SEOコンサルティングの詳細を見る

SEO対策キーワードの入れ方を紹介|入れる際の注意点も解説

本記事ではSEO対策において必要なキーワードの入れ方、キーワードを入れるべき場所、キーワードを入れる際の注意点などを解説します。

SEO対策を社内で実施している担当者のなかには、「キーワードの適切な入れ方がわからない」「キーワードの選び方・調べ方が合っているのか不安」という方もいるのではないでしょうか。

本記事を読めば、SEO対策に効果的なキーワードの入れ方を理解でき、上位表示化を実現できる可能性が高まります。SEO対策を講じて、サイト流入数をアップさせたい・ブランディング力を上げたいという担当者はぜひ参考にしてください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

SEOにおいてサイト内でのキーワードの入れ方は重要

SEO対策を進める上で、サイト内でのキーワードの入れ方は特に重要となります。検索エンジンが検索順位を決める際は、クローラーがサイトを巡回し、各キーワードのニーズを満たす情報を公開しているのかという部分に着目します。

弓川 堅士

クローラーとは、検索順位を決めるために必要な情報を検索エンジン上で集めているロボットのことです。

検索エンジンからの評価を高めるためには、上位表示を狙いたいキーワードを適切に配置し、そのキーワードに関する情報を網羅的に入れることが重要です。

キーワードを正しく入れられていないサイトは、検索エンジンに評価してもらえず、上位表示させることが困難です。

SEO対策におすすめなキーワードの入れ方

SEO対策をする場合、次のようなキーワードの入れ方を意識しましょう。

  • 左に詰めて入力する
  • シンプルに内容を伝える
  • キャッチーな文言にする
  • 内包するコンテンツを要約したものにする

記事などにタイトルをつける際は、左に詰めて(タイトルの前半)キーワードを入れることが大切です。狙いたいキーワードがタイトルの前半にあれば、ユーザーに「自分の悩みを解決できるコンテンツ」だと思ってもらえ、クリックされる回数が増えやすくなります。

検索エンジンは「ユーザーから閲覧されているページ=質の高いページ」と判断するため、キーワードを左に詰めることはSEO対策として効果的です。

キーワードを入れる際は、シンプルに内容を伝えることも重要です。たとえば、「広島 観光」というキーワードを狙う際に、「観光 広島」のように語順を変えてキーワードを入れると、狙いたいキーワードから逸れた検索結果に反映される恐れがあります。

基本的には狙いたいキーワードをシンプルな内容で盛り込み、検索意図が逸れないようにコンテンツ制作することが大切です。

杉岡 玲生

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンでキーワードを調べたときの目的のことを指します。

たとえば「広島 観光」であれば、「広島にある観光地を知りたい」といった検索意図があると考えられます。

キーワードを入れる際は、キャッチーな文言にする必要があります。キーワードを入れることは検索エンジンへの対策であり、ユーザーへの対策にはなりません。

キーワードをただ入れるだけでは「読んでみたい!」とユーザーに思ってもらえず、コンテンツを見てもらえる可能性が低くなります。

SEOでは検索エンジンとユーザーのどちらの対策も必須になるため、キャッチーな文言を入れてユーザーに興味を持ってもらうことも重要です。

コンテンツなどにキーワードを入れる場合、内包するコンテンツを要約したものにする必要があります。たとえば、タイトルに「注意点」と入れるのであれば、コンテンツ内で注意点に関する情報を紹介することが大切です。

タイトルとコンテンツ内容がマッチしていない場合、Google側では「無関係なキーワード」と判断し、キーワードを無理やり詰め込んでいると判断する可能性があります。

弓川 堅士

検索エンジンは、無関係なキーワードを乱用するサイトに対して「検索順位に悪影響を及ぼすサイト」だと評価します。

悪影響を及ぼすサイトだと評価されると、最悪の場合、自社サイトが検索結果に表示されなくなります。

SEO対策上NGなキーワードの入れ方

SEO対策をする際は、下記で挙げるキーワードの入れ方を避けるべきです。

  • 不自然にキーワードを詰め込みすぎない
  • 関係のないキーワードはあまり入れない
  • 同タイトル内・同見出し内に何個も繰り返して同じキーワードを入れない

