SEOコンサルティングの詳細を見る

SEOで順位復活させる方法|下落した原因や順位復活の注意点を紹介

本記事では、検索順位が下落したサイトが順位復活に向けて進めるべき対策・注意点などを解説します。

Googleはユーザーに最適な検索結果を提供するために、検索アルゴリズムをアップデートしたり、ガイドラインを強化したりしています。多くのサイトは、検索アルゴリズムの方針などが変わるたびに検索順位が変動し、その都度、必要な施策を講じ続けて検索順位の維持・改善を測っています。

サイトの検索順位を復活させるには、原因の特定から効果的な施策を講じるまでのプロセスが重要です。しかし、近年は検索アルゴリズムが複雑化しており、企業のサイト運用担当者が業務の片手間に検索順位を改善することが難しくなっています。

本記事を読めば、検索順位が下落したときに考えられる原因、および必要な対策を理解できるため検索順位の改善を効率的にできます。「検索順位復活に向けて効果的な施策を講じたい」と考えている担当者は、ぜひ参考にしてください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

検索順位が下落したときに考えられる原因

検索順位が下落したときに考えられる主な原因は次の5つです。

以下では、各原因について詳しく解説します。

アップデートの影響を受けた

検索順位が下落したときは、自社サイト・ページがアップデートの影響を受けたと考えられます。Googleは検索結果の質を向上させるために、日々検索アルゴリズムをアップデートしています。

検索アルゴリズムのアップデートに関する情報は、GoogleのTwitterGoogle検索セントラルなどで確認することが可能です。

例えば2023年4月現在では、2022年12月にE-A-Tという指標がE-E-A-Tに変わったことに伴い、サイト運営者・編集者などの経験を織り交ぜたコンテンツ作成が求められる検索アルゴリズムになっています。

弓川 堅士

E-E-A-Tとは、経験(Experience)・専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trust)の4つから成る指標のことです。指標のなかでも、「信頼」が特に重視されています。

もし、サイトの信頼性について不足があると考えられる際は、E-E-A-Tについて詳しく理解することがおすすめです。
E-E-A-Tに関する詳細はこちら

相対的に競合サイトの順位が上がった

相対的に競合サイトの順位が上がった場合も、自社サイト・ページの検索順位は下落します。競合サイトが関連して検索順位が下がったと思われるときは、競合サイトへ新たなコンテンツが追加されていないかをチェックしてください。

競合サイトの更新状況を効率的に調べたい場合は、Wayback Machine(ウェイバックマシン)を活用することがおすすめです。

杉岡 玲生

ウェイバックマシンとは、過去のサイト・ページ状況を調べられるツールのことです。競合サイトや自社サイトの振り返りを手軽にできるため、SEO対策を進める際に有効です。

検索順位に変動が見られる際はウェイバックマシンを使って、競合サイトにどのようなコンテンツが追加されたのかを調査・分析して、自社サイトとの差分を埋める必要があります。

ガイドラインに抵触しペナルティを受けている

検索順位が下落したときは、Googleが設けているガイドラインに抵触してペナルティを受けていることも考えられます。

弓川 堅士

なお、ペナルティにはGoogleのスパムチームが手動で行う「手動ペナルティ」と、システムによって判断が下される「自動ペナルティ」があることを知っておきましょう。

主な違反に関しては、Google検索セントラルの「Googleウェブ検索のスパムに関するポリシー」へまとめられています。自社サイトを運営する際に、下記のような取り組みをしている場合はポリシー違反に該当しているかもしれません。

  • 隠しテキストと隠しリンク(背景とテキストを同色にする、目立たない部分にリンクを貼る)
  • キーワードの乱用(付加価値のないテキストの羅列、同じ単語を不自然に繰り返す)
  • 無断複製されたコンテンツ(他サイトのコンテンツを無断複製する)
  • 不正なリダイレクト(ユーザーとGoogleに異なるコンテンツをリダイレクトする)
  • リンクスパム(金銭・物品などでリンクを売買する) など

