学習塾・予備校がやるべきSEO対策|Web集客で実践したい6つのこと

学習塾サイトでSEO対策を行う際にできる具体的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリット、注意点を紹介します。SEO対策と一言でいっても、具体的な施策は多岐に渡ります。

学習塾は「地域名+塾」や「駅名+塾」のようにGoogle検索を通して、比較検討される業界のため、SEO対策の重要性が高い業界です。

ただ単にKWを意識したコンテンツを作るだけでは検索上位を獲得する難易度が高いです。上位表示する上で必要となる要素や集客につなげるための工夫を解説します。

ウェブココル株式会社は地域KWに特化したSEO対策コンサルティング会社です。

「渋谷区 学習塾」「渋谷区 個別指導」「渋谷区 塾 安い」「渋谷区 高校受験 塾」「渋谷区 予備校 早慶」「目黒 中学受験」のような地域名や駅名でのSEO対策を得意としている当社が解説します。

「いち早く、学習塾のSEO集客を実現したい!」という会社様はお問合わせお願いします。

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

学習塾・予備校がSEO対策を行う目的

SEO対策を行う一番の目的は、サイトを検索上位に表示させ流入数の増加や売上・問い合わせ増加につなげることです。学習塾の場合、検索順位アップにより塾の知名度をあげ、そこからWebサイトへのアクセスや入塾の申し込み件数の増加を目指します。

SEO対策を行う上では、検索キーワードを想定したコンテンツ制作が必要となります。コンテンツの中にも以下のような種類があり、目的に応じたコンテンツ制作が必要となります。

  • Webサイトへの流入を増やすためのキーワードに基づいたコンテンツ
  • 問い合わせを増やすためのキーワードに基づいたコンテンツ

具体的に制作するコンテンツの種類については、後ほど解説します。

学習塾・予備校サイトのSEO対策におけるメリット・効果

学習塾サイトでSEO対策を行うことで得られるメリットは以下です。

  1. 広告費をかけない中長期的な集客が可能
  2. 学習塾への興味や関心の高いユーザーを集客可能
  3. 集客経路の幅が広がる

例えば、「吹田駅(大阪) 予備校」のような自社の集客地域のKWで検索結果の1ページ目に表示することができれば、多くの人の目に止まります。その結果、広告費をかけることなく長期的に学習塾サイトへの集客が可能となります。

広告集客の場合、投じた広告費の範囲内で集客する必要があるためいつまで経っても利益率が改善しづらいです。しかし、SEO対策の一環として作成するコンテンツは、Web上に残り続けるため、自社のオンライン上の資産にもなります。これにより、数年前に作成したコンテンツを見て問い合わせをしてくる人が現れます。

そのほかにも、塾に関連するキーワードでGoogleの検索結果に上位表示させることができれば、学習塾への興味や関心が高いユーザーを集客することが可能になります。

学習塾・予備校サイトのSEO対策におけるデメリット

SEO対策を行うデメリットとして、知識やスキルが必要です。初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性があります。確実にSEO対策を行って、検索上位を獲得できる保証はありません。

また広告の場合、費用をかけることですぐに検索結果の1ページ目に表示させることができますが、SEOの場合狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかります。そのため、SEOに取り組む際は、長期的な視点を持って取り組んでいくことが必要不可欠です。

その他のデメリットとして、動画や記事などのコンテンツ制作に時間を取られてしまい、経営者として取り組まなければいけない本業に支障をきたす恐れもあります。

学習塾・予備校サイトの基本的なSEO対策

学習塾のオウンドメディアでSEO対策を行う際のポイントとして、以下の点について解説します。

基本的なポイントですが、非常に重要なため参考にしてみてください。

内部対策・外部対策・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

Googleにおける検索結果の表示順は、Googleが定めるアルゴリズムによって決まります。そのため、SEO対策はGoogleからの評価を高めるための対策とも言えます。

