SEOコンサルティングの詳細を見る

他社サイトのアクセス数を調べる方法|見るべき項目や競合分析の注意点を解説

当記事では、他社サイトのアクセス数を調べる際に活用できるSEO対策ツールからアクセス数を調べる主な目的・理由、確認すべき項目や注意点などを解説します。

SEO対策で効率的に成果を出すためには、他社サイトのアクセス数や流入経路などを分析し、自社サイトに取り入れられそうな施策を抽出することが重要です。

他社サイトのアクセス数は、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールでは調べられません。SEO対策に強い会社から出されているツールを活用します。

当記事を読めば、他社サイトのアクセス数などを調べられるおすすめのツールを理解でき、競合分析をする際に着目すべき項目を把握できます。自社サイトと他社サイトを比較した上で優位性のあるサイトを構築したい方は、ぜひ参考にしてください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

他社サイトのアクセス数を調べるツール

他社サイトのアクセス数を調べるツールとして代表的なものは主に次のとおりです。

以下では、各ツールの特徴を詳しく解説します。

ahrefs|有料プランでより正確な分析が可能

https://ahrefs.jp/

ahrefsは、世界で60万ものユーザーが利用するSEO分析ツールです。自社サイトの解析はもちろん、競合サイトのアクセス数・被リンクの獲得状況などもチェックできます。

他にも、ahrefsでは自社サイトで対策すべきキーワードの洗い出しや、各キーワードの想定流入数など、SEO対策をする上で欠かせない情報を集めることが可能です。

上位表示を実現するために必要な情報を網羅的に得られるツールであり、ahrefsは社内でSEO対策を内製化している企業におすすめです。

一方で、ahrefsはSEO対策に特化したツールであり、広告・SNSなどの解析はできないため、Webマーケティング全般に力を入れている企業にはあまり適していません。SEO対策の解析とあわせて、広告・SNSの解析も進めたい場合は、SEMrushを使うことを推奨します。

名称Ahrefs
機能・自社サイトや競合のアクセス数・被リンク状況のチェック
・対策すべきキーワードリサーチ
・悪質な被リンクの検知
・登録しているサイトの順位変動の調査
・競合のページの洗い出し など
価格・ライト:99ドル
・スタンダード:199ドル
・アドバンスド:399ドル
・エンタープライズ:999ドル
公式HPhttps://ahrefs.jp/

SEMrush|Guruプランの場合14日間無料で使用可能

https://semrush.jp/

SEMrushは、SEO対策に必要な自社サイトの解析をはじめ、アクセス数・被リンク数、ドメイン分析を含めた競合調査ができるツールです。サイトの改善点を診断する機能も搭載しており、効率的にSEO対策を進められるツールとして人気があります。

SEMrushはSEO対策の分析のほかに、競合が実施している広告運用の戦略を可視化したり、SNSでエンゲージメントの高い投稿を抽出したりすることも可能です。そのため、SEO対策とあわせて、他のWebマーケティングを進めたい企業におすすめです。

一方で機能が充実している分、月額料金は119.95ドル〜と他のツールよりもやや高めに設定されています。そのため、他社サイトのアクセス状況などを中心に分析する場合はオーバースペックとなり、あまりおすすめできません。

他社サイトのアクセス状況などを手軽に調査したい場合は、簡単に使用できるSimilarWebを利用してみましょう。

名称SEMrush
機能・競合情報(アクセス数・被リンク数など)
・ドメイン分析
・キーワード調査
・内部対策
・順位計測
・サイトの改善点の診断
価格・Proプラン:119.95ドル
・Guruプラン:229.95ドル
・Businessプラン:449.95ドル
公式HPhttps://semrush.jp/

SimilarWeb|AIによる学習のもと根拠に基づいた推測値を提案

https://www.similarweb.com/ja/

SImilarWebは、競合サイトのアクセス解析などを手軽に進められるツールです。10年以上の継続的な投資のもと運営されており、世界の主要な企業から信頼されています。

