クリニックが行うべきSEO対策の成功事例や費用相場を紹介

当記事では、クリニックのサイトで講じるべきSEO対策、クリニックのサイトにおけるSEO対策の成功事例、コンサルティングの費用相場を解説します。

サイトを運営しているクリニックのなかには、「Web集客でSEO対策が必要であるものの、何をすべきかわからない」というクリニックもあるのではないでしょうか。また、SEO対策に関する情報が溢れかえっており、自クリニックに適した施策がわからないというケースも多く見られます。

近年はさまざまなクリニックがSEO対策を進めており、サイトを持っているだけではWeb集客を実現できない時代となっています。

当記事を読めば、クリニックのサイトに必要なSEO対策だけでなく成功事例も理解でき、自クリニックのWeb集客に繋げられるかもしれません。Web集客に力を入れたいクリニックは、ぜひ参考にしてください。

「SEO対策をクリニックで進めるリソースが足りない」「今進めているSEO対策が正しいのか不安」というクリニックは、ウェブココル株式会社へお問い合わせください。

ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングでは、クリニックのように特定地域での集客力を拡大したい事業者へのSEO対策を得意としています。これまでに「地域名+〇〇」という複数のキーワードで上位表示を実現した実績があり、問い合わせ数・売上の拡大に貢献してきました。

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

クリニックがSEO対策を行う目的

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジン上で自社サイトを上位表示させるために講じる対策のことです。SEO対策を通じて自社サイトを上位表示化できればサイト流入数が増え、結果として売上・問い合わせ数アップなどに繋がります。

杉岡 玲生

検索エンジンとは、ユーザーが検索したことに対して最適なサイトやページを表示するシステムのことです。主にGoogleやYahoo!、Bingなどが代表的な検索エンジンとして挙げられます。

クリニックのサイトでSEO対策を講じる目的は、問い合わせや来院者数を増やすことです。実際に、SEO対策を進めて問い合わせ数や来院者数が増えているクリニックは多くあります。

クリニックがSEO対策をするメリット

クリニックのサイトでSEO対策をするメリットは、下記のとおりです。

  • 広告費を抑えて利益を高められる
  • 安定した集客を実現できる
  • 幅広い層へアプローチできる

SEO対策を講じるメリットとして、広告費を抑えられる点が挙げられます。SEO対策は初期費用こそかかるものの上位表示できるページが増えてくれば、費用を徐々に削減しながら集客を実現できます。最終的には、サイト運営にかかるドメイン代などだけで集客することも可能です。

SEO対策を進めると、安定した集客を実現できることもメリットです。上位表示を一度実現してしまえば、自社サイトよりも有益な情報を発信するサイトが出てきたり、大幅なアップデートが起こったりしない限りは順位が変動しません。毎月一定のユーザーにサイトを見てもらいながら安定した集客ができます。

幅広い層へアプローチできることも、SEO対策ならではの魅力です。SEO対策を講じれば、検索エンジンを利用するすべての方へアプローチできます。クリニックのメイン顧客層はもちろん、訪れることが少なかった年齢層にもアプローチできます。

クリニックがSEO対策をするデメリット

一方で、SEO対策には下記のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

  • 上位表示を実現するまでに時間がかかる
  • 確実に上位表示できるという保証がない
  • 集客に繋げるまでに専門的な知識が必要になる

SEO対策のデメリットとして、上位表示を実現するまでに時間がかかることが挙げられます。一般的には、キーワードを対策してから3ヶ月前後で施策の成果が出始めます。競合が多い業界・キーワードを対策する際は、1年以上かけて上位表示に至るケースも少なくありません。

施策を講じたからと言っても、確実に上位表示できる保証がない点はSEO対策のデメリットです。検索エンジンというプラットフォームを活用する都合上、「絶対に正しい」という施策はありません。また、検索アルゴリズムは日々変化しており、一昔前まで通じていた施策が現在は効果的ではないケースも見られます。

施策を講じてから集客に繋げるまでに専門的な知識が必要になることも、SEO対策のデメリットの一つです。ユーザーに有益な情報を届けるサイト運営を意識していれば、何らかのページが検索上位に表示され、サイト流入数は確保できるかもしれません。しかし、集客に繋げるとなるとユーザーの検索意図などをもとに対策する必要があるため、専門的な知識がなければ困難です。

SEO対策にはデメリットもありますが、集客できる環境に整備できれば、長期的に安定した問い合わせ・来院者を獲得することが可能です。

杉岡 玲生

実際に当記事を発信しているウェブココル株式会社が美術品買取店のサイトを支援した際に、集客へ繋がる見込みのあるキーワードを対策した結果、上位表示を2年ほど継続して安定した集客を実現できました。

