SEOコンサルティングの詳細を見る

SEOで評価される記事コンテンツの作成方法・書き方|構成の作り方やSEO対策会社へ依頼する際の費用相場も紹介

記事コンテンツはサイトの検索順位決定における重要な要素の1つです。そのため、SEO対策で効果を出すには記事コンテンツの作り方が非常に重要です。

しかし、どのように記事を作成すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、SEOで評価される記事コンテンツの作成方法や記事の書き方について解説しています。

サイト運営者の方はぜひ参考にしてください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

SEOにおける記事コンテンツの重要性

SEOではターゲット層の検索ニーズに合わせた関連キーワードを設定し、質の高い記事コンテンツを量産することが必要です。

ユーザーのニーズを満たせないような質の低いコンテンツや、他サイトのコピーコンテンツでは、ユーザーがすぐに離脱してしまう上にGoogleからも低い評価を受けてしまいます。

SEO対策は、サイトを検索順位で上位表示させることにより、サイトへの流入を増やすことです。

最終的には、売り上げや問い合わせといったコンバージョンの増加を狙います。

そのためには、多数の記事コンテンツを制作する必要がありますが、ただ記事を書くだけでは思うような効果は得られません。

もちろん特定の記事だけでなく、1つ1つの記事をGoogleやユーザーから評価を得られるクオリティで作成することが求められます。

SEOにおける記事コンテンツの評価方法・順位決定の仕組み

そもそも、記事コンテンツが検索結果にされるためには、 Googleにインデックスされることが必要です。

Googleのクローラーがサイトを巡回し、収集した情報をデータベースに保管することでインデックスが完了しますが、その情報をもとにGoogleは記事コンテンツの評価を行います。

評価基準には200を超える指標が使用されており、アルゴリズムに基づいて順位が決定されます。

ただし、順位決定アルゴリズムの正確な内容は公開されておらず、さらに時代やユーザーの変遷とともに変化していく点に注意しなければいけません。

SEOにて高評価を得やすい記事の特徴

ここでは、SEOにて高評価を得やすい記事の特徴を2つご紹介します。

できるだけ以下の条件に当てはまる記事を執筆することが大切です。

文字数が多くユーザーの検索ニーズが網羅的に満たされている記事

Googleから高評価を得るためには、ある程度の文字数を確保した上で、ユーザーの検索ニーズを網羅的に満たす記事を制作する必要があります。

過去には文字数の量だけで評価されていた時代もありましたが、今は単に文字数が多いだけでは評価の対象になりません。

Googleのガイドラインでも、以下のように述べられています。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

一次情報や筆者の主観が含まれている独自性の高い記事

Googleでは、他サイトのコピーコンテンツがペナルティを受ける一方で、独自性の高いコンテンツが高く評価される傾向にあります。

具体的には、一次情報や筆者の主観が含まれている記事のことです。

アンケートをもとに記事を作成する・記事で紹介する商品やサービスを実際に使用するなど、客観的目線ではなく主観的な目線で情報発信することを心がけるとよいでしょう。

SEOにて低評価を得る可能性のある記事の特徴

ここでは、上記とは反対にSEOにて低評価を得る可能性がある記事の特徴をご紹介します。

自サイトで当てはまる記事があれば、すぐに改善するか非公開にすることをおすすめします。

他の記事と差別化されているポイントがないコピー記事

Googleの検索結果で上位表示されるためには、質の高い記事コンテンツが求められます。

反対に、他の記事と差別化されているポイントがないと「コピー記事」と判断されてしまい、最悪の場合はペナルティを受ける場合があります。

Googleでも以下のように指摘されているため、記事作成の際は十分注意してください。

ただし、ページのランキングを上げる目的で、語数は多くてもオリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったくないページを作成して、ユーザーの関心を引こうとするサイト所有者もいます。Google では、無断複製されたページや、オリジナルのコンテンツがほとんどなくユーザーにとって価値のないページを表示することでランキングに入ろうとするドメインに対して、処置を取ります。