SImilarWebが優れている点は、膨大なデーターをもとに優れた分析ができることです。SImilarWebでは、「1億のウェブサイト」「10億のキーワード」「100億のコンテンツページ」などの情報をもとにサイト分析をします。

他社サイトの解析ではアクセス数はもとより、他社サイトに訪れるユーザーの流入経路を調査することも可能です。特に、他社サイトの調査に力を入れたい企業にSImilarWebはおすすめのツールと言えます。

ただし、SImilarWebは海外のツールであるため、ツール内の日本語訳が不自然な部分が見られ、使いにくいというデメリットがあります。ツールの利便性を求める場合は、日本企業が開発しているKeywordmapを利用することが適しているでしょう。

名称SimilarWeb
機能・他社サイトのアクセス情報および流入元
・大まかなアクセス状況
・アクセスしている国や地域
・流入元と流入先のサイト
・トラフィックを集めているキーワード
・エンゲージメントの統計 など
価格問い合わせが必要
公式HPhttps://www.similarweb.com/ja/

Keywordmap|世界最大級の日本語データ量

https://keywordmap.jp/

Keywordmapは、株式会社CINCからリリースされているSEO対策ツールです。国内の企業が開発したツールとなっており、世界最大級の日本語データをベースにした市場調査および自社サイトの診断・競合サイトの分析に強みがあります。

競合サイトの分析ではアクセス数が調べられることはもちろん、成果の要因を可視化した情報や競合サイトを追い抜くために必要な対策などを把握できます。他にも、競合サイトの分析で得た情報をもとに、コンテンツ制作からリライトまでをサポートすることが可能です。

Keywordmapは調査・分析面に強みを持つツールであり、SEO対策の工数削減に力を入れたい企業におすすめです。ただし、Keywordmapは外国語のデータにはあまり対応していないため、国内とあわせて海外でもSEO対策をしたい場合はおすすめできません。

海外のデータも活かしたい場合はahrefsSEMrushUbersuggestの利用が適しているでしょう。

名称Keywordmap
機能・市場分析
・競合サイト分析(比較・ドメイン・コンテンツレポートなど)
・キーワード選定
・狂気語分析
・ページ構成分析
・検索順位チェック など
価格問い合わせが必要
公式HPhttps://keywordmap.jp/

パスカル|初心者でも使いやすい操作性

https://www.pascaljp.com/

パスカルもKeywordmapと同様に国内の企業からリリースされているSEO対策ツールです。国内の1,720社が利用しているツールとなっており、「分析スピードの早さ」「検索順位の改善に繋がる」などの点に定評があります。

パスカルでは、競合サイトが対策しているキーワードをリアルタイムで分析したり、流入状況を可視化したりすることができます。他にも、SEOシグナルを独自に設けてどのようなサイト・ページが上位表示されているのかも分析可能です。

パスカルにはSEOコンサルタントによるサポートが付いているため、これからSEO対策へ力を入れたいという企業に適しています。ツールの提供とあわせてSEOコンサルタントによるサポートを用意している会社はほとんどありません。

ただし、パスカルには最低契約期間が設けられており、単月のみの利用はできないことを知っておきましょう。1ヶ月だけお試しで使ってみたいという企業にはパスカルをあまりおすすめできません。もし、パスカルが気になる場合は4日間の無料トライアルを試すことを推奨します。

単月のみSEO対策ツールを使ってみたい場合は、サブスクプランと買い切りプランのどちらも用意しているUbersuggestが適しています。

名称パスカル
機能・自社サイトの分析
・競合サイトが対策しているキーワードなどの洗い出し
・コンテンツ作成のサポート
・共起語の抽出
・分析レポートの作成
・SEOコンサルタントによるサポート
価格・ライト:月額4.5万円
・プロ:月額6万円
・アナリスト:月額8万円
公式HPhttps://www.pascaljp.com/

