SEOコンサルティングの詳細を見る

【売上・集客UP】弁護士事務所が行うべきSEO対策|成功事例やSEO対策の費用相場も紹介

本記事では、弁護士事務所のサイトが講じるべきSEO対策や成功事例、SEO対策の費用相場を解説します。

弁護士事務所が増加している昨今では、利用者の口コミやチラシによるアプローチのみで集客することが難しくなっている状況です。売上・集客力をアップさせたい弁護士事務所はSEO対策を通じて、24時間365日いつでも営業活動するサイトへ育てることが大切です。

しかし、SEO対策を進めて集客を実現するには、基礎的な施策を押さえることが不可欠です。我流によるSEO対策は成果が出ない以外に、Googleからペナルティーを受ける恐れがあります。

当記事を読めば、弁護士事務所のサイトに必要なSEO対策や成功事例を理解でき、Web集客を実現できる可能性が高まります。自社サイトを活用してビジネス拡大を図りたい弁護士事務所は、ぜひ参考にしてください。

「成功確度の高い施策を講じたい」「SEO対策を進めるリソースが足りない」という弁護士事務所は、ウェブココル株式会社へご相談ください。

ウェブココル株式会社は弁護士事務所のように、地場でビジネス拡大を目指す業者へのSEO対策に強みを持っています。過去に支援したサイトでは、集客力アップを実現するだけでなく地域ブランディングにも成功し、クライアントのビジネス拡大に貢献しました。

※「地域名+業種」のSEO対策は、1地域につき1社限定で請け負っております。問い合わせ数を増やしたい弁護士事務所の方は、お早めにお問い合わせください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

弁護士事務所がSEO対策を行う目的

そもそも、SEO対策とは検索エンジン上で検索した際に自社サイトを上位表示させ、集客力やブランディング力などを高めるWebマーケティング手法の一つです。

杉岡 玲生

検索エンジンとは、ユーザーが知りたい情報を検索した際に最適なサイト・ページを表示させるシステムのことです。代表的なものとして、GoogleやYahoo!、Bingなどがあります。

弁護士事務所のサイトでSEO対策をする主な目的は、問い合わせ数や相談者数を増やすことです。弁護士事務所であれば、「東京 弁護士事務所」や「新大阪駅 弁護士事務所」などのように「地域名や施設名+弁護士事務所」というキーワードで上位表示できると、ビジネス拡大に繋がるでしょう。

弁護士事務所がSEO対策をするメリット

弁護士事務所のサイトでSEO対策をするメリットとして、下記の3つが挙げられます。

  • 利益率を高められる
  • 集客が安定する
  • 潜在層にもアプローチできる

弁護士事務所のサイトでSEO対策を進めると、利益率を高められるというメリットを得られます。SEO対策は初めこそ費用がかかるWebマーケティング手法ですが、上位表示できるページが増えてくれば、将来的にサイト運営費のみで集客を実現できます。SEO対策がうまくいくとWeb広告のように広告費を毎月かける必要がなくなるため、中長期的に見ると利益率を高めることが可能です。

SEO対策を講じてサイト・ページが上位表示できれば、集客が安定するというメリットもあります。サイト・ページを上位表示できると、検索アルゴリズムのアップデートや有益なコンテンツを発信する競合サイトが現れない限りは、検索順位が大幅に変動することはありません。自社サイトが集客に繋がるキーワードで上位表示され続ける限り毎月安定した集客を実現できます。

他にも、潜在層へアプローチできる点はSEO対策ならではのメリットです。SEO対策には、コンテンツを活用して顕在層から潜在層までアプローチできるという特徴があります。弁護士事務所の場合であれば金銭や法律面など、悩みの火種となる部分を未然に解決するコンテンツを発信することで、潜在層へアプローチできるでしょう。

弁護士事務所がSEO対策をするデメリット

SEO対策は弁護士事務所のサイトと相性のよいWebマーケティング手法ですが、次のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

  • 即効性がない
  • 上位表示できる保証がない
  • SEO対策に関する情報を研究し続ける必要がある

SEO対策は施策を講じたからと言っても、すぐに効果が出るWebマーケティング手法ではありません。一般的には、半年から1年以上かけて成果が出始めます。短期間で集客を目指したい方には適していないWebマーケティング手法です。短期間で集客を実現したい場合は、リスティング広告などの即効性がある施策を講じるとよいでしょう。

