SEOコンサルティングの詳細を見る

コンテンツSEOとは?PV数が増加した事例やコンテンツSEOのやり方、メリット・デメリットを紹介

当記事では、コンテンツSEOの基本的な進め方、メリット・デメリット、成功事例などを解説します。

コンテンツSEOはサイト流入数の基礎を作る施策となるため、SEO対策をするのであれば欠かせません。SEO対策をしている方のなかには、「効果的なコンテンツSEOの進め方がわからない」という方もいるでしょう。

コンテンツSEOを行う際に、ただ闇雲にコンテンツを量産するだけでは集客や売上に繋がりません。

当記事を読めば、コンテンツSEOの基本的な進め方や必要なツールが理解でき、自社サイトを上位表示化できる可能性を高められます。自社の集客力を高めたい方はぜひ参考にしてください。

目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、Googleなどの検索エンジンを利用するユーザーが抱える悩みを解決するコンテンツを発信し、顕在層から潜在層までアプローチするSEO対策の一つです。

中長期的にコンテンツを作成し、検索エンジンからの評価を高めながらサイト流入数の拡大を狙います。制作したコンテンツは、自社とユーザーを繋ぐ接点になるため、良質な情報を提供することが重要です。

近年のSEO対策では、コンテンツSEOを主体としてサイト流入数を獲得することが一般的となっています。SEO対策の基本となる内部対策と外部対策をするだけでは、上位表示を狙うのが難しい状況です。(内部対策の詳細はこちら外部対策の詳細はこちら。)

そのため、コンテンツSEOを理解せずSEO対策に取り組むと、Web集客を効率よく進められません。

コンテンツSEOのやり方

コンテンツSEOに取り組む際は、次のような項目に分けて進めます。

以下では、各項目を詳しく解説します。

目的や目標を明確に設定する

コンテンツSEOに取り組む際は、まず目的や目標を明確に設定しましょう。目的や目標が定まっていない状態でコンテンツSEOを進めると施策内容に一貫性が出ません。施策内容に方向性の迷いが生じると、コンテンツを発信するだけになります。

下記のような目的や目標を掲げておけば、コンテンツSEOを効率よく進められます。

  • 自社商品の売上を上げる
  • 資料請求件数を増やす
  • 自社のブランディング力を高める
  • 商品の認知拡大を図る など

たとえば、目的や目標が売上拡大や資料請求件数を増やすなどの場合、具体的な数値を落とし込んでおくと、コンテンツSEOをどこまで取り組むべきか明確にできます。

ペルソナを設定する

コンテンツSEOに取り組む場合、ペルソナ設定も重要です。

杉岡 玲生

ペルソナ設定とは、自社が提供する商品・サービスを利用するユーザー像を練り上げることを意味します。

コンテンツSEOにおいてペルソナ設定が欠かせない理由は、サイトに訪れたユーザーをファン化させる必要があるためです。ペルソナから求められていないコンテンツをいくら制作しても自社の商品・サービスの成約に繋がりません。

また、ペルソナ設定を行わずにコンテンツSEOを進めると、自社の商品・サービスにマッチしないユーザーをサイトに集めてしまう原因になります。

ペルソナ設定をする際は、はじめに自社の商品・サービスを利用する顧客層を整理しましょう。具体的には、どのような性別の利用者が多いのか・年齢層はどのくらいなのかを洗い出します。

自社の商品・サービスを利用する層を洗い出せたあとは、下記の項目に当てはめてペルソナ設定を行いましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 業種
  • 居住地
  • 家族構成
  • 趣味
  • 生活スタイル
  • 自社の商品・サービスを利用してどうなりたいのか
  • 使用するデバイス
  • よく使用するSNS

ペルソナ設定では、架空の見込み客を具体的に作り上げます。「20代女性」のようなおおまかなペルソナ設定では、どのような情報を発信すべきか明確にできません。特定の一人をイメージするようにペルソナ設定を行うことが大切です。