内部対策では、一例ですが以下の点に対応する必要があります。

内部対策具体的な施策
クローラビリティサイトマップや内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでサイトの表示速度を上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

また、Google内部への対策だけでなく、外部対策として被リンクを獲得することも重要なポイントです。被リンクを集めるためには、ドメイン(Webサイト全体)やコンテンツ単位で高い評価を得られるサイトを作る必要があります。SEOコンサルティングの現場ではahrefsのような競合分析ツールを用いて、同業他社が獲得している被リンクを再現することが重要です。

そのほかにも、ユーザーの意図やニーズに沿った踏まえた良質な記事コンテンツを作ることも大切です。特にコンテンツ制作にあたっては、E-E-A-T(経験、専門性、権威性、信頼性)を意識することが欠かせません。

E-E-A-Tとは

「エリア名×塾」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

学習塾がSEO対策を行う場合、「板橋区 個別指導塾」というように「エリア名×塾」で上位表示を狙うことが大切です。なぜなら、学習塾の情報を検索する人の多くは、自宅近くの塾を探して比較検討しているためです。

ターゲットの在住エリアや通学路周辺の地域名でのSEO対策が集客の肝になります。

学習塾・予備校がSEOで上位表示するための具体的な施策6選

学習塾が検索結果で上位表示を狙うためにできる具体的な施策を解説します。取り上げる施策は以下の6点です。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

学習塾のSEO対策では「駅名」などの塾周辺のエリアに限定することが成功のポイントです。

大手の学習塾の企業は「県名」での対策を重視します。また、大手学習塾以外にも、「福岡県 予備校」などの県名だと比較サイトやポータルサイトの出現率が高いので検索上位を獲得する難易度がかなり高いです。

一方で最寄りの「駅名」の塾周辺の地域名のキーワードに限定することで、競合が少なくなり、上位表示の難易度が下がります。また、塾について調べる人は、自分が暮らす地域の塾に興味・関心を持っているケースがほとんどのため、自宅近くの塾である方が問い合わせ繋がります。

1つの地域に限定しても、対策すべきキーワードは多いため、まずは集客したい地域のSEO対策に注力することが大切です。最初から広範囲の地域を対象とするとやるべきことが増え、大きな負担がかかったり検索結果での上位表示の実現可能性が下がります。

塾名の指名検索で上位表示されるようSEO対策する

「地域名+塾」で検索上位を狙うだけではまだ複数の塾が表示される可能性があるため、塾名で上位表示されるように対策する必要があります。

具体的には、塾名での指名検索や認知度向上を考慮して、塾名をトップページのタイトルタグへ含めるといった対策ができます。また、ぱんくずリストやページ内リンクでTOPページへのリンクを繋ぐ際も、アンカーテキストに塾名を含ませるようにしましょう。

検索結果が表示されたときに、Webサイトの名前が表示されていないと不安に感じる人もおり、アクセスを避けられてしまう可能性があります。このような事態を避けるためにも、塾名まで含めて上位表示されるように対策を施してください。

学習塾関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

学習塾や予備校を比較検討しているユーザーが実際にどんなキーワードを使って塾を調べるか逆算する必要があります。

例えば、小学生の場合、「小学生 塾 いつから」「小学生 塾 効果」など塾に関する疑問や悩みなどを検索する人が多いと考えられます。一方で、高校生となると「化学 個別指導 塾」「関関同立 塾」「医学部受験 予備校 選び方」など、特定の科目や受験関連のキーワードを絡めて検索する人が多くなるでしょう。

このように、塾がターゲットとする世代によって、検索キーワードが異なるため、それに応じた記事コンテンツを作る必要があります。

読者を想定したコンテンツ内容にする

コンテンツを作る際は、自分たちが伝えたいことだけではなく、読者が知りたいことは何かを想定したうえで、ニーズに応えられるようなコンテンツにすることが大切です。

また、学習塾は実際に通うのは子供ですが、授業料を支払うのは保護者であるケースがほとんどであり、情報検索も保護者が行う可能性が高いといえます。そのため、保護者が読むことを想定したコンテンツを制作する必要があります。