Google検索セントラル – 質の低いコンテンツ

情報が古くしばらく更新もされていない記事

SEOでは、フレッシュネス指標が重視されています。

フレッシュネス指標は、情報の最新性やページの更新性を表す指標です。

記事の公開から時間が経過するにつれて次第に情報が古くなっていくため、更新されず放置されている記事は自然と低評価の対象になってしまいます。

検索順位を上げるためには、常に最新の情報を記事に掲載することが大切です。

画像や表などの装飾が施されていないテキスト主体の記事

画像や表などが装飾されておらず、テキストだけで構成された記事もGoogleから評価を下げる原因の1つです。

また、 テキスト主体の記事はユーザーが途中で飽きてしまいやすく、離脱率の増加を招いてしまいます。

ただし、Googleのクローラーは画像を認識できないため、画像を添付する際はaltタグを設置して画像の内容を伝えることが必要不可欠です。

対策キーワードの詰め込み・無関係なキーワードでの作成がされている記事

SEO対策においては、記事やタイトルに対策キーワードを入れ込むことが重要です。

しかし、キーワードを不自然に詰め込んだり、無関係なキーワードを羅列したりすると、かえってGoogleからの評価を下げてしまうため気をつけましょう。

Googleでも、以下のように指摘されています。

キーワードの乱用では、(自然な文章としてではなく)リストやグループの形式を使ったり、関連性のない場所でキーワードが記載されたりする傾向があります。ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザー エクスペリエンスが低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。

