MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職のやる気が出ない無職がやる気を出すには?無気力を抜け出す方法を紹介

本記事でわかること
  • 無職の方が転職するやる気を取り戻す方法
  • 転職するやる気が出ない方におすすめの就職・転職サービス
  • 無職でやる気が出ない・気力がないと感じたときの体験談

近年は、さまざまな企業で「〇〇ハラスメント」が問題となっており、やむを得ず無職となる方が少なくありません。仕事を辞めること自体は仕方ないものの、無職期間が長引くなかで不規則な生活リズムに陥り、社会復帰するやる気が出ない部分に問題があります。

無職期間が長引くと、就職・転職が不利になりやすい傾向です。また、年齢を重ねるほど選べる業界・職種が狭まるため、人生で最も若い今のうちに動き出すことが大切です。

この記事では、無職の方が転職するやる気を出す方法からおすすめの就職・転職サービス、転職を成功させる方法や無職でやる気が出なかったときの体験談までを解説します。

今すぐ無職を抜け出したい方は、ジェイック就職カレッジを利用することがおすすめです。ジェイック就職カレッジは、職歴が浅い方の転職支援を得意とするサービスです。企業選びから就職後の相談までを個別でサポートしており、やる気が出ないと悩む無職の方でも利用しやすくなっています。

\ブラック企業を徹底的に除外/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職のやる気が出ない無職がやる気を出す方法

転職する気力がわかない無職の方は、次の方法でやる気を取り戻すことが大切です。

以下では、3つの方法について詳しく解説します。

規則正しい生活をしてやる気を出す土台を整える

転職する気力がわかない無職の方は、規則正しい生活を送りながらやる気を取り戻すことから始めてみましょう。生活リズムを正すことは、今からできる取り組みの一つです。

現在、やる気が出ない方であっても、生活が整えば活力が出てくるため、次第に転職するやる気が出てきます。まずは、次の方法から試してみましょう。

規則正しい生活を送るために取り組むべきこと
  • とにかく身体を動かす
  • 早起きする
  • 太陽の光を浴びる
  • 起きてすぐにスマホをいじらない
  • 布団の中でダラダラ過ごさず身を起こす
  • 起きたら軽く身体を伸ばすようにストレッチをする

生活リズムが崩れると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量が減ることから、ネガティブな考え方になったり自己肯定感が下がったります。自分に自信が持てない状態では、転職活動に対して前向きに動けなくなってしまうことも仕方ありません。

無職で気力が湧かない方は、早寝早起きをしながら生活リズムを整え、やる気を作り出す土台づくりから始めることが重要です。

1日のスケジュールの空白をできるだけなくす

1日のスケジュールを詰め込むことも、転職するやる気を取り戻す方法の1つです。スケジュールを1つずつこなすことで達成感を得られ、自己肯定感が高まるきっかけとなります。

はじめのうちは買い物に出かけたり、趣味に打ち込んだりする時間をスケジューリングするだけで問題ありません。何かを達成するなかで、「自分はできる」といったやる気を取り戻すことが重要です。

スケジュールを達成することに慣れてきたタイミングで、勉強や読書、転職に向けた準備などを予定に入れてみましょう。スケジュールをこなすことが習慣になれば、転職活動を無理なく進められます。

就職・転職エージェントとの面談予定を無理矢理にでも入れる

転職するやる気が出ない無職の方は、就職・転職エージェントの面談を予約することもおすすめです。面談予約をすると、無理やりにでもやる気を出さざるを得ない状況となります。

面談まではやる気が出なかったものの、キャリアアドバイザーに相談するなかで、転職したい意欲が高まるケースも珍しくありません。

就職・転職エージェントの面談は基本的に無料で受けられる、かつオンライン可能となっているため手軽に試せます。自分を奮い立たせたい方は、自己肯定感を高める方法よりも、転職活動に向けたアクションを起こすほうがやる気を取り戻せるかもしれません。

