MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

よい転職先に出会うために。最適な転職先を見つけるために心掛けておくべき9つのポイント

後輩ちゃん
転職活動、失敗したくありません!
転職先輩
よい転職先を見つけるために、心掛けるべきポイントを伝授しよう。

転職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。

新卒の場合、内定するかはどうかは別として、行きたい会社に応募するチャンスはたくさんあります。しかし、転職の場合は、原則として人員補充の必要性が生じたときにしか応募のチャンスがありません。

希望する会社の求人があったとしても、採用人数はかなり少ないのが現状です。自分の希望に合った会社への転職を成功させるためには、数少ない応募のチャンスを見逃さずに、確実にものにしなければなりません。

自分に最適な転職先に出会うためには、まず「自分にとって最適な会社とはどんな会社なのか」を明確にしておきましょう。

今回の記事では、あなたが最適な転職先を見つけるために、心掛けておくべき9つのポイントをまとめました。

自分に最適な転職先に出会って、ハッピーな転職ライフを手に入れましょう。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

面接は怖くない!ありのままを伝える覚悟を

転職したい、あるいは転職する必要性を感じているけれど、漠然とした不安から行動を起こせずにいる人も少なくないでしょう。不安を払拭し、気持ちを楽に転職活動に踏み出すにはどうすれば良いのでしょうか?

まず第一歩は、転職活動とはどういうものかを正しく理解することです。思い込みを捨てて、視点や意識を変えて取り組みましょう。

転職のプロセスで、多くの人がストレスを感じるのが「面接」です。「質問にうまく答えられない」「不利な点を突っ込まれると困る」など、過度の緊張感や恐怖心を抱く人もいるようです。

しかし、面接は「相手からの一方的な質問攻勢を迎え撃つ」といったものではありません。自分が仕事に対して自信やこだわりを持っていること、これからやりたいと思っていることなどを「伝えるチャンス」だととらえましょう。

転職先輩
自分を身の丈以上に見せる必要はないよ。「ありのままを自分を知ってもらい、受け入れてくれる会社を見つければいい」、そんな気持ちで臨むのが大切だ。

また、自分の経歴や自己アピールをうまく話す自信がないのなら、面接前に提出する応募書類をしっかりと作りこめばいいのです。

職務経歴書の書き方を工夫することで、面接では「自分が聞いて欲しいことを聞かれる」という流れに持っていくことも可能です。

「不利な点について突っ込んだ質問を受けるのが嫌だ」という人は、「うまくごまかさなければ」「なるべく隠さなければ」という気持ちがプレッシャーとなっているのかもしれません。

解決方法は、不利な点は、素直に認めてしまうことです。

後輩ちゃん
「今後はどうしていきたい」という意欲を自分の言葉ではっきりと伝えれば、不利な点もカバーできるかもしれませんね。
あわせて読みたい
転職の面接成功術!面接のための準備と心構え5つのポイント 面接こそ、うまく転職できるかどうかを決める最重要ポイントです。 どんな企業情報を集め、完璧な書類を用意できたとしても、面接で失敗すれば、すべての努力は無に帰し...

「不採用=否定」ではない

「自分の経歴や人物面を評価された結果、不採用になったらショックだ・・・」その気持ちは痛いほどよく分かります。

しかし、採用選考において、「不採用」という判断は、決して全人格を「否定」しているわけではないことを理解しておいてください。

「不採用になったら、たまたま合わなかっただけと考えよう」など、気を楽にして取り組むことが大事です。

転職先輩
「自分に合わない企業に、間違って採用されなくてよかった」くらいにとらえておこう。

最適な転職先を見つけるために心掛けておくべき9つのポイント

ここからは、最適な転職先を見つけるための、最低限心掛けておくべき9つのポイントを見ていきましょう。

  • やりたい仕事を明確にしておくこと
  • 自分の市場価値を把握しておくこと。でも、市場価値にとらわれすぎないこと
  • 現状を認識しておくこと
  • 健康であること
  • 家族の理解を得ておくこと
  • 情報に敏感になる
  • 「これだけは譲れない」というポイントを明確にしておく
  • 日頃から真剣にキャリアアップを目指す
  • ゼロからのスタートであることを自覚しよう

