラックボックス化されており、Googleでもごく一部の社員しか知りません。

そのため、数年前に出版された書籍に記されているSEO対策が現在は通用しないケースが数多くあります。最新の情報を得たい場合は、SEO対策会社が運用しているメディアなどをチェックすることが重要です。

SEO対策に関する最新の情報を追うことが難しい場合は、SEO対策会社へ施策を依頼して最短期間で上位表示を目指す方法が得策と言えます。

ホテルが取り組むべき内部対策

内部対策とは、サイトのリンクやコード、階層などを整備する対策のことです。下記は、ホテルのサイトで取り組むべき5つの内部対策です。(内部対策の詳細はこちら

ここからは、取り組むべき内部対策の概要を解説します。

タイトルタグに狙いたいキーワードを含める

ホテルのサイトでできる内部対策として、サイト・ページのタイトルタグに狙いたいキーワードを含めることが挙げられます。

Googleはタイトルタグに含まれているキーワードを優先的に評価する傾向にあります。狙いたいキーワードがタイトルタグに含まれていなければ、そもそも評価の対象になりません。

例えば、「新宿 ホテル」というキーワードで上位表示させたい場合は、次のようにタイトルタグを設定することを推奨します。

  • 良い例:東京都新宿区のホテル|ホテル〇〇
  • 悪い例:ホテル〇〇

基本的には、対策したいキーワードを左寄せで含めることが大切です。

内部リンクを最適化する

ホテルのサイトで内部対策をする際は、内部リンクを最適化することも欠かせません。

杉岡 玲生

内部リンクとは、サイト内で関連性の高いページ同士をリンクによって繋げることを意味します。(内部リンクの詳細はこちら

ホテルのサイトで内部リンクを最適化する場合、部屋紹介のページと予約ページを内部リンクで繋ぐとよいでしょう。

部屋紹介のページと予約ページを内部リンクで繋げると、ユーザーが部屋をチェックしてから予約するまでの利便性が向上するため、SEO評価を高められます。

弓川 堅士

Googleは「ユーザービリティ」という指標で、サイトへ訪れたユーザーの利便性を評価して検索順位に反映させています。

サイト設計を最適化する

ホテルのサイトで内部対策をする際は、サイト設計を最適化することも重要です。

杉岡 玲生

サイト設計とは、ユーザーやGoogleの利便性が高くなるサイト構造を設計することです。

例えばサイト構造が複雑な場合、「ユーザーは自分の求める情報を探せず離脱する」「Googleはサイトを正しく評価できない」など、SEO面において悪影響を及ぼします。

Googleはユーザーが離脱するサイトに対して、質の低い情報を発信していると判断して評価を下げます。Googleがサイトを正しく評価できない場合は、記事を公開しても検索結果に反映されるまでに時間がかかってしまい、SEO対策を効率的に進められません。

ユーザーとGoogleのどちらからも評価されるサイトにするためには、サイト内にあるコンテンツの導線を整備したり、モバイル端末での表示を最適化したりするなどのサイト設計が初期段階で必要となります。

画像を最適化する

ホテルのサイトで取り組むべき内部対策の一つに、画像を最適化することが挙げられます。SEO対策において画像を最適化させるという意味は、主に下記の2つがあります。

  • ファイル形式をWebPにする
  • 画像の遅延読み込みを実装する

サイトに掲載する画像がJPEGなどの場合は容量が大きくなりやすく、サイトの読み込みスピードに悪影響を及ぼします。一方でWebPは、画質を落とさず容量を圧縮できるファイル形式のため、サイトの読み込みスピードを早くすることが可能です。

ファイル形式をWebPに変えたい場合は、「Squoosh」などの画像圧縮サイトを使用すると簡単にできます。

画像の遅延読み込みとは、サイト・ページに掲載されている画像などの情報を一気に読み込みせず、必要に応じて表示させる技術のことです。サイト・ページの情報を一気に読み込まない分、サイトの表示速度を早められます。

遅延読み込みを実装する際には、コードの知識が必要になるため、Web制作会社やSEO対策会社へ相談することがおすすめです。

altタグを設定する

ホテルのサイトで画像挿入をする際には、内部対策の一環でaltタグを設定することも重要です。

弓川 堅士

altタグとは、画像が読み込まれないときに代替えで表示するテキストのことです。

2020年12月に行われたアップデートでは、altタグを設定しているサイトとそうでないサイトで、検索順位に若干の変動が見られました。altタグを設定していないサイトよりも、設定しているサイトのほうが検索順位によい効果をもたらしました。