自社サイトがガイドラインに抵触してペナルティを受けているのかを調べたい場合は、Googleサーチコンソールを活用しましょう。

杉岡 玲生

Googleサーチコンソールとは、サイトの状況を分析できるGoogleから出されているツールです。ペナルティの状況だけでなく、ユーザーがどのようなキーワードで自社サイトへ流入しているのかも調べられます。

もし、手動ペナルティを受けているときは、Googleサーチコンソールの左側にある「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」へ通知が届きます。ペナルティとなる部分を修正し、再審査リクエストに通れば下記のような画面になります。

一方で、自動ペナルティの場合はGoogleサーチコンソールに通知が届かず原因特定は困難です。Googleのアップデート情報などを頼りに、何が原因なのかを手探りで探す必要があります。

重複コンテンツと判断された

Googleから自社サイトのコンテンツが重複コンテンツと判断されたときも検索順位は下落します。

弓川 堅士

重複コンテンツとは、タイトル・見出し・テキストなどの内容が類似しているコンテンツのことです。コピーコンテンツと呼ばれる場合もあります。

例えば、記事コンテンツを作成した際に、上位表示されているページを焼き回ししたような内容になっている場合は重複コンテンツだと判断される可能性が高くなります。また、自社サイト内で同じような記述が多いページ同士も重複コンテンツに該当する恐れがあります。

競合サイトの記事コンテンツと重複していないかを調べたいときには、CopyContentDetectorを活用することがおすすめです。CopyContentDetectorを使えば、重複コンテンツとみなされている記事コンテンツが競合サイトとどの程度似ているのかを、類似度・一致率などの観点から調査できます。

自社サイトの記事コンテンツ同士が重複し合っている可能性がある場合は、Googleサーチコンソールの「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」を確認してください。「問題は検出されませんでした」と記されていれば、自社サイト内で重複していないことが判断できます。

更新頻度が低い

更新頻度が低い場合も、検索順位は下落する可能性があります。特に、フレッシュネス指標が重視されるキーワードの場合は、最新の情報が求められるため、古い情報を掲載しているサイト・ページは検索順位が下がりやすくなります。

杉岡 玲生

フレッシュネス指標とは、2011年に導入された最新情報を掲載しているサイト・ページを評価するアルゴリズムのことです。

対策しているキーワードがフレッシュネス指標に該当するのかを調べる一つの方法として、バーディカルバーをチェックすることが挙げられます。

弓川 堅士

バーティカルバーとは、検索窓の下部に表示される「すべて」「画像」「動画」「ニュース」などと書かれているバーのことです。

下記の画像のように、「ニュース」が左側にきている場合はフレッシュネス指標が重視されやすいキーワードの可能性が高いと言えます。フレッシュネス指標を意識して改善したいときには、サイト・ページの更新頻度を上げたり、内容を最新情報へ差し替えたりすることが大切です。

検索順位を復活させるための対策

検索順位が下落した場合は、何らかの施策を講じなければ改善できません。検索順位を復活させたいときには、下記で挙げる対策へ取り組むことをおすすめします。

以下では、検索順位を復活させるための対策を詳しく紹介します。

原因を特定する

検索順位が落ちた際には、何が原因なのかを特定することから始めましょう。検索順位が下落する原因はさまざまであり、原因に応じて最適な対策をとることが欠かせません。

まずは、検索順位が下がった日から1〜2週間以内に実施した施策をピックアップすることが大切です。講じた施策のなかに、Googleのガイドラインに抵触するものが出てくる可能性はゼロではありません。施策のピックアップとあわせて、直近のアルゴリズムの調査もあわせて行います。

さまざまな観点から施策とアルゴリズムを俯瞰し、検索順位が下がった理由について仮説を立てていきます。

競合サイトとの差分を埋める

自社サイトの検索順位が下がったときは、自社サイトの優れない部分を洗い出すだけでなく、検索順位が上がった競合サイトの分析も進めます。検索順位が変動する場合、競合サイトがGoogleから評価されやすい新たな施策を講じていることも考えられるためです。