Ubersuggest|無料で使用できる機能が豊富

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

Ubersuggestは、SEO対策ツールのなかでも機能が豊富にあるツールです。自社サイトや競合サイトの対策しているキーワード別のアクセス数・流入見込み数などを調査できます。

また、自社サイトや競合サイトが獲得している被リンクの情報を取得したり、SEO診断ができたりします。SEO対策ツールのなかでも、自社サイトと競合サイトの比較を進めやすい点はUbersuggestの特徴です。

Ubersuggestは、分析回数に制限があるものの無料プランを用意しています。無料プランでも有料プランに劣らない解析ができるため、費用を抑えて競合サイトのアクセス数などを分析したいときにおすすめです。

ただし、UbersuggestではSEO用語を使った解説が多く、SEOに関する知識が浅い方は「使いにくい」と感じる恐れがあります。これからSEO対策に力を入れていきたい企業の場合は、SEOコンサルタントによるサポートがあるパスカルの利用が適しているでしょう。

名称Ubersuggest
機能・自社サイトや競合サイトの分析(対策キーワード・アクセス数・被リンク数など)
・キーワード選定
・類似するサイトの調査
・サイト監査 など
価格【サブスクタイプ】
・パーソナル:月額2,999円
・ビジネス:月額4,999円
・エンタープライズ:月額9,999円

【買い切りタイプ】
・パーソナル:29,990円
・ビジネス:月額49,990円
・エンタープライズ:月額99,990円
公式HPhttps://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

他社サイトのアクセス数を調べる目的・理由

他社サイトのアクセス数を調べる目的・理由は、主に下記のとおりです。

以下では、各項目を詳しく解説します。

ターゲット層のニーズを把握できる

他社サイトのアクセス数やどのようなキーワードで流入しているのかを調べることで、自社サイトで狙うターゲット層のニーズを把握できます。

例えば、「東京 家賃」「渋谷 住み心地」などのキーワードで他社サイトがアクセス数を獲得している場合、ターゲット層は「東京で引越しを考えているユーザー」、ニーズは「東京の家賃や住み心地を知りたい」と予測できます。

SEO対策で上位表示を実現するには、ユーザーのニーズを深掘りして、検索意図を満たすコンテンツを作成することが欠かせません。他社サイトの分析を通じてターゲット層のニーズを把握できれば、自社サイトで作成すべきコンテンツを明確にできます。

自社サイトで不足しているコンテンツを把握できる

他社サイトのアクセス数を調べることで、自社サイトで不足しているコンテンツを把握できます。多くのツールでは競合分析をした際にアクセス数とあわせて、対策しているキーワードを抽出できます。

抽出したキーワードのなかで、アクセス数があるかつ自社サイトで不足しているキーワードは、積極的に対策することが重要です。自社サイトで不足しているキーワードを対策して上位表示できれば、サイト流入数の拡大や売上・問い合わせ数の増加に繋がる機会を広げられます。

ただし、他社サイトを分析した情報から不足しているコンテンツを作成する際は、コピーコンテンツにならないように注意しましょう。独自の見解や体験談などを踏まえて、独自性のあるコンテンツに仕上げることが重要です。

杉岡 玲生

コピーコンテンツとは、他社サイトに掲載されているコンテンツと完全一致しているコンテンツやかなり類似しているコンテンツなどを意味します。

コピーコンテンツを作るとGoogleからペナルティを受ける恐れがあり、「検索順位が全体的に下がる」「特定のページがGoogle上へ表示されない」などの影響を受けます。

競合サイトの被リンク獲得状況を把握できる

他社サイトのアクセス数を調べると、流入元もチェックできるケースがほとんどです。他社サイトの流入元をチェックした際に、外部サイトから他社サイトへアクセスしているユーザーが見られる場合は、被リンクを獲得していると考えられます。