Google検索セントラル – 無関係なキーワード

SEOを重視した記事の作成方法

ここでは、SEOを重視した記事を作成する方法を解説します。

記事を作成する際の参考にしてください。

記事構成作成

何も考えずにいきなり本文を執筆していては、Googleから高評価を受けるのが難しくなってしまいます。

まずはユーザーの検索ニーズを把握し、対策キーワードを選定するところから始める必要があります。

そして、ユーザーにもGoogleにも内容が伝わりやすいような構成を作成することが大切です。

構成は記事の骨組みになるため、綿密に設計を行いましょう。構成作成に関する詳細は、以下の見出しで解説します。

タイトルの設定

SEOにおいて、記事のタイトルはページの内容を伝える役割を持っています。

また、ユーザーが記事をクリックするかどうかの判断材料にもなる重要な項目です。

どれほど本文の質が高くても、タイトルを適当につけてしまうと効果が半減してしまいます。記事の構成にあわせて適切なタイトルを設定しましょう

本文執筆

構成を作成し、タイトルを設定したら、いよいよ本文の執筆に移ります。

ユーザーに内容が伝わりやすいよう、できるだけ難しい言葉の使用は控えるようにしてください。

また、 回りくどい言い回しを避け余計な文言は削ぎ落とすことで 、すっきりとした読みやすい文章に仕上がります。

記事執筆に関する詳細については、以下の見出しで解説します。

コピペ・誤字脱字チェック

記事を執筆できたからといって、そのまますぐに公開してしまうのはおすすめできません。

公開前にCopyContentDetectorなどのツールを使って、コピペのチェックを行うとよいでしょう。

Googleからコピーコンテンツと認識されてしまうと評価を得られにくくなるため、他の記事と被っている部分が多くないか調査することが大切です。

また、誤字脱字もSEOの観点ではNGとされているため、しっかり確認するようにしてください。

SEO対策上してはいけない記事作成時の注意点

これまでSEOにおいて効果的な方法を解説してきましたが、やってはいけない施策も理解しておく必要があります。

他の記事のコピーを掲載した記事や、意味のない文字を羅列しただけの記事はGoogleからの評価を下げるだけでなく、ユーザーの離脱率を増加させてしまいます。

また、被リンクはGoogleから高評価を得やすいですが、外部リンクを大量購入するとペナルティの対象になることもあるため注意してください。

その他にも、キーワードをタイトル・見出し・本文に不自然に詰め込んでしまうと、記事が読みにくくなる上に、せっかくのキーワード対策が逆効果になります。

ちなみに、上記のような低品質なコンテンツで検索順位を上げる方法はブラックハットSEOと呼ばれています。

現在のGoogleにおいては通用しない施策ですので、極力避けるようにしてください。

SEOを意識した記事制作はSEO対策会社への依頼も可能

検索順位を上げるためには高品質な記事が必要不可欠ですが、専門知識がないとGoogleから評価を得るのは難しい場合があります。

また、アルゴリズムは定期的にアップデートが行われるため、偏った方法では対応が追いつかなくなってしまいます。

SEO記事に自信のない方は、記事の制作をSEO対策会社へ依頼するのも方法の1つです。

SEO対策会社に依頼することで、豊富な知識と最新のSEOトレンドを意識した記事を制作できるといったメリットがあります。

また、社内のリソースをサイト運営に割く必要がなくなるため、本業がおそろかになってしまう心配もありません。

SEO対策会社へ記事制作を依頼する場合の費用相場

SEO対策会社によって細かい料金は異なるものの、SEO対策会社へ記事制作を依頼する場合の料金相場は1記事5〜10万円前後です。

一般的に、大手のSEO企業ほど料金が高くなる傾向にあります。

料金設定や企業規模だけに注目するのではなく、「自サイトの記事コンテンツ制作を依頼するのにふさわしい相手か?」といった観点から業者を選定するようにしてください。

ちなみに、ウェブココル株式会社では1記事3万円から記事の制作が可能です。

サービスの詳細については以下を参考にしてください。

内容期間料金
競合調査
キーワード選定
構成作成
コンテンツ制作
CMS入稿
1ヶ月〜(最低5記事)30,000円〜

記事構成作成時に意識すべきSEO上のポイント

記事の構成は、コンテンツの質を上げるためにも重要な要素です。

ここでは、記事構成を作る際に意識すべきSEO上のポイントを4つご紹介します。

検索ユーザーの顕在ニーズ・潜在ニーズを深堀りする

構成を作成する前に、検索ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズをしっかり深堀りすることが大切です。