キーワードを選定する

コンテンツSEOを進める際は、対策するキーワードを十分に見極めることが重要です。適切なキーワード選定ができていない場合、似たような記事を複数作成したり、ペルソナとは関連性の低い記事を作成してしまい、効率良く集客することができません。(キーワードの選定方法はこちら

コンテンツSEOを一から始めるサイトの場合は、上位表示を狙いやすいロングテールキーワードから対策することがおすすめです。ビッグキーワードやミドルキーワードは競合が多く、上位表示を狙う難易度が高まります。

なお、キーワードの種類は「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」の3つがあり、各特徴は次のとおりです。

キーワードの種類月間検索ボリュームCVR難易度キーワード例
ビッグキーワード10,000以上SEO
ミドルキーワード1,000〜10,000程度SEO やり方
トングテールキーワード1,000未満SEO やり方 外部

対策するロングテールキーワードを探す際は、将来的に狙いたいビッグキーワードやミドルキーワードを明確にすることから始めます。そこから派生するキーワードを巻き取っていけば、対策すべきロングテールキーワードを洗い出せます。(ロングテールキーワードの詳細はこちら

コンテンツを作成する

キーワード選定を終えたあとは、実際にコンテンツを作成します。対策するキーワードごとに、ペルソナは「どのような情報を知りたいのか」「コンテンツの読了後にどのようになっていたいのか」などを明確にします。

各キーワードを検索するペルソナが求めている情報をコンテンツに落とし込めなければ、Googleなどの検索エンジン上で上位表示を狙えません。コンテンツ作成に取り掛かる際は、はじめにペルソナの検索意図を洗い出すことから始めましょう。

ペルソナの検索意図を明確にしたあとは、「構成作成」→「執筆」の順でコンテンツ作成に取り掛かります。

コンテンツ作成時は、発信する分野について知見がない方でも理解できるように情報を噛み砕いて内容を伝えることが重要です。記事を作成する際に専門用語が出てくる場合は、用語の解説をセットで入れることを意識しましょう。

ほかにも、「伝える内容が飛躍していないか」「サイト内で発信している情報に矛盾が生じていないか」などに気をつけると、理解しやすいコンテンツになります。

定期的にリライトする

公開したコンテンツは、定期的にリライトしましょう。

弓川 堅士

リライトとは、公開したコンテンツに必要な情報を追加したり、古い情報を削除したりする対策のことです。

近年のSEOでは「フレッシュネス」と呼ばれる情報の更新頻度・鮮度が重視されています。コンテンツを公開して放置すると、上位表示できていたとしても検索順位が下がる恐れがあります。

特に、トレンドの移り変わりが激しい業界では、定期的にリライトを進めてコンテンツの情報を更新することが大切です。

リライトはコンテンツに関連するキーワードやSNSなどで流行っている情報、世間のニーズなどを踏まえて行います。「リライトをいつすべきか」については、Googleでキーワードを入力すると直下に表示されるサジェストキーワードの内容が変わるタイミングを参考にしながら、リライトしていきましょう。(SEO対策の効果測定のポイントはこちら

弓川 堅士

サジェストキーワードは、入力したキーワードの他に検索されているキーワードが多い順に表示されます。

コンテンツSEOのメリットや効果

コンテンツSEOのメリットや効果は、次の4つが挙げられます。

以下では、メリットや効果を具体的に解説します。

集客が安定しやすい

コンテンツSEOを進めると、集客が安定しやすくなります。コンテンツを定期的に発信する場合、一つのコンテンツの順位が落ちたとしても複数のコンテンツで上位表示されていれば、サイト流入数が大幅に変動することはありません。

また、検索順位がある程度決まってしまえば、新たに良質な情報を発信するコンテンツが出てこない限りは大幅に入れ替わらない点もコンテンツSEOにおける集客が安定しやすい理由の一つです。

チラシを配ったりやDMを送ったりする集客方法の場合は、不特定多数のユーザーへアプローチするため、コンテンツSEOと比較すると集客が不安定になりやすい傾向です。安定した集客を目指したい場合は、コンテンツSEOに取り組むことをおすすめします。

