MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

SPI3と従来のSPIの違いは?SPI3の特徴や企業が課す理由、Webテスト対策のやり方を解説

後輩ちゃん

SPI3ってSPIと一緒なんですか?

キャリア先輩

基本は一緒だけど、違う部分もあるんだ。詳しく解説するよ!

就活をしていれば常識のSPIですが、同時にSPI3という言葉を耳にする機会があるのではないでしょうか。

これはSPIと同じような試験であるということは推察できると思いますが、どちらの内容も理解していなければ、違いがあるのかどうか不安になるかもしれません。

本記事では、SPI3と従来のSPIの違いを詳しく解説していくので、最後までチェックして不安を解消しておきましょう。

また、SPI3の特徴についても深掘りするので、ぜひ対策の参考にしてください。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

SPI3とは?従来のSPIとの違いも解説


SPI3は人材業界大手のリクルートが提供しているサービスで40年以上の実績で蓄積されたデータをもとに「面接だけでは確認しにくい基本的な資質」を測るテストです。

以下に、従来のSPIとSPI3の違いをまとめました。

スクロールできます
 変更時期前バージョンとの変更点
SPI初期バージョン
SPI22005年~・性格適性検査の一部変更
SPI32013年1月4日~・性格適性検査の測定内容の『性格特徴』に「社会関係的側面」が追加
・性格適性検査の測定内容に『組織適応性』が追加
・テストセンターの性格適性検査の予約をPC・スマートフォンに対応
・WEBテスティングの「問題毎の制限時間」が追加

SPI3はSPIのアップグレード版で、特筆すべき変更点はSPI3のアップグレード時に追加された性格適性検査の『組織適応性』・『性格特徴』の「社会関係的側面」です。

また、テストセンターで受験する際はオンライン予約に対応した点、Webテストはテストセンター受験と同様「問題ごとの制限時間」ができたことは頭に入れておきましょう。

それぞれの試験を別々に対策しなければいけないというほど大きな違いはないので、安心してください。

SPI3の問題構成

SPI3の問題構成は、知的能力検査・性格適性検査の2つに分かれ、さらに知的能力検査は言語分野と非言語分野に分かれます。

知的能力検査で測られるのは、職種の違いに関わらず実際に仕事で求められる課題解決能力です。

具体的に言語分野では話の理解力、非言語分野では論理的思考力が問われます。

また、性格適性検査で測るのは人との接し方、仕事の取り組み方です。

後輩ちゃん

検査をする意図がわかれば取り組みやすいですね!

