公認会計士事務所におすすめのSEO対策6選|サイトに必要なコンテンツ内容や集客事例も紹介

企業や個人事業主が公認会計士事務所を探す場合、かつては同業者や商工会議所などからの紹介が一般的でした。

しかし、現在ではインターネット検索によって公認会計士事務所を見つける人も増えてきています。今後、インターネットでの集客が主流になると予想されます。そのためにもSEO対策が必要不可欠です。

とはいえ、実際にどのような施策を行えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、公認会計士事務所におすすめのSEO対策や集客事例について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ウェブココル株式会社は地域キーワードに特化したSEO対策コンサルティング会社です。

「埼玉 法定監査」「埼玉 会社法監査」「埼玉 学校法人監査」「埼玉 労働組合監査」のような地域名でのSEO対策を得意としている当社が本記事を解説します。

今すぐ集客や売上をUPさせたい!」とお考えの場合は、ウェブココル株式会社までご連絡ください。

監修者

大島 大地

ウェブココル株式会社 取締役。自社メディア運営で培った”生きた”SEO対策×海外の最新対策を組み合わせた、他社の追随を許さない施策提供に強みを持つ。

X:@s4metan/Linkedin: @daichioshima

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

公認会計士がSEO対策を行う目的

SEO対策を行う主な目的は、検索順位におけるWebサイトの上位表示化です。

近年では、インターネット検索によって公認会計士事務所を探す人も多くなってきました。

自サイトが検索結果で上位表示されることで、サイトの流入数を増やし、売上や問い合わせ件数をアップさせることが可能になります。

公認会計士事務所であれば、事務所への問い合わせ数の増加・会員数の増加を狙えるでしょう。

そして、公認会計士事務所サイトへの流入を得るためには、記事コンテンツを多く制作する必要があります。

「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」といったように、狙いを分けて戦略的にSEO対策を進めるのがおすすめです。

一方で、公認会計士の主な集客方法には、ポータルサイト、リスティング広告、知人・取引先からの紹介、セミナー、異業種交流会に参加して人脈を作る、DM等があり、どれも集客には不安定な要素が強い傾向にあります。

また、ポータルサイト、リスティング広告の場合は、途中でやめにくくなるといった広告依存に陥りやすいといわれています。SEO対策では、広告に依存することなく、安定した集客が可能になります。

公認会計士事務所サイトのSEO対策におけるメリット・効果

公認会計士事務所サイトがSEO対策を行うメリットは下記の3つです。

  • 他の集客方法に比べて、中長期的に費用対効果が高く、広告費を削減することができる
  • 上位表示を継続させることで、安定した集客が可能になる
  • 潜在ニーズにアプローチすることで、新しい領域の顧客獲得に繋がれる

例えば、「法定監査の手順」に関するコンテンツを作成して、「埼玉 法定監査」というキーワードで検索結果の上位に表示されれば、多くの人を自事務所のサイトへ集客することができます。その結果、広告費をかけずに長期的に安定して自事務所のサイトへ集客が可能です。

また、ポータルサイトで集客を行う場合、ポータルサイトの上位に掲載してもらうためには、広告費を追加で支払う場合が多く、利益率が上がらないという特徴もあります。

しかし、SEO対策の一環として作成するコンテンツは、Web上に残り続けるため、オンライン上の資産にもります。これにより、数年前に作成したコンテンツを見て、問い合わせをする方もいらっしゃいます。

他にも、公認会計士に関連するキーワードで検索結果の上位に表示させることができれば、潜在層へのアプローチも可能となり、新しい領域の顧客層を獲得することにも繋がります。

公認会計士事務所サイトのSEO対策におけるデメリット

SEO対策のデメリットとしては下記の3つです。

  • 上位表示できる保証がない
  • 短期間で成果を出すのは困難
  • 常に最新のSEO対策を取り入れることが必要

SEO対策を行ったからといって、必ずしも検索結果で上位表示を獲得できる保証はありません。特にサイトを立ち上げたばかりだとドメインパワーが弱く、狙ったキーワードでの上位表示に1年ほどがかかることもあります。

また、上位表示が困難な場合は、SEO対策に費やした人件費やリソースが無駄になってしまいます。

さらに、SEO対策ではGoogleが検索順位を決めるにあたって使用しているアルゴリズムのアップデートが頻繁に行われます。そのため、常に最新のSEO対策に関する情報を収集し、実践していくことが重要です。