弓川 堅士

被リンクとは、外部サイトに自社サイトのリンクを貼ってもらうことを意味します。「外部リンク」「バックリンク」と呼ばれるケースもあります。
被リンクの詳細はこちら

被リンクを獲得すると、外部サイトから自社サイトへ流入してもらえる機会が多くなり、サイト流入数を増やせます。他には、Googleから「良質な情報を発信している」と評価されるため、自社サイト・ページを上位表示しやすくなることも被リンクを獲得する魅力の一つです。

もし、被リンクを多く獲得している他社サイトを見つけた際には、自社サイトでも被リンクを獲得できないか検討することが大切です。

競合サイトの分析で確認するべき項目

競合サイトを分析する際は、次で挙げる項目を確認することが必須です。

以下では、なぜ各項目を確認すべきなのかを解説します。

トラフィック

競合サイトを分析する際は、トラフィックに着目することが重要です。なお、トラフィックはサイト流入数やアクセス数と呼ばれることもあります。

自社サイトと競合サイトのトラフィックを比較することで、「どの程度のユーザーにサイトへ訪れてもらうべきなのか」という目標を立てやすくなります。

トラフィックの目標を決めておけば、問い合わせ数を概算することも可能です。問い合わせ数を概算できれば、SEO対策によるビジネス拡大がどの規模になるのかをイメージしやすくなります。

ただし、トラフィックをもとに問い合わせ数を概算する場合は、過去の事例から導き出すことになります。必ず実現できる数値ではなく、あくまでも目安である点は知っておいてください。

流入キーワード

競合サイトを分析する際は、流入キーワードもチェックしましょう。流入キーワードを調べれば、どのキーワードでいくらトラフィックを稼げているのかを把握できます。

杉岡 玲生

流入キーワードとは、GoogleやYahoo!を経由してサイトへ訪れたユーザーが検索時に入力したキーワードのことです。

競合サイトの流入キーワードを確認して対策していないキーワードが見つかった際には、自社サイトでも同様のキーワードを対策する記事を作ることが大切です。競合サイトの流入キーワードで上位表示できれば、自社サイトに訪れるユーザー数を増やせると考えられます。

記事を作成する際には、独自の見解や専門家にインタビューした情報などを掲載すると競合サイトと差別化でき、上位表示を実現しやすくなるでしょう。

流入経路

競合サイトを分析する際には、流入経路を確認することも欠かせません。流入経路を確認すると、ユーザーがどのような経路からサイトへ辿り着いているのかを可視化できます。流入経路として主に下記の5つが挙げられます。

  • 自然検索流入(Organic Search):自然検索による流入
  • 有料検索流入(Paid Search):リスティング広告などによる流入
  • SNS流入(Social):TwitterやInstagramによる流入
  • 外部サイトによる流入:被リンクによる流入
  • 直接流入:ブックマークやお気に入りによる流入

自社サイトと競合サイトの流入経路を比較したときにSNS流入が劣っている場合は、競合が運営するSNSアカウントをチェックし、自社のSNSアカウントで取り入れられる施策がないのかを調べることが大切です。

また、有料検索流入が弱い場合は、競合サイトがどのようなタイトルや説明文で広告を出稿しているのかを確認し、タイトルの付け方などを自社サイトのコンテンツへ活かすとよいでしょう。

人気コンテンツ

競合サイトを分析するときは、競合サイトの人気コンテンツを調べることも重要です。SEO対策を進めている競合サイトであれば、人気コンテンツがトラフィックを多く獲得しているケースが珍しくありません。

競合サイトの人気コンテンツと同じテーマのコンテンツを自社サイトで発信すると、トラフィックの拡大に繋げられるでしょう。多くの場合、ツールの上部に表示されるコンテンツがトラフィック数の多い人気コンテンツとなっています。

被リンク獲得状況

競合サイトを分析する際は、被リンクの獲得状況をチェックすることも必須です。被リンクを多く獲得しているサイトはGoogleから評価されやすく、上位表示を獲得しやすい傾向です。