クリニックのサイトでも同様に、正しい施策を講じることでWeb上での集客を実現することが可能です。特に、単発的な集客よりも安定した集客を求めるクリニックであれば、SEO対策を講じるデメリットよりもメリットのほうを感じられるでしょう。

クリニックにとってSEO対策は費用対効果が高い集客方法

クリニックのサイトにとってSEO対策は費用対効果が高い集客方法です。SEO対策を講じる場合、初期費用で数十万円規模のお金がかかるものの、上位表示を実現すれば最終的にサイトメンテナンス代のみで集客を実現できます。

SEO対策を講じてから集客できるサイトに育つまでは数年以上かかりますが、総合的な費用面で見るとSEO対策ほど費用対効果の高い集客方法はありません。

クリニックのサイトでできる代表的な集客方法として、ドクターズファイルやcalooなどのポータルサイトを活用することも挙げられます。

しかし、ポータルサイトの場合、集客の有無に関係なく毎月掲載費用がかかります。ポータルサイト内の目立つ枠に自社サイトを表示させるには別途費用がかかるケースが多く、月々の費用が膨大になることも珍しくありません。

短期間で集客に繋がる可能性がある点はポータルサイトの魅力ですが、Web集客にかける費用を中長期的に見て抑えたい場合は、SEO対策を選ぶほうがおすすめです。

クリニックが最初に取り掛かるべきSEO対策5選

クリニックのサイトでまず取り組むべきSEO対策は下記の5つです。

  • ユーザーやGoogleに対してわかりやすいサイト設計にする
  • 疾患毎にコンテンツを作成する
  • タイトルにキーワードを含めて最適化する
  • 競合のクリニックが検索上位を獲得しているキーワードで記事を作成する
  • クリニックと関連性のあるサイトから被リンクを獲得する

ここからは、最初に取り掛かるべきSEO対策の内容を詳しく解説します。

ユーザーやGoogleに対してわかりやすいサイト設計にする

クリニックのサイトでSEO対策を進める場合、ユーザーやGoogleに対してわかりやすいサイト設計にすることが大切です。わかりやすいサイト設計にすることを内部対策と呼び、主に次のような対策をとることが基本です。

  • ディレクトリ構造
  • サイトマップの設置
  • パンくずリストの作成
  • Fの法則に則りサイト・ページを作成
  • グローバルナビゲーションを設置する

紹介した対策を講じればサイト内の利便性が向上し、ユーザーとGoogleのどちらもが必要な情報を得やすいサイト環境になります。

情報を獲得しやすいサイト環境になれば、Googleなどの検索エンジン上に存在するクローラーがサイトの情報を集めやすくなります。結果として、インデックスされるまでの期間が短くなったり、上位表示を実現しやすくなったりするでしょう。

疾患毎にコンテンツを作成する

クリニックのサイトでSEO対策を講じる際は、疾患ごとにコンテンツを作成することも大切です。疾患ごとにコンテンツを作成すれば、疾患について検索したユーザーが自社サイトのページを閲覧し、問い合わせ・来院してくれる可能性があります。

杉岡 玲生

ユーザーの抱える悩みを解決するコンテンツを発信して、サイト流入を促す施策のことをコンテンツ対策と言います。

コンテンツ対策は、サイト流入数を支える基礎となるため、SEO対策を進める上で欠かせません。

コンテンツ対策を進める際は、「疾患名+薬+副作用」や「疾患名+症状+直し方」などのようなロングテールキーワードを対策するコンテンツを中心に作成しましょう。

ほかにも、ロングテールキーワードにはユーザーの検索意図が具体的であることから、適切なコンテンツを届けられれば、問い合わせ・来院に繋がりやすいという特徴も有しています。

タイトルにキーワードを含めて最適化する

クリニックのサイトでSEO対策を進める際は、タイトルに対策したいキーワードを含めることも欠かせません。Googleなどの検索エンジンはタイトルに含まれているキーワードをもとに、検索結果を反映させています。

そのため、タイトルに対策したいキーワードが含まれていなければ、そのキーワードで上位表示を狙うことができません。例えば、「広島市中区 クリニック」で上位表示を狙いたいときに、「広島市中区 クリニック」という文言がタイトルにない場合は、そのキーワードで上位表示を狙いにくいという意味です。