弓川 堅士

リスティング広告とは、検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に上部もしくは下部の広告枠へ出稿できる、クリック課金型のWeb広告です。

SEO対策のデメリットとして、施策を講じたからと言っても上位表示できるという保証がないことも挙げられます。Googleが検索順位を決めるアルゴリズムは、一般的には公開されていません。そのため、「この施策を講じたから絶対に上位表示できる」という手法がないことを理解しておきましょう。

しかし、ユーザーやGoogleからの評価が高まれば、上位表示できるページが次第に増えてゆき、安定した集客を実現することが可能です。実際に、ウェブココル株式会社が支援した美術品買取業者のサイトでは、ユーザーやGoogleから評価されるコンテンツを継続的に発信したことで、安定した集客へ結びつきました。

SEO対策では、検索アルゴリズムを踏まえて効果的な施策を講じ続けなければ、上位表示を実現できません。SEO対策に必要な情報を常に追い続けなければ成果を出すことが難しい点もデメリットと言えます。弁護士事務所の場合、日常業務と並行して最新のSEO対策を進めることは難しいため、SEO対策を専門的に支援する業者へサポートしてもらうのもよいでしょう。

弁護士事務所にとってSEO対策は費用対効果が非常に高い集客方法

SEO対策はさまざまな業界で活用できるWebマーケティング手法であり、特に弁護士事務所のサイトとの相性は抜群です。実際に、SEO対策を進めて集客力・売上アップを実現している弁護士事務所は少なくありません。

弁護士事務所の主な集客方法として、ポータルサイトへの掲載やCMの活用などが挙げられますが、中長期での費用対効果はSEO対策のほうが優れています。

弁護士ドットコムなどのポータルサイトを利用する場合、集客できた・できなかったに関係なく、掲載するだけで費用が毎月発生します。また、ポータルサイト内の目立つ場所へ掲載するには別途費用が必要になるケースが多く、利益率が下がることも珍しくありません。

CMの場合はユーザーに向けて継続的にアプローチしにくいだけでなく、効果測定が難しいため費用対効果の高い集客方法とは言えないでしょう。近年はテレビを見ないユーザーも増えており、集客効果を得られない恐れもあります。

中長期的な目線で費用対効果が高い、かつ安定した集客を実現できる方法を選びたい場合は、SEO対策を選ぶことがおすすめです。

弁護士事務所が取り組むべき内部対策

内部対策とは、サイト内の環境を整えることでユーザーやGoogleからの評価を高める施策のことです。弁護士事務所のサイトで取り組むべき内部対策として、次の施策が挙げられます。
内部対策に関する詳細はこちら

ここからは、各内部対策の詳細を解説します。

リンク構造をわかりやすくする

弁護士事務所のサイトでは、リンク構造をわかりやすくする施策を講じることが大切です。リンク構造をわかりやすくするとは、ユーザーがサイトへ訪れた際に、知りたい情報まで少ないクリック数でたどり着けるようなサイト設計にすることを意味します。

実際に、Google検索セントラルではサイトの階層について下記のように述べています。

一般的なコンテンツからそのサイトで求めている具体的なコンテンツへ、ユーザーができるだけ簡単にたどり着けるようにしてください。適宜ナビゲーション ページを追加し、内部的なリンク構造に効果的に組み込みます。サイト上のすべてのページにリンクから到達できるようにし、サイト内の検索機能を探さなくても済むようにします。関連ページへのリンクを適宜追加すると、ユーザーが同様のコンテンツを見つけやすくなります。

引用:Google検索セントラル

例えば、関連性の高いコンテンツ同士を内部リンクで結びつけたり、同ジャンルのコンテンツをカテゴライズしたりすることなどが有効です。

特に、弁護士事務所のサイトでは金銭や住宅、交通事故などさまざまなコンテンツを取り扱う傾向にあります。リンク構造がわかりにくい状態では、ユーザーが離脱しやすくなったり、クローラーがサイト内を適切にクロールできなかったりするなど、SEO面においてマイナス評価となります。

