MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

新卒で飲食店就職はやめとけ?大卒の正社員の離職率や本音、ハードすぎる飲食業界の店舗勤務の末路を紹介

後輩ちゃん

飲食店で就職したいんですけど、周りに「やめとけ」と言われて迷っています

キャリア先輩

他の業界に比べて厳しい部分もあるから、よく調べてから決めるといいよ

飲食店は私たちに身近な存在なので、「こういうお店で働きたい」「将来は自分の店を開きたい」と考える人も多いと思います。一方で、長時間労働や給与水準が低いイメージもあり、周りの人から「就職はやめとけ」と言われることも多いです。

この記事では飲食業界の実態やメリット・デメリットを解説します。

業界選びで迷っている人は、就活エージェントJobspring(ジョブスプリング)に相談してみてください。あなたにぴったりの企業を紹介してくれるのでおすすめです。

飲食業界を検討中なら…
就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/
  • 親身な面談で適性を見極めてくれるJobSpring(ジョブスプリング)に相談!
  • 的確な自己分析に強みがあり、あなたが本当に活躍できる業界・企業を紹介!
  • ES添削や面接練習など選考対策もばっちり!合格率もぐっと上がる!

親身なカウンセリング! 

※60秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

飲食業界の店舗勤務とは?大卒で就職はやめとけって本当?

飲食業界の店舗勤務とは、店長、接客スタッフ、調理スタッフなどを指します。

一般的な役割としては、調理スタッフが仕込みや調理、洗い物を担当し、接客スタッフが客席で注文をとったり、料理を運んだりします。また、店長は売上管理や在庫管理、スタッフ教育やシフト管理など、店舗全体のことを統括する仕事です。

飲食業界に正社員で入社すると、店長候補として店舗に配属されることが多いです。

キャリア先輩

飲食業界で一番多いのが、店舗勤務の人たちだよ

飲食業界の職種は店舗勤務以外にもある

飲食業界には、店舗勤務の他に以下のような職種もあります。

飲食業界の職種は店舗勤務以外にもある
  • 研究開発(バイヤー)
  • 販売促進
  • 店舗開発(マーケティング)

飲食業界では研究開発の人が、味だけでなく利益率や調理の手間も考えながらメニューを開発します。それを販売促進の人が宣伝したり、各店舗を回って指導したりするという流れです。

店舗開発の人は、新規出店のために物件を探したり、ライバル企業を調査したりします。

キャリア先輩

小さい企業では、店舗勤務の人がメニュー開発や宣伝活動を兼務していることもあるよ

【衝撃】飲食業界の正社員の離職率は高い?

結論から言うと、飲食業界の離職率は高いのが特徴です。

上記は、厚生労働省が業界別の常用雇用者の入職率・離職率について調査した結果です。調査によれば、飲食業界が属する「宿泊業、飲食サービス業」の離職率は25.6%で、全業界の中でワースト1位となっています。

飲食業界の離職率が高い原因として、仕事がハードであることが挙げられます。営業時間が深夜に及ぶことが多いため長時間労働になりがちで、営業中は基本的に立ちっぱなしです。また、オフィスワークのように休憩時間がしっかり確保できないという声も多く聞かれます。

飲食業界を志望する場合は、離職率が高い業界だということを知っておきましょう。

キャリア先輩

店舗勤務だと、1日12時間以上の拘束とかもよくあるよ

飲食店への新卒就職はやめとけと言われる理由

ここからは、飲食店への就職はやめておいた方がいいと言われる理由について解説します。

後輩ちゃん

これを見ると不安になりますね…

多忙なのに平均年収が低い

飲食業界の給与水準は、低いことで知られています。厚生労働省が調査した「令和3年賃金構造基本統計調査」によれば、飲食業界が属する「宿泊業、飲食サービス業」の賃金は全業界で最も低い257,600円でした。最も高い「電気・ガス・熱供給・水道業」の419,700円と比べると、大きな差があることが分かります。