「広島市中区 クリニック」というキーワードで上位表示を狙いたい場合における、良いタイトルと悪いタイトルは次のとおりです。

  • 良い例:〇〇クリニック|広島市中区の内科・小児科
  • 悪い例:〇〇クリニック

タイトルにキーワードを含める際は、良い例を参考に違和感のないようにキーワードを入れることが大切です。

競合のクリニックが検索上位を獲得しているキーワードで記事を作成する

クリニックのサイトでSEO対策を進める際は、競合のクリニックのサイトで検索上位を獲得しているキーワードで記事を作成することも重要です。「競合のクリニックのサイトが上位表示できている=自社のサイトでも上位表示を狙える」と考えられます。

競合のクリニックを選定する際には、診療科目や得意としている疾患が同じようなクリニックのサイトを選ぶことが大切です。そのなかかでも、サイトの規模感が同じようなクリニックのサイトを選べば、上位表示を実現できる確度が高まるでしょう。

競合のクリニックのサイトを選定し終えてから、どのようなキーワードで記事を作成し、上位表示を獲得しているのかを分析します。分析して対策するキーワードを洗い出したのちに、記事を作成しましょう。

なお記事を作成する際は独自の見解やオリジナル画像を入れながら、競合サイトのコピーコンテンツにならないように注意しましょう。

杉岡 玲生

Googleからコピーコンテンツだと判断されると、ペナルティの対象となります。サイトがペナルティを受けると、特定のページが検索結果に反映されるだけでなく、サイト全体の検索順位が下落する恐れがあります。

独自の見解などを織り交ぜた記事にすれば、競合サイトの記事よりも有益な情報を届けられる可能性が高く、上位表示を実現しやすくなります。

クリニックと関連性のあるサイトから被リンクを獲得する

クリニックのサイトがSEO対策を進める場合、クリニックと関連性のあるサイトから被リンクを獲得することも大切です。

弓川 堅士

被リンクとは、自社サイトのURLを外部サイトに貼ってもらうことです。外部リンクやバックリンクと呼ばれることもあります。

被リンクを獲得しているサイトに対してGoogleは「外部サイトから支持されているサイト」だと判断します。Googleからの評価が高まるため、被リンクを獲得すると上位表示を実現しやすくなる傾向です。

クリニックのサイトで被リンクを獲得する際は、系列が同じクリニックや提携しているクリニックから被リンクを獲得すると効果的です。また、医療関係にまつわる社団法人や協会から被リンクを獲得するのもよいでしょう。

ただし、クリニックと関連性の低い業界から得られる被リンクは、あまり効果的ではないことを知っておいてください。

クリニックでおすすめのSEO対策5選

クリニックのサイトでおすすめのSEO対策は下記の5つです。

  • 院長やスタッフの紹介ページを掲載する
  • 診療科目ページを充実させる
  • 実際に来院した人の口コミやアンケート結果を掲載する
  • 院内の紹介ページを掲載する
  • よくある質問ページを掲載する

以下では、SEO対策の内容を解説します。

院長やスタッフの紹介ページを掲載する

院長やスタッフの紹介ページをサイト内に掲載することも、クリニックのサイトでできるSEO対策の一つです。院長やスタッフの紹介ページを用意すれば、来院するかを検討しているユーザーに安心感を与えられます。

院長やスタッフの紹介ページには、顔写真・経歴・対応業務・患者さんに向かうときの心構えなどを記載すると、透明性が高くなります。透明性が高いクリニックに対してユーザーは「安心して来院できる」と判断するため、院長やスタッフの紹介ページを作り込めば問い合わせ・来院者数の拡大に繋がるでしょう。

診療科目ページを充実させる

クリニックのサイトでできるSEO対策として、診療科目ページを充実させることも挙げられます。診療科目ページを充実させると、疾患名や症状などで検索したユーザーの検索結果に、自社サイトが表示される可能性があります。

結果としてサイト流入数の拡大に繋がり、問い合わせ・来院に繋がるケースも少なくありません。ユーザー視点で見ると、診療科目ページが充実している場合は、自身の症状とクリニックで受けられる診療を比較できるため、来院しやすくなるというメリットが生まれます。

診療科目ページを充実させる際はユーザーの満足度を高めるために、クリニックで対応している診療科目の疾患名や症状だけでなく、関連する疾患名や症状なども記載しておくことが大切です。

実際に来院した人の口コミやアンケート結果を掲載する

クリニックのサイトで取り組めるSEO対策として、実際に来院した人の口コミやアンケート結果を掲載することもあります。来院を検討しているユーザーは、実際に来院した人の口コミや評判などを参考にしたいと考えています。

