SEOコンサルティングの詳細を見る

【売上・集客UP】社会保険労務士事務所が行うべきSEO対策|成功事例やSEO対策の費用相場も紹介

本記事では、売上・集客アップを実現するために社会保険労務士事務所のサイトがするべきSEO対策、社会保険労務士事務所のサイトにおけるSEO対策の成功事例、業者へ依頼する際の費用相場を解説します。

社会保険労務士事務所が売上・集客力を伸ばす方法は多岐にわたりますが、潜在層から顕在層まで幅広くアプローチしたい場合は、SEO対策を進めることが有効です。しかし、SEO対策で成果を出すには、検索アルゴリズムに沿って最適な施策を講じる必要があるため、我流では上位表示を実現できません。

また、近年はSEO対策に力を入れる社会保険労務士事務所が増えていることも相まって、サイトを定期的に更新するだけでは上位表示を狙うことが難しくなっている状況です。

本記事を読めば、社会保険労務士事務所のサイトで上位表示を狙うために必要となる基礎的な施策を理解できます。SEO対策を通じてビジネスチャンスを広げたい社会保険労務士事務所は、ぜひ参考にしてください。

「成功確度の高い施策を提案してほしい」「事務所内でSEO対策を進めることに不安がある」という社会保険労務士事務所は、SEO対策を専門的に行なっているウェブココル株式会社へお問い合わせください。

ウェブココル株式会社は社会保険労務士事務所のビジネス拡大に繋がる可能性が高い、「地域名+〇〇」というキーワードの対策を得意としています。支援したサイトでは地域名を絡めたキーワードで上位表示できた結果、売上およびブランディング力アップに貢献しました。

※「地域名+業種」のSEO対策は、1地域につき1社限定で請け負っております。問い合わせ数を増やしたい社会保険労務士事務所の方は、お早めにお問い合わせください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

社会保険労務士事務所がSEO対策を行う目的

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上で自社サイトを上位表示させることで集客力・売上アップなどを図るWebマーケティング手法の一つです。

さまざまな業界に活用できるWebマーケティング手法であり、SEO対策を取り入れている社会保険労務士事務所は少なくありません。

社会保険労務士事務所のサイトでSEO対策を講じる主な目的は、問い合わせや来客者数を増やすことです。企業の労務担当者などはインターネットを活用し、労務管理や助成金申請などを依頼できる社会保険労務士事務所を探すケースが多くあります。

SEO対策を進めて自社サイト・ページを上位表示させておけば、ビジネスチャンスの機会損失を減らすことが可能です。

社会保険労務士事務所がSEO対策をするメリット

社会保険労務士事務所のサイトでSEO対策をするメリットは次のとおりです。

  • 費用対効果の高い集客が可能になる
  • 潜在層から顕在層まで幅広くアプローチできる
  • 安定した集客を実現できる

SEO対策は数あるマーケティング手法のなかでも、費用対効果の高い集客方法として知られています。初めこそ毎月数十万円単位で費用がかかるものの、SEO対策によって上位表示できるページが増えてくれば、将来的にはサイト運営費のみで集客可能です。

SEO対策を進めると、潜在層から顕在層まで幅広くアプローチできます。SEO対策では、対策したキーワードを検索するすべてのユーザーへアプローチできることから、今までクライアントにいなかった層を引き込めるチャンスを得られるでしょう。

SEO対策がうまく進むと、安定した集客を実現できます。上位表示を一度してしまえば、アルゴリズムの大幅な変更による順位変動や良質な情報を発信する競合サイトが現れない限り、検索順位を抜かれることはほとんどありません。毎月一定数のユーザーがサイトに訪れる環境になり、安定した集客へと繋がります。

社会保険労務士事務所がSEO対策をするデメリット

一方で、社会保険労務士事務所のサイトでSEO対策をする際に生じるデメリットもいくつか存在します。

専門的な知識がなければ上位表示できない
最新のSEO対策が求められる
上位表示されるまでに時間がかかる

SEO対策を講じて上位表示を実現するには専門的な知識が必要になります。ひと口にSEO対策と言っても、サイトの状況や狙うキーワードによって効果的な対策は異なり、特定の施策を講じることで上位表示できるとは限りません。

Googleはユーザーに対して質の高い検索結果を提供するために、検索アルゴリズムを日々変化させています。上位表示させたページの検索順位を維持し続けるには、最新の情報を押さえた上で検索アルゴリズムに沿った施策を講じ続ける必要があります。

