ブランドショップがするべきSEO対策を紹介|広告費を抑えながら集客したい人必見

ブランドショップでサイト経由の売上をアップするには、SEO対策が効果的です。

適切な施策を実施することで、広告費を抑えながら効率のよい集客が可能になります。

しかし、どのようなSEO対策を行えばいいのか具体的に理解している方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、ブランドショップが実施すべきSEO対策について具体的に解説しています。ブランドショップのサイト運営者の方はぜひ参考にしてください。

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

ブランドショップにおすすめのSEO対策とは

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジン上で自社サイトを検索上位に表示させて、検索によるユーザーのサイト流入を増やすための施策を指します。

マーケティング手法の1つであり、「問い合わせ数の増加」「商品の申し込み数の増加」などの、サイトが達成したい最終目標につなげることが本質的な目的です。

現在では多くの人がブランドショップを利用する際にインターネットで検索しているため、SEO対策は重要な役割を担っています。

ブランドショップがSEO対策をするメリット

ブランドショップがSEO対策を実施するメリットは、少ない費用で中長期的な集客ができる点です。

サイトをGoogleで上位表示できれば、広告費不要で効率よくサイト集客が可能になります。

一度決定した検索順位は大きく変動することがないため、リスティング広告のように「出資をやめると上位に表示されなくなる」といった心配もありません。

さらに、サイトに訪れるユーザーの多くは、ブランドショップに関するキーワードで検索しています。

そのようなユーザーはブランド物の購入意欲が高いことが多く、検索上位にサイトを表示させられれば見込み客を効率よく集客できる点も魅力的です。

また、サイトを削除しない限りWeb上に残り続けるため、コンテンツが自社にとって資産になります。

ブランドショップにおけるSEO対策のデメリット

ブランドショップにおいてメリットの多いSEO対策ですが、なかにはデメリットも存在しています。

それは、SEO対策を行ってもすぐに効果が出るとは限らない点です。

狙ったキーワードで上位表示されるまで、数ヶ月〜1年近くかかってしまうことも少なくありません。

さらにSEO対策を実施するには専門的な知識が必要なため、業務の片手間ではできない点に要注意です。

想像以上に労力がかかるため、本業がおそろかになってしまうリスクがあります。

ブランドショップにはSEO対策が必要な理由

ブランドショップでSEO対策が必要な理由は、現代では多くの人がインターネット検索を活用して店舗を探しているからです。

SEO対策によって自社サイトが検索上位に表示されれば必然的にアクセス数も増加し、宣伝効果をもたらしてくれます。

また、中長期的な費用対効果が大きい点もSEO対策の強みです。

リスティング広告と比べて結果が現れるまで長期間かかりますが、その代わり運用コストは安価に抑えられます。

ブランドショップの基本的なSEO対策とは

ここでは、ブランドショップの基本的なSEO対策について解説します。

SEO対策を始めようとしている方は、まずは以下の内容から取り組んでみてください。

ユーザーが使いやすく検索エンジンがクロールしやすいHPを作る

ブランドショップのSEO対策では、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても使いやすいホームページを作ることが大切です。

ユーザーに対しては、ブランドショップについての知識や疑問を過不足なく伝えられる記事コンテンツを制作することが欠かせません。

さらに内部リンクを設置し、それぞれの記事をつなげることでユーザーやクローラーがサイト内をすみずみまで巡回しやすくなります。

検索エンジンに対しては、サイト内を巡回して情報を収集する「クロール」を行いやすくなるような構造づくりが必要です。

Googleの検索順位は、クローラーが集めたサイトの情報をもとにアルゴリズムによって決定されます。

検索順位を上げるためには、検索エンジンに対してブランドショップのサイトだと示すための設定を施したり、リンク構造や更新などを意識して最新のサイトだと認識させたりすることが重要です。