転職のやる気が出ない無職におすすめの就職・転職サービス

転職するやる気が出ない無職の方は、次の就職・転職サービスを利用することがおすすめです。

どちらのサービスも、キャリアに自信がない方への支援を得意としています。離職期間が長い方の転職を成功させた実績もあるため、安心して利用できるサービスです。

以下では、ジェイック就職カレッジとキャリアスタートの特徴を解説します。

じっくり話を聞いてくれる『ジェイック就職カレッジ』

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ジェイック就職カレッジの特徴
  • 340以上のメディアに取り上げられており注目度が高い
  • 企業選びから就職後のサポートまでを一気通貫で対応している
  • 紹介する求人はすべて正社員向けのものとなっている

ジェイック就職カレッジは、340以上のメディアに取り上げられている、注目度が高いサービスです。特に、フリーター・未経験・中退・既卒の就職支援を得意としており、就職成功率は81.1%に及びます。

ジェイック就職カレッジの強みは、企業選びから就職後のサポートまでを専任のアドバイザーが一気通貫で行うことです。就職・転職先探しはもちろん書類添削や面接対策だけでなく、入社後1年間は新しい職場に関する相談も受け付けています。

紹介する求人はすべて正社員向けのものであり、長く勤められる企業と出会いやすいこともジェイック就職カレッジを利用するメリットの一つです。離職率が高い業界やブラック企業は徹底的に除外しているため、働きやすい企業へ就職・転職したい無職の方は、ジェイック就職カレッジを利用しましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 入社後の定着率が91.5%と高い水準となっている
  • スタッフが現地で確認した企業のみを紹介している
  • サポート内容が手厚い
いまひとつな点
  • 取扱求人の業界・職種に偏りがある
  • 30代以上には適していない
  • 大手と比較すると求人数が少ない

▼ジェイック就職カレッジの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
大学中退からの中途採用の目的でこちらのエージェントのサポートを受けたのですが、親身に話を聞いてもらいながら、自分の仕事について考えることができたし、心構えなど基礎から就活の仕方を学ぶことが出来たので、安心して就職先を決定することが出来ました。ちょっとした相談なども気軽にしやすい環境なので、心配していることも聞きやすいと思います!

引用:Google

Review Image
Bさん
大学中退の自分でもJAICさんの手厚いサポートを受けながら内定を頂くことが出来ました、分からないことは何でも相談できるし親身になってお話聞いてくださるのでとても心強かったです。

引用:Google

\ブラック企業を徹底的に除外/

できるだけ早く転職したい20代向けの『キャリアスタート』

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
キャリアスタートの特徴
  • 応募者の72%が1か月以内に内定を獲得している
  • 年収アップに向けた転職支援を得意としている
  • 求職者の気持ちに寄り添いながら就活・転職プランを提案している

キャリアスタートは、20代の既卒・フリーターや第二新卒の転職支援に力を入れているサービスです。求人紹介から内定獲得までを円滑に進める点に定評があり、応募者の72%が1か月以内に内定を獲得しています。

最短1週間で内定獲得まで導いた実績を有していることも、キャリアスタートの特徴の一つです。

ほかにも、キャリアスタートの強みとして、年収アップに向けた転職支援が得意という特徴があります。年収400万円以上の求人を豊富に取り扱っており、年収アップ率は83%を記録しています。

キャリアスタートは求職者の気持ちや希望に向き合いながら就職・転職をサポートしているため、短期間で就職先を見つけたい方はもちろん、キャリアが明確になっていない無職の方にもおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 内定率と定着率がどちらも高い水準となっている
  • 経験がなくても応募できる求人が多くある
  • 転職成功者の96%が入社後も満足している
いまひとつな点
  • 大手と比較すると求人数が少ない
  • ハイクラス転職を目指すことは難しい
  • 業界・業種にやや偏りがある