不自然にキーワードを詰め込みすぎるキーワードの入れ方は控えましょう。たとえば、タイトルや見出しの不要な箇所へ無理やりキーワードを入れると、不自然にキーワードを詰め込みすぎていると判断されやすくなります。

関係のないキーワードを入れることも、SEO的に見ると控えるべきキーワードの入れ方です。関係のないキーワードを入れると、狙いたいキーワード以外でもコンテンツが検索結果に反映され、評価が分散して上位表示を狙うのが難しくなります。

また、同タイトル内・同見出し内に何個も繰り返して同じキーワードを入れる方法も控えることが大切です。検索エンジンを騙すキーワードの入れ方だと判断され、サイトの評価を下げる原因に繋がります。

杉岡 玲生

上記のようなキーワードの入れ方をすると、ペナルティの対象となります。

ペナルティになるとサイトの順位が全体的に下がるほか、特定のページが検索結果に表示されなくなる恐れがあるため注意してください。

Googleセントラル」でも、避けるべき施策として挙げています。

具体的には、次のようなやり方をGoogle検索セントラルは避けるべきだと述べています。

  • ユーザーにとっては迷惑で意味のない、検索エンジン向けの不必要なキーワードを大量に挿入する。
  • 検索エンジン向けに過度にキーワードが挿入されたアンカー テキストや長いアンカー テキストを使用する。
  • alt テキストにキーワードを並べたり、文章全体をコピー&ペーストしたりする。
引用:Google検索セントラル

SEO対策においてキーワードを入れるべき箇所

SEO対策においてキーワードを入れるべき箇所は次のとおりです。

上位表示化を目指す際は、上記の箇所へキーワードを入れることが重要になります。ここからは、なぜキーワードを入れるべきなのかについて解説します。

タイトルタグ

タイトルタグは、検索エンジンに向けてどのようなコンテンツなのかを伝える場所のため、キーワードを入れることが必須です。

弓川 堅士

タイトルタグとは、検索エンジンにコンテンツの内容を伝える役割があるタグのことです。

タイトルタグにキーワードが盛り込まれていない場合、クローラーはどのような内容のコンテンツなのかを判断しにくくなります。

タイトルタグには、30〜32文字以内の範囲でキーワードを入れましょう。検索エンジンで表示されるタイトルは、30〜32文字と決まっています。この範囲でキーワードを入れられなければ、ユーザーに自分にとって有益なコンテンツだと評価してもらえません。

コンテンツのクリック率にも関わるため、タイトルタグにキーワードを入れる際は、30〜32文字以内で調整しましょう。

杉岡 玲生

スマートフォンで検索エンジンを使用する場合は、タイトルが30文字以下で表示される場合もあります。

基本的には、タイトルのはじめのほうにキーワードを入れましょう。(タイトルタグに関する詳細はこちら

Hタグ

Hタグにも、狙いたいキーワードを入れる必要があります。検索エンジンはタイトルタグだけでなく、Hタグに含まれているキーワードを加味して検索順位を決める傾向にあるためです。

弓川 堅士

Hタグとは、コンテンツ内の見出しを作る際に用いるタグのことです。

内容に応じてH2・H3・H4…と階層をつけられるため、ユーザーに情報をわかりやすく伝える役割があります。(Hタグに関する詳細はこちら

よく、「タイトルタグとHタグの『H1』の違いについてわからない」という声が見受けられます。タイトルタグとH1の違いは次のとおりです。

項目タイトルタグH1
コードを書く場所<head></head>の間<body></body>の間
表示される場所検索エンジン上コンテンツ上部
設定する目的検索エンジンにコンテンツ内容を伝えるためページに訪れたユーザーにコンテンツ内容を伝えるため
杉岡 玲生

大きな違いは、誰に向けた設定なのかという点です。特に意図がなければ、タイトルタグとH1は同じ内容で問題ありません。

H2以降のHタグでも、不自然な文脈にならない程度にキーワードを入れることが大切です。コンテンツに訪れたユーザーは、目次を見て自分の知りたい場所へ遷移します。

キーワードがHタグに入れられていない場合、ユーザーは求める情報がどこに掲載されているかがわからず、コンテンツから離脱しやすくなります。

ユーザーから離脱されやすいコンテンツは、検索エンジンから質が低いと評価されるため、上位表示を狙うのが困難です。

本文

コンテンツを評価してもらうためには、本文にもキーワードを入れることが大切です。本文に適切な形でキーワードが盛り込まれていなければ、検索エンジンからコンテンツを正しく評価してもらえなくなります。