口コミやアンケート結果をまとめたコンテンツを用意すると、来院を検討しているユーザーがサイトに滞在しやすくなるため、平均滞在時間の向上を図れます。

Googleはユーザーが長く滞在するサイトに対して、「有益な情報を発信している」と判断し、SEO評価を高める傾向です。

口コミやアンケート結果をまとめたコンテンツには、「診療の満足度」「スタッフの対応」「環境・設備」などに関する情報を記載すると、来院を検討しているユーザーの満足度を高められるでしょう。

院内の紹介ページを掲載する

院内の紹介ページを掲載することも、クリニックのサイトでおすすめのSEO対策です。来院を検討しているユーザーのなかには、「院内の環境や設備が気になる」というユーザーも存在します。

院内の設備や内観を掲載しておけば、どのような環境下で診療してもらえるのかがイメージできるため、ユーザーから安心してもらえます。

テキストで伝えにくい部分は動画を活用するとユーザーに理解してもらいやすいだけでなく、来院希望者がサイトから離脱することを防げるでしょう。サイトから離脱される機会が減るとGoogleからの評価が高まり、上位表示を狙いやすくすることが可能です。

よくある質問ページを掲載する

クリニックのサイトにおすすめのSEO対策として、よくある質問ページを掲載することも挙げられます。よくある質問ページを掲載すると、記事化できなかったキーワードを対策したり、ユーザーの悩みを解決できたりします。

SEO面で見ると、Googleは情報を網羅しているサイトを評価している状況です。よくある質問ページを活用して医療関連の情報を幅広く提供すると、SEO評価を高められます。

ユーザーの悩みを解決する部分にフォーカスすると、料金や診療に関するよくあるトラブル・クリニックに関するマイナス部分にも丁寧に回答することが大切です。マイナス要素にも丁寧に回答することで、ユーザーへ安心感・信頼感を与えられます。

MEO対策も絡めて効果的なWeb集客をする

クリニックのサイトをの場合、SEO対策とあわせてMEO対策を進めると、効果的なWeb集客を実現できます。

杉岡 玲生

MEO対策とは「マップエンジン最適化」と呼ばれており、Googleマップ上で検索順位を上げて集客に繋げる施策のことです。

MEO対策は地図を活用する施策となるため、「特定地域での集客」に強いという特徴があります。クリニックだけでなく、美容院や飲食店などにも効果的です。

MEO対策を講じてGoogleマップ上で上位表示を実現するには、次のような部分に力を入れることが大切です。

  • 「Googleビジネスプロフィール」を充実させる
  • 画像を複数掲載する
  • 常に最新の情報を保つ
  • 口コミ対策を行う

MEO対策を進めるには、「Googleビジネスプロフィール」に自クリニックの情報を登録し、充実させることが必須です。

Googleビジネスプロフィールを充実させるために、画像を複数用意したり、クリニックの営業日・営業時間などの最新情報を公開したり、ユーザーからもらった口コミに対応したりすることが大切です。

クリニックのSEO対策例|つだ小児科クリニック

引用:https://tsudashonika.com/

クリニックのサイトでSEO対策を講じて集客に結びつけるには、成功事例を知ることが大切です。クリニックのサイトにおけるSEO対策の成功事例として、「つだ小児科クリニック」のサイトがあります。

つだ小児科クリニックでは、診療に関するコンテンツや医院に関するコンテンツ、疾患に関するコンテンツを充実させてサイト流入数を大幅に拡大しています。

SEO対策ツールのahrefsでつだ小児科クリニックのサイトを解析したところ、「急性小脳失調」「朝体調悪い」などのキーワードで検索順位1位を獲得した結果、1ヶ月あたりのサイト流入数を500PVから177,711PVまで伸ばしていました。サイト流入数が伸びたことに伴い、来院者数も増加していると予測できます。

小児科クリニックのサイトでは、次のようなコンテンツを公開してサイト流入数の拡大に成功したと考えられます。

  • ごあいさつ
  • 診療について
  • 乳児診断
  • 予防接種
  • Q&A
  • アクセス
  • スタッフ募集
  • 各種予約(初診予約・再診予約ごとに用意)
  • お知らせ
  • 診療時間の案内
  • お知らせ一覧
  • 病院保育に関する情報
  • 子育てアドバイス
  • いろいろな病気とその治療について
  • 子育て支援コーディネーター
  • カウンセリング
  • 舌下免疫療法 など