近年は、Googleがテキストや画像を読み取る精度を上げていることから「altタグを設定しなくても問題ない」と言われるケースが増えています。しかし、過去のアップデートの事例にあるように、altタグの設定状況によって検索順位が変動する可能性が否めないため、画像を挿入する際は必ずaltタグを設定しましょう。

ホテルが取り組むべき外部対策

外部対策とは、他社サイトを活用して自社サイトの評価を高める施策のことです。ホテルのサイトでできる外部対策として、主に下記の項目が挙げられます。(外部対策の詳細はこちら

以下では、ホテルのサイトでできる外部対策を詳しく解説します。

関連するサイトに被リンクを掲載してもらう

ホテルのサイトで外部対策をする際は、関連するサイトに被リンクを掲載してもらうことがおすすめです。

杉岡 玲生

被リンクとは、他社サイトに自社サイトのリンクを掲載してもらうことを意味します。バックリンクや外部リンクと呼ばれるケースもあります。
被リンクの詳細はこちら

ホテルのサイトであれば、同じ系列のホテルや運営会社のサイトにリンクを掲載してもらうと、簡単に被リンクを獲得できます。他には、各地域の観光協会などが運営するサイトにリンクを貼ってもらうことも有効です。

ただし、短期間で被リンクを大量に獲得する行為は控えてください。短期間で被リンクを大量に獲得すると、Googleからスパム行為をしているサイトだと認識される恐れがあります。

弓川 堅士

スパム行為とは、Googleが表示する検索順位を作為的に操作することです。スパム行為をするサイトは検索結果に悪影響を及ぼすため、Googleはペナルティという形でサイトの評価を下げます。

ペナルティの対象となる場合、サイトの検索順位が全体的に下がる、特定のページが検索結果に反映されなくなるなど、サイト運営の妨げとなります。

競合が獲得している被リンクを調査する

ホテルのサイトで外部対策を進める際は、競合が獲得している被リンクを調査することも欠かせません。競合が獲得している被リンクのなかには、自社サイトでも獲得できる被リンクが潜んでいる可能性があります。SEO評価を高めるためには、被リンク獲得数をはじめとした競合との差分を埋めることが重要です。

競合が獲得している被リンクは、SEO対策会社などが出しているツールを用いて調査します。被リンクの調査方法は下記のページで詳しく解説しているため、あわせてチェックしておきましょう。
被リンクの調べ方に関する情報はこちら

プレスリリースを配信する

ホテルのサイトでできる外部対策として、プレスリリースを配信することが挙げられます。

杉岡 玲生

プレスリリースとは、報道機関などの第三者向けに自社サービスや独自に調査した情報をまとめたコンテンツのことです。

ホテルの場合は利用者の口コミやアンケートをまとめたコンテンツや、観光地との提携情報を紹介したコンテンツをプレスリリースとして配信し、被リンク獲得を目指すことがおすすめです。

基本的には、PR TIMESなどのプレスリリース配信サイトを活用すると、多くのユーザーに見てもらいやすくなるでしょう。

ホテルが取り組むべきコンテンツ対策

コンテンツ対策とは、ユーザーが抱える悩みを解決する記事・ページなどを活用して上位表示を獲得する対策のことです。サイト流入数の底上げを図るために重要な対策であり、内部対策・外部対策とあわせて進める必要があります。
コンテンツ対策の詳細はこちら

ホテルのサイトで取り組むべきコンテンツ対策は、次のとおりです。

以下では、取り組むべきコンテンツ対策の内容を詳しく解説します。

施設情報を詳細に掲載する

ホテルのサイトでコンテンツ対策を進める際は、施設情報を詳細に記載することが重要です。例えば、「地域名+ホテル」と検索する場合、「リッチリザルト」と呼ばれる施設情報が細かく記された検索結果になる場合があります。リッチリザルトについては、次の画像を参考にしてください。