例えば、1ヶ月どのくらいの費用がかかるのか、子供は何を学ぶことができるのか、塾にはどのような実績があるのかなど保護者目線に立って必要とする情報を提供しましょう。

学習塾サイトとしての専門性を高める

先ほども触れていますが、SEO対策を行う上では、E-E-A-Tを意識する必要があり、その一つである専門性(Expertise)を高めることは非常に重要です。

専門性を高めるためには、まず記事コンテンツの数を増やす必要があります。少なくとも競合サイトと同程度のコンテンツ数、可能であればそれ以上の記事数を目指してください。また、記事の数を増やすだけでなく、内容面でも情報量を充実させ、読者が必要としている情報を網羅しましょう。

そのほかにも、Webサイトを長期間運営することも専門性を高めるうえでは重要です。コンテンツが優れていても、運営期間が短いとGoogleから評価してもらえない可能性があります。そういった意味でも、長期的に取り組む必要があるでしょう。

教育関連の被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

SEO対策を行う上では、被リンクを獲得することも重要です。被リンクとは、ほかのWebサイトが自社のWebサイトへのリンクを貼ることを指します。検索エンジンは被リンクがあると「外部のWebサイトで紹介されるような良いページ」 と判断して、検索順位をあげます。近年、検索上位を獲得するために被リンク獲得の重要性が増しています。その中でも教育関連の被リンクの獲得を目指すことが大切です。

いくら被リンクが多くても、学習塾や教育に全く関係のないジャンルからの被リンクでは高い評価やドメインパワーを得ることができません。また、自作自演による被リンクや業者から購入する被リンクは評価が低下する恐れがあるため、注意してください。

SEO対策に必須の学習塾案内コンテンツ5選

ここでは、学習塾のWebサイトに欠かせないコンテンツを紹介します。ここで取り上げるのは以下の5つです。

ユーザーが気になるコンテンツであることはもちろん、サジェストとしても必須のコンテンツであるため、参考にしてください。

入塾検討中のサイト初訪問の方へ向けたページ

学習塾・予備校のSEO集客のために、初めての訪問者へ向けたページを作成することが重要です。理由として、他業界と比較して比較検討期間が長く、入塾の意思決定が重いためです。

例えば、「初めての方へ」といったページを用意し、塾のコンセプトや指導方針、使用する教材、授業のスケジュールなどについて説明することで、どのような塾なのか理解してもらえます。また、わかりやすく塾の情報をまとめて提供することで、入塾後のミスマッチ防止にもつながるでしょう。

実際に、このページを通して、教室長の想いや、自社の強みや競合との差別化ポイントを明確に訴求することが重要になります。

実績や評判をまとめたページ

保護者が、本当に子供を預けて大丈夫な学習塾かどうか判断できるようにするためにも、塾の実績や評判をまとめたページも用意しておく必要があります。

例えば、受験対策を目的として入塾を検討している人は、生徒の合格実績に興味を持っていると考えられるため、具体的な進学先や合格者数を掲載しましょう。

また、実際に塾を利用している人、過去に利用していた人の体験談の記載もおすすめです。なぜ入塾したのか、どのようなスケジュールで勉強していたのか、塾の印象などできるだけ具体的に記載することで、読んでいる保護者も「これならうちの子も通わせられそう」と感じてもらえる可能性が高くなります。

ただし、注意点として、誇大な表現や虚偽の情報を載せることは控えましょう。

オンライン授業の動画などを掲載した紹介ページ

オンライン授業を実施している学習塾であれば、動画コンテンツとしてオンライン授業の様子を紹介することもおすすめです。

動画を通して、子供や保護者がリアルな授業の雰囲気を知ることができるだけでなく、Webサイトへの滞在時間も長くなるため、Googleからの評価も得やすくなります。特に昨今は新型コロナウイルスの影響により、オンライン授業に対するニーズも高まっています。動画コンテンツを用意することで、興味を持ってもらえる可能性があります。