杉岡 玲生

クローラーとは、Google上に存在する検索順位を決めるために必要な情報を集めるロボットのことを言います。

クロールとは、検索順位を決める際に必要な情報をクローラーがサイト・ページから集める動きのことです。

パンくずリストを設定する

弁護士事務所のサイトで内部対策をする際は、パンくずリストを設定することも重要です。パンくずリストとは、サイトの上部に表示される、ユーザーの現在地点を伝える役割を持つナビゲーションのことです。例えば、下記の画像であれば「福岡のSEO対策会社ウェブココル>SEOコンサルティング>ブログ」の箇所がパンくずリストです。

基本的には、パンくずリストの右側に表示されている項目がユーザーの現在地点です。ユーザーはパンくずリストがあることで、サイト内のどこにいるのかを理解できたり、トップページやカテゴリートップに戻りやすくなったりします。

特に、コンテンツ数が増えやすい弁護士事務所のサイトにはパンくずリストが必須です。Google検索セントラルでは、パンくずリストについて下記のように述べられています。

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。訪問者はパンくずリストを使って、前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。ほとんどのパンくずリストでは、最初の左端のリンクとして最も一般的なページ(通常はルートページ)を置き、右側に向けてより具体的なセクションを並べています。パンくずリストを表示する場合は、パンくずリストの構造化データのマークアップを使用することをおすすめします。

引用:Google検索セントラル

サイトの表示速度を上げる

弁護士事務所のサイトでSEO対策を進める際は、サイトの表示速度を上げることが欠かせません。2018年の「スピードアップデート」により、サイト表示速度が評価されるようになった背景があります。2021年には「コアウェブバイタル」の指標として、サイトの表示速度に関する「LCP」が追加されました。

弓川 堅士

コアウェブバイタルとは、ウェブバイタル(サイトを通じて得られる体験)のなかで特に重視されている項目のことです。「LCP(サイト・ページの読み込み時間)」「FID(文字入力やクリック時の操作性)」「CLS(レイアウトの安定性)」の3要素から成り立ちます。

サイトの表示速度を含めたコアウェブバイタルの良し悪しは、「ページスピードインサイト」というページでチェックできます。サイトの表示速度は、2.5秒以内だと良好と判断されます。サイトの表示速度を高めるには、次のような対策がおすすめです。

  • 画像形式をWebPに変換する
  • 画像の遅延読み込みを実装する
  • 不要なプラグインやCSS・Java Scriptのコードを削除する など

画像の遅延読み込みや不要なプラグイン・コードを削除する方法は専門的な知識が必要になるため、まずはサイト内に掲載する画像を圧縮率の高いWebPという画像形式に変えてみるとよいでしょう。

SSL化に対応する

SSL化とは、インターネット上でやり取りする情報を暗号化する技術のことです。SSL化されているサイトのURLは「https://〜」と、一方でSSL化されていないサイトは「http://〜」と表示されます。

サイトがSSL化されていない場合は第三者によって情報を傍受・改ざんされる可能性が高く、SSL化されているサイトよりもSEO評価は下がる傾向です。Google検索セントラルではSSL化について次のように述べています。

誰もがウェブを安全に利用できるよう、すべてのウェブサイトの所有者に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えているため、今後このウェイトは大きくする予定です。

引用:Google検索セントラル

2023年4月時点では、SSL化されていないサイトでも上位表示されているケースが見られます。しかし、Google検索セントラルで「今後このウェイトは大きくする予定です。」と書かれている以上、自社サイトを上位表示させたいのであればSSL化は必須だと言えます。

自社サイトをSSL化したい場合は、使用しているサーバー会社へ「SSL証明書」を発行してもらいましょう。

監修者情報を設置する

弁護士事務所のサイトでSEO対策を進める場合、コンテンツごとに監修者情報を設置することが大切です。弁護士事務所のサイトで対策する「過払金請求」「債務整理」などのキーワードは、YMYL領域に該当します。

杉岡 玲生

YMYL領域とは「Your Money Your Life」の略称であり、幸福や健康、金融などの人生に大きな影響を与える領域のことです。

YMYL領域に該当するキーワードでは、コンテンツに専門家が携わっていなければ上位表示を狙うことが困難です。人生に大きな影響を与える領域であることから、いくら良質な情報を発信していたとしても、Googleは専門家が携わっていないコンテンツを高く評価しません。

