SEOコンサルティングの詳細を見る

【売上・集客UP】歯科医院・歯医者が行うべきSEO対策|成功事例やSEO対策費用相場も紹介

当記事では、歯科医院のサイトで取り組むべきSEO対策、歯科院のサイトにおけるSEO対策の成功事例、SEO対策費用の相場を解説します。

近年は、歯科医院の情報をインターネット上で探すユーザーがほとんどです。来院者数を増やすためにはチラシやDMでアプローチするだけでなく、SEO対策を講じてWeb集客に力を入れることが大切です。

しかし、SEO対策で集客する場合、小手先の施策を講じてもうまくいきません。安定した集客を実現したい歯科医院は、基本的なSEO対策を進める必要があります。

当記事を読むことで、歯科医院のサイトに必要な基本的なSEO対策を理解でき、サイト流入数や予約数の増加に繋げられる可能性があります。SEO対策を用いて安定した集客を実現したい歯科医院はぜひ参考にしてください。

「自社でSEO対策を進めるリソースを確保しにくい」「SEO対策の外注を検討している」という歯科医院は、ウェブココル株式会社にご相談ください。

ウェブココル株式会社は、歯科医院のように地域に根ざしたビジネスを拡大させるSEO対策を得意としています。これまでに多くの「地域名+〇〇」というキーワードで上位表示を実現させ、さまざまな企業のサイト流入数・ブランディング力向上に貢献してきました。

※「地域名+業種」のSEO対策は、1地域につき1社限定で請け負っております。地域での来院数を増やしたい歯科医院は、お早めにお問い合わせください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

歯科医院がSEO対策を行う目的

歯科医院がSEO対策を行う目的

SEO対策とはGoogleなどの検索エンジン上で自社サイトを上位に表示させ、サイト流入数を増やす施策のことです。特別指定がない場合は、Google上で行う施策のことをSEO対策と呼びます。

歯科医院がSEO対策をする目的は、問い合わせや来院者を増やすことです。近年はSNSが普及していますが、ユーザーが歯科医院を探す際は検索エンジンで近くにある歯科医院を検索することがほとんどです。

弓川 堅士

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などネット上のWebページや画像、動画を検索するもの指します。

また、「地域名+歯科医院」のキーワードで上位表示されれば、より多くのユーザーに自身の歯科医院の名前を見てもらうことができるため、「◯◯地域の歯科医院は=□□歯科医院」という地域ブランディングに繋げることもできます。

歯科医院がSEO対策をするメリット

歯科医院がSEO対策をするメリットは、主に次の3つが挙げられます。

  • 安定した集客が見込める
  • 利益率を高められる
  • 潜在層にアプローチできる

SEO対策がうまく進めば上位表示できるキーワードが多くなり、安定した集客が見込めます。検索順位が一度安定すると、自社で発信している情報よりも有益な情報を発信しているコンテンツが出てくること等がない限り、検索順位が大幅に変動することはほぼありません。

杉岡 玲生

コンテンツとは、文章や画像、動画、図などで作られた情報を指します。

本記事も「コンテンツ」に該当します。

そのため、上位表示できるキーワードが多くなるとユーザーにサイトを見てもらう回数とWeb集客のどちらもが安定します。

SEO対策は数ある集客方法のなかでも、利益率を高めやすいマーケティング手法です。SEO対策で検索順位が安定してくると、記事のメンテナンス代などが中心になるため毎月の広告費が徐々に減少していく傾向にあります。ポータルサイトなどで毎月広告費をかけている歯科医院の場合は、SEO対策を進めると利益率を高められる可能性があります。

SEO対策の魅力は、潜在層にもアプローチできる点です。Googleなどの検索エンジンで何かを調べるユーザーは、抱えている悩みを解決したいと考えています。

歯科医院の場合であれば、「歯周病 予防方法」「虫歯 放置」「親知らず いつ抜く」など歯のお悩みに関する記事を制作することで、潜在層へアプローチすることが可能です。実際に、SEO対策の一環で制作した記事経由で問い合わせや来院に繋がるといったケースは珍しくありません。