▼キャリアスタートの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
甲斐さんに担当していただきました。 ものすごく親身になってお話を聞いてくださり、またアドバイスもものすごく的確で、今まで自分の中でうまくまとめられなかった言葉が甲斐さんのおかげで上手くまとめられるようなりました。 また面接の練習も何回もしてくださったおかげで、無事に内定をいただくことができました。 本当にありがとうございました😭

引用:Google

Review Image
Dさん
今回転職で利用させて頂いたのですが担当の宮下さんがとても親身になって面接の練習だったり面接先への推薦書などをしてくださり、転職しようと思い面接を受けたのは今回の1回だけだったのですが無事内定も貰えました。 転職エージェントも今まで複数登録してきましたがここまで親身になって協力して頂いたのは宮下さんが初めてでした。ありがとうございました。

引用:Google

\最短1週間で内定をゲットできる/

無職が転職を成功させるためのポイント

無職の方が転職に成功するためには、次のポイントを押さえることが重要です。

無職の方が転職を成功させるポイント
  • 無職になった納得できる理由を用意しておく
  • 希望条件を絞りすぎない
  • たっぷりある時間をとにかく転職活動に費やす

中途採用に力を入れる企業は、求職者の人柄をチェックすることを目的に、前職を辞めた理由を必ず質問します。応募するまでに「新たな分野にチャレンジしたいと思った」「就活で漠然と企業を選んだため自分を見つめ直したかった」など、前向きかつ納得できる理由を用意しましょう。

無職の方が転職するときは、希望条件を絞りすぎないことも重要です。過去の職歴によるものの、無職の方は会社員よりも経験・スキルが乏しいといった評価を受けやすい傾向にあります。条件を絞りすぎると応募できる企業数が減り、転職先が見つかるまでに時間がかかる原因となります。

無職の方が転職を成功させるためには、転職活動に多くの時間を費やすことも欠かせません。転職活動にかける時間が多くなれば、その分、次の仕事が短期間で見つかりやすくなります。就職・転職エージェントを通じて時間を有効活用し、1か月以内に内定を獲得する方も少なくありません。

無職は長引けば長引くほど転職が難しくなる

転職活動は、無職期間が長引けば長引くほど難しくなります。企業は無職期間が長い方に対して、スキル・経験が乏しい・協調性がない・仕事が長続きしないなど、マイナスイメージを持つことがほとんどです。そのため、無職期間が長い方を書類選考で落とすケースも珍しくありません。

企業が中途入社する方に求めることは、即戦力性や将来性です。いくら人柄がよかったとしても、「無職期間が長くなりスキルが停滞している人材を採用したい」と考える企業は少ない傾向にあります。

正社員として長く働きたい方は、人生のなかでも最も若い今から転職活動を始めることがおすすめです。

無職でやる気が出ない・気力がないと感じた3つのこと【体験談】

無職で気力がないと感じた3つのこと【体験談】

無職で気力がないと感じることは何でしょうか?ここでは、私が実際に無職で気力がないと感じたことを具体的に紹介していきます。

負のスパイラルに陥ること

外出したくなくなり、人と関わりたくなくなる。外出しないから自炊する材料もなく、家にある適当なカップ麺やおかしでお腹を満たしてしまう。その結果、肌荒れして体重も増え、不健康な見た目になってしまいます。

そしてその身なりを人に見られたくなくて、更に外出したくなくなる。という負のスパイラルに陥っていってしまいますね。そして、どんどんやる気がなくなってしまいます。

食事をする事も面倒くさいと感じた

私が無職で最も気力が無いと感じた事は、食事をする事も面倒くさいと感じた事でしょう。無職で毎日やる事も無く収入も無いのでお金がありません。なので最低限の買い物以外では、外出する事はありませんでした。

やはり「無職+お金が無い=買い物&遊べない」という答えになりますので、外出が楽しく無いのです。本当にこの時は辛かったです。何もかも面倒くさくなりました。まず身だしなみを整えるのが面倒になり、外出するのが面倒になります。