SEO対策を講じてから上位表示されるまでには、3ヶ月から半年以上かかることが一般的です。上位表示されてから集客に結びつくまでには、1年以上かかることが珍しくありません。

社会保険労務士事務所にとってSEO対策は費用対効果が非常に高い集客方法

社会保険労務士事務所にとってSEO対策は、費用対効果の高いWebマーケティング手法です。主な集客方法として挙げられる、セミナーや異業種交流会、チラシなどは、いずれも費用と時間のリソースが削られるものの、安定した集客ができるとは言えません。

一方でSEO対策であれば初期費用こそ必要になりますが、集客や問い合わせに繋がるキーワードで上位表示されるページが増えてくれば、中長期的に安定した集客を見込めます。最終的には、サイトの運用費および定期的に発信する記事コンテンツ作成費用のみで集客できます。

施策を適切に講じていけば投資額以上のリターンを得られるため、SEO対策は費用対効果の高い集客方法を取り入れたい社会保険労務士事務所におすすめです。

社会保険労務士事務所が取り組むべき内部対策

内部対策とは、サイト内の構造を整備することでユーザーやGoogleからの評価を高める施策です。可視化しにくい対策ですが、サイトの利便性に関わる項目であるため、必ず取り組むべきです。下記は、社会保険労務士事務所のサイトで取り組むべき内部対策です。
内部対策に関する詳細はこちら

ここからは、各内部対策の特徴を詳しく紹介します。

テキストリンクを最適化する

社会保険労務士事務所のサイトで内部対策を進める際は、テキストリンクを最適化することが重要です。

杉岡 玲生

テキストリンクとは、サイト内で公開しているテキストの一部をリンク化したものです。アンカーテキストと呼ばれることもあります。テキストリンクにした文字列は、青文字で表示され、下線が引かれます。

テキストリンクを設置する目的は、関連するページ・記事へユーザーを適切に遷移させることです。テキストリンクの訴求が弱ければ、ユーザーに特定のページへ遷移してもらえません。例えば、「福岡 給与計算 代行」というキーワードを対策した記事でユーザーを問い合わせフォームに遷移させたいときにおける、テキストリンクの良い例と悪い例は次のとおりです。

良い例:福岡の〇〇社会保険労務士事務所へ給与計算代行を依頼する
悪い例:給与計算の代行はこちら

テキストリンクを介してユーザーに別ページへ遷移してもらいたい場合は、行動を促す文章にすることが大切です。悪い例のように「〜はこちら」だけでは訴求が弱まることを知っておきましょう。

サイトマップを作成する

社会保険労務士事務所のサイトに有効な内部対策として、サイトマップを作成することが挙げられます。サイトマップには、ユーザーとクローラーに対してサイト構造をわかりやすく伝える働きがあります。

弓川 堅士

クローラーとは検索順位を決めるために、サイト・ページから必要な情報を集めるロボットのことです。なお、クローラーがサイト・ページを巡回し、情報を集める動きをクロールと言います。

サイトマップとひと口に言っても、HTMLサイトマップとXMLサイトマップの2つがあり、それぞれの違いは次のとおりです。

  • HTMLサイトマップ:ユーザー向けのサイトマップであり、ユーザービリティ向上の役割を持っている
  • XMLサイトマップ:クローラー向けのサイトマップで、SEO対策の効果がある

SEO評価を高めるには、HTMLサイトマップとXMLサイトマップのどちらも設置することが欠かせません。

わかりやすいURLにする

わかりやすいURLにすることも、社会保険労務士事務所のサイトでできる内部対策として有効です。ユーザーのなかには、URLをもとにサイト・ページを判断する方もいるため、わかりにくいURLを採用するとユーザービリティの観点から好ましくありません。

URLのわかりやすさについては、Google検索セントラルでも次のように述べられています。

ウェブサイトのドキュメントにわかりやすいカテゴリやファイル名を使用すると、サイトを効果的に整理できるだけでなく、コンテンツにリンクしようとするユーザーにとって、より簡単でフレンドリーな URL を作成できます。理解できない単語が含まれる極端に長く暗号のような URL は、訪問者を困惑させることがあります。

引用:Google検索セントラル

ユーザーにとってわかりやすいURLとわかりにくいURLは、それぞれ次のとおりです。なお、下記のURLは社会保険労務士事務所のサイトで公開する就業規則の変更にまつわるページのURLを想定しています。

わかりやすいURL:https//syarousi.co.jp/laborregulations/laborregulations-change/
わかりにくいURL:https//syarousi.co.jp/folder1/123456/