この調査の賃金には残業代が含まれていないため、実際の支給額はもう少し増えることが予想されます。しかし、初任給ではなく10~70代の全年代の平均が約25万円というのは、厳しい現実です。

キャリア先輩

飲食業界はボーナスが出ないところも多いから、しっかりチェックしよう

店舗勤務になると長時間労働になりやすい

飲食業界をやめておいた方が良い理由として、長時間労働になりやすいことも挙げられます。

店舗は限られた人数で運営しているため、急にアルバイトスタッフが休んだり、団体客の予約が入ったりすると、正社員が出勤せざるを得ません。居酒屋やダイニングのような店舗では、宴会シーズンに休みが取れず連勤になることも多いです。

後輩ちゃん

ミーティングのために早出・残業をするお店もあるらしいです

土日祝の出勤が多く休みが不規則になりやすい

飲食業界はサービス業のため、休みが不規則になりがちです。店舗勤務になった場合は、よほど特殊な立地の店舗でない限り、土日祝など一般の人が休みの日に忙しくなります。

そのため、家族や友人、恋人と休日を合わせるのが難しくなることは覚悟しておかなければなりません。スポーツやライブなどのイベントごとも週末に多いため、就職を機に趣味を諦める人がいるのも事実です。

キャリア先輩

飲食業では、連休もなかなか取れないことが多いよ

店舗勤務から出世するためには年数がかかる

飲食業界では、組織が大きければ大きいほど出世に時間がかかる傾向にあります。新卒で正社員として入社すると、店長候補で店舗に配属された後、店長、エリアマネージャー、本部スタッフという順で昇格していくのが一般的です。

本部スタッフになるのに10年以上かかる場合もあるため、本当はメニュー開発やマーケティングに憧れて入社したのに、途中で挫折してしまう人も多いです。

後輩ちゃん

本部スタッフを目指すなら、忍耐力とキャリア戦略が必要ですね

エリアやジャンルによっては客層が悪い場合がある

飲食店は、エリアやジャンルによっては客層が悪く苦労することがあります。例えばお酒を提供するお店の場合、酔っ払ったお客の対応は避けては通れません。高級ワインを楽しむようなお店であればまだ良いのですが、低価格帯の居酒屋のようなお店では、飲んで騒ぐ人も多いです。

また、料理や接客に関するクレームが起きたときに対応するのも社員の仕事です。自分が悪くなくても謝罪しなければならず、精神的なダメージを受けることもあります。

後輩ちゃん

私がバイトしてたお店は、オフィス街だったのでマナーの良いお客さんが多かったです

飲食店就職して辛いと嘆く先輩のリアルな声

評判

ここでは、飲食店に就職して苦労している先輩たちのリアルな声をご紹介します。

飲食店に就職した人の声としては、労働時間の長さや休みの少なさを嘆く内容が多く見られました。上記の他にも「休日にミーティングのために出勤させられる」「アルバイトも含めてサービス残業が常態化している」といった投稿もあります。

他の業界では働き方改革が進みつつありますが、飲食店ではまだまだ改革が遅れているようです。

また、仕事量に対して給与が見合っていないという意見もありました。働く意義として、給与を一番に考えるのであれば、飲食店はやめておいた方が良さそうです。

後輩ちゃん

私、1日13時間拘束なんて無理かも…

新卒で飲食店に就職するメリット

ここからは、新卒で飲食店に就職するメリットについて解説します。

キャリア先輩

それぞれ詳しく見てみよう

新卒で大手飲食店の有名企業を狙いやすい

飲食業界は、大手の飲食チェーンをはじめ有名企業への就職を狙いやすいのがメリットです。大手の新卒採用は人数が多いため、チャンスも増えます。

新卒で入って努力を重ねることで、将来的に管理職や本部スタッフとして高い給与を稼ぐことも期待できます。マニュアルや教育制度が整っており、場合によっては海外事業など大きな仕事に携われるのも大手飲食チェーンの魅力です。

後輩ちゃん

大手なら家族も賛成してくれそうですね

調理や接客のスキルが身につく

飲食店に就職すると、調理や接客のスキルが身につきます。飲食業界の給与は決して高いとは言えませんが、自分たちが提供した食事でお客さんに喜んでもらうという仕事は、非常にシンプルでやりがいを感じやすいものです。