リッチリザルトではホテル名や料金のほかに、Wi-Fiの有無やレストラン情報、ホテルの写真などが表示されます。特に画像は目につきやすいため部屋の写真だけでなく、ロビーや各種施設、使用できるアメニティなどの写真を複数掲載することが大切です。

リッチリザルトへ魅力的な写真を掲載すればユーザーに興味関心を持ってもらいやすく、クリック率アップに繋がると考えられます。

ホテル周辺の情報を掲載する

ホテルのサイトでできるコンテンツ対策として、ホテル周辺の情報を紹介するコンテンツを作成することが挙げられます。ホテル周辺の情報を紹介するコンテンツを作ればさまざまなキーワードを対策できるため、サイト流入数の拡大に繋げられます。

また、ホテル周辺の情報を紹介することで、近くにある飲食店や観光スポットのサイトから被リンクを獲得できるかもしれません。

サイト流入数の拡大と被リンクの獲得を進めたい場合は、「おすすめの観光スポット・飲食店○選」や「穴場デートコース」などのコンテンツを作成することがおすすめです。

プランに合わせたコンテンツを設定する

ホテルのサイトでコンテンツ対策を進める場合、プランに合わせたコンテンツを用意することも欠かせません。

例えば、「素泊まりプラン」「出張プラン」「ペット同伴可能プラン」など、プランごとにコンテンツを作れば「ホテルを利用したい」と検討しているユーザーのニーズを満たせます。

プランごとにコンテンツを作る際は、最低限、下記の内容を盛り込みましょう。

  • プランの特徴
  • 利用できる部屋の種類
  • 利用料金
  • 利用者の口コミ など

他には、よくある質問を用意してホテルを利用したいユーザーが抱える悩みを解決できる情報を提供してもよいでしょう。

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合の費用相場はおおむね下表のとおりです。

対策項目費用相場
SEOコンサルティング10万〜50万円(サイトの規模によっては100万円以上になるケースもあり)
初期サイト設計10万〜100万円以上
記事コンテンツ制作記事本数×記事単価(数千円〜10万円以上/1記事)
例:記事本数5本で記事単価3万円であれば月額15万円かかる
外部施策1万〜15万円

紹介した費用相場はあくまでも目安であり、依頼先の規模によって異なります。

費用を安く抑えたい場合は、少数精鋭で動いているベンチャー企業や個人でSEO対策をしているフリーランスへ依頼することがおすすめです。SEO対策にかけられる予算が潤沢にある場合は、実績豊富な大手企業や老舗企業へ依頼するとよいでしょう。

多くのコンサルティング業者は、クライアントの費用感に応じて最適なプランを提案するため、気になるSEO対策会社がある際には一度問い合わせてみることをおすすめします。

ホテルのSEO対策ならウェブココル株式会社にお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介したホテルのサイトで取り組むべきSEO対策は基本的な内容です。近年は多くのホテルがSEO対策を進めて集客拡大を目指しているため、基本的な施策とあわせて専門的な施策を講じなければ上位表示を目指すことは困難です。

「SEO対策に割けるリソースを確保できない」「SEO対策を専門業者へ依頼したい」というホテルは、集客・ブランディングなどに強いウェブココル株式会社へご相談ください。ウェブココル株式会社はSEO対策において次のような強みを持っています。

  • 地場企業に特化している
  • 再現性の高い独自のSEO対策ノウハウを持っている
  • 内製組織のため相場よりも安価で依頼できる

ウェブココル株式会社は、SEO対策のなかでも特に地場企業への支援に特化しています。これまでにさまざまな業界の「地域名+〇〇」というキーワードで上位表示を実現し、地場での集客を拡大してきました。特に成果が出たサイトでは、サイト流入数を97倍まで拡大することに成功しています。

他にも、ウェブココル株式会社ではSEOに関する最新のトレンドを押さえたり、各施策の成功確度を高めたりすることを目的に、自社で複数のメディアを運営しています。現場で培った経験をもとに、上位表示を実現できる可能性が高い施策を提案できます。

また、ウェブココル株式会社はコンサルティングから制作部分までを内製化しており、他のSEO対策会社よりも安価で依頼できます。SEO対策会社の多くは施策の一部を外注化している分、ウェブココル株式会社よりも費用が高くなる傾向です。

地域名を絡めたキーワードで上位表示を実現して、宿泊者数を増やしたいホテルはウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次