公認会計士事務所サイトの基本的なSEO対策

公認会計士事務所サイトを検索上位表示させるためには、まず基本的なSEO対策を理解しておく必要があります。

ここでは、知っておきたいSEO対策の考え方について解説します。

内部・外部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

SEOで効果を出すには、内部対策・外部対策・コンテンツ対策の3つの観点から対策を行いましょう。

ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすいサイトを構築し、Googleからの評価を高めることが大切です。

Googleからの評価を高めるための対策
内部対策・サイトマップ(HTML・XML)や内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
・構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
・画像のサイズを圧縮するなど、ページスピードを上げユーザビリティを向上させる
・モバイル端末での表示に最適化させる
・TOPページはユーザーが求めている情報に辿り着きやすい構造にする
・関連する記事同士は内部リンクを繋ぐ(「法定監査」「資金調達」を繋ぐ等)
外部対策・セミナーを開催して被リンクを獲得し、サイトパワーを高める
・グループ会社や知人の税理士事務所・司法書士事務所からリンクを掲載してもらう
コンテンツ対策・ユーザーの検索意図を把握した良質な記事コンテンツを制作する。
・関連する記事同士は内部リンクを繋ぐ(「法定監査」「会社法監査」を繋ぐ等)

この他にも、E-E-A-Tを意識してコンテンツを制作するとより評価を得やすくなります。

E-E-A-Tとは、記事の経験(Experience)・専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)を表す言葉です。

E-E-A-Tとは

Googleから高い評価を得ることで上位表示化を達成し、多くの流入を得ることができるようになります。

「エリア名×公認会計士事務所」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

公認会計士事務所でSEO対策の効果を得るには「エリア名×公認会計士事務所」で上位表示を狙うための施策を実行することが重要です。

企業や個人事業主は、基本的に事業の中心となる地域で公認会計士事務所を探すことが多い傾向にあります。エリア名で上位表示させるようにすることで、サイトへの流入が期待できます。

具体的な施策については、以下の項目で解説します。

公認会計士事務所サイトがSEOで上位表示するための具体的な施策6選

ここでは、公認会計士事務所のサイトを検索結果で上位表示させるための具体的な施策を6つご紹介します。

すぐに実施できるものもあるので、ぜひ試してみてください。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

SEO対策を行う際は、最初は「〇〇市+公認会計士事務所」といった市や町単位での集客を狙うことをおすすめします。

専門的な知識やドメインパワーがない状態では、全国や都道府県単位での上位表示化は容易ではありません。

一方、限定された地域の方が競合が少なく、上位表示にも時間がかかりにくい傾向にあります。

検索したユーザーもその地域での公認会計士事務所に興味関心があるため、問い合わせにつながりやすくなります。

1つの地域だけでも対策すべきキーワードは多いので、まずはそこへ注力することが大切です。

限定した地域で上位表示できるようになったら、都道府県単位での対策を行うなど、範囲を拡大していくとよいでしょう。

公認会計士事務所名で上位表示されるよう対策する

サイトへの流入を増やすためには、エリア名だけでなく、公認会計士事務所の名前で上位表示されるような対策が必要です。

「地域名+公認会計士事務所」のキーワードだけでは、ユーザーからするとどの公認会計士事務所か区別がつかなくなってしまいます。

認知度向上や事務所名での指名検索などを考慮して、タイトルタグに公認会計士事務所名を含ませるようにするとよいでしょう。

また、パンくずリストやページ内リンクを使ってトップページへのリンクをつなぐ際も、アンカーテキストに公認会計士事務所名に記載することで、より効果を発揮しやすくなります。

もし、検索結果で自事務所のサイトが上位表示されていない場合は、営業活動の機会損失に繋がっており、競合他社へ新規顧客が流出している恐れがあるため、早急に改善したほうがよいでしょう。

会計業務や税理業務関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

Googleからの評価を上げるためには、キーワード選定が重要になります。

記事を制作する際は、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に分けて対策を行いましょう。

具体的なキーワード例は以下の通りです。

キーワードの種類キーワード例
流入を得るためのキーワード公認会計事務所 依頼
公認会計士 顧問料
監査 費用
税理士 依頼
公認会計士 仕事内容
問い合わせを狙うためのキーワード地域名 法定監査
地域名 会社法監査
地域名 学校法人監査
地域名 労働組合監査
地域名 公認会計士事務所
地域名 会計事務所 おすすめ
地域名 会計事務所 実績
会計事務所 依頼 費用