出店する地域名をタイトルや見出しに入れ込む

SEO対策においては、記事のタイトルや見出しに出店する地域名を入れ込むことが効果的です。これをローカルSEOと言います。

対策を行うSEOキーワードに地名を入れることで、その地名で検索した際に上位表示されやすくなるといったメリットがあります。

同じブランドショップでも、SEOキーワードに地名が入っていないと検索対象が全国区になるため注意してください

地名は複数入れることも可能ですが、羅列しすぎるとGoogleからスパム判定される場合があるため気をつけましょう。

検索意図が明確なロングテールキーワードで対策し見込み客の獲得を狙う

ブランドショップで見込み顧客の獲得を狙うなら、ロングテールキーワードによる対策が効果的です。

ロングテールキーワードとは、「ブランドショップ 格安 地域名」のように複数のキーワードをかけ合わせた検索キーワードを指します。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ないものの、ユーザーの検索意図が明確になるためコンバージョン率が高い点がメリットです。

特に競合が多いジャンルでは、ロングテールキーワードをうまく活用することで閲覧数アップとコンバージョンの獲得が期待できます。

他社のブランドショップがどんなSEO対策をしているか分析して自社サイトへ落とし込む

SEO対策においては、競合調査を行い、その分析結果を自社サイトへ落とし込むことも必要不可欠です。

他社のブランドショップの戦略や狙っているキーワードを調査し、自社のサイト運営に活かすとよいでしょう。

ただし、王道のキーワードは競合も同じように対策していることが多く、検索上位を獲得するのが難しくなってしまいます。

競合サイトが強力な場合は同じ土俵で戦うのではなく、ロングテールキーワードなどの抜け穴を狙うのが大切です。

ブランドショップに関係する業種から被リンクを獲得する

検索順位を上げるためには、ブランドショップに関する業種からの被リンク獲得もおすすめです。

被リンクとは、他のサイトで自社サイトに向けたリンクを貼ってもらうことを指します。被リンクを多く獲得しているサイトは、Googleから高評価を受けやすくなる点がポイントです。

ただし、ブランドショップと関係のない被リンクや購入した被リンクは、どれだけ集めてもあまり効果が得られません。

競合サイトがどのような被リンクをどの程度獲得しているのか調査し、その差分を埋めるようにすると効果的です。

ブランドショップサイトとしての専門性を突き詰める

Googleから高評価を得るためには、ブランドショップとして専門性の高いサイトを構築することが重要です。

ブランドショップに関する記事を制作し、本数を競合と同程度もしくはそれ以上へ増やすようにしましょう。

もちろんただ量産するだけでなく、情報量を充実させ、読者が知りたいであろう知識を載せて質の高い記事にすることが大切です。

ただし、個人的なブログやブランドショップと関係のない情報を掲載するのは避けてください。

また、どれだけコンテンツがよいサイトでも、立ち上げたばかりのサイトはそもそも評価されないことがあります。

専門性の高い記事を制作しながらサイトを長期間運営し続け、Googleから評価してもらうのを地道に待つことも必要です。

ブランドショップがするべきSEO対策の5つの具体例

ここからは、ブランドショップが実際に行うべき具体的なSEO対策を5つご紹介します。

どれも集客のために効果的な施策ばかりですので、サイト運営者の方はぜひ取り入れてみてください。

ユーザーが見つけやすいように商品ページのカテゴリー分けをする

ユーザーのサイト離脱を防ぐには、ユーザーが見つけやすいように商品ページのカテゴリー分けを行うとよいでしょう。

欲しい商品があっても、なかなか該当ページにたどりつけないとユーザーは諦めて別のサイトへ移ってしまいます。

ユーザーができるだけ少ない労力で目当ての商品にたどり着けるよう、カテゴリー分けで誘導すると効果的です。

その結果、実際の商品購入にもつながりやすくなります。

実際に商品を買った人の口コミを載せる

ブランドショップサイトのSEO対策では、 実際に商品を買った人の口コミを載せるのもおすすめです。

口コミが掲載されていることで、自分が商品を購入する時のイメージが湧きやすくなり、ユーザーに「自分もこの店で商品を買ってみたい」という気持ちを持ってもらいやすくなります。