なお、今回取り上げたつだ小児科クリニックの事例はあくまでも参考であり、当記事を発信しているウェブココル株式会社が支援したサイトではございません。

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合の費用相場は次のとおりです。

項目費用相場
SEOコンサルティング10万〜50万円
サイトの運用状況によっては50万円以上かかる
初期サイト設計10万〜100万円
記事コンテンツ制作1記事あたり数千円〜数万円
「1ヶ月あたり○本〜」という条件を設けている業者が多い
外部対策1万〜15万円

紹介した費用相場はあくまでも目安であるため、依頼先・サイトの運用状況によって金額は上下します。一般的には大手業者へ依頼したり、サイトの規模が大きかったりする場合は、上記で挙げた費用相場よりもコンサルティングにかかる費用は高くなる傾向です。

一方で、中小の業者やフリーランスへ依頼する際は、費用相場よりも低価格でSEO対策を進められるでしょう。ただし、中小の業者やフリーランスへ依頼する場合は、実績の有無についてしっかりと確認しておかなければ、効果の薄い施策しか講じてもらえない可能性があります。

コンサルティング業者へ依頼する際は費用面に着目することも大切ですが、実績や得意領域などを比較した上で選ぶことが重要です。

クリニックのSEO対策ならウェブココル株式会社にお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介したクリニックのサイトに有効なSEO対策は、あくまでも基本的な内容であり、紹介した施策だけで上位表示を実現することは困難です。サイトの状況によって必要な施策が異なったり、多くのクリニックのサイトでSEO対策が進められたりしているためです。

SEO対策を講じて集客に繋げるには、サイト流入数を増やすだけでなく、集客導線を整備することも欠かせません。最適な集客導線に整えたい場合、SEO対策において実績が豊富な業者へ依頼することがおすすめです。

当記事を発信しているウェブココル株式会社は、これまでにさまざまな業態のサイトを支援して、集客に結びつけてきました。ウェブココル株式会社の強みとして、次の項目が挙げられます。

  • 地域に根ざしたビジネスのSEO対策に強い
  • 自社で複数のメディアを運営して成功確度の高いSEO対策ノウハウを有している
  • 内製組織のため相場よりも安価でサービスを提供している

ウェブココル株式会社はSEO対策のなかでも、「地域名+クリニック」というキーワードの対策を得意としています。これまでに地域名を絡めたキーワードで何度も上位表示化を達成し、特定地域での集客・ブランディングに成功しています。

自社で複数のメディアを運営して得た知見から、成功確度の高いSEO対策ノウハウを保有している点も、ウェブココル株式会社の強みです。業界・業種に最適な施策の提案ができ、効果の高いSEO対策を提供できます。

ウェブココル株式会社は、課題抽出から施策の効果測定までにかかるすべての工程を内製化しています。他のSEO対策業者のように施策の一部を外注することがないため、安価で質の高いサービスを提供することが可能です。

実際にウェブココル株式会社が支援したサイトの一つである美術品買取店のサイトでは、課題の抽出やコンテンツ作成、内部対策・外部対策などを通じて、「東京 絵画買取」というキーワードで検索順位1位を獲得しました。長期的な集客に貢献でき、サイト流入数だけでなく売上の拡大にも成功しています。

ウェブココル株式会社が提供するSEO対策の価格帯は下表のとおりです。

スクロールできます
項目SEOコンサルティングコンテンツマーケティングSEOディレクション顧問契約
料金24万円〜/月
※サイト規模によって異なります
3万円〜/記事
※サイト規模などによって異なります
16.5万円〜/月5万円〜/月
※1ヶ月あたり2時間目安
期間3ヶ月〜1ヶ月〜
1ヶ月あたり最少5記事から
3ヶ月〜6ヶ月〜

「集客が伸び悩んでいる」「取り組んでいるSEO対策が正しいのかわからない」というクリニックは、ぜひウェブココル株式会社へご相談ください。

業界別で探す

不動産 リフォーム会社 工務店 建設業 賃貸アパート クリニック・病院 美容皮膚科 歯科医院 介護施設 エステサロン パーソナルジム 税理士・会計士弁護士 社労士 弁理士 司法書士 行政書士 ホテル ペットショップ ハウスクリーニング 鍼灸院 整骨院 結婚式場 結婚相談所 学習塾・予備校 買取会社 ブランドショップ

 

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

チャレンジ地域SEOは「あらゆる事業者の地域集客を最大化させる」をミッションに、独自の地域SEO攻略ノウハウを発信しているメディアです。編集部はウェブココルのSEOコンサルティングチームで構成されています。

目次