弁護士事務所のサイトであれば、各領域に精通している事務所内の弁護士がコンテンツの監修を行うとよいでしょう。監修者情報は目次の直下やコンテンツの下部へ掲載することが一般的です。

弁護士事務所が取り組むべき外部対策

外部対策とは、他社サイトやSNSなどの力を借りて自社サイトの評価を高める施策のことです。下記は、弁護士事務所のサイトで取り組むべき外部対策の施策です。
外部対策に関する詳細はこちら

以下では、各外部対策の概要を詳しく解説します。

提携している事務所から被リンクを獲得する

弁護士事務所のサイトで外部対策を進める際は、提携している事務所から被リンクを獲得することがおすすめです。

弓川 堅士

被リンクとは、他社サイトから自社サイトへ向けて設置されたリンクのことです。バックリンクや外部リンクと呼ばれることもあります。

被リンクを設置してもらえると、自社サイトの評価が高まるだけでなく、他社サイトからユーザーが遷移してくる可能性もあるため、サイト流入数が増えることが期待できます。

弁護士事務所であれば、司法書士事務所や社会保険労務士事務所から被リンクを掲載してもらうとよいでしょう。他にも、クラアント先のコーポレートサイトの会社概要欄に「提携弁護士」として被リンクを設置してもらうことも有効です。

当記事を公開しているウェブココル株式会社では、会社概要欄へ次のように提携弁護士を掲載しています。

顧問弁護士として掲載してもらう際には、誰が見ても理解できるように事務所名を正式名称で書いてもらうことが大切です。

セミナーを開催する

弁護士事務所のサイトで外部対策を講じる場合、セミナーを開催する方法も有効です。セミナーページを作成し、SNSや提携先のサイトで掲載してもらうと、自然な形で被リンクを得られます。また、セミナーに興味関心のあるユーザーによって、セミナーページが拡散され、より被リンクを獲得できるケースも珍しくありません。

セミナーを開催すると被リンクによってSEO評価が高まるだけでなく、事務所の認知度拡大にも繋がります。ビジネスを拡大するチャンスになるため、リソースに余裕があれば定期的にセミナーを開催し、SEO評価および認知度を高めるとよいでしょう。

他社サイトを監修する

弁護士事務所でできる外部対策として、他社サイトの監修をすることも挙げられます。メディアのジャンルによっては、弁護士を監修者として求めているケースが見られます。

例えば、転職系のメディアや相続系のメディアなどは法律に関わるコンテンツが複数あるため、弁護士による監修が必要になることが多い傾向です。

他社サイトの監修をする際は、自身の名前や事務所名だけでなく、自社サイトのリンクもあわせて掲載してもらうことが大切です。

弁護士事務所が取り組むべきコンテンツ対策

コンテンツ対策とは、検索需要のあるキーワードを対策するコンテンツを作成し、サイト流入数の底上げを図る施策のことです。弁護士事務所でコンテンツ対策をする際には、次の施策を講じましょう。
コンテンツ対策に関する詳細はこちら

ここからは、コンテンツ対策の具体的な施策を詳しく解説します。

E-E-A-Tを高める

弁護士事務所のサイトでコンテンツ対策を進める際は、E-E-A-Tを高めることが必須です。

杉岡 玲生

E-E-A-Tとは、経験(Experience)・専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trust)の要素から成り立つ指標のことです。

E-E-A-Tのなかでも特に信頼性が重要であり、Googleは経験・専門性・権威性の上に信頼性があると位置付けています。
(E-E-A-Tに関する詳細はこちら)

弁護士事務所のサイトで掲載するコンテンツは、人生に大きく関わるジャンルであることから、E-E-A-Tを高めなければ上位表示を狙えません。E-E-A-Tを高めたい場合は、監修者を立てたり公的機関などから一次情報を取得したりするなど、信頼できる情報を提供する必要があります。