自社サイトと競合サイトを比較する際には、ahrefsやSEMSEMRUSHなどのSEO対策ツールを活用し、さまざまな項目をチェックしましょう。比較したときに競合サイトとの差分がある場合は、同様の施策を講じられないかを検討することが重要です。

アップデートの内容に準じた対策を行う

アップデートが原因で検索順位が下がった場合は、アップデートの内容に準じた対策を講じましょう。

アップデートの情報は、GoogleのTwitterGoogle検索セントラルなどで調べられます。また、SEO対策に関する豊富な知識を持つ企業・著名人のSNSから、アップデートに関する見解を確認することもおすすめです。

もし、アップデート時に新たな評価対象が追加されているようであれば、自社サイトで不十分な部分を補う施策を進めてください。

検索意図を汲み取りコンテンツを追加する

検索順位が下がったときには、既存のコンテンツがユーザーの持つ検索意図に応えられなくなっていることが考えられます。そのため、検索意図を汲み取り直し、必要な情報・内容を補うことを進めるのが重要です。

なお、既存のコンテンツに対して新たな情報を追加したり、不要な情報を削除したりすることをリライトと言います。

リライト時に検索意図を汲み取り直したいときは、サジェストキーワード・再検索キーワードやYahoo!知恵袋、Twitterなどを活用することがおすすめです。各キーワードや媒体を活用すると、コンテンツを公開したときと現在でどのようにユーザーの検索意図が変化したのかを明確にできます。

弓川 堅士

サジェストキーワードとは、検索窓の下に表示される関連キーワードのことです。

再検索キーワードとは、検索結果のページ下部に表示される「ユーザーが次に知りたい」とGoogleが判断しているキーワード群を指します。

検索意図を洗い出した結果から、現在のトレンドとは合わない情報を掲載している場合は最新の情報に差し替える、新たな検索需要に応える必要がある際はコンテンツ内に新たなテーマを追加するなどのリライトを進めます。

バーティカル検索に対応する

検索順位を復活させるには、バーティカル検索に対応する施策を講じることが重要です。バーティカルバーの項目は、ユーザーの検索意図を満たす順番に並んでいます。

例えば、バーティカルバーの左側に「動画」がきている場合、コンテンツ内へ動画を差し込むことが大切です。特に、テキストのみで解説することが難しいジャンルは、動画を挿入することで検索順位が改善されるケースが珍しくありません。

また、バーティカルバーの左側が「地図」になっているときは、店舗・施設などの住所やアクセス方法を記載することもちろん、Googleマップを挿入すると検索順位を改善できるでしょう。

関連性のある質の高いサイトからリンクを獲得する

SEO対策ツールで自社サイトと競合サイトを比較した際に被リンク獲得数で劣っている場合は、関連性のある質の高いサイトから被リンク獲得を狙うことが重要です。

ここで言う、関連性のある質の高いサイトとは、同業界かつ上位表示しているページが多いサイトのことです。ドメインパワーが高い同業界のサイトも関連性のある質の高いサイトとして挙げられます。

杉岡 玲生

被リンクとは、自社サイトのリンクを外部サイトへ貼ってもらうことです。被リンクを獲得すると、Googleから評価してもらえる可能性が高まり、上位表示を獲得しやすくなります。
被リンクに関する詳細はこちら

ドメインパワーとは、Googleから評価されている指標を数値化したものです。一般的には0〜100で示されることが多く、数値が高いほどドメインパワーが高いと言えます。
ドメインパワーに関する詳細はこちら

被リンクを獲得して自社サイトの評価を高めたい場合は、競合サイトと同じサイトから被リンクを得られないかを検討します。他には、独自調査した結果をプレスリリースという形でまとめて、PR TIMESなどで配信することも有効です。