顕在ニーズは検索キーワードに現れるニーズを指し、潜在ニーズはユーザーが検索時に抱えているであろうニーズを指します。

ユーザーが求めるであろう情報に加え、次の行動に促すために必要な情報や、載っていると嬉しい情報を見出しへ追加すると効果的です。

ただし、いいことばかり書くのはあまりおすすめできません。メリットを紹介する際は、あわせてデメリットなども取り上げるとよいでしょう。

サジェストキーワード(関連キーワード)を洗い出し見出しへ追加する

検索ニーズを網羅的に満たす方法として、サジェストキーワードの洗い出しが挙げられます。

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力した際に表示されるキーワード候補のことです。

ユーザーは検索キーワードのあとにサジェストキーワードで検索し直すことが多いため、見出しに入れ込むことでユーザー満足度の向上につながります。

H2・H3などの見出しやタイトルへ対策キーワードを適宜設置する

構成を作成する際は、タイトルやH2・H3などの各見出しへ対策キーワードを適宜設置するようにしてください。

対策キーワードが含まれていないと、Googleから狙ったキーワードで評価されにくくなってしまいます。

ただし、無理に詰め込みすぎて文脈がなくなってしまわないように気をつけてください。

競合との差分を埋めて独自性のある構成にする

記事の構成を作成する際は、検索上位の競合サイトの調査が必要不可欠です。

競合サイトがどのような見出しを作成しているのかチェックした上で、ユーザーが閲覧した時に引けを取らないような見出しを考えることが求められます。

また、他サイトにはないオリジナリティのある見出しを追加するのも効果的です。

競合との差分を埋めて、独自性のある構成を目指しましょう。

記事執筆時に意識すべきSEO上のポイント・書き方

ここでは、記事を執筆する時に意識すべきSEO上のポイントを3つご紹介します。

記事を作成する際はぜひ参考にしてください。

誤字脱字に注意する

記事を執筆する際は、誤字脱字がないように十分気をつけましょう。

誤字や脱字の多い記事はユーザーにとって読みづらく、信憑性にも欠けてしまいます。

また、Googleからもマイナス評価を受けてしまうため要注意です。

記事が完成したらすぐ公開するのではなく、先にチェックする習慣をつけるようにしてください。

スマホで読むときに文章だけのページがないように注意する

同じページを閲覧していても、パソコンとスマホでは画面表示が異なります。

現在はスマホを利用するユーザーが多いため、スマホで読んだ時に文章だけのページにならないように気をつけてください。

文字だけの記事は読む気力が失せてしまい、ユーザーの離脱の原因につながってしまいます。

適切な箇所で改行を行ったり、画像や表を取り入れたりするなど、スマホでの見やすさを心がけましょう。

代名詞や専門用語を多用しない

記事を執筆する際は、代名詞や専門用語を多用しないようにすることが求められます。

専門用語は理解できるユーザーが少ないため、離脱の原因となってしまいます。

また、検索エンジンは「それ」「この」といった代名詞を理解することが困難です。その結果、記事の内容をGoogleに正しく伝えられなくなるリスクがあります。

代名詞の使いすぎはユーザーにとっても読みづらい記事になるため、できるだけ使用は避けて、誰にでもわかりやすい言葉で執筆することを意識しましょう。

関連性のある新しい記事と古い記事を内部リンクで繋ぐことでよりSEO的な評価も高まる

新しい記事を作成した際に、関連性のある古い記事と内部リンクで結ぶのも効果的な施策の1つです。

内部リンクされていることでクローラーがサイトの隅々まで巡回しやすく、評価を得やすくなるといったメリットがあります。

また、内部リンクで複数の記事を連結させることによって、ユーザーも関連性のある記事を次々に読むことが可能です。

その結果、検索ニーズを網羅的に満たしやすくなります。

定期的に最新情報を取り入れながらリライトする

公開した記事は、最新情報を取り入れながら定期的にリライトすることが必要です。

一度記事が上位表示されたからといって、必ずしもそれが永久的に継続するわけではありません。

Googleは情報の鮮度を重視するフレッシュネス指標を評価基準に取り入れているため、記事の情報が古くなると評価が落ちてしまうリスクがあります。

検索上位を保つためには、競合サイトの状況も確認しながら記事を管理し続けることが重要です。

ウェブココル株式会社のSEO対策における記事制作事例

ウェブココル株式会社では、美術買取専門店を運営する株式会社獏様で記事制作のコンサルティングを担当し、「絵画買取 東京」で検索1位を達成しています。

さらに「作家 買取」などの複数のキーワードで検索上位を多数獲得し、オーガニック流入数がコンサルティング前と比べて7倍増加しました。

まずはクライアント様に対して徹底的にヒアリングを行い、サイトの現状や改善すべきポイントを洗い出すところからスタートします。

そこで見えてきた課題や競合の状況をもとに、狙うべきキーワードやコンテンツ内容を見極め、検索意図を汲みながら記事制作を実施しました。

その他にも、見出しタグの最適化や内部リンクの整理といった効果的な施策を行える点もウェブココル株式会社の強みです。

SEOで高評価を得るための記事制作はウェブココルへご相談ください

SEO対策で効果を出すためには、質の高い記事コンテンツを制作することが重要です。

しかし、Googleの評価に関するアルゴリズムは定期的にアップデートされるため、専門知識がないと的確な施策を行うことは容易ではありません。

SEOで高評価を得るための記事を制作するなら、ぜひウェブココル株式会社にお任せください。

最先端のSEO知識を持ったコンサルタントによって、本当に結果の出る施策をご提案いたします。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次