目次にあたるHタグにキーワードが入れられているにもかかわらず、本文中でキーワードの情報について書かれていなければ、コンテンツの内容と実際に書かれている内容が一致しません。

本文にキーワードを入れられない状態でHタグにキーワードを入れるのは、正しくHタグを使用できていないと言えます。

一昔前のSEO対策では、狙いたいキーワードを本文中に5〜7%程度含めることが基本とされていました。しかし、近年のSEO対策では、狙いたいキーワードが含まれている割合と検索順位に密接な関係はないと言われています。

コンテンツを制作する際は、狙いたいキーワードを強引に入れたり極端に抑えたりするのではなく、検索エンジンとユーザーのどちらにもわかりやすい文章で書くことが重要です。

アンカーテキスト

SEO対策の効果を高めたい場合、アンカーテキストにもキーワードを入れることが重要です。

弓川 堅士

アンカーテキストとは、コンテンツ内で別ページのリンクを貼る際に使用するテキストのことです。

検索エンジンは、アンカーテキストの文字列からもコンテンツ内容を把握することが可能です。そのため、自社サイト内の別ページをリンクとして貼る際は、別ベージで狙っているキーワードを含めた形でアンカーテキストにするのをおすすめします。

たとえば「福岡 名物」で狙ったページがある場合、「福岡の名産に関する詳細はこちら」というテキストすべてをアンカーテキストにするとよいでしょう。一方で「こちら」のみをアンカーテキストにする場合は、SEO効果が薄まります。

画像のAltタグ

画像のAltタグにキーワードを入れると、検索エンジンは該当する画像が「どのような画像なのか」を判断できます。Altタグにキーワードを入れていない場合、検索エンジンは「ファイルがあるのみ」と判断してどのような画像なのかを認識できません。

また、画像のAltタグを入れておくと、ユーザーにも親切な表示になります。たとえば、画像にエラーが生じた際にAltタグにキーワードが盛り込まれていれば、画像の情報を文字で表示できるためユーザーは画像の情報を理解できます。

Altタグを設定する際は、その画像について端的に日本語で記すとよいでしょう。

ディスクリプション

ディスクリプションにも、キーワードを入れることがおすすめです。

杉岡 玲生

ディスクリプションとは、検索結果でタイトルの下に表示されるコンテンツの要約をした文章のことです。(ディスクリプションに関する詳細はこちら

ディスクリプションにキーワードを含めても検索エンジン向けのSEO対策はできないと言われていますが、ユーザーの多くはディスクリプションに記載されている内容をもとに、コンテンツを見るべきか判断します。

ディスクリプションはクリック率に影響を及ぼす項目になるため、基本的には設定することを推奨します。ディスクリプションにキーワードを入れると太文字で表示され、ユーザーの興味関心をひくことが可能です。

ディスクリプションを設定する際は、検索エンジン上で表示される文字数を加味する必要があります。表示されるディスクリプションの文字数はパソコンで150文字程度、スマートフォンで50文字程度となっています。

文章の前半でキーワードを入れればパソコン・スマートフォンを問わず、ディスクリプション上でキーワードが表示されるでしょう。

パーマリンク

SEO対策は間接的ではあるものの、パーマリンクにもキーワードを含めることが大切です。

弓川 堅士

パーマリンクとは、「https://ドメイン/カテゴリ/××」とリンクがある際に「××」に該当する部分のことです。(パーマリンクに関する詳細はこちら

ユーザーの多くは、タイトルを見て検索エンジン上に表示されるコンテンツを閲覧すべきかを判断します。ユーザー、検索エンジンにわかりやすいパーマリンクにするには、狙っているキーワードを含めた文字列にすることが求められます。

たとえば、スマートフォンをレビューしたコンテンツであれば、「smartphone-review」とパーマリンクを設定するとよいでしょう。パーマリンクは日本語で設定しても問題ないと言われていますが、基本的には英語で記載することを推奨します。