潜在層にアプローチできる

コンテンツSEOのメリットや効果として、潜在層にアプローチできることが挙げられます。コンテンツSEOでは、ユーザーの抱える悩みを解決するコンテンツを作成してサイト流入数の拡大を図ります。

検索エンジンを活用して悩みを解決したいユーザーのすべてが、自社のことや商品・サービスについて知っているわけではありません。潜在層に有益な情報を届けられれば自社のファンになってもらえ、最終的には商品・サービスの購入に繋がる可能性があります。

たとえば、お悩み系のキーワードには次のようなものがあります。

  • ダイエット 効果 出ない
  • 副業 稼ぎ方
  • パソコン 動かない
  • 仕事 辞めたい など

業界・業種によって異なるものの、「不満・不安を解消したい」という検索意図があるキーワードを総じたのがお悩み系のキーワードです。

オンライン上の資産になる

コンテンツSEOで作成したコンテンツは、オンライン上の資産となります。一度コンテンツを公開すると、削除や非公開にしない限りはWeb上に残り続けます。

サイトを運営している限りは、コンテンツが営業日・休業日を問わず、営業ツールとして自社サイトへの集客をしてくれます。

実際に当記事を発信しているウェブココル株式会社がサポートしたサイトでは、「東京 絵画買取」というキーワードで上位表示を実現した結果、2年ほど上位表示をキープして安定した集客を実現しました。

コンテンツSEOがうまく進めば、将来的にコンテンツが自社の資産として役立ちます。

他の集客方法と比較すると費用対効果が高い

コンテンツSEOは他の集客補法と比較して、費用対効果が高いというメリットがあります。たとえば、コンテンツSEOと同じくGoogle上で行う集客方法のリスティング広告は、広告費をかけ続けなければ集客できません。

ポータルサイトへ自社の情報を掲載する場合は、集客できている・できていないに関係なく掲載料が毎月発生します。ポータルサイト内で上位に表示してもらう際に別途費用がかかるケースも見られます。

チラシを用いる集客方法もありますが、アプローチできる範囲が限られる点がデメリットです。また、効果測定を行いにくく、本当に効果的な集客方法なのかを判断できません。

コンテンツSEOは初期費用こそかかるものの、コンテンツが上位表示化できていけば毎月費用をかける必要がなくなります。最終的には、サイト運営にかかる費用だけで集客することも可能です。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOにはメリットだけでなく、デメリットもいくつか存在します。

コンテンツSEOには、メリットとデメリットを理解した上で取り組むことが大切です。以下では、デメリットを詳しく解説します。

短期間で上位表示させることは困難

コンテンツSEOに取り組む場合、作成したコンテンツを短期間で上位表示させることは困難です。成果を出すためには、中長期的なスパンで地道にサイトを育て続ける必要があります。

コンテンツ公開してから上位表示を実現できるまでには、3ヶ月〜半年程度かかります。ビックキーワードのように競合の多いキーワードで上位表示を目指す際は、1年以上かかるケースも少なくありません。

しかし、コンテンツSEOを通じてサイトを育てていけば、ユーザーやGoogleからの評価が高まり、短期間で上位表示できる可能性があります。また、上位表示を維持しやすくなり安定した集客を期待できます。

上位表示できる保証がない

コンテンツSEOに取り組んだとしても、必ず上位表示できるという保証はありません。検索順位はGoogleが持つアルゴリズムと競合の強さによって決まるためです。

上位表示できる可能性を少しでも高めたい企業は、自社サイトと競合を比較して差分を埋めていくことが大切です。コンテンツSEOの差分を埋める際は、下記の項目を意識しましょう。

  • コンテンツ数を同数もしくはそれ以上にする
  • 発信する情報の質を高める
  • 自社独自の知見・ノウハウを織り交ぜる

競合と同じ対策をするだけでは、上位表示できる可能性が低くなります。ユーザーに「競合よりも有益な情報を発信している」と思ってもらえるコンテンツ作りを意識することが重要です。(上位表示させる方法はこちら