接客スキルを身につけたい人や、将来自分のお店を持ちたい人にとってはぴったりの仕事と言えます。新卒採用なら、中途採用に比べて手厚い教育が受けられることが多いです。

キャリア先輩

手に職をつけたい人は、調理の仕事もいいよね

飲食店ごとの美味しい商品をお得に食べられる

飲食店で働くと、美味しい食事をお得に食べられるのもメリットの1つです。

飲食店では多くの場合、まかないや社員割引の制度があります。そのため、出勤している日は食費がほとんどかかりません。

社会人になってしばらくはお金の余裕も無いですし、疲れた体でバランスの良い食事を用意することは意外と大変です。食事は毎日のことなので、職場でサポートしてもらえるのは大きな魅力と言えます。

後輩ちゃん

私も学生時代はバイト先のまかないで助けられました

ストレス耐性と体力がつく

飲食店に就職すると、ストレス耐性と体力がつくのがメリットです。

飲食業界ではお客さんだけでなく、中卒・高卒からたたき上げでやってきた職人気質の料理人や、自分より年下のアルバイトスタッフなど、いろいろなタイプの人と接することになります。そのため、慣れるまではストレスが多いかもしれませんが、ここでストレス耐性と体力がつけられれば、他のどんな仕事でもやっていける武器になります。

後輩ちゃん

お店が混む時間帯とか、お客さんもスタッフもピリピリしますよね…

【やめとけ】飲食店に新卒就職するのが向いていない人の特徴

次の項目に当てはまる人は、飲食店に就職するのは向いていない可能性が高いです。

飲食店に新卒就職するのが向いていない人の特徴
  • 調理や接客だけが好き
  • ワークライフバランスを大事にしたい
  • 就活が面倒だからバイトから正社員になろうとしている
  • バリバリ働いて稼ぎたい
  • 裁量をもって思考しながら働きたい

もし、あなたが調理(または接客)だけがしたいと考えているのなら要注意です。飲食店の正社員は、調理(接客)以外に売上管理やスタッフの教育などもしなければならないためです。

一方で、自分で裁量をもっていろいろな事を決めたいと思っても、本部の経営方針やマニュアルに従わなければならないという側面もあります。

キャリア先輩

若手のうちは特に、組織の一員として与えられた仕事をこなす覚悟が必要だね

飲食店に新卒就職するのが向いている人の特徴

新卒で飲食店に就職するのが向いているのは、次のような人です。

飲食店に新卒就職するのが向いている人の特徴
  • 店舗の管理や人員の教育など店舗経営に興味がある
  • 体力勝負でガンガン働きたい
  • 大好きな飲食店の系列がありその店舗で働きたい
  • 調理スキルを身につけるために日々料理を練習したい

飲食店への就職は、お金を稼ぐこと以外にも「その店が好き」「勉強したい」などのモチベーションがある人が向いています。どのような店舗でも長時間の立ち仕事になるので、体力に自信があることは必須条件です。

キャリア先輩

明確な目標がある人にとっては、魅力的な業界だよね

飲食店への新卒就職の適性を正しく見極めるには?

ここからは、自分が飲食店に向いているかどうかを見極める方法をご紹介します。

キャリア先輩

ブラック企業を回避するために、就活のプロの力を借りよう[/chat]

就活のプロに飲食店勤務の適性を見極めてもらう

業界選びにおいては、適性を見極めることが重要です。自分が好きなことの他に、実はもっと才能を活かせる業界があるかもしれません。

自力でそのような業界を見つけるのは難しいので、以下のエージェントでプロに相談するのがおすすめです。

プロに相談するのがおすすめ
  • JobSpring(ジョブスプリング)
  • キャリアパーク就職エージェント
キャリア先輩

自分が気付いていない長所を発見できるかもしれないよ

JobSpring(ジョブスプリング)

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は、徹底したカウンセリングとAIを駆使したマッチングが強みのエージェントです。

あなたの希望条件や志向を丁寧にヒアリングして、活躍できそうな企業を3~4社厳選してくれます。本当に飲食業界に進むべきかどうか迷っている人も、一度相談してみてはいかがでしょうか。

Jobspringはスピード内定にも定評があるため、登録から最短2週間での内定も狙えるのもメリットです。

後輩ちゃん

Jobspringを通して就職した人の定着率は99.9%なんですって!