URLを設定する際はわかりやすいURLのように、どのような内容のページなのかを理解できる文字列にすることが重要です。わかりにくいURLにするとURLでページの内容を把握できないため、ユーザーの利便性が損なわれるだけでなく、サイト管理が難しくなります。

サイトの構造を最適化する

社会保険労務士事務所のサイトで内部対策を進める場合は、サイトの構造を最適化することも欠かせません。サイト内にコンテンツが乱立する状態では、ユーザーの利便性が損なわれることはもちろん、Googleからサイト内を適切にクロールしてもらえません。

ユーザーの利便性が損なわれると離脱率が高くなる、適切にクロールしてもらえなければサイトを正しく評価してもらえないため、SEO評価は下がります。

サイトを構造化する際には、カテゴリーを用いて階層構造にすることが大切です。TOPページからすべてのページまでは、できる限り、2クリック以内で到達できるようにしましょう。TOPページからすべてのページへ最短距離で到達できる階層構造にすれば、クローラーにサイト内を効率よく巡回してもらえます。

モバイルフレンドリーに対応する

モバイルフレンドリーとは検索アルゴリズムの一つであり、スマートフォンでの閲覧に対応しているサイトを評価する指標のことです。2015年の「モバイルフレンドリーアップデート」により、実装された検索アルゴリズムです。

近年のユーザーは、パソコンよりもスマートフォンからサイトを閲覧する機会が多くなっています。そのため、スマートフォンでの閲覧に適していないサイトは、ユーザーから避けられやすく離脱率が高まります。Googleは「離脱率が高いサイト=質が低いサイト」だと認識する傾向です。

自社サイトがモバイルフレンドリーに対応しているのかを調べたい場合は、モバイルフレンドリーテストを活用しましょう。ページ内にある検索窓へURLを入力するだけで、モバイルフレンドリーに対応しているのかを簡単にチェックできます。

社会保険労務士事務所が取り組むべき外部対策

外部対策とは、他社サイトやSNSなどの力を活用して自社サイトの評価を高める施策のことです。近年は外部からの評価が高いサイトほど上位表示しやすい傾向にあるため、内部対策と同様に注力すべき施策と言えます。社会保険労務士事務所のサイトで取り組める外部対策として、下記の3つが挙げられます。
外部対策に関する詳細はこちら

以下では、それぞれの施策内容について詳しく紹介します。

担当しているクライアントから被リンクを獲得する

社会保険労務士事務所のサイトでできる外部対策として、担当しているクライアントから被リンクを獲得することが挙げられます。

杉岡 玲生

被リンクとは、他社サイトから自社サイトへ向けて設置されたリンクのことです。
被リンクに関する詳細はこちら

例えば、企業と顧問契約している場合、クライアントの会社概要欄などへ「提携社会保険労務士」として、掲載してもらえないかを打診してみましょう。当記事を発信しているウェブココル株式会社では、会社概要欄で提携社会保険労務士を次のような形で掲載しています。

会社概要欄へ提携社会保険労務士として掲載してもらう際は、事務所名を正式名称で掲載してもらうと、どのこの社会保険労務士事務所なのかがわかりやくなります。

グループ会社や提携企業から被リンクを獲得する

社会保険労務士事務所のサイトで外部対策をする際は、グループ会社や提携企業から被リンクを獲得できないか検討してみましょう。グループ会社や提携企業であれば、被リンクしてもらえる可能性が高くなります。

Googleは同業種や協業関係にあるサイトから向けられた被リンクを特に評価する傾向です。社会保険労務士事務所の場合、協業関係にあたる税理士事務所や弁護士事務所などから被リンクを獲得できると、サイトを評価されやすくなります。

ウェビナーを開催する

外部対策に力を入れたい社会保険労務士事務所は、ウェビナーを開催することをおすすめします。法改正や就業規則、労務監査などに関するウェビナーを告知するページを作成し、自社のSNSや提携先のサイトで拡散すれば被リンクを簡単に得られます。

また、PR TIMESなどの媒体を活用して、ウェビナーに関するプレスリリースを配信する方法でも、被リンクを獲得することが可能です。社会保険労務士事務所について知ってもらえるだけでなくSEO効果も期待できるため、ウェビナーを開催する際は告知ページを作成して拡散しましょう。