そのうちお風呂に入るのが面倒になり、食事も歯磨きも面倒になり、最終的にはトイレに行くのすら面倒くさくなり…。ベッドから起き上がれなくなって、どんどん気持ちがふさいでいき無気力になりました。

決まった時間に起きられない

一番に気力がないと感じたのはまず、決まった時間に起きれらない事です。人と約束した時間に自宅から出られません。とにかく働いていた時の知り合いに会いたくなかったです。

毎日眠れないので、夕方から飲み屋さんに行って朝まで飲み歩いてました。1人になるとダメな自分に耐えられなくて、とにかく人に囲まれていたかったですね。

行きつけの飲み屋さんに入り浸っていました。また、気力がないと感じるときは食欲がなかったです。

無職で働く気力が出なかった体験談

無職で働く気力がないときの無職生活とは?

「無職」で働く気力がないときに、どのような生活になってしまったのでしょうか?ここでは、「無職」で働く気力がないときの無職生活を紹介します。

「無職」で働く気力がないときの無職生活

引きこもりな生活

夜遅くまで、もしくは徹夜で延々とロールプレイングゲームをやっていました。ゲームのお供にはスナック菓子。気がついたら外が明るくなっていて、そんな自分に嫌気がさしながら眠りに落ち、お昼近くに起床する。

だんだん雨戸さえ開けずに一日中、日の光の入らない部屋で過ごすことも増えていきました。外出するのは食べ物を買いに行くだけ。おしゃれする気持ちもなくなり、人が多い場所へ出ることが億劫になりました。まさに、ひきこもりな生活でしたね。

何もしていない生活

無職で働く気力が無い時の私の日常生活は、一言で言えば本当に何もしていない生活でした、夕食は茶碗一杯の米に梅干しとおかかを混ぜた猫まんまを食べていました。不思議なもので、気力が無いと貧しいとも侘しいとも思わないんですよね…。

もちろん美味しいとか不味いという感情もありませんでした。外出は月に数回の最低限の買い物に行く時だけです。お風呂も週に2回でした。やはりこれも同様で、体臭やらが分からないというか気にならない状態になっていましたね。日々こんな生活でした。

誰とも話さない孤独な生活

ずっと家に引きこもっていて誰とも話しませんでした。3日ほどお風呂も入らず、寝たい時に寝て食べたい時に食べる生活です。完全に昼夜逆転生活になり、リズムが崩れました。

ほぼベッドから出ず、iPadでアニメばかり見ていました。直ぐに雇用保険が出たので、なくなるまで1年くらい失業保険で過ごしました。はじめは情けなかったのですが段々と慣れてきます。孤独にも慣れてきますね。

無職で気力がない状態から抜け出す方法

無職で気力がない状態から抜け出す4つの方法

「無職」で気力がない状態から、どのようにして抜け出したのでしょうか?ここでは、どのような行動を取れば無気力から抜け出せるかをお伝えします。

夜型生活をやめる

まずは夜型生活をやめることです。夜遅くまでゲームをするのをやめて、夜寝て朝起きるという当たり前の生活を送ることから始めました。朝起きたらまず雨戸を開けて、カーテンを開けて日の光を浴びる。不思議とこれだけでも前向きな気持ちになれます。

それからスナック菓子やカップ麺などのジャンクフードではなく、栄養のとれる食事を作り、味わいながら食べる。無理やりにでもきちんと着替えて外に出る!とにかく家にこもっていては何も始まらないですから5分でも10分でも外出する時間を増やすように心がけました。

そうすると、だんだん人と関わりたくなってきます。

余計な事を考えない

無職で気力が無い状態から私が抜け出せた決定的な事は、「余計な事を考えずにボーっとした生活」にシフトしたことでしょう。それまでは、無職で苦しみや不安がありました。しかし、あるとき「悩むのってめんどくさい」と思い立ったのです。