親身なサポートが評判!

※60秒で登録完了

あわせて読みたい
JobSpringの評判は?内定率が高いと話題の25卒向け就活エージェントの体験談 JobSpringはおすすめと聞きますが、実際の評判はどうですか? 就活生と企業との正確なマッチングに定評があるよ。 JobSpring(ジョブスプリング)には、「自己分析をさ...

キャリアパーク就職エージェント

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/

キャリアパーク就職エージェントは、最短1週間のスピード内定が狙える就活エージェントです。ナビサイトで数多く掲載される求人の中からブラック企業を排除して、厳選した上位0.007%の優良企業を紹介してくれます。

運営元のポート株式会社も上場しているので、社会的な信用もある企業です。

今ならホームページ上で「自己分析診断」や「面接力診断」など6つの対策資料が無料でダウンロードできるので、ぜひチェックしましょう。

キャリア先輩

専属のキャリアアドバイザーが内定までしっかりサポートしてくれるよ

最短1週間のスピード内定!

※30秒で登録完了

あわせて読みたい
キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判はやばい?【25卒・26卒】最短1週間のスピード内定をゲット... 今すぐ内定が取れるって聞いたけど本当ですか? うん、最短3日のスピード内定も可能にした頼れるアドバイザーが伴走してくれるよ! キャリアパーク就職エージェントでは...

合同説明会や内定直結イベントに参加して企業の選択肢を増やす

名称ミーツカンパニー就活サポート
運営企業株式会社DYM
対象学年25卒
強み1度に2~8社と出会えるイベントを開催
利用しやすさ60秒の簡単登録、初回面談までスムーズに設定
求人東証一部上場企業からベンチャーまで幅広く企業を掲載
紹介実績オリコン2019満足度No.1
サポートオンライン面談可能で全国をカバー
総合得点17.0/20.0点
公式HPhttps://www.meetscompany.jp/

飲食業界でより良い企業の内定を獲得するためには、企業との接点を増やすことが有効です。しかし、1社ずつ説明会を予約していると、スケジュール調整に手間がかかるばかりで活動量がなかなか増やせません。

Meets Company(ミーツカンパニー)なら、就活イベントを多く開催しているのでおすすめです。1回のイベントで2~8社程度の社長や人事と出会うことができ、座談会形式で企業のリアルな情報が得られます。

オンライン面談にも対応しているので、ぜひチェックしましょう。

後輩ちゃん

利用した人からは「予想外の良い企業に出会えた」「就活仲間ができた」と好評だそうです

面談×イベントで就活攻略!

※60秒で登録完了

あわせて読みたい
ミーツカンパニーの評判はやばい?就活サイトMeetsCompanyの口コミや参加企業も紹介 ミーツカンパニーはやばいと聞きますが実際どうですか? 有益な就活イベントを全国で開催しているからおすすめだよ!詳しく見ていこう 就活を始めると一度は耳にするMee...

ホワイト企業からスカウトをもらって特別選考ルートへ進む

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率が非常に高く圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/

就活においては、「自分が入りたい企業」の他に「自分を必要としてくれる企業」を知ることも大切です。ナビサイトで求人を検索すると、どうしても自分で選ぶ企業は偏ってしまいますが、実は思わぬ企業があなたを必要としているかもしれません。

オファー型就活サイトのOfferBox(オファーボックス)なら、オリジナル適性診断を受けることで、あなたに興味を持った企業からのオファーが受け取れます。企業によっては書類選考免除のように特別選考ルートが用意されていることもあるので、登録しておいて損はありません。

後輩ちゃん

適性検査の結果は、ESや自己PRの作成にも役立ちますね

他を圧倒する適性診断!

