知っておきたい地域キーワードの上位表示にかかる期間|現役SEOコンサルタントが教えます

ウェブココル株式会社・SEOコンサルタントの大島です。

本記事では地域キーワードのSEO対策を実施している方に向けて「地域キーワードの上位表示までにかかる期間」について解説します。

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

地域キーワードの上位表示までにかかる期間

弊社のすべてのお客様にお伝えしている内容ですが、地域キーワードの上位表示達成までにかかる期間はどんなに短くても半年(6ヶ月)、通常は1年半〜2年ほどかかります。

これらの期間は現在のサイトの状況、順位、サイトのコンテンツ量、競合との差異によって大きく変わる部分にはなりますので、どうしても期間にはばらつきが出てしまいます。

「半年以上?1年半も待っていられない!」と考えられるかもしれません。(自分らでも心苦しいシーンではあります)

なぜ、地域キーワードの上位表示に相当な期間を要するのか、2つ理由をご説明いたします。

地域キーワードの上位表示に時間がかかる理由

理由1. 検索エンジンからの評価に相応な時間がかかってしまうため

この理由が地域キーワード(のみならずSEO)に成果を要する大きな理由の1つです。

検索エンジン(ここではGoogleとします)は、日々無限ともいえる数のWebサイトにクローラーというロボットを情報収集に派遣しています。クローラーが読み取った情報をGoogleの基準に則って検索順位を決めている、という仕組みです。

当然、すべてのWebサイトを平等にロボットを派遣している余裕はGoogleにもないので、現在検索順位が低い(Googleからの評価が低い)サイトは、ロボットの派遣回数が上位サイトと比べて相対的に低くなります。

例えるなら検索順位1位を決めるコンテストへの出場回数が、現在の上位サイトと比較して少ないということなります。上位サイトは30回チャンスあるとすれば、検索下位(1ページ目以下)のサイトは3回、5回と、少ないチャンスでGoogleから評価をされなければいけないというわけです。

このロボットに対して「うちのサイトもきちんと評価してね」と呼び込むための導線をつくったり、サイト内をロボットが徘徊しやすいように設計するのがSEOコンサルタントの仕事の1つ(専門用語でクローラビリティの改善といいます)なのですが、ここの導線・サイト設計の部分に相応な時間がかかります。

加えて、新しくロボットを多く呼び込むようになったサイトはGoogleからしても「新人」という扱いを受けます。すなわち、本当に検索上位にあげていいか慎重に判断したい対象というわけです。

Googleは検索上位というポジションに社会的責任を負っています。自身の製品(検索エンジン)の結果によって、さまざまなビジネスの売上が左右されたり、消費者の決断が変わったりするため、常に検索上位が最良でなければならない使命を負っています。

その社会的責任が伴うステージに、Webサイト界の新人を立たせていいかを慎重に判断するため、Webサイトとしての信頼を積み重ねていかないといけません。そのため、検索上位になるには相応な時間がかかってしまいます。

理由2. 業種に応じて適正なサイト規模か判断し、必要であればコンテンツを作成しなければいけないため

「中古車ディーラー」というキーワードで検索上位をとりたいとします。下記の2つの事業者の場合、どちらの方が顧客にとって満足いくWebサイトを提供できているでしょうか?

  • A:トヨタ車のみを扱う中古車ディーラー。保有中古車数は常時300台
  • B:全世界のメーカーを扱う中古車ディーラー。保有中古車数は全国で200,000台

「なんとなくBかな?」とお分かりになるかと思います。ユーザーは幅広い中古車を求めているため、トヨタ車のみを扱う会社ではユーザーの想いを叶えることはできません。

それでは「トヨタ2000GT 中古車ディーラー」というキーワードで狙う場合はいかがでしょうか?