①やりたい仕事を明確にしておくこと

「やりたい仕事が明確になっていること」は、転職を成功させるための最低条件です。

たとえ会社を辞めた理由が、倒産やリストラ、ひどいセクハラにあった、いじめにあったなどの不本意なものであったとしても、次の会社を探す時には、やりたい仕事をしっかりと明確にしておきましょう。

また、会社での出世を望み、高収入・地位を手に入れることを人生の最優先とする人と、仕事と趣味を一致させたいという人とでは、おのずと会社の選び方が変わります。

転職先輩
「自分はどのようなライフスタイルを好むのか」も考えておこう。
あわせて読みたい
あなたの転職を成功へと導く「自己分析」3つの目的 転職に成功した人たちに共通しているのは、「自分自身についてよく分かっている」ことです。 「自分は何がやりたいか」が具体的になっていて、それを実現させるべく転職...

②自分の市場価値を把握しておくこと。でも、市場価値にとらわれすぎないこと

日本の会社独自の制度である終身雇用・年功序列が崩壊し始めたころから、「自分の市場価値はいくらか?」ということが注目されるようになりました。

市場価値を把握するということは、自分にはどれくらいのキャリア・経験があり、どんな仕事ができて、どんな資格をもっているのかなどを総合的にまとめることです。

そして、そんな自分に対する社会のニーズはどれくらいあるのかを考えて、自分の価値を客観的に判断することです。

就職活動には、新卒、中途を問わず、自己分析が不可欠です。ですから、自分の市場価値も把握しておく必要があるのです。

しかし、市場価値を気にしすぎて萎縮してしまうのも、もったいないことでしょう。A社ではリストラされたけど、B社ではその実力を渇望される、というケースもめずらしくありません。

「本当にやりたい仕事」があるのなら、熱意で市場価値をあげることもできます。

後輩ちゃん
市場価値ばかりにこだわっていると、拓ける道も拓けないことになり、損をしてしまいますね。
あわせて読みたい
ミイダスは嘘が多い?実際の評判・口コミを調査|年収診断の仕組みを解説|転職時の年収と比べてみた 自分の適正年収が診断できる転職サービスの「ミイダス」ですが、信ぴょう性が疑わしいなどの悪い評判があります。 確かにたった5分の回答で、自分自身の年収が算出でき...

③現状を認識しておくこと

転職とは、今よりハッピーになる生き方を探ること、とも言えます。しかし、転職は部分的にはアンハッピーになる場合があるということも認識しておく必要があります。

たとえば、転職した先での給料が前の会社より下がることは多いものです。企業は勤続年数プラスキャリアで給料を設定します。ですから、転職者の給料は、その企業に新卒で入った社員の給与よりも低めに設定される場合が多くあります。

また、退職金も勤続年数が長ければ長いほどアップするシステムとなっている会社が多いため、中途採用者が損をするケースは多いのです。

このように、転職は仕事のすべての部分においてハッピーになるとは限りません。

転職先輩
マイナス面に目をつぶってもなお「やりたい仕事」があるなら、転職しよう。

④健康であること

言うまでもなく、健康であることは「良い転職」をするための絶対条件です。健康状態が思わしくない場合には、失業給付の延長制度も利用できます。健康状態が良好になってから活動を開始しても、遅くはありません。

あわせて読みたい
無職中のメンタル・精神状態を健康的に維持するには?無職でも精神的に病まないコツを教える! 無職でも精神的に病まないコツを知りたいと思っていますね? 無職中の精神状態を、健康的に維持するためにはどうすれば良いのでしょうか?無職の間は、精神的に追い詰め...