SPI3の制限時間

SPI3には知的能力検査、性格適性検査にそれぞれ制限時間が設けられています。

Web受検・テストセンターとペーパーテストでそれぞれ制限時間が違うので、選考を受ける企業によって必要な対策をしておきましょう。

スクロールできます
 知的能力検査性格適性検査
Web受検・テストセンター35分30分
ペーパーテスト70分40分

また、Web受検・テストセンターの場合は各設問に制限時間があるため、問題を早く正確に解く練習もしておきましょう。

ペーパーテストは設問ごとに制限時間はないので、問題を解きながらどの問題に時間をかけるか判断するのも重要です。

それぞれ制限時間が違うから、実際に問題集を解いてみよう

キャリア先輩

それぞれ制限時間が違うから、実際に問題集を解いてみよう

SPI3の難易度

SPI3の難易度は中学高校レベルなので、大学受験を突破した就活生の方ならそれほど苦にせず解けるでしょう。

ただし、SPIの難しいところは問題数の多さです。

受験者は制限時間の中で、多くの問題を正確に解いていかなければいけません。

高得点を求められるため、ほんの少しのミスでさえ命取りになる場合もあります。

後輩ちゃん

大学で4年間もやらないと忘れますよね…

SPI3を受験できる場所

以下では、SPI3を受験できる場所をそれぞれご紹介していきます。

場所によって環境が大きく違うので、事前に知っておけばそれほど緊張せずいつも通りの姿勢で受験に臨めるはずです。

SPI3を受験できる場所
  • Webテスティング
  • テストセンター
  • ペーパーテスト
  • インハウスCBT

Webテスティング

Webテスティングは、文字通り自宅などでパソコンを使ってSPIを受験します。

普段通りの環境や好きな場所・好きなタイミングで、リラックスして受けられるというメリットがあります。

一方、SPIは長時間の受験になるため、集中力が切れてしまう可能性には注意が必要です。

テストセンター

テストセンターでは、指定されたテストセンターに行き専用のPCでSPIを受験します。

また、テストセンターの問題は受験者ごとに違い、正答率によって難易度が上がるので対策がしにくいという点にも注意しておきましょう。

ペーパーテスト

最近はWebテストやテストセンター方式が人気ですが、ペーパーテストを好んで採用する企業も多くあるので、自分の受ける企業をチェックして対策しましょう。

テストの全体を把握できるメリットがある一方、企業に訪問して受験するため緊張してしまうというデメリットもあります。

インハウスCBT

インハウスCBTは、応募者が企業に訪問して受験する形式です。

インハウスCBTを採用している企業を受ければテストを受けて結果の確認から面接までを1日で完了できるので、選考期間が短くて済むメリットがあります。

企業がSPI3を就活生に受けてもらう理由


以下では企業がSPI3を就活生に受けてもらう理由をご説明します。

SPI3を対策するの重要性を理解するためにも、まずは企業側の意図をしっかりと確認しておきましょう。

自社との相性が知りたい

性格適性検査を受けてもらうことで、自社との相性が知りたいという企業は多いでしょう。

社風に合う人柄なのか、職種や業務内容に適性があるのかといったことを知りたがるのは、就活生にできるだけ長く働いてほしいからです。

社風に合わなかったり適性がないと新卒社員にとってはストレスになり、早期離職の原因になってしまいます。

新卒採用にも大きなコストがかかるため、企業としてはこのようなリスクを事前にできるだけ減らしておきたいというのが本音です。

キャリア先輩

企業側は長くいてくれそうな人を採用したいよ

現状の知識・能力レベルが知りたい

現状の知識・能力レベルが必ずしも仕事の適性につながるとは限りませんが、それでもSPIを通して知識量やタスクをさばく能力は測れます。

そういった「地頭の良さ」は入社後に求められる仕事量をこなせそうか判断する材料にもなるので、企業側もよく見ています。

当然学歴の良い人の方がSPIの点数は高い傾向ですが、SPIは中学高校レベルの簡単な内容なので、企業にとっては「学歴はなくても実は地頭の良い人」を発掘できるチャンスです。

後輩ちゃん

学歴では判断できない優秀な人を見つける意図もあります

入社後の配属を決める参考にしたい

SPIの結果を受けて「この就活生はどんな性格をしてどんな能力があるのか」を総合的に見極め、入社後の配属を決める参考にする企業もあります。

もちろん本人の希望や面接でも判断しますが、SPIの結果はデータで示される客観的な能力です。

面接はどうしても選考対策の上でアピールする場なので、就活生の深層心理や本音は見えにくくなります。

キャリア先輩

本人に合った配属をして活躍してもらいたいんだ

SPI3には特別な対策が必要?


現在主流になっているのはSPI3なので、大半の問題集でも対応しています。

対策としては、ネット上の無料問題や市販の問題集を繰り返し解けばOKです。

Webテストなのかペーパーテストなのか、自分の受ける試験を想定して対策しておきましょう。

ただし、過去問集で対策する場合はSPI3の問題なのかチェックする必要があります。

SPIとSPI3では性格適性検査の内容に違いがあるため、対策を間違えて焦らないように注意してください。

納得の就活にするためのSPI3対策のポイント


自分の志望した企業に入りたいなら、SPI3は最低限クリアしておきたいレベルの選考です。

入念に対策しておけば、それほど苦労せず突破できるでしょう。

ここからは、納得の就活にするためのSPI3対策のポイントを3つご紹介していきます。

受検する2~3か月前には対策を開始する

「どれくらい対策したらいいの?」というのは多くの就活生が持つ疑問でしょう。

SPI3の対策に余裕を持つなら3か月前に始めるのがおすすめです。

というのも、あまり早く対策をし始めてしまうとモチベーションが続かない可能性があり、良い状態で本番に臨めません。

心配でもっと前にやりたい人は、軽くコツをつかんでおく程度にしましょう。

後輩ちゃん

3か月で十分間に合いますよ!