常に最新のSEO対策が必要

コンテンツSEOで安定した成果を出したい場合は、常に最新のSEO対策が必要になります。SEO対策は流動性が高く、Googleが持つアルゴリズムが変わるたびに検索順位が変動します。

そのため、1、2年前まで効果的だった施策が今では効果が得られないというケースも少なくありません。実際に、一昔前まで通用していた施策でサイト運営をすると「上位表示できない」「既存コンテンツの検索順位が下がった」という声も耳にします。

上位表示を維持し続けたい場合は、SEOに関する最新のトレンドをコンテンツ作成に反映させることが大切です。

閲覧数が急増したコンテンツSEOの成功事例

ウェブココル株式会社では、支援したサイト・自社で運営しているメディアでサイト流入数を増やすことに成功しています。閲覧数が急増したコンテンツSEOの成功事例の一例として、下記のサイトが挙げられます。

以下では、どのような情報を発信したことで閲覧数が急増したのかを解説します。

美術品買取専門店「獏」
https://www.baku-art.co.jp/

獏は美術品買取専門店のサイトで、ウェブココル株式会社が支援したサイトの一つです。作者や作品名を絡めたキーワードでコンテンツを作成して、サイト流入数が462PVから44,814PVに増加(約97倍)しました。

また、「東京 絵画買取」「大阪 絵画買取」「福岡 絵画買取」というキーワードで上位表示を達成し、地域におけるブランディングの確立にも繋がりました。(事例の詳細はこちら

なるほど福岡

なるほど福岡
https://www.naruhodo-fukuoka.com/

なるほど福岡は、ウェブココル株式会社が運営しているメディアの一つです。福岡で行われるイベントや観光地、グルメの情報などを中心に発信して福岡に在住している方から福岡へ旅行する方まで幅広い層へアプローチしています。

これまでに、1,000記事以上を公開して「福岡 おもしろスポット」「福岡 食べ歩き」「糸島 ジェラート」など「地名+〇〇」の複数のキーワードで上位表示を実現しており、月間のアクセス数は約22万PVまで増加しています。

キャリアクラス

転職サイト「キャリアクラス」
https://www.career-class.com/

キャリアクラスは、「すべての転職に寄り添いたい」というコンセプトのもとウェブココル株式会社が運営しているメディアです。転職に悩む20〜50代へアプローチするコンテンツを作成し、月間のアクセス数は約10PVまで増加しています。

サイト全体で狙うペルソナは多いものの、毎月多くのコンテンツを作成することで情報量をカバーしています。

コンテンツSEOを行う際のおすすめキーワード選定ツール|キーワードプランナー

コンテンツSEOに取り組む際は、キーワードの検索ボリュームを調べられるツールを活用することが必須です。さまざまな企業からキーワード選定ツールが出されているものの、一番おすすめなのはキーワードプランナーです。

キーワードプランナーはGoogleから出されているツールであり、「情報の信頼性が高い」と評判です。実際に、SEO対策を専門に行う業者でもキーワードプランナーを活用しています。

キーワードプランナーの特徴は下表のとおりです。

項目詳細
名称キーワードプランナー
価格無料
できること各キーワードの月間検索ボリュームの調査
競合性の確認
関連するキーワードの調査
公式HPhttps://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

キーワードプランナー以外のキーワード選定ツールについて知りたい方は、「キーワードプランナー代わり7選」という記事を参考にしてください。(キーワードプランナーの代わり7選はこちら