  • A:トヨタ2000GTのみを扱う。保有台数は5台
  • B:全世界のメーカーを扱う。保有中古車数は全国で200,000台

この場合、Aを顧客が求めているということになります。どれだけ保有台数が多くても目当ての「トヨタ2000GT」がなければユーザーは興味がありません。(※自分が車が好きなのでこの例えになりました)

何がいいたいかというと「検索キーワードに応じて必要なコンテンツ量がある」ということです。

それは多ければ良いというわけではないですし、少ないから不利になるということでもなく、ジャンルや業種に応じて必要十分なコンテンツ量がWebサイト内にあることが必要です。

現在検索上位をとれていないWebサイトにはこのコンテンツ量が足りていないことが、かなりのケースで見られます。

それはトップページのコンテンツ量、サイト全体のページ数など、さまざまな観点ではありますが、大切なのは「検索キーワードに対して必要十分なコンテンツ量が確保されているか」です。

コンテンツが足りないとなった場合、コンテンツ作成にはやはり時間を要してしまいます。仮に一気にコンテンツを入れたとしても、理由1であったロボットの徘徊回数が少なければ、評価するステージに立つまで時間がかかります。

そのため、コンテンツを順次増やしていきつつサイト改善をし、検索エンジンの評価を待たなければいけないため、どうしても時間がかかってしまいます。

地域キーワードで上位表示をするまでの時間を短縮する方法はあるのか?

残念ながらテクニックや技によって、地域キーワードで上位表示をするまでの期間を短縮することはできません。

2つの理由のとおり、結局のところは検索エンジンに評価されるのを「待つ」ことしかできないため、こちらから積極的にはたらきかける手段はありません。

ただし、その点SEOコンサルタントは1年半〜2年という期間は短縮できないが、その期間をつかって目標を実現するまでの最短ルートは知っています。

自宅で1人でやるトレーニングとパーソナルトレーニングの違いに例えるとわかりやすいかと思います。

「筋トレ」は誰もが無料でできますし、筋肉は適切なトレーニングと食事管理があれば確実についていきます。この事実は誰にとっても同じです。

しかし、この情報過多の時代、どの情報が適切なのかどうか、このトレーニングが合っているのか?もっと効率のいいトレーニングはないのか?など、見極める力が必要です。もし嘘の情報に騙されてしまっては、本当は3ヶ月でつくはずだった筋肉が1年たってもつかない、という事態に陥ります。

SEO対策においても同じことがいえます。SEO対策は無料で誰でもできますし、書籍・Webで調べれば誰でも実施は可能です。

やはり、その情報・事実があっても、情報の取捨選択や実施の手段というのはこれまでの経験がなければ、適切に使用することは難しいということになってきます。

そこでSEOコンサルタントに頼っていただけれたらと思います。SEOコンサルタントは世の中に溢れた数多の情報と、自分たちの経験をかけ合わせて、Webサイトが最短距離で結果を出すための手段を知っています。私たちが提供できる価値はそこにあるかなと自負しております。どんなクライアントに対しても、SEO対策で遠回りをしてほしくないと思っているため、ぜひとも活用していただけたらと思います。

ウェブココルでは無料でサイト診断を行っています

ウェブココル株式会社では、現在のWebサイトがどれくらいSEOに最適化されているか、課題点、どうすれば良いかといったWebサイト診断を無料で行っています。

数多くのお客様から「サイト診断というか、こんな資料を無料で見せても大丈夫ですか?」と心配されるくらいの情報を、無料でご提供しています。(簡易的なチェックではなく、踏み込んだサイト解析と課題に対するアプローチまですべて見せています)

サイト診断の一部

現在、お問い合わせ受付中ですのでご興味ある方は、お問い合わせフォームSEOコンサルティングの詳細ページからのお問い合わせをお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

大島 大地のアバター 大島 大地 取締役

法政大学卒業後、大手メーカー、メディア企業を経てウェブココルへ。自社メディア運営で培った"生きた"SEO対策×海外の最新対策を組み合わせた、他社の追随を許さない施策提供に強みを持つ。

目次