常に解くときは時間を意識する

過去問やインターネット・市販の問題集でも、常に解くときは時間を意識しながら行いましょう。

SPI3の試験は時間との戦いで、とにかく時間が足りなくて解ききれないという就活生が圧倒的に多いのです。

特に各問題で制限時間のあるWeb受験・テストセンターは悩んでいる時間がありません。

ペーパーテストでも、わからない問題は考えすぎないことも重要です。

キャリア先輩

必ず制限時間をつけて練習しよう

SPI3対策のやり過ぎに注意する

就活の対策はバランスが大切です。

大切な就活ですから失敗したくない気持ちはわかりますが、SPI3の対策ばかりに時間を割いて、その他の就活準備や学業に影響が出てしまっては意味がありません。

ES練習やes添削が足りていないなら、そこを優先しましょう。

どれくらい対策したらいいか自信がない場合は、就活エージェントに頼って就活のプロに手伝ってもらうのも有効です。

後輩ちゃん

悩んだらプロに相談してみましょう

SPI3の効率的な対策方法


就活はSPI3以外にもESや面接対策も必要になるので、SPI3の対策はできるだけ効率よく行いたいところです。

以下では、効率的な対策方法を詳しく解説していくので、ぜひチェックして実践しましょう。

インターネットにある無料の問題集を解く

まず初めにインターネットにある無料の問題集を探して解くところから取り組みましょう。

SPI対策で何からすべきかわからないなら、これを解いて判断するのがおすすめです。

インターネットの無料の問題集には各問題集ごとに特徴があり、ランダムに問題を出題してくれるものやレベルごとに受けられるものなどさまざまです。

キャリア先輩

無料の問題集を解いて対策の方向性を決めよう

市販の問題集・過去問を繰り返し解く

インターネットの無料問題集でSPI3のだいたいの流れや対策方法をつかんだら、次は市販の問題集・過去問を繰り返し解いて知識を確かなものにしていきましょう。

以下では、特におすすめの問題集をご紹介します。

市販の問題集・過去問を繰り返し解く
  • 2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集
  • これが本当のSPI3だ! 2024年度版

2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

名前2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集
おすすめ度
著者オフィス海
出版社ナツメ社
発売日2021年4月20日
ページ数352ページ
価格1,430円
特徴Webテスト&テストセンターの対策ができる
詳細購入はこちら
キャリア先輩

この1冊でWebテストとテストセンターの対策ができるよ

過去の選考データを分析し良問を厳選したSPI対策本で、この1冊でWebテストとテストセンターの両方の対策が可能です。

本番を意識した模擬テストは実際のものよりも難易度が高く、この問題集を解けるようになっておけば本番で困ることはありません。

頻出問題に確実に対応したい人は、テスト当日までに繰り返し解いておきましょう。

これが本当のSPI3だ! 2024年度版

名前これが本当のSPI3だ! 2024年度版
おすすめ度
著者SPIノートの会
出版社講談社
発売日2021年1月21日
ページ数446ページ
価格1,650円
特徴頻出問題を中心に対策できる
詳細購入はこちら
後輩ちゃん

問題・解説・答えが見開きなので使いやすいです!