歯科医院がSEO対策をするデメリット

SEO対策にはメリットだけでなくデメリットも存在します。下記は、歯科医院がSEO対策をするデメリットの一例です。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • SEO対策に関する最新情報を常に追い続ける必要がある
  • 上位表示できる保証はない

SEO対策は施策を講じても、成果が出るまでに時間がかかります。サイトの規模や業界などによって異なるものの、SEO対策の成果が出るまでには3ヶ月から半年程度の期間が必要です。検索ボリュームが多く、競合サイトが多いキーワードの場合は、年単位で対策する必要があります。

SEO対策で成果を出し続けるには、SEO対策に関する最新情報を常に追い続けなければなりません。近年のSEO対策は複雑化しており、効果的なSEO対策は日々変化しています。常に最新のSEO対策に関する情報を収集し、それらを実践していくことが重要です。

また、歯科医院が自社でSEO対策を進める場合は、患者さんの治療とあわせてSEO対策を行うことになるため、時間的なリソースが足りず、「成果が出るまでに時間がかかる」「SEO対策に失敗してしまう」という事例が多くあります。

SEO対策を講じたからと言っても、必ず上位表示できるという保証はありません。Googleなどの検索順位は、さまざまなアルゴリズムと競合サイトが作用して決まるためです。したがって、Aという業界では通じた施策がBという業界では通じないというケースも複数見られます。

杉岡 玲生

一方で、Googleからの評価が高まると業界を問わず、上位表示を実現しやすくなる傾向があります。

たとえば、弊社が担当した美術品買取店のサイトでは、記事などで情報発信を継続的に行なった結果、Googleからの評価が高まり2年ほど上位表示を継続できています。

SEO対策は歯科医院にとって費用対効果が非常に高い集客方法

歯科医院にとってSEO対策は、費用対効果が非常に高いWeb集客の方法です。歯科医院がWeb集客をする際はEPARK歯科やドクターズファイルなどのポータルサイトに頼る機会が多いものの、中長期的に見ると自社でSEO対策を進めるほうが費用対効果は高くなります。

ポータルサイトは媒体の価値が上がると掲載費用が高騰する傾向にあります。もし、ポータルサイトを利用している場合は将来的に運用コストが高くなる可能性もあるため注意しておきましょう。

また、集客できていない状態でも掲載費用はかかり続け、ポータルサイト内で上位表示させるには追加費用が必要になる場合があります。

SEO対策とポータルサイトを比較すると初期のサイト流入数こそポータルサイトに軍配は上がりますが、中長期的なサイト流入数・費用対効果はSEO対策のほうが勝ります。Web集客に力を入れたい歯科医院は、SEO対策を進めることがおすすめです。

歯科医院が最初に取り掛かるべきSEO対策5選

歯科医院のシアトでSEO対策を進める際は、まず下記で挙げる5つの項目から取り組みましょう。

ここからは、はじめに取り組むべき5つのSEO対策を詳しく解説します。

読者と検索エンジンの両方にとってわかりやすいサイト設計にする

SEO対策を進める際は、読者と検索エンジンの両方にとってわかりやすいサイト設計にする必要があります。具体的には次のような対策を講じて、わかりやすいサイト設計にすることが大切です。