英語でパーマリンクを記載すると検索エンジンが把握しやすいだけでなく、ユーザーがリンクをコピーした際に文字化けするのを防げるためです。

SEO的に効果の薄いキーワードの入れ方

SEO対策でキーワードを入れることは重要ですが、下記のようなキーワードの入れ方はSEO的に効果の薄い対策となります。

以下では、各項目を詳しく紹介します。

メタキーワード

近年のSEOでは、メタキーワードに狙いたいキーワードを入れてもあまり効果的な対策になりません。

杉岡 玲生

メタキーワードとは、そのコンテンツがどのようなキーワードに関連しているのかを検索エンジンに示すタグのことです。

かつての検索エンジンはコンテンツを評価する精度が低かったため、メタキーワードを設定してそのコンテンツがどのようなキーワードに関連しているのかを検索エンジンに伝える必要がありました。

しかし、近年は検索エンジンの精度が高まったことから、メタキーワードを設定しなくても検索エンジンがコンテンツを評価できるようになっています。

現在、メタキーワードは検索順位を決める上で重要な項目ではなくなってきているため、無理に設定する必要はありません。

本文へ長文コンテンツとしてのキーワードの入れ込み

何万文字にもおよぶ長文コンテンツを制作してキーワードを入れ込む手法も、効果の薄いキーワードの入れ方です。

一昔前は長文のコンテンツが評価される時代でしたが、近年は文章の長さよりもユーザーの検索意図に対して最適な答えを用意できるコンテンツが評価されています。キーワードによっては、1,000文字程度の短いコンテンツが上位表示されるケースも珍しくありません。

ほかにも、サイトのE-E-A-T(経験・専門性・権威性・信頼性)が重視される傾向にあり、「長文コンテンツ=評価される」という時代は終わりを迎えています。

1つの記事内にて複数のキーワードで上位表示を狙うことはお勧めしません

1つのコンテンツで複数のキーワードを狙うことはお勧めできません。一見すると、効率よくサイト流入数を上げられる方法に見えますが、コンテンツの評価が分散して上位表示されにくくなります。

検索エンジンは複数のキーワードで対策されたコンテンツを正しく評価できません。複数のキーワードを対策したコンテンツに対して、中途半端な情報を記載しているコンテンツだと認識します。

コンテンツを制作する際は、1記事につき1つのキーワードを狙うことが原則です。

SEOを意識してキーワードを入れる際の注意点

サイトや記事コンテンツにキーワードを入れる際は、次の項目に注意しましょう。

ここからは3つの項目について詳しく紹介します。

検索エンジンではなくユーザーファーストを意識する

SEOを意識してキーワードを入れる際は、検索エンジンではなくユーザーファーストを意識することが重要です。検索エンジンが評価するコンテンツは、ユーザーファーストな状態で情報が届けられているものです。

たとえば、H2の下層にあたるH3に狙っているキーワードを不必要に入れると、ユーザー目線で読み進めにくコンテンツに仕上がります。

ユーザーは読み進めにくいコンテンツからは短時間で離脱します。検索エンジンは、ユーザに見てもらえないコンテンツを質の低いコンテンツと判断する可能性が高いです。

SEOを意識する際は、ユーザーがストレスなくコンテンツを読み進められるように配慮しながらキーワードを入れる必要があります。

ペナルティになり得るキーワードの入れ方は避ける

SEOを意識してキーワードを入れる場合、ペナルティになり得るキーワードの入れ方は避けるべきです。

一度でもペナルティに該当するとクローラーがサイトを巡回する頻度が下がり、上位表示を狙うことが難しくなります。また、上位表示できていたコンテンツが圏外に飛ばされるケースも少なくありません。

たとえば、不必要なキーワードを意図的に入れる行為はペナルティに該当します。サイトの評価を一気に下げてしまうため、ペナルティになるようなキーワードの入れ方は控えてください。

指示語を多用せずに具体的なキーワードを使用する

コンテンツを制作する際は「これ」「それ」などの指示語は多用せず、できるだけ具体的なキーワードを使用しましょう。検索エンジンは指示語がどのキーワードを指しているのかを判断できません。

指示語が多くなるとうまく評価できず、有益な情報を発信していても、検索順位に反映されにくくなります。SEO対策の一環でコンテンツを制作する場合は、指示語が示す言葉を正しく記載し、検索エンジンが理解しやすい内容に仕上げましょう。