学年やレベル別のコース案内ページ

多くの塾では、学年や年齢、レベル別にコースがわかれているケースが一般的です。そのため、塾でどのようなコースを提供しているのか、対象年齢・学年などについての案内ページも欠かせません。

なお、コース案内のページを作成する際は、各コースの詳細から先ほど紹介した実績紹介のページにリンクできるようにしましょう。Webサイト内を回遊できるようにすることで、SEO対策に繋がります。

募集要項やスケジュールなどの入試情報ページ

塾に興味を持っている人の中には、受験対策を目的としている人もいるため、募集要項やスケジュールといった入試に関連する情報を掲載するページも用意しておくといいでしょう。

教育委員会のような公的な機関が提供している情報を引用すると、Webサイトの権威性も高まるため、SEO対策にもなります。また、情報を記載する際は、画像ではなくテキストで表示するようにしましょう。これは、検索エンジンが認識できるようにするためです。

学習塾・予備校サイトのSEO対策における注意点

学習塾サイトのSEO対策を行う場合、競合サイトのコピーとならないように注意しなければなりません。

例えば、記事のライティングを行う際に、競合サイトのコンテンツをそのままコピーしてしまうとGoogleからの評価が下がってしまいます。場合によっては、大幅に検索結果の表示順が下がり、再び検索上位表示されない恐れもあるため注意してください。なお、コンテンツの語尾を少し変えただけのものはコピーコンテンツとみなされます。

また、一度作成した記事であっても、情報が古くなる可能性があるため、定期的に情報を更新する必要があります。

自演リンクもペナルティを受けやすいため行わないようにしましょう。

学習塾・予備校のSEO対策における集客事例|武田塾

学習塾,SEO対策,武田塾
https://www.takeda.tv/

学習塾のSEO対策の成功事例としてあげられるのが武田塾です。※当社の実績ではありません。

武田塾は「新宿 塾」「渋谷 塾」といった全国の「エリア名×塾」のキーワードでサイト集客を実現しています。

また、武田塾では各教室の教室長が受験に関するノウハウや勉強法などを記事コンテンツとして多数掲載しており、Webサイトの専門性も高いといえるでしょう。さらに、初めて訪れる人向けに塾の概要を開設したページやコース案内、合格実績などがある点も特徴の1つです。

内部対策もやりきっており、外部対策もドメインパワーが強く、コンテンツ対策も自然に増えるよう設計されています。

学習塾・予備校サイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

学習塾,SEO対策,ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

学習塾サイトのSEO対策を行う場合、ユーザーのニーズに応えられるようなコンテンツを多数制作し、Webサイトとしての専門性を高める必要があります。また、コース案内や合格実績、初めて訪れる人向けのページなども欠かせないので、多くの労力と期間を要します。

実際に、2年間SEO対策を自分でしてみたけどうまくいかなかった場合、要した時間も金額も事業運営にとって大きな損失となります。

学習塾でSEO対策を行いたい場合、SEO対策会社に依頼して確実に検索上位を獲得することを候補に入れてみてください。

業界別で探す

不動産 リフォーム会社 工務店 建設業 賃貸アパート クリニック・病院 美容皮膚科 歯科医院 介護施設 エステサロン パーソナルジム 税理士・会計士弁護士 社労士 弁理士 司法書士 行政書士 ホテル ペットショップ ハウスクリーニング 鍼灸院 整骨院 結婚式場 結婚相談所 学習塾・予備校 買取会社 ブランドショップ

 

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

チャレンジ地域SEOは「あらゆる事業者の地域集客を最大化させる」をミッションに、独自の地域SEO攻略ノウハウを発信しているメディアです。編集部はウェブココルのSEOコンサルティングチームで構成されています。

目次