サイトの専門性を高める

検索順位を復活させたいときは、サイトの専門性を高めることが大切です。サイト全体をE-E-A-Tの観点で見た際に、記事の内容や発信する情報が複数のジャンルになっている場合は専門性が欠けてしまい、Googleから評価されにくくなります。

近年の傾向として、特定のジャンルに絞って情報を発信しているサイトは、記事数が少なくても専門性が高いサイトとして評価されています。サイト内で複数のジャンルを取り扱っている場合は、何に特化すべきなのかを社内で検討してみましょう。

ペナルティを受けている場合は解除申請を行う

ペナルティのなかでも、手動ペナルティを受けたことが原因で検索順位が下がっている場合は解除申請を行いましょう。Googleから手動ペナルティを受けても、サイトを適切に改善すれば以前と同様の検索順位まで復活する可能性があります。

ペナルティの解除申請を進める際は、次の手順で進めることが一般的です。

  1. Googleサーチコンソールの「セキュリティと手動による対策」から「手動による対策」を開く
  2. 表示される警告メッセージからペナルティの内容を把握する
  3. ペナルティの内容を修正する
  4. 「手動による対策」から「再審査をリクエスト」を開く
  5. ガイドラインに違反していると考えられる項目の一覧や修正した内容などの記述をする
  6. 必要事項を記載したあとは再審査リクエストを送信する

解除申請を進める際には、「何を」「どのように修正したのか」をGoogle側へ伝わるように記述することが重要です。

例えば「キーワードの乱用」でペナルティを受けた際には、「Google検索セントラルに記載されている内容をもとに、キーワード適切な形で配置したコンテンツへ作り変えました。」などと記載し、修正内容をGoogle側へ伝えます。

サイトによっては、複数のスパム行為が関連してペナルティを受けているケースも少なくありません。Google検索セントラルの「Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー」でスパム行為について詳しく知ることをおすすめします。

基本的には、再審査をリクエストしてからペナルティが解除されるまでには、1週間程度かかることが一般的です。ただし、ペナルティの内容や再審査をリクエストした時期によっては、1週間以上かかるケースがあることも知っておきましょう。

自動ペナルティの場合は、Googleサーチコンソールを活用して何が原因でペナルティを受けたのかを調査したり、再審査をリクエストしたりすることができません。

ペナルティの内容は、自社サイトとGoogle検索セントラルの情報を照らし合わせながら手探りで探すことになります。

自動ペナルティを解除してもらうには、検索アルゴリズムによってサイトを再び評価してもらえるまで待つ必要があります。サイト全体の順位が改善される動きが見られたときには、自動ペナルティが解除されたと判断してよいでしょう。

スパムリンクを否認する

リンクスパムが原因で検索順位が悪化した際には、スパムに該当するリンクを否認することが大切です。主に、下記の項目に該当するリンクはスパムリンクに該当するため否認することをおすすめします。

  • ランキングを上げることを目的としたリンクの売買。次のようなものが挙げられます。
    • リンク自体やリンクを含む投稿に関して金銭をやり取りする
    • リンクに関して物品やサービスをやり取りする
    • 特定の商品について記載してリンクを設定してもらうのと引き換えにその商品を送る
  • 過剰な相互リンク(「リンクする代わりにリンクしてもらう」)や、相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成する
  • 自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成する
  • 第三者のコンテンツ所有者に対し、アウトバウンド リンクに修飾属性を適用するかどうか選ぶ権利を与えずに、特定の利用規約や契約、または同様の取り決めの一部として、リンクを義務付ける
  • ランキング クレジットをブロックしないテキスト広告またはテキストリンク
  • ランキング クレジットを転送するリンク、または他のサイトで配布されている記事、ゲスト投稿、プレスリリース内の作為的なアンカー テキスト リンクを含む記事に対して支払いが行われる記事広告やネイティブ広告。たとえば次のようなものです市場には多くの結婚指輪が流通しています。結婚式を挙げるなら、最高の指輪を選ばなければなりません。花やウェディング ドレスの購入も必要になります。
  • 質の低いディレクトリやブックマーク サイトのリンク
  • さまざまなサイトに配布されるウィジェットに埋め込まれている、大量のキーワードを含む非表示のリンクや低品質のリンク
  • さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク
  • フォーラムでのコメントにおいて、投稿や署名の中に含まれる作為的なリンク
引用:Google検索セントラル「Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー」