流入を得るためのキーワードでは、公認会計事務所に依頼できることや顧問料など、ユーザーが知りたいことを含めると効果的です。

ユーザーの疑問を解決し、そのまま問い合わせにつながるような動線を作っておくとよいでしょう。

さらに「公認会計士」だけでなく、「会計士」「税理士」などでもキーワードを拾えるようにすることをおすすめします。

クライアントを想定したコンテンツ内容にする

公認会計士事務所サイトのコンテンツは、クライアントを想定した内容になるよう心がけましょう。

公認会計士事務所のサイトに訪れるユーザーの多くが、公認会計士への相談を検討していることがほとんどです。

以下のように、ユーザーが公認会計士事務所に求めていることを発信するとよいでしょう。

  • 公認会計士のこれまでの実績
  • 公認会計士事務所で担当している業務内容
  • 公認会計士に依頼した際の価格

「信用できる公認会計士かどうか」「予算内に収まっているか」といったクライアントの疑問や不安を解消することで、「この公認会計士に依頼してみようかな?」といった気持ちが芽生えやすくなり、問い合わせにつながりやすくなります。

公認会計士事務所サイトとしての専門性を高める

Googleからの評価を高めるためには、公認会計士事務所サイトしての専門性を高めることが重要です。専門性の高いサイトは検索結果で上位表示されやすいだけでなく、ユーザーからの信頼も高くなります。

サイトの専門性を高めるためには最低限、記事本数を競合と同程度かそれ以上まで増やすことが必要です。

その上で記事内容の情報量を充実させ、読者が知りたいであろう知識を載せることで「専門性が高いサイト」と評価されやすくなります。

また、サイトを立ち上げてから間もないと、いくらコンテンツ内容が良くてもGoogleから評価してもらえないこともあります。記事を増やしながらサイトを長期間運営することも大切です。

さらに、コンテンツ内には、コンテンツ作成者の氏名・顔写真などを掲載して誰が作成したのか明確にするとよいでしょう。コンテンツ作成者の保有資格・相談実績・経歴等を掲載することでユーザーの安心感向上や専門性を高めることに繋がります。

依頼を受けた企業のホームページから被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

被リンクを多く獲得することでサイトパワーを向上させることができ、検索結果の上位表示が期待できます。

被リンクとは、外部サイトに自サイトに向けたリンクが貼られることです。

しかし、公認会計事務所と関係ない被リンクをいくら集めたところで、あまり効果は得られません。

会計士ブログなどを作成したり、依頼を受けた企業のホームページに被リンクを依頼したりすることで、関連性の高い被リンクの獲得を目指しましょう。

また、競合サイトの被リンク獲得状況を調査するのもおすすめです。競合がどのようなリンクをどの程度を獲得しているのかを調査して、差分を埋めるような対策を行うとよいでしょう。