ユーザーへの対策

ユーザーにとってわかりやすいサイト設計にするには、歯科医院の情報・治療に関する知識などを過不足なく伝えられるコンテンツが必要になります。

コンテンツをただ公開するだけでなく適所に関連するコンテンツのリンクを貼り付けて、内部リンクの構造を整えることも重要です。

弓川 堅士

内部リンクとは、サイト内でページ同士を繋げることを意味します。

内部リンクを活用し、ユーザーが知りたい情報を簡単に得られるように整備することをリンク構造最適化と言います。

検索エンジンへの対策

検索エンジンにとってわかりやすいサイト設計にするには、サイトの階層を正しく分けてクロールしやすい環境に整備することが大切です。

たとえば、ユーザーの悩みを解決する記事を掲載する場合は「ブログ」というカテゴリーをサイト内に設けて、そのなかで記事を公開していきましょう。

階層を意識せずにサイトを運営すると関連情報がまとまらず、クロールしてもらえる頻度が下がり、上位表示を狙うことが難しくなります。

杉岡 玲生

クロールとは、検索エンジン上に存在するクローラーと呼ばれるロボットがサイト内を巡回し、ページの内容を読み取ることです。

効率よくクロールしてもらえなければ、自社サイトのコンテンツが検索結果に反映されるまでに時間がかかります。

歯科治療に関するお悩み事例を中心にコンテンツを作成する

歯科医院の場合、歯科治療に関するお悩み事例を中心にコンテンツを作成することもSEO対策に繋がります。

ユーザーが歯科治療に関する悩みを調べる場合、ロングテールキーワードを用いて検索することがほとんどです。

弓川 堅士

ロングテールキーワードとは、「虫歯 治療 料金」などのように3つ以上の言葉から成り立つキーワードのことです。

ロングテールキーワードは言葉の掛け合わせによってできるため、「歯科医院」のような単語から成るビッグキーワードよりも検索ボリュームは下がります。

しかし競合が少ない分、ロングテールキーワードには上位表示されやすいというメリットがあります。

ロングテールキーワードはユーザーの抱える悩みが明確になっているため、解決できる情報を提示できるコンテンツを作成できれば、集客・問い合わせに繋がりやすいという特徴があります。

集客力を高めたい場合は、ロングテールキーワードをうまく活用し、コンテンツ作成することが大切です。

歯科医院が存在する地域名をタイトルや見出しに加える

歯科医院がSEO対策をする場合、特定のエリアに暮らしているユーザーへアプローチする必要があります。エリアを絞ってSEO対策をする際は、作成するコンテンツのタイトルや見出しに地域名を加えることがおすすめです。

たとえば、新宿で開院している歯科医院であれば「新宿」というキーワードをタイトルや見出しに盛り込むと、周辺地域で歯科医院を探しているユーザーにアプローチしやすくなります。

ただし、タイトルや見出しに地域名を含める際は、自然な形で含めてください。SEO対策のために地域名を羅列しすぎるとGoogleからスパム判定され、自社サイトの検索順位が下がったり、特定のコンテンツが検索結果に反映されなくなったりする恐れがあります。

競合の歯科医院が検索上位を獲得しているキーワードで記事を作成する

歯科医院のサイトでSEO対策をする場合、競合の歯科医院が検索上位を獲得しているキーワードを活用して記事を作成する方法も有効です。

杉岡 玲生

競合の歯科医院がどのようなSEO対策を講じているのかを調べることを競合調査と言います。

競合調査では、競合がどのようなキーワードを狙って対策しているのか・どのような施策を講じているのかなど、SEO対策で成果を出すために必要な情報を集めます。(競合調査の詳細はこちら

歯科医院に関する記事を作成するときは、競合が上位表示できているキーワードを見つけるだけでなく、各キーワードの検索ボリュームを調べることも欠かせません。

一般的には、検索ボリュームが大きいキーワードほど上位表示を実現できればユーザに見てもらえます。多くの競合が対策するため上位表示する際の難易度は高まる傾向です。

記事を活用してサイト流入数を増やすには、検索ボリュームが一定数ある、かつ競合が少ないキーワードを狙う必要があります。各キーワードの検索ボリュームを調べる際は、キーワードプランナーなどのツールを使うことが必須です。

検索ボリュームを調べられるツールは、「キーワードプランナーの代わり7選」という記事を参考にしてください。

歯科関連の外部サイトから被リンクを獲得する

Googleからの評価を高めるには、歯科関連のサイトから被リンクを獲得することが重要です。

弓川 堅士

被リンクとは、外部のサイトに自社サイトのリンクを貼ってもらうことです。

被リンクを受けると、Googleから質の高い情報を発信しているサイトだと認識してもらえ、上位表示を実現しやすくなります。

歯科医院のサイトでは、歯の治療にまつわる記事を作成して被リンクを獲得する手法が効果的です。ユーザーの悩みを解決できる情報を発信しつつ被リンクを獲得できるため、効率的にSEO対策を進められます。

ほかにも、ツールを用いて競合がどのような被リンクを受けているのかを調べ、差分を埋めることも必要です。たとえば、「一般社団法人※※歯科協会」などから被リンクを受けている競合があれば、協会へ被リンクの依頼をしてみるのも一つの方法です。