こちらは1冊でWebテスト・テストセンター・ペーパーテストの主要3方式に対応した、446ページからなる大容量の問題集です。

受験生の声をもとにした再現度の高い問題や「出る順」の出題表もあるので、この本だけで効率よくテスト対策が行えます。

解説は講義形式の丁寧なもので、数学や英語から遠ざかっていて苦手意識を持っている人も理解しやすく安心です。

志望度の低い企業で実際にSPI3を受けてみる

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率が非常に高く圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/

SPI3の対策もある程度終わって、どうしても本命の企業に受かるために練習がしたい人は、志望度の低い企業で実際にSPI3を受けてみるのも1つの方法です。

たとえ落ちてしまっても対策が不十分だとわかりますし、受かれば自信にもなります。

とはいえ自分で志望度の低い企業を探すのも大変なので、逆求人サイトのOfferBox(オファーボックス)を利用して企業からのスカウトを受けましょう。

プロフィール登録するだけでスカウトが届くため、待つだけでエントリーが完了し負担も少なくて済みます。

キャリア先輩

登録したら待つだけなのでカンタンだよ

\あなたにぴったりの企業が見つかる!/

※60秒で登録完了

あわせて読みたい
【25卒】OfferBox(オファーボックス)の評判口コミは悪い?参加企業やメリット・デメリットを解説 OfferBoxは悪評が多いですね…。 本当にそうかな?待つだけでスカウトがもらえるのはかなり魅力的だよ! OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しか...

SPI3対策したくないなら就活エージェントを使うのも手


どうしても勉強が苦手で、SPI3の対策をしたくない人もいるでしょう。

そんな人は、就活エージェントを使うのもおすすめの方法です。

就活エージェントならSPI3を受けなくても済む求人を紹介してくれるので、ぜひ以下でご紹介する就活エージェントに登録しましょう。

SPI3対策したくないなら就活エージェントを使うのも手

25卒向け|キャリアパーク就職エージェント

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/

25卒の就活生でSPI3の対策をしていない人は、正直今から対策しても厳しいので、キャリアパーク就職エージェントに登録して早期内定を目指しましょう。

キャリアパーク就職エージェントは最短1週間の内定獲得が可能で、実際に3日で内定を決めた例もあります。

内定は早いですが、紹介求人は厳選を重ねてブラック企業を排除しているので、企業選びに失敗する心配はいりません。

大手企業や人気ベンチャーの非公開求人も多いので、ぜひ登録して就活を終わらせましょう。

後輩ちゃん

時間がないのでとにかく急いで登録しましょう!

\ 最短1週間のスピード内定! /

※30秒で登録完了

あわせて読みたい
キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判はやばい?【25卒・26卒】最短1週間のスピード内定をゲット... 今すぐ内定が取れるって聞いたけど本当ですか? うん、最短3日のスピード内定も可能にした頼れるアドバイザーが伴走してくれるよ! キャリアパーク就職エージェントでは...

25卒向け|Jobspring(ジョブスプリング)

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/

25卒の人はまだ就活解禁までに時間があるものの、丁寧な対策ができるJobspring(ジョブスプリング)を利用するのがおすすめです。

Jobspringは最短2週間の早期内定も獲得できる就活エージェントですが、最大の魅力は徹底的なサポート体制にあります。

丁寧な面談でアドバイザーがあなたに本当に合った企業を厳選して紹介してくれ、入念な選考対策をしてくれるので内定率は90%以上と高水準です。

就活に失敗したくない人はぜひ登録して納得のいく就活をしましょう!

キャリア先輩

納得できる就活をしたい人向けだよ

\ 最短2週間で内定ゲット! /

※60秒で登録完了!

あわせて読みたい
JobSpringの評判は?内定率が高いと話題の25卒向け就活エージェントの体験談 JobSpringはおすすめと聞きますが、実際の評判はどうですか? 就活生と企業との正確なマッチングに定評があるよ。 JobSpring(ジョブスプリング)には、「自己分析をさ...

SPI3を適切に対策して就活をスムーズに進めよう


SPI3は、企業側が面接ではわからない就活生の能力や性格を、客観的に可視化して判断するための材料です。

就活は一度きりで失敗できないので、自分の受けるSPIと受験方法は事前に確認して適切に対策しましょう。

特に知的能力検査では、大学の4年間数字や英語の勉強から遠ざかっていた人も多いため、受験の3か月ほど前から対策し始めるのがおすすめです。

ぜひ本記事でご紹介したやり方を参考にして、SPI3の通過を目指しましょう!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