SEO対策に必須の公認会計士事務所コンテンツ4選

SEO対策の効果を発揮するには、ユーザーが気になる内容を含んだコンテンツやサジェストキーワードの流入を狙えるコンテンツの設置が必要です。

ここでは公認会計士事務所サイトの中で、SEO対策に必須のコンテンツを4つご紹介します。

公認会計士事務所を利用したお客様の声

公認会計士事務所への問い合わせを増やすためには、実際に利用したお客様の声を載せることが効果的です。

そのページを見たユーザーに「この公認会計士さんに相談すると良さそう」と思ってもらいやすくなり、問い合わせや依頼のきっかけにつながりやすくなるでしょう。

また、公認会計士事務所への信頼感や安心感を高めるためにも役立ちます。

具体的には、実際に企業が利用した業務内容や感想などが詳細に紹介されているものがおすすめです。

プレスリリースの配信

自事務所を利用したお客さまの声や公認会計士に関するアンケート(クラウドワークスから取得)をプレスリリースとして配信することも効果的です。

プレスリリースの内容が有益な情報であれば、TwitterやブログなどのWeb上で拡散され、被リンク獲得することができます。

サイトが育っていない間は、積極的な外部対策により被リンクを獲得して、ドメインパワーを強化させましょう。

業務内容紹介と料金表ページ

公認会計士事務所のサイトでは、業務内容の紹介と料金表ページの掲載は必要不可欠です。

どのような業務内容があり、どれくらいの費用で依頼できるかの料金相場について、詳細まで記載するとさらによいでしょう。

ユーザーがそのページを見た際に、公認会計士事務所へ実際に依頼した時のイメージがつきやすくなり、問い合わせ増加が期待できます。

特に、自信がある業務については積極的にアピールするとよいでしょう。

公認会計事務所のスタッフ紹介ページ

公認会計士の業務においては、人と人とのつながりが重要になっていきます。

公認会計士事務所のスタッフ紹介ページを載せることで、ユーザーとの心理的距離を近づけるのに役立ち、信頼関係を築きやすくなります。

この公認会計士やスタッフの人柄だからできること、顧問先の方々と良い関係を築けることをアピールすると効果的です。

簡単なプロフィールや顔写真、事務所の風景写真なども一緒に載せることをおすすめします。

お問い合わせページ

公認会計士,SEO,お問い合わせページ例

公認会計士事務所への問い合わせは、電話だけでなくインターネット経由で行われることも増えてきました。

そのため、サイトに訪問したユーザーが依頼や相談を検討した際に、すぐ問い合わせができるように準備しておくことが大切です。

サイト内の一目でわかる位置にお問合せフォームのリンクを設置するとよいでしょう。

また、お問い合わせページを作成する際は、ユーザーにとって使いやすい操作性の高いものになるように心がけてください。

よくある質問ページ

お客さまからよく挙がる質問事項は、「よくある質問ページ」としてサイトに掲載しましょう。これにより、お客さまにとって満足できるサイトになり、Googleからは公認会計士について幅広く情報を提供しているサイトだと認識してもらうことができます。

<よくある質問の例>

  • 報酬はいくらですか?見積もりに料金は発生しますか?
  • 顧問契約は不要で、決算・申告業務のみ依頼することはできますか?

MEO対策も含めて効果的な集客を

公認会計士の集客では、「MEO対策」も併せて行うことが効果的です。MEO対策とは、GoogleやGoogleマップの検索結果で上位に表示させるための対策を指します。

「福岡 公認会計士」の検索結果

Googleで「福岡 公認会計士」と検索すると上記の検索結果となります。キーワードに地域が含まれている場合は、ユーザーが近くの公認会計士事務所を探していることが多く、来店や問い合わせに繋がりやすいキーワードです。

なお、主なMEO対策は下記の2つです。

  • Googleマイビジネスに登録して事務所の情報を充実させる
  • 口コミの数を増やす

具体的には、Googleマイビジネスや口コミに上位表示させたいキーワードを含めることや、口コミを投稿してもらえるようにキャンペーンを実施する等が挙げられます。

MEO対策を駆使しつつ、SEO対策も絡めて、効果的なWeb集客を行っていきましょう。

公認会計士事務所サイトのSEO対策における注意点

公認会計士事務所サイトのSEO対策における注意点として、他のサイトのパクリになるようなコンテンツは投稿しないように気をつけましょう。

競合サイトの調査は重要ですが、コンテンツの内容まで似せてしまうと、Googleからペナルティを受けて検索順位が下がってしまうリスクがあります。

あくまでもオリジナリティのあるコンテンツを制作し、その上でサイトの質を高めていくことが重要です。もし、ペナルティを受けてその状態を放置しておくと、検索結果に表示されなくなる恐れもあるため注意しましょう。

また、Googleでは情報の鮮度を高く評価する傾向にあります。これは「フレッシュネス」と呼ばれるGoogleの評価基準の1つです。定期的にサイトを更新し、常に最新状態を掲載することを心がけてください。

公認会計士事務所のSEO対策における集客事例

SEO対策の例として、横田公認会計事務所の事例をご紹介します。横田公認会計事務所は、大阪で営業してる会計事務所です。※当社の実績ではありません。

会計士のプロフィールや業務内容、料金形態が明確に記載されており、ユーザーにとってわかりやすいサイト構成が特徴です。また、ブログが定期的に更新されており、活動状況の報告やお役立ちコラムが掲載されています。

さらに、「公認会計士事務所 大阪」で検索順位2位を獲得(2022年12月27日現在)しています。月間のアクセス数では、最大で約10倍まで増加(ahrefs調べ)しており、SEO対策によるWeb集客が成功しています。

公認会計士事務所サイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

https://cocol.co.jp/seo/

公認会計士事務所サイトで集客を行うためには、SEO対策が効果的です。外部対策・内部対策・コンテンツ対策をバランスよく実施し、Googleからの評価を高めて検索順位を上げることを意識しましょう。

ただし、SEOの専門知識がないと、せっかく施策を行っても狙った結果が出せないことがあります。

ウェブココル株式会社は、「埼玉 法定監査」「埼玉 会社法監査」「埼玉 学校法人監査」「埼玉 労働組合監査」のような地域名でのSEO対策を得意としています。

SEO対策で安定した集客を行い、広告費を抑えて利益率を高めたい!」という場合は、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングをご検討ください。

少数精鋭のSEOコンサルタントによって真に効果のある施策をご提案し、目的達成へのお手伝いを担当させていただきます。

 

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

チャレンジ地域SEOは「あらゆる事業者の地域集客を最大化させる」をミッションに、独自の地域SEO攻略ノウハウを発信しているメディアです。編集部はウェブココルのSEOコンサルティングチームで構成されています。

目次