集客や問い合わせに繋がるキーワードを選定する

集客・売上アップを目的にコンテンツ対策を進める際は、集客や問い合わせに繋がるキーワードを選定し、コンテンツ制作に着手することが重要です。コンテンツを大量に制作しても、集客や問い合わせに関わるキーワードを対策できなければ、ビジネスに繋がりません。

弁護士事務所の場合であれば、地域名・施設名と相談内容を絡めたキーワードを選定すると集客や問い合わせに結びつきやすくなります。例えば、「東京 過払い金請求」「広島駅 債務整理」「福岡市 離婚」などのキーワードは、特定の地域で悩みを相談できる弁護士事務所を探しているユーザーが検索します。

タイトルや見出しにキーワードを含める

コンテンツ対策をするときは、タイトルや見出しに上位表示を狙いたいキーワードを含めることが重要です。Googleがサイト・ページの検索順位を決める際には、タイトルや見出しに含まれているキーワードをもとにしています。

例えば、「債務整理 手続き」というキーワードで上位表示を狙いたい場合は、次のようにタイトルを設定するとよいでしょう。

良い例:債務整理の手続きの流れを解説!費用相場・必要な書類も
悪い例:債務整理をすべきかわからない|やり方や費用相場を解説!

悪い例の場合「手続き」がタイトルに含まれていないことから、「債務整理 手続き」というキーワードの検索結果に反映されない恐れがあります。良い例のように、対策したいキーワードを左側に詰めることで、Googleに「債務整理 手続き」に関するコンテンツだと伝えやすくなります。

ただし、キーワードを含める際は、タイトルや見出しが不自然な文脈にならないように気をつけましょう。タイトルや見出しへキーワードを無理やり含めるやり方はスパム行為に該当し、特定のコンテンツおよびサイト全体の評価が下がる可能性があります。最悪の場合、自社サイトの検索順位が悪化し、集客できなくなる恐れがあることを知っておいてください。

独自性のあるコンテンツにする

弁護士事務所のサイトでコンテンツ対策を進める際は、独自性のあるコンテンツを制作することが大切です。近年はさまざまなサイトからコンテンツが発信されているため、競合サイトの焼き回しのようなコンテンツでは上位表示を狙えません。

コンテンツの独自性を高めるには、言語化が難しい部分をオリジナル画像で解説したり、表を用いたりすることが大切です。他には、公開できる範囲で実例などを含めることもコンテンツの独自性を高める方法として有効です。

メタディスクリプションを最適化する

メタディスクリプションとは、検索した際にタイトルとは別に表示されるサイト・ページを要約したテキストのことです。下記の画像の場合、「検索エンジから〜」と記されている部分がメタディスクリプションに該当します。

メタディスクリプションに直接的なSEO効果はありませんが、記述することでクリック率が高まる可能性があります。メタディスクリプションを記述する際には、ユーザーがクリックしたくなる内容にすることが重要です。

メタディスクリプションでコンテンツの全体像をわかりやすく解説すれば、「悩みを解決したい」「この情報を知りたい」と思うユーザーからクリックされやすくなるでしょう。

MEO対策も行い効果的な集客を

弁護士事務所のサイトであれば、SEO対策とあわせてMEO対策を進めることもおすすめします。

弓川 堅士

MEO対策とは「Map Engine Optimization」の略称であり、GoogleMap上での最適化を図る施策のことです。

弁護士事務所の場合、メインの商圏が事務所近辺となるため、MEO対策を講じることでより集客しやすくなります。施策がうまく行けば、GoogleMapで「地域名+弁護士事務所」と検索した際にユーザーの目にとまりやすくなり、問い合わせに繋がる可能性が高まります。MEO対策で上位表示を実現するには、次のポイントを押さえることが重要です。

  • 上位表示させたいキーワードを選定する
  • 弁護士事務所に関する情報を充実させる
  • 口コミ・評判を増やす

キーワードを選定する点は、MEO対策とSEO対策で共通する部分です。一方で、「情報を充実させる」「口コミ・評判を増やす」という部分はMEO対策ならではの施策と言えます。MEO対策を講じるか検討したい場合は、MEO対策について詳しく解説した下記の記事を参考にしてください。