社会保険労務士事務所が取り組むべきコンテンツ対策

コンテンツ対策とは、ユーザーの抱える悩みを解決するコンテンツを定期的に発信してサイト流入数拡大を進める施策のことです。サイト流入数の基盤を作る施策になるため、集客を実現したいサイトは必ず進めるべき対策として知られています。下記は、社会保険労務士事務所のサイトに効果的なコンテンツ対策の一例です。
コンテンツ対策に関する詳細はこちら

ここからは、社会保険労務士事務所のサイトに有効なコンテンツ対策を詳しく解説します。

問い合わせに繋がるキーワードで対策する

社会保険労務士事務所のサイトでコンテンツ対策へ取り組む場合、問い合わせに繋がるキーワードを対策することが重要です。検索ボリュームのあるキーワードを闇雲に対策するだけでは、集客・問い合わせに繋がりません。

SEO対策をする目的が集客数・問い合わせ数の増加であれば、「地域名+社労士」や「地域名+就業規則 作成」、「地域名+助成金 申請」など、仕事に繋がるキーワードを中心に対策する必要があります。

問い合わせに繋がるキーワードを中心に対策すると、SEO対策を効率的に進められるため、短期間で成果が出る可能性もゼロではありません。

オリジナル画像を掲載する

社会保険労務士事務所のサイトでできるコンテンツ対策として、オリジナル画像を掲載することも挙げられます。コンテンツ内にオリジナル画像を掲載することで、SEO評価が高まる以外に次のようなメリットを得られます。

  • 言語化が難しい部分をユーザーへわかりやすく伝えられる
  • ユーザーの滞在時間を伸ばせる
  • コンテンツの独自性を出しやすくなる

オリジナル画像の情報をGoogleへ正しく伝えたい場合は、altタグを適切に設定することを忘れずに行いましょう。

弓川 堅士

altタグとは、画像の情報を解説するテキストのことです。Googleなどの検索エンジンは、altタグに設定されたテキストをもとに画像の情報を認識しています。

テーブルを活用する

社会保険労務士事務所のサイトでコンテンツ対策を進める際は、テーブルを活用することも推奨します。コンテンツ内でテーブルを活用すると、情報を端的に解説できます。例えば、費用相場は下記のようなテーブルでまとめると項目と費用感が一目でわかるでしょう。

上記のように、料金を項目別に紹介する際は、テキストベースで伝えるよりもテーブルを用いたほうがわかりやすくなります。他には、商品・サービスや企業の概要をわかりやすく解説したい場合もテーブルを用いると効果的です。

テキストのみの解説では、文字数が多くなる・伝えたい内容がぼやけてしまうという場合は、テーブルを活用して情報を端的にまとめることがおすすめです。

ユーザーの検索意図を汲み取る

コンテンツ対策で成果を出すには、ユーザーの検索意図を汲み取ることが欠かせません。キーワード選定を丁寧に進めたとしても、ユーザーの検索意図を満たせるコンテンツでなければ上位表示を狙うことは困難です。

ユーザーの検索意図を汲み取る際は、サジェストキーワードや再検索キーワード、PPA(よくある質問)から、ユーザーがどのような悩みを持っているのか・何を解決したいのかを洗い出します。必要に応じてTwitterやYahoo!知恵袋などを活用すると、ユーザーの検索意図をより深掘りすることが可能です。

杉岡 玲生

サジェストキーワードとは、検索窓の下側に表示される、検索したいキーワードと関連性の高いキーワード群のことです。

再検索キーワードとは、検索エンジンの下層に表示される、特定のキーワードで検索したユーザーが次に検索する可能性が高いキーワード群のことを指します。

関連する記事同士は内部リンクで繋ぐ

コンテンツ対策で成果を出すには、関連する記事同士を内部リンクで繋ぐことが欠かせません。内部リンクを活用すると、関連する記事へユーザーを誘導しやすくなり、回遊率を高められます。Googleは回遊率の高いサイトを評価する傾向にあるため、上位表示を目指すには関連する記事同士を繋いでユーザーが離脱しないサイト作りが必要です。

社会保険労務士事務所のサイトの場合、例えば、「自社で対応できる業務を解説した記事」と「特定の業務について解説した記事」を内部リンクで繋ぐと回遊率を高められるかもしれません。他には、「給与計算に関する記事」へ「年俸制を解説した記事」「歩合制を解説した記事」などを内部リンクで繋ぐこともよいでしょう。