上記のようなリンクが自社サイトへ当てられている場合は、Googleサーチコンソールを活用して否認しましょう。自社サイトへ当てられているリンクを調べる際には、Googleサーチコンソールの「リンク」から、右上にある「外部リンクをエクスポート」開きます。

その後、明らかにスパムリンクと思われるリンクや身に覚えのないサイトから当てられたリンクなどを、Googleサーチコンソールの「リンクの否認」ページへアップロードします。

Googleサーチコンソールのエラーを解消する

検索順位を復活させたい場合、Googleサーチコンソールエラーを解決することも重要です。Googleサーチコンソールエラーは、サイトを最適化させるために表示されています。放置している状態ではSEO評価が下がる一方であり、検索順位を改善することが難しくなるでしょう。

Googleサーチコンソールエラーは、下記で挙げるGoogleサーチコンソールのページで確認します。

  • インデックス作成>ページ
  • インデックス作成>動画ページ
  • インデックス作成>サイトマップ
  • 拡張>パンくずリスト
  • セキュリティと手動による対策

例えば、サイト内のページにエラーがある際には、インデックス作成>ページで次のように表示されます。

各項目を開くと、エラーに該当するページを調査できます。必要に応じて修正作業を進めて、エラーを減らすことが重要です。

Google検索品質評価ガイドラインを遵守する

検索順位を復活させたいときには、Google検索品質評価ガイドラインを遵守したサイト運営を意識することが大切です。

弓川 堅士

Google検索品質評価ガイドラインとは、Googleが検索結果の品質を評価するために、外部の品質評価担当者向けに評価内容を示した資料のことです。

Google検索品質評価ガイドラインに掲載されている評価内容の根本は変わりませんが、細かい部分は年に数回程度更新されています。

例えば、Google検索品質評価ガイドラインをあまり確認せずにサイト運用をしてきた方の場合は、SEO対策を勉強したときと現在で、Googleの評価項目に変化が生じている可能性があります。

自社サイトとGoogle検索品質評価ガイドラインを照らし合わせて、評価項目を満たせていない部分は改善していくことが重要です。

順位復活を目指す際の注意点

検索順位を改善する際には、下記の注意点を知っておきましょう。

以下では、各注意点について詳しく解説します。

順位が急落した場合は長期間での順位復活を目指す

検索順位が10位以上急落した際は、長期間での順位復活を目指すことが基本となります。検索順位を上げる際に、一気に改善できる施策はありません。

検索順位が大幅に下落した場合は、検索アルゴリズムに大幅なアップデートがあったと考えられます。まずは、コンテンツの質・ドメインパワー・E-E-A-Tなど、さまざまな観点から検索順位が急落した原因について仮説立て施策を講じていくことが大切です。

ペナルティを受けた場合は低評価を受けた箇所の改善から実施する

ペナルティを受けたことが原因で検索順位が下がった場合は、低評価を受けた箇所の改善から実施しましょう。SEO対策とひと口に言っても、マイナスを0にする施策と0から90、100を目指す施策の2つに分類できます。

サイトが低評価を受けているときは、サイトを伸ばす施策をするよりもサイトを改善する施策を講じたほうが検索順位を回復させやすい傾向です。まずは、ペナルティを受けた箇所の原因特定から力を入れて、マイナス評価をなくすことが重要です。

自社内で全て解決しようとせずに専門の業者を頼る

近年は検索アルゴリズムが複雑化しており、「特定の施策を講じたから検索順位を改善できる」とは言い切れません。SEO対策に関して明るくなければ、原因を特定することを容易に進められないでしょう。