例えば、被リンクを多く獲得しているサイトAと被リンク獲得数が少ないサイトBで同じキーワードを対策する場合、サイトAのほうが上位表示できる可能性が高まります。

競合サイトの分析をしたときに、自社サイトで獲得できていない被リンクがある際には、自社でも獲得できないかを検討することが大切です。必要に応じてコンテンツを作成し、被リンク獲得に向けた営業をかけることもよいでしょう。

競合サイトを分析する際の注意点

競合サイトを分析する際には、次のポイントに注意しましょう。

そもそも、競合サイトを分析する理由は、ユーザーにとって必要な情報を網羅するためです。競合サイトの分析を「競合サイトがやっているから」という理由で進めると、効果的な分析ができず時間を浪費することに繋がります。

以下では、競合サイトを分析する際の注意点を詳しく解説します。

競合分析に頼り過ぎない

競合サイトを分析する際には、分析結果に頼りすぎないことが大切です。競合分析で得た情報は、あくまでも自社サイトで講じるSEO対策の参考になる程度にしか過ぎません。

競合サイトのコンテンツで書かれている内容と同様のコンテンツを作成しても、「ユーザーがなぜこの情報を求めているのか」という部分に着目しなければ上位表示を実現できないでしょう。

競合分析だけを頼りにSEO対策を進めるとユーザー視点が欠けてしまい、検索意図を満たしきれないコンテンツを量産することに繋がります。

SEO対策で成果を出すためには競合調査で得た情報を活用しながら、ユーザー視点が欠けないようにTwitterやYahoo!知恵袋などでユーザーの検索意図を深掘りすることが重要です。

効果測定を行う

競合サイトを分析したのちに新たなコンテンツを公開する場合は、効果測定を忘れずに行いましょう。効果測定を実施しなければ、競合分析で得た情報をもとに講じた施策が成功したのか、失敗したのかを比較検討できません。

一般的には、検索順位が安定すると言われている3ヶ月〜半年程度経過したタイミングで、新たに公開したコンテンツの検索順位やトラフィックなどの効果測定を行います。

公開したコンテンツの反応がよい場合は、リライトなどのブラッシュアップを含めて検索順位の維持・改善を進めましょう。反応が悪いときには、代替えとなる施策を立案し、検索順位を改善できないか模索する必要があります。

正確な数値でない場合がある

有料・無料を問わずツールで得た分析結果は、正確な数値でないことを知っておきましょう。

ツールで得られる分析結果は、各ツールのデータベースによって算出されたものであり、実際の数値とは若干の誤差が生じます。そのため、ツールAとツールBで同じ分析をした場合であっても、分析結果に違いが出ることが一般的です。

トラフィックや流入経路などの正確な情報は、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールでしか把握できません。ツールで得られる数値は、参考値として活用しましょう。

弓川 堅士

ただし、GoogleアナリティクやGoogleサーチコンソールでは、自社サイトの解析しかできないことを知っておきましょう。他社サイトの解析は、SEO対策会社などが出しいているツールに頼ることが一般的です。

上位表示させて集客や売上をUPしたい場合はウェブココル株式会社まで

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

近年はSEO対策を進める企業が増えており、ほとんどの企業サイトでは競合分析をもとに施策を講じています。そのため、SEOに関する知識が浅い場合、競合サイトと似たようなコンテンツしか作成できず、コピーコンテンツを疑われるケースが珍しくありません。

コンテンツ作成時に独自性のある情報を盛り込みながら、競合サイトよりも優位性のあるサイトを構築したい企業は、ウェブココル株式会社へご相談ください。

ウェブココル株式会社では専任の編集者・ライターがコンテンツ作成に携わり、ユーザーの検索意図を網羅しつつ、独自性のある情報を発信できます。

実際に作成したコンテンツはさまざまなキーワードで上位表示化しており、Googleやユーザーから高く評価されています。良質なコンテンツを公開して問い合わせ・売上に繋げたい企業は、ウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次