コンテンツSEOを外注する際の費用目安

コンテンツSEOを外注する際は、コンテンツ本数×単価で費用を算出できます。依頼するコンテンツ数が増えるほど費用がかかる料金形態です。

下記は、SEO対策会社・フリーランス・クラウドソーシングでコンテンツSEOを依頼する際のコンテンツ1本あたりの費用目安をまとめた表です。

依頼先費用目安(1コンテンツあたり3,000文字程度の場合)
SEO対策会社3万円以上
フリーランス1.5万〜3万円
クラウドソーシング数千円〜1.5万円

依頼先によって費用目安は異なります。たとえば、SEO対策会社へ1ヶ月あたり5本のコンテンツを依頼する際は15万円程度かかることが基本です。

フリーランスやクラウドソーシングへ依頼する際は費用を抑えられますが、「効果的な施策を講じてもらえない」「コンテンツの質が低い」という可能性があるため、実績を確認した上で依頼するのがおすすめです。

コンテンツSEOで成果を出したい企業は費用こそかかるものの、SEO対策会社へ依頼したほうが目的や目標に繋がりやすい施策を提案してもらえます。

コンテンツSEOに関するよくある質問

コンテンツSEOに関するよくある質問は次のとおりです。

以下では、各質問の回答を紹介します。

テクニカルSEOとの違いは?

テクニカルSEOとは、サイトの情報を適切に検索エンジンへ伝えるためにURLやタグ、サイトの階層構造などの内部を最適化する施策のことです。

コンテンツSEOとテクニカルSEOでは、対策する相手に違いがあります。コンテンツSEOではユーザーと検索エンジン、テクニカルSEOでは検索エンジンを相手に対策します。

コンテンツSEOを学べるセミナーはある?

SEO対策会社によっては、コンテンツSEOの成功事例などを学べるセミナーを開催しています。

ウェブココル株式会社では、2023年1月時点で直近に開催するセミナーはありませんが、「Webサイトのアクセスを97倍成長させた記事制作のコツ」というSEOに効果的なコンテンツ制作のノウハウをまとめた資料を無料で配布しております。(Webサイトのアクセスを97倍成長させた記事制作のコツはこちら

コンテンツSEOで成果を出したい企業は、ぜひ参考にしてください。

コンテンツSEOを行っても効果がでない場合はウェブココルへ

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

コンテンツSEOを行い、複数のキーワードで上位表示できると幅広い潜在層へのアプローチおよび安定した集客ができます。結果として、問い合わせ数や売上の拡大に繋げることが可能です。

Web集客を加速させたい企業は、ウェブココル株式会社へご相談ください。次のような強みを持って、お客様のSEO対策を支援しています。

  • 地場企業に特化しており地域集客やブランディングに強い
  • 複数のメディアを運営している知見から再現性のあるSEO対策を提案できる
  • 内製組織のため他のSEO対策会社よりも低価格でサービスを提供できる

特に地域に根ざしたビジネスを拡大させたい企業への支援に強く、これまでに「地域名×〇〇」というキーワードで数多くの上位表示を実現してきました。結果として集客の拡大・地域ブランディングの獲得に成功しています。

また、複数のメディアを同時に運営しながら施策のテストを繰り返し、再現性の高いSEO対策のノウハウを有しています。各業界・職種に適した施策の提案が可能です。

「SEO対策の効果が出ない」と悩んでいる場合は、ぜひウェブココル株式会社へお問い合わせください。

コンテンツSEOまとめ

コンテンツSEOは、サイト流入数を増やす上で欠かせないSEO対策の一つです。内部対策や外部対策も重要ですが、コンテンツSEOを通じてロングテールキーワードの対策をしなければ意味がありません。(内部対策の詳細はこちら外部対策の詳細はこちら。)

コンテンツSEOを進める際は、目的や目標、ペルソナを設定した上で対策するキーワードを洗い出します。いきなりコンテンツ作成に入ると方向性が定まらず失敗するため注意してください。

コンテンツSEOがうまく進めば、安定した集客や潜在層にアプローチできビジネスを拡大する機会を増やせます。

もし、現状でコンテンツSEOに取り組んでいるにもかかわらず、「成果が出ない」と悩んでいる方はウェブココル株式会社へお問い合わせください。自社メディアを運営して得たノウハウをもとに、最適な施策の提案・実施をいたします。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次