SEO対策でのキーワードのおすすめの調べ方・選び方

SEO対策で成果を出すためには、適切なキーワードを選ぶ必要があります。闇雲にキーワードを入れるだけでは、そもそもユーザーが検索しないキーワードで対策することになりかねません。

ユーザーが検索しないキーワードでいくら上位表示できても、サイト流入数の増加には繋がらないケースがほとんどです。SEO対策で効果的なキーワードを調べたり選んだりする際には、次の手順で進めます。(キーワード選定に関する詳細はこちら

  1. キーワード選定ツールを使ってキーワードを洗い出す
  2. その中から「検索ボリュームがあるもの」「自社サイトで上位表示化できそうなもの」を洗い出す
弓川 堅士

前提として、キーワード選定ツールを使用しなければ、SEO対策に必要なキーワードを洗い出せません。

キーワード選定ツールは次の見出しで具体的に解説します。

まずは、キーワード選定ツールを使ってユーザーから検索されているキーワードを洗い出します。キーワード選定ツールを使わなければ、検索ボリュームやキーワードの難易度を調べられません。

キーワードを抽出したら、「検索ボリュームがあるもの」「自社サイトで上位表示化できそうなもの」を洗い出します。

検索ボリュームは、月間のボリュームで表示されることが多く100以上あるのが理想的です。自社サイトで上位表示化できるキーワードなのかを判断する際は、難易度をチェックしましょう。数値が高いほど難易度が高いキーワードです。

対策するキーワードを洗い出し終えたら、コンテンツ制作に取り掛かります。

SEOに効果のあるキーワード選定が可能なツール

SEOに効果的なキーワードを選定する際は、次のツールの利用がおすすめです。

以下では、各ツールの特徴を紹介します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが公式で出している検索ボリュームを調べられるツールです。無料で利用する場合、おおよその検索ボリュームしか調べられませんが、SEO対策をする上で必要なキーワードの情報は抽出できます。

Googleキーワードプランナーは、一度に複数のキーワードを調べられる・CSVファイルでキーワードの情報を出力できる点が魅力です。便利な機能が多いため、初めてSEO対策を進める担当者だけでなく、SEO対策業者からも人気です。

Ahrefs

Ahrefsはキーワードの抽出だけでなく、競合サイトの分析もできるSEO対策ツールです。世界で60万人以上が導入しています。

有料ではあるもののSEO対策に必要な情報が網羅的に得られることから、SEO対策業者を中心に人気です。Ahrefsを使うと、検索ボリュームや想定流入数、キーワードの難易度を洗い出せるため、どのキーワードを対策すべきか明確になります。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連性の高いキーワードを洗い出す点に強みがある無料ツールです。特定のキーワードを検索窓に入力すると、関連キーワードが表示され、ミドルキーワードやロングテールキーワードを簡単に洗い出せます。

杉岡 玲生

ミドルキーワードとは、「SEO対策 ツール」のように2つの単語からなるキーワードを指します。

ロングテールキーワードとは、「SEO対策 ツール 無料」のように3つ以上の単語からなるキーワードのことです。(ロングテールキーワードに関する詳細はこちら

ラッコキーワードもGoogleキーワードプランナーと同様に無料で利用できるため、「これからSEOに力を入れていきたい」という担当者を中心に人気があります。

SEO対策でのキーワードの入れ方や注意点まとめ

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

SEO対策で上位表示化を目指すには、サイトやコンテンツ内にキーワードをうまく入れることが欠かせません。キーワードの入れ方とひと口に言っても、効果的な入れ方と効果の薄い入れ方の2つがあります。

効果の薄いキーワードの入れ方のなかにはペナルティの対象となるやり方もあるため、SEO担当者は正しいキーワードの入れ方を理解しておくことが重要です。

もし、「キーワードの入れ方がわからない」「狙っているキーワードが自社サイトに合っているのか不安」という方は、ぜひウェブココル株式会社にお問い合わせください。

ウェブココル株式会社では自社でメディアを運営しながら、効果的なキーワードの選び方・入れ方のノウハウを常にアップデートしています。

各業者に適したキーワードの選定もできますので、SEO対策にお悩みの方は、ウェブココル株式会社が用意するSEOコンサルティングをご利用ください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次