もちろん月日だけが進んでいき自身は何も変わらない…という焦りや空しさはありました。しかし、私はその感情を無理矢理押さえ込み、頭の中を無にして生活を続けました。余計なことを考えなかった結果、無事に正社員として採用に至りました。

何気ない人との関わりを持つ

私は無職のとき、孤独でした。空腹に勝てず、やむを得ず徒歩3分のコンビニに行ったことがきっかけでした。そのコンビニにはめちゃくちゃ接客の素敵な店員さんがいます。

その店員さんからあげクンをオススメされた時、人との関わりが嬉しくて泣きそうになってしまいました。笑顔で「ありがとうございました」と言われ、私も思わず笑顔で「ありがとう」と言ったのです。

結果的に、それが無気力から抜け出すきっかけになりましたね。

やる気を出すユニークな方法

無職で気力がないときにやる気を出すには?

無職になると、毎日就職活動以外はやる事がありません。そのため、必然的に無気力状態に陥ってしまうものです。「これではダメだ!」と分かっていても、なかなか行動するのは難しいものです。

頭では分かっているのに体が動かない、というもどかしい状態になりますよね。そして、余計にイライラしたりストレスを溜め込んでしまいます。全ては無気力状態が原因なので、この状態を解消するのが鍵になるでしょう。

私が実際にやってみて効果があると思った方法を、難易度が低い順に5つ紹介します。

レベル1.熱いシャワーを浴びる

気持ちが付いてこないときは身体から整えればどうにかなるものです。シャンプーしなくても良いし石けんで身体洗わなくても良いから、とりあえず熱めのシャワーを浴びてみてください。それだけでちょっと勢いが付きます。その勢いで散歩でもできたら上出来です。

レベル2.バナナを食べる

トリプトファンが含まれてる食べ物を摂ると、セロトニンという幸せホルモンが出てやる気が出るといわれています。バナナの他に豆類とか卵でも良いらしいですが、自分が試していちばん手軽で効果を感じられたのがバナナです。

何しろ皮をむくだけですぐ食べられるのだから、無気力な時にはうってつけです。俳優になったつもりで、心から「うわー、セロトニンめっちゃ出てる…!」と思いながら食べると効きやすい気がしました。

レベル3.松岡修造カレンダーをひたすら音読する

松岡修造氏の日めくりカレンダーには、31ものポジティブな言葉が書かれています。音読することで、目・口・耳を強制的にポジティブな雰囲気に切り替えられるのです。31個読み終わる頃には、ちょっと楽しい気分になりました。

レベル4.外に出て太陽の光を浴びる

可能であれば散歩がベストですが、ベランダにでて伸びをするだけでもOKです。伸びをする時に「アーッ」と軽く声を出してみると、その勢いで他の作業にも取り掛かりやすかったです。

レベル5.人と会って話をする

気のおけない友人と笑って話しながら食事ができたら最高です。もし難易度が高ければ、優しい店員さんがいるコンビニやスーパーで買い物するだけでも大丈夫です。人のぬくもりに触れることって本当に大事だと思います

まとめ:無職で転職する気力がなくても仕方ない!焦りがあるなら「今」動きだそう!

さまざまな事情で無職になり、転職する気力が出ないことは仕方ありません。とはいえ、生活を送るためにはお金が必要となるため、できるだけ早く無職から卒業することが大切です。

転職する気力が湧かない方は、生活リズムを整えたり小さなことでも達成する喜びを感じたりするなかで、自己肯定感を高める取り組みから始めてみましょう。強制的にやる気を奮い立たせたい方は、就職・転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談する予約を入れる方法がおすすめです。

無職の方が転職エージェントを利用する場合、ジェイック就職カレッジを選ぶことが適しています。ジェイック就職カレッジは、企業選びや書類添削・面接対策はもちろん、就職後のサポートも充実しています。

入社後1年は新たな職場の相談にも対応するため、社会に復帰することに不安を覚える方も安心して利用できるサービスの一つです。

\ブラック企業を徹底的に除外/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