MEO対策も取り入れて集客を最大化させましょう

社会保険労務士事務所の場合、SEO対策とMEO対策を並行で進めると、集客力アップを実現しやすくなります。

弓川 堅士

MEO対策とは、「Map Engine Optimization」の略称であり、GoogleMap上での検索結果を最適化する施策を意味します。特に、店舗や事務所を構えてビジネスをする業者に適した施策です。

MEO対策を進めるとGoogleMap上で検索した際に上位表示されるため、地場でサービスを求めている方を獲得しやすくなります。MEO対策に力を入れたい場合は、次のような施策をとりましょう。

  • どのようなキーワードで上位表示させるのかを決める
  • 事業者情報を細かく記載する
  • 口コミ・評判を増やす

MEO対策はSEO対策とは異なり、口コミ・評判が多い事業者ほど評価されやすい傾向にあります。口コミ・評判を増やすには取引先や提携先など、自社のサービスについて理解している事業者などの力を借りることが大切です。また、口コミ・評判と無料相談を掛け合わせた施策を練ることもよいでしょう。

社会保険労務士事務所のSEO対策例|社会保険労務士法人とうかい

https://www.tokai-sr.jp/

SEO対策によって集客力を拡大させたい場合は、他社の成功事例を知ることが重要です。社会保険労務士事務所の場合は、「社会保険労務士法人とうかい」のサイトがSEO対策の成功事例として挙げられます。

なお、社会保険労務士法人とうかいのサイトはあくまでも成功事例として取り上げているだけであり、当記事を発信しているウェブココル株式会社が支援したサイトではございません。

社会保険労務士法人とうかいのサイトでは、各種業務について詳しく解説したコンテンツや利用者の声を公開したり、セミナー情報を告知して被リンク獲得に向けた施策を講じたりしています。また、コンテンツのアイキャッチ画像にはオリジナル画像を採用し、ユーザーの目をひく工夫も凝らされています。

さまざまな施策を講じた結果、2023年4月時点で社会保険労務士法人とうかいのサイトは、「名古屋 社労士」というキーワードで検索順位1位を獲得している状況です。ahrefsというSEO対策ツールで社会保険労務士法人とうかいのサイトを解析すると、2022年3月から2023年3月までの1年間で月間PV数を3万PV以上も伸ばしていました。

社会保険労務士事務所のサイトにおける成功事例と言えるため、SEO対策に力を入れたい場合は、社会保険労務士法人とうかいのサイトを参考にするとよいでしょう。

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策を専門業者へ依頼する場合の費用相場は下表のとおりです。

項目費用相場
SEOコンサルティング10万〜50万円
大規模なサイトになると50万円以上かかる
初期サイト設計10万〜100万円
記事コンテンツ制作1記事あたり数千円〜数万円
「1ヶ月あたり5本〜」という条件を設けている業者がほとんど
内部対策10万〜20万円
外部対策1万〜15万円

紹介した費用相場はあくまでも目安であり、SEO対策会社によって費用感は異なります。基本的には、フリーランス<中小企業<大手企業の順に費用は高くなる傾向です。

成功確度の高い施策を提案してほしい方は大手企業を、少数精鋭でレベルの高い施策を依頼できる業者を選びたい方は中小企業を、施策をスムーズに講じてほしい方はフリーランスを選ぶとよいでしょう。費用感で依頼先を決めたい場合は複数者から見積もりをとり、予算感に合う業者を選定することがおすすめです。

社会保険労務士事務所のSEO対策ならウェブココル株式会社にお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介した社会保険労務士事務所向けのSEO対策は、どれも基本的な施策内容にしか過ぎません。近年は、SEO対策へ注力する社会保険労務士事務所が増えており、上位表示を目指すには基本的な施策と加えて、競合サイトとの差分を埋める施策を講じることが欠かせなくなっています。

また、SEO対策を講じて安定した集客を実現するためには、PDCAサイクルをまわしながら施策を比較検討していくことが重要です。施策の比較検討は専門的な知識がなければ効果的に進められません。本格的にSEO対策へ力を入れたい場合は、SEO対策を専門に支援している業者へコンサルティングを依頼することがおすすめです。

当記事を発信しているウェブココル株式会社は、地場でビジネス拡大を図る業者への支援を得意としているSEO対策会社です。自社で複数のメディアを運営しながらSEOノウハウを蓄積しており、クライアントサイトに適した成功確度の高い施策を提案できます。

SEO対策を通じて地場での集客力・ブランディング力アップに貢献した実績も有しているため、SEO対策に力を入れたい社会保険労務士事務所は、ぜひウェブココル株式会社へご相談ください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次