また、誤った施策を講じてしまうと検索順位復活を目指すことが困難になったり、自社サイトが検索結果に表示されなくなったりすることも考えられます。

原因特定や効果的な施策を打つのに足踏みをする場合は、SEO対策を専門に行う業者へ依頼することがおすすめです。SEO対策会社の一つ、ウェブココル株式会社はさまざまな観点から検索順位が下がった原因を特定し、最適な施策を立案できます。

検索順位の改善を今すぐに進めたい場合は、ウェブココル株式会社へお問い合わせください。

順位復活が難しいサイトの特徴

検索順位が悪化した場合、適切な施策を講じればどのようなサイトの検索順位も改善できる可能性はあります。ただし、下記のような特徴を持つサイトは、検索順位を復活させることが難しいことを知っておきましょう。

以下では、各サイトで検索順位を復活させることが難しい理由を解説します。

ペナルティを受けたサイト

ペナルティを受けたサイトは検索順位を改善するために、低品質なページの特定やコンテンツの改善、新規ページの制作などに取り組む必要があります。競合サイトとの差分が原因で検索順位が下落したときと比較すると、効果的な施策を講じるまでに時間がかかる傾向です。

他にも、ペナルティに関わる部分を修正したとしても、Googleからペナルティを必ず解除してもらえるとは限りません。誤った施策を講じると、別の問題で検索順位が悪化するケースも見られます。

ペナルティを受けたサイトを対策する際は、検索順位を復活させられる成功確度が低い、かつ時間と工数がかなり必要になる点を理解しておきましょう。ペナルティの状況によっては、サイトを作り直したほうがSEO対策を進めやすい場合もあります。

YMYL領域にて順位が急落したサイト

YMYL領域に携わっているサイトも、検索順位を改善することが難しいと言われています。

杉岡 玲生

YMYL領域とはお金・健康・幸福など、人生に大きく関わる領域の総称です。主に、金融業界・医療業界などがYMYL領域に該当します。

YMYL領域は人生に密着したジャンルであることから、検索結果が他のジャンルよりも厳しく精査されています。質の高いコンテンツを提供することはもちろん、情報の正しさやどのような機関から発信された情報なのかなどが特に重要視されています。

YMYL領域に携わっているサイトの検索順位が下落する原因は、主に次のとおりです。

  • 医療広告ガイドラインに抵触している
  • E-E-A-T面で低評価を受けている

YMYL領域は対策する項目が多く、検索順位が一度落ちてしまうと、短期間で復活させることが難しい傾向です。近年は、企業が運営するサイトでも、Googleが掲げるガイドラインに沿った運用ができていない、E-E-A-T面が弱いなどの特徴があるサイトは、軒並み検索順位が下がっています。

上記で挙げた項目は、自動ペナルティに該当するケースが多く、手動ペナルティのようにツールを使って改善点を見つけることが困難です。自社で改善することは難しいため、ウェブココル株式会社のようにSEO対策を専門的に視点している業者へ相談することをおすすめします。

順位復活のご相談はウェブココル株式会社へ

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

一度下落した検索順位を復活させるためには、原因を突き止め、効果的な施策を講じることが重要です。

サイトの状況によって異なるものの例えば、競合サイトとの差分を埋めたり、アップデートの内容に沿った対策をしたり、ペナルティを解除したりすることで、検索順位を復活させられます。

ただし、検索順位を改善する上で講じる施策が多くなる場合は、検索順位がもとに戻るまでに時間と工数がかなり必要になることを知っておきましょう。

また、検索順位はGoogleがブラックボックス化している検索アルゴリズムによって決めているため、施策を講じたとしても必ず成果が出るとは言い切れません。

検索順位を復活できる可能性がある施策を提案してもらいたい企業の担当者は、ウェブココル株式会社へご相談ください。ウェブココル株式会社では、SEO対策に詳しい専門のコンサルタントがサイトの状況を多面的に分析して、効果的な施策を提案できます。

検索順位を改善するのに必要な施策立案もできるため、検索順位の改善に困っている場合は、ウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次