実際の商品の内容や、店舗スタッフの接客に関する感想などが具体的に紹介されているとなお効果的です。

ただし、口コミの捏造や自作自演は避けましょう。

買った後の手入れ方法や買うまでのお悩みを「よくある質問」で紹介する

サイト内に「よくある質問」コーナーを設置することで、ユーザーにとってより親切な設計になります。

ブランド品に関する不安や疑問点など、ブランドを購入する時にユーザーが気になるポイントをまとめるとよいでしょう。

疑問や悩みが解消されることで、ユーザーが実際の行動に移しやすくなる点もメリットです。

また、よくあるトラブルなど、ブランドショップにとってマイナスとなる部分も丁寧に回答することで、ユーザーに安心と信頼感を与えやすくなります。

会社概要や従業員の紹介ページを作成する

ユーザーからの信頼を得るためには、会社概要や従業員の紹介ページを作成するのもよいでしょう。

特に初めてブランドを購入するユーザーの場合、正規品を適正な価格で購入できるのか不安になることも少なくありません。

会社情報の公開によって透明性が高くなり、ユーザーが不安を感じるのを回避できます。

また、従業員の趣味や座右の銘などを合わせて掲載することで、ユーザーから親しみを持ってもらいやすくなります。

お問い合わせページを設置する

サイトに訪問したユーザーを購入につなげるには、お問い合わせページを設置するとよいでしょう。

ユーザーにとってブランドショップや商品について気になる点があった場合、サイト内に答えがないと他サイトに離脱してしまう可能性があります。

しかし、お問い合わせフォームのリンクがあることで、ユーザーの離脱を防げるうえに購入や資料請求につながりやすくなります。

できるだけ一目でわかる位置に設置すると、より効果的です。

ブランドショップのSEO対策でNGな施策

ブランドショップサイトでSEO対策を実施する場合、他社のサイトをそのまま真似するようなコンテンツは絶対に投稿しないようにしてください。

Googleからコピーコンテンツと認識されてしまうとペナルティを受け、検索順位が大幅に下落するリスクがあります。

また、Googleの評価基準の1つに「フレッシュネス」と呼ばれるものがあり、情報の鮮度を重視しているため、サイトを放置しすぎるのもおすすめできません。

その他にも、口コミを掲載する際は自作自演しないことも大切です。ユーザーからの信頼を失うことにつながってしまいます。

ブランドショップのSEO対策における集客事例|ブランドショップハピネス

ブランドショップ,SEO対策,ブランドショップハピネス
https://www.happiness-d.com/

SEO対策によるブランドショップの集客事例として、ブランドショップハピネスをご紹介します。※当社の実績ではありません。

ブランドショップハピネスでは、「ブランドショップ 福岡」「ブランドショップ 広島」のように実店舗がある地域で検索上位表示を達成しています。ブランドを使用したコーディネート事例を掲載し、実際に商品を購入した際のイメージを持ってもらいやすいように工夫している点が特徴です。

また、スタッフ紹介のページを設けることで、店舗の透明性が高まりユーザーに親近感をいだいてもらいやすくなっています。

ブランドショップのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

ブランドショップ,SEO対策,ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

インターネットが主流の現在では、ブランドショップの集客にはSEO対策が必要不可欠です。

しかし、SEO対策はすぐに結果が出るわけではないうえに専門的な知識が必要になるため、思うような施策が打てないケースも少なくありません。

さらに競合対策も求められるため、本職がおろそかになるリスクも考えられます。

SEO対策でお困りの場合は、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングをご検討ください。

少数精鋭のSEOコンサルタントにより、お客様の実情に合わせて効果が期待できる施策をご提供いたします。

 

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

大島 大地のアバター 大島 大地 取締役

法政大学卒業後、大手メーカー、メディア企業を経てウェブココルへ。自社メディア運営で培った"生きた"SEO対策×海外の最新対策を組み合わせた、他社の追随を許さない施策提供に強みを持つ。

目次