ただし、歯科医院と関連性の低いサイトから受ける被リンクは効果的ではありません。歯科業界に関わりのある企業・団体から被リンクを獲得できるようにサイト運用することが大切です。

歯科医院がSEO対策をするのにおすすめの具体的なコンテンツを5つ紹介

歯科医院がSEO対策をする際に作成すべきコンテンツは下記の5つです。

以下では、作成すべきコンテンツと具体的な内容を詳しく解説します。

実際に来院した人の口コミやアンケート結果を掲載する

歯科医院のサイトに掲載すべきコンテンツとして、実際に来院した人の口コミやアンケート結果が挙げられます。

インターネット上で訪れる歯科医院を探すユーザーは、住んでいる場所からの近さだけでなく、実際に治療を受けた人の口コミやアンケート結果を参考することがほとんどです。

来院した人の声がわからない歯科医院に対してユーザーは、「どのような雰囲気で治療してもらえるのかわからない」「スムーズに診察を受けられるのか不安」などの不信感を持ちます。

口コミやアンケート結果がサイト内に掲載されているとユーザーに安心感を与えられ、気軽に来院してもらえる可能性が高くなります。

歯の病気を予防する豆知識などを紹介する

歯科医院の場合、歯の病気を予防する豆知識などを記事化して紹介することもSEO対策として効果的です。

価値のある情報を届けられれば、サイトに訪れたユーザーの滞在時間が長くなります。Googleは掲載している情報とあわせて、ユーザーの滞在時間からもサイトの良し悪しを評価しています。

「ユーザーが長く滞在するサイト=質の高い情報を発信している」とGoogleは評価するため、上位表示を実現しやすくなるでしょう。

歯に関するコンテンツを作成する際は情報が正しいことはもちろん、ユーザーにとって「初めて知った」「勉強になった」などと思ってもらえる内容を発信しましょう。

よくある質問ページを作成する

歯科医院のサイトでは、よくある質問ページを作成することも欠かせません。よくある質問ページを作成しておけば、治療に関する不安・疑問点などを解決できるため、ユーザーの満足度を高められます。

歯科医院のサイトであれば、下記のような質問と回答を掲載することがおすすめです。

  • カウンセリングから治療までの流れ
  • 目安となる治療費
  • 待ち時間に関する情報 など

来院を検討している方により安心してもらうためには、よくあるトラブルやマイナスとなる部分にも丁寧に回答するとよいでしょう。患者に対して真摯に向き合う歯科医院だと評価してもらえ、安心と信頼感を与えられます。

院長やスタッフの紹介ページを作成する

歯科医院のサイトであれば、院長やスタッフの紹介ページを作成することも大切です。どのような院長やスタッフから治療を受けるのかわからない場合、多くのユーザーは不安を覚えます。

院長やスタッフの紹介ページがあれば透明性が高くなり、安心して来院してもらえる可能性が高くなります。

院長やスタッフの紹介ページには「出身大学」「実績」「治療時に大切していること」など、ユーザーが「ここの歯科医院なら安心できる」と感じられる情報を掲載しましょう。

お問い合わせフォームを設置する

Web集客に力を入れたい歯科医院は、お問い合わせフォームを設置することも重要です。お問い合わせフォームがなければ、ユーザーはどこから予約をすべきかわかりません。サイトから離脱する可能性が高くなり、潜在層を獲得する機会を失う恐れがあります。

お問い合わせフォームは、ユーザーが見つけやすい場所に設置することがおすすめです。たとえば、サイトの上部や下部などはユーザーが一目でお問い合わせフォームを見つけやすい場所として挙げられます。

サイト運営に割ける時間がある場合は、お問い合わせフォームに予約の空き状況や予約人数などがわかる情報を掲載しておけば、ユーザーにとってより便利なサイトになります。

歯科医院のSEO対策例|医療法人『徳真会グループ』

https://www.tokushinkai.or.jp/

歯科医院のサイトでSEO対策を進める際は、成功事例をもとにどのような施策を講じていくべきかを検討することが大切です。歯科医院のサイトの成功事例として、医療法人『 徳真会グループ』 が挙げられます。