※60秒で登録完了

キャリアクラス
【25卒】OfferBox(オファーボックス)の評判口コミは悪い?参加企業やメリット・デメリットを解説 | キャ... OfferBoxは悪評が多いですね…。 本当にそうかな?待つだけでスカウトがもらえるのはかなり魅力的だよ! OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しかし、...

適性テストを受けて飲食店勤務が本当に合うか確かめる

Lognavi
【公式HP】https://lognavi.com/
名称Lognavi(ログナビ)
運営会社株式会社アスパーク
対象学年25卒
強み適性テストと動画で入社後ギャップを無くす就活アプリ
独自性アプリひとつでエントリーから、セミナー、面接までが完結
求人有名企業を含めた600社以上が登録
実績15万DL突破!就活生1人につき平均1.4社からスカウト
使いやすさ会員情報登録後、アプリで全ての機能を使用可能
公式HPhttps://lognavi.com/

自分が飲食業界に向いているかどうかを知るためには、適性テストを受けることも有効です。

Lognavi(ログナビ)なら、「知的テスト」と「性格テスト」という2種類の適性テストであなたの才能や能力を判定してくれます。さらに、テストの結果をもとに相性の良い企業をマッチングしてくれ、スカウトも受け取れるので一石二鳥です。

アプリ内には全国の就活生とトークできるコミュニティもあるため、仲間を見つけて情報交換しながら就活を進めましょう。

キャリア先輩

適性テスト受験後のスカウト受信率は99.6%なんだって!

アプリ一つで就活が完結!

※スマホのみ利用可能

キャリアクラス
Lognavi(ログナビ)の評判・口コミは?16万人が利用する学生限定就活SNSアプリの特徴や参加企業を紹介 | ... 最近よく耳にするログナビってどういったサービスですか? アプリ一つでエントリーから内定獲得まで完結できる画期的な就活サービスだよ! Lognavi(ログナビ)は、相性の...

飲食業界で就活生に人気のある企業一覧

ここでは、飲食業界で人気のある企業をご紹介します。就職・転職情報の口コミサイトopenworkによると、飲食業界の総合評価ランキングは以下の通りでした。

飲食業界で就活生に人気のある企業一覧
  1. 株式会社ディアーズ・ブレイン(結婚式場・レストラン)
  2. 株式会社Plan・Do・See(結婚式場・レストラン)
  3. 株式会社ノバレーゼ(結婚式場・レストラン)
  4. スターバックス コーヒージャパン株式会社(カフェ)
  5. がんこフードサービス株式会社(寿司・和食)
  6. 株式会社ハブ(英国風パブ)
  7. 株式会社スープストックトーキョー(スープ専門店)
  8. 株式会社物語コーポレーション(焼肉・ラーメン)
  9. 株式会社フードコネクション(飲食コンサル)
  10. Delivery Hero Japan株式会社(フードデリバリー)

このランキングでは、ライダル関連の企業が上位を占める結果となりました。4位以降はさまざまなジャンルが並んでいますが、どの企業も残業時間が平均で20~30時間程度と飲食業界にしては少ないのが共通点です。

キャリア先輩

売上高や総資産額のランキングとは少し違った結果になっているね

参考:飲食業界 総合評価ランキング|OpenWork

まとめ:まず飲食店就職が合うか見極めて納得いく内定を勝ち取ろう!

飲食業界は、食事を通してお客さんを幸せにできる魅力的な仕事です。一方で、長時間労働や体力勝負になりがちな側面もあるため、明確な目的を持たずに軽い気持ちで進むと後悔する可能性があります。

飲食業界を選ぶ際は、業界の特性や厳しさもしっかり調べてから決めるようにしましょう。

自分がどの業界に向いているのかまだ分からない人は、JobSpring(ジョブスプリング)でプロに相談するのがおすすめです。無料でカウンセリングが受けられるので、ぜひチェックしてください。

親身なサポートが評判! 

※60秒で登録完了!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