⑤家族の理解を得ておくこと

忘れがちですが、「良い転職」には、家族の理解と協力が不可欠です。転職を考えたら、まずは家族を説得しましょう。家族の反対にあって心が揺らぐようなら、その転職はまだ時期尚早といえるかもしれません。

⑥情報に敏感になる

転職を考えたら、まずは自己分析をするべきです。そして、自己分析で「自分のやりたい仕事」が明確になったら、次はとにかく中途採用募集に関する情報に注目しましょう。

後輩ちゃん
新聞の求人広告や求人情報誌、転職関連サイトなどの情報に常に敏感になっていることが大事ですね。

⑦「これだけは譲れない」というポイントを明確にしておく

不況といえども、中途採用募集の情報は山ほどあります。このうち自分に本当に必要な情報を逃さないようにするには、転職に関して妥協できない部分と、妥協もやむを得ない部分を明確にしておくことです。

たとえば、「経理という職種には絶対こだわるが、企業の規模にはとくにこだわらない」「SEという仕事と給与の額にはこだわるが、業界はこだわらない」などというようにです。

転職先はできる限り自分の希望に沿ったところが良いですが、現実には、100%満足のいく転職先を見つけるのは困難です。

転職先輩
「これだけは譲れない」という条件を明確にして、その条件に合いそうな企業を、山のようにある情報のなかから拾い出していけば良いんだ。

逆に、これが明確になっていないと、膨大にある情報のうち、どれが自分にとって重要なのかが分からなくなってしまいます。

とくに失業期間が長引くと、自分の希望とは掛け離れている会社でも「まあいいか」と思うようになってしまいがちです。

後輩ちゃん
これでは、結局後悔するはめになりますね。

⑧日頃から真剣にキャリアアップを目指す

情報収集と同時にキャリアアップにも努めましょう。

たとえば在職中の人なら、今いる会社で身につけられるものをすべて吸収する努力をします。すでに会社を辞めてしまった人なら新聞を毎日欠かさず読む、関連書籍を読む、独学に励むなどです。

また、コミュニケーション能力を磨くことも重要です。ビジネスは人と人との関係で成り立っています。いかに自分の考えていることを相手に伝えられるかがビジネスの基本なのです。

したがって、どんな仕事にも、コミュニケーション能力が不可欠です。もちろん面接でもコミュニケーション能力は問われます。

転職先輩
日頃からキャリアアップに努めていれば、自分の希望する内容の会社で募集があったときに、即挑めるようになるよ。

⑨ゼロからのスタートであることを自覚しよう

転職活動をする人のなかには「これまでの自分」にこだわりすぎてします人がいます。キャリアを積んできた人はとくにそうです。

「自分はこれまでこんなに苦労してこれだけのキャリアを積んできた」という自負を捨てきれずにいると、なかなかゼロからのスタートを切るエネルギーを持てません。

転職先輩
「中途採用者はへんな癖がついているから敬遠してしまう」という企業も少なくないんだ。

さいごに

なぜ転職するのか・転職において譲れない条件は何か・どのような仕事に就きたいのか・どのような会社へ転職したいのか等、自分の希望をはっきりさせるのが大切です。やみくもにではなく、目的をもって転職活動を進めていくことができるでしょう。

とは言っても、転職をすることはとても大変な作業です。情報の渦の中から応募したい企業を見つけるだけでもかなりの時間が必要ですし、職務経歴書を完全に仕上げるのには数日はかかります。

仕事をしながら転職活動をする場合、会社にバレないように内密におこなう必要がありますし、夜遅く帰宅して求人を探すのはとても疲れる作業です。

そんななかで、時間と労力をかけずに転職を成功させるには、一体どのようにすれば良いのでしょうか?

やはり、解決策は「転職のプロ」である転職エージェントを活用することです。

おすすめランキングTOP3
No.1マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式HPを見る
No.2doda
doda
公式HPを見る
No.3リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る
あわせて読みたい
仕事をしながらの転職活動でやってはいけない6つの過ち|転職を成功させる方法を解説 上司や同僚などに転職活動が知られてしまうと職場にいづらくなったり、引き止められて辞めにくくなったりする可能性があります。 スムーズに転職するためにもバレないよ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