なお、医療法人『 徳真会グループ』のサイトはあくまでもSEO対策の集客成功事例として挙げているだけです。当記事を発信しているウェブココル株式会社が支援したサイトではございません。

医療法人『徳真会グループ』のサイトでは、歯にまつわる情報をコンテンツ化して若者から高齢者まで幅広い層へアプローチしています。具体的には、下記のような情報を発信しています。

  • インプラント
  • かぶせ物・つめ物
  • ブレスケア
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病治療
  • 歯科全般
  • 矯正歯科
  • 義歯・入れ歯 など

たとえば、医療法人『徳真会グループ』のサイトでは「虫歯 予防」というキーワードで上位表示を実現しています。検索ボリュームは1,000〜1万となっており、一つの記事で多くのユーザーへアプローチできています。

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合の費用相場はおおむね次のとおりです。

対策項目費用相場
SEOコンサルティング10万〜50万円(サイトの規模によっては100万円以上になるケースもあり)
初期サイト設計10万〜100万円以上
記事コンテンツ制作記事本数×記事単価(数千円〜10万円以上/1記事)
例:記事本数5本で記事単価3万円であれば月額15万円かかる
外部施策1万〜15万円

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合、対策項目によって費用は異なります。SEO対策を一気通貫で依頼できるSEOコンサルティングは10万〜50万円に落ち着くことがほとんどです。

サイトの設計などが終わっている歯科医院であれば、記事コンテンツ制作や外部施策などでSEO対策を進めます。多くの場合、記事コンテンツを充実させてサイト流入数を増やします。

サイトの規模感によって一概には言えないものの、SEO対策にかかる費用を月額で換算すると30万円前後になることがほとんどです。

歯科医院のSEO対策ならウェブココル株式会社にお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介した歯科医院のサイトに適したSEO対策は基本的な内容です。上位表示できる可能性を高めるためには、サイトの内部を整えたり、記事コンテンツを充実させたり、外部サイトからの評価を多く受けたりすることが必要になります。

さらに、上位表示を実現して集客に繋げる際は、コンテンツからお問い合わせページまでの導線を整備することも欠かせません。そのため、集客力のあるサイトに育てていきたい歯科医院はSEO対策を専門に行う業者への依頼がおすすめです。

ウェブココル株式会社では、SEO対策を講じてお客様のサイト流入数・お問い合わせ数の拡大を支援しています。次のような強みを持っており、歯科医院のサイトに適したSEO対策を提案することが可能です。

  • 地場企業に特化したSEO対策に強い
  • 複数のメディアを運営して得た経験に基づき、再現性の高い施策の提案ができる
  • 内製組織のため他社よりも安価でSEO対策を依頼できる

ウェブココル株式会社では、「地域名+歯科」のような特定の地域へアプローチするSEO対策を得意としています。これまでに地域名を絡めたキーワードで多くの上位表示を実現しています。

また、複数のメディアを自社で運営して現場で得た効果的なSEO対策を講じることが可能です。さまざまな業界のメディアを運営し、お客様の業種に適した施策の提案もできます。

実際にウェブココル株式会社が支援した美術品買取店のサイトでは、課題抽出からコンテンツの作成、外部リンク獲得に向けた施策などを通じて「東京 絵画買取」のキーワードで検索順位1位を獲得しました。最終的には、サイト流入数を97倍まで成長させることに成功しています。

ウェブココル株式会社では、SEO対策に関する支援を次のような価格帯で提供しています。

スクロールできます
項目SEOコンサルティングコンテンツマーケティングSEOディレクション顧問契約
料金24万円〜/月
※サイト規模によって異なります
3万円〜/記事
※サイト規模などによって異なります
16.5万円〜/月5万円〜/月
※1ヶ月あたり2時間目安
期間3ヶ月〜1ヶ月〜
1ヶ月あたり最少5記事から
3ヶ月〜6ヶ月〜

「どのような施策を講じるべきかわからない」「SEO対策の効果が思うように出ていない」という歯科医院は、ぜひウェブココル株式会社へご相談ください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次