弁護士事務所のSEO対策例|アディーレ法律事務所

https://www.adire.jp/

弁護士事務所のサイトでSEO対策を進める際は、競合サイトの成功事例をもとにどのようなコンテンツを用意すべきかを知ることが重要です。弁護士事務所のサイトにおけるSEO対策の成功事例として、「アディーレ法律事務所」のサイトが挙げられます。

なお、アディーレ法律事務所のサイトはあくまでも事例であり、当記事を発信しているウェブココル株式会社がサポートしたサイトではない点を知っておいてください。

アディーレ法律事務所のサイトでは、債務整理に関するコンテンツをメインに発信し、弁護士事務所のサイトのなかでも債務整理に特化していることがうかがえます。

実際にSEO対策ツールのahrefsでアディーレ法律事務所のサイトを調べたところ、「広島 債務整理」というキーワードで検索順位1位を獲得していました。PV数の推移は2020年12月は約25万PVであったことに対して、2023年3月は約54万PVまで伸びています。

アディーレ法律事務所のサイトのPV数が伸びた要因は、ユーザーに必要な情報を網羅的に公開し、Googleからの評価が高まったためと考えられます。下記はアディーレ法律事務所のサイトに用意されているコンテンツの一例です。

  • 債務整理のご相談
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所案内
  • 弁護士・司法書士紹介
  • 政務整理以外のご相談
  • 過払い金を獲得した事例をもっとみる
  • 民事再生について詳しく見る
  • よくある質問の一覧はこちら など

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策を外部へ依頼する際の費用相場はおおむね次のとおりです。

項目費用相場
SEOコンサルティング10万〜50万円
サイトの運用状況によっては50万円以上かかる
初期サイト設計10万〜100万円
記事コンテンツ制作1記事あたり数千円〜数万円
「1ヶ月あたり○本〜」という条件を設けているケースが多い
内部対策10万〜20万円
外部対策1万〜15万円

SEO対策の費用は、依頼する施策内容によって大きく異なります。例えば、SEOコンサルティングや初期サイト設計は、SEO対策の基盤となる部分をサポートするサービスであるため、内部・外部対策や記事コンテンツ制作よりも高額になる傾向です。

基本的には、サイトの運用状況や達成したい目標、予算をヒアリングした上でSEO対策会社から最適な施策を提案してもらいます。多くの場合、記事コンテンツ制作や各種対策を含めて月額30万〜50万円程度になります。

紹介した費用はあくまでも目安であるため、依頼先の規模感・サイトの状況によって金額は上下することを知っておきましょう。

弁護士事務所のSEO対策ならウェブココル株式会社にお任せください

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

今回紹介した弁護士事務所のサイト向けのSEO対策は、いずれも基礎的な内容であり、紹介した施策のみで上位表示を実現することは困難です。サイトの運用状況や競合サイトの傾向によって必要な施策は異なります。また、多くの弁護士事務所がSEO対策を進めていることも、基礎的な施策だけで上位表示を目指しにくい理由の一つです。

SEO対策を講じて集客を実現するには、上位表示を実現するだけでなく、集客・問い合わせに繋がるキーワードの選定やCVするまでの導線を整備することが欠かせません。専門的な施策は個人で進めることが難しいため、自社サイトに最適な施策を講じたい場合はSEO対策に関して豊富な知識を持つ業者を頼ることがおすすめです。

SEO対策会社の一つであるウェブココル株式会社は、次のような強みを活かしながら、クライアントサイトを支援しています。

  • 地域に根ざしたビジネスのSEO対策に強い
  • 自社で複数のメディアを運営して成功確度の高いSEO対策ノウハウを有している
  • 内製組織のため相場よりも安価でサービスを提供している

ウェブココル株式会社は、弁護士事務所のように地域に根ざしたビジネスをしている業者へのSEO対策を得意としています。これまでに、複数の「地域名+業界・業種」というキーワードで上位表示を達成し、クライアントのビジネス拡大に貢献してきました。

また、自社でメディア運営をしながらSEOノウハウを蓄積し、クライアントサイトに適した施策を提案できることもウェブココル株式会社の強みです。内製組織であることから質の高いサービスを相場よりも安価で提案することも可能です。

「地場でビジネス拡大を図りたい」と考えている弁護士事務所は、ぜひウェブココル株式会社へお問い合わせください。

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。