パーソナルジムにおすすめのSEO対策|広告費0円に向けた集客方法を実践

パーソナルトレーニングジムでSEO対策を行う際にできる具体的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリット、注意点を紹介します。SEO対策と一言でいっても、具体的な施策は多岐に渡ります。

パーソナルジムは「地域名+パーソナルジム」や「駅名+パーソナルジム」のようにGoogle検索を通して、比較検討される業界のため、SEO対策の重要性が高い業界です。

また、パーソナルジム経営において広告依存を脱却してSEO集客を実現できれば、経営の安定度が増すだけでなく、複数店舗展開など事業拡大のスピードが変わります。

ただ単にKWを意識したコンテンツを作るだけでは検索上位を獲得する難易度が高いです。上位表示する上で必要となる要素や集客につなげるための工夫を解説します。

ウェブココル株式会社は地域KWに特化したSEO対策コンサルティング会社です。

「渋谷 パーソナルジム」「大阪 パーソナルジム 女性向け」「大宮 ボディメイク」のような地域名や駅名でのSEO対策を得意としている当社が解説します。

「いち早く、パーソナルジムのSEO集客を実現したい!」という会社様はお問い合わせしてください。

〈大好評につき枠制限中〉

"無料"の域を超えたSEO診断やっています。

SEOで結果を出す最短の道はプロに相談

目次

パーソナルジム経営におけるSEO対策の目的

パーソナルジム経営におけるSEO対策の目的は、顧客1人あたりの獲得単価を抑えた集客を実現するためです。新規参入が多いパーソナルジムにおける広告費は高騰傾向にあります。

そのため、既定事実として、将来的には現在の広告出稿の費用対効果が悪くなります。

大手〜個人経営まで規模を問わず、全国のパーソナルジムでSEO集客をすることは経営の安定度に直結するため重要度が高いです。Google広告やFacebook広告などで一定の利益が出たら、将来のためにSEO集客へ投資しましょう。

パーソナルジムサイトのSEO対策におけるメリット・効果

パーソナルジムサイトでSEO対策におけるメリットは3つです。

  • 広告費をかけない中長期的な集客が可能
  • シムへの興味や関心の高いユーザーを集客可能
  • 集客経路の幅が広がる

特に、SEOの大きな特徴として、費用のかからない集客を実現できることがメリットとなります。

例えば、「吹田駅(大阪) パーソナルジム」のような自社の集客地域のKWで検索結果の1ページ目に表示することができれば、多くの人の目に止まります。その結果、広告費をかけることなく長期的にパーソナルジムへの集客が可能となります。

一度、店舗の商圏エリアの地域名キーワードで検索上位リスティング広告などのように費用が継続的に発生することはありません。また、SEOの特性上、ドメインをきちんと育てることが出来れば検索順位が大きく変動することは少ないため、長期的なサイト集客が可能です。

そのため、狙いたい商圏のターゲットに対して効果的にパーソナルジムを宣伝できる点も魅力のひとつです。

パーソナルジムサイトのSEO対策におけるデメリット

SEO対策を行うデメリットとして、知識やスキルが必要です。初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性があります。確実にSEO対策を行って、検索上位を獲得できる保証はありません。

また広告の場合、費用をかけることですぐに検索結果の1ページ目に表示させることができますが、SEOの場合狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかります。そのため、SEOに取り組む際は、長期的な視点を持って取り組んでいくことが必要不可欠です。

その他のデメリットとして、動画や記事などのコンテンツ制作に時間を取られてしまい、経営者として取り組まなければいけない本業に支障をきたす恐れもあります。

パーソナルジムサイトの基本的なSEO対策

ここでは、パーソナルジムのオウンドメディアによるSEO対策をご紹介します。

サイトを検索上位に表示させるうえで最低限必要な要素になるため、実際にできているか確認してみてください。

内部・外部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

Googleにおける検索結果の表示順は、Googleが定めるアルゴリズムによって決まります。そのため、SEO対策はGoogleからの評価を高めるための対策とも言えます。

内部対策とは、Googleからの評価を高めるための対策です。具体的には以下のような施策が該当します。

内部対策具体的な施策
クローラビリティサイトマップや内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでサイトの表示速度を上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

外部対策とは、ドメインやコンテンツ単位で高い評価を得られるサイトを作成し、被リンクを獲得することでドメインパワーを高めることを指します。

SEO対策においては、内部対策と外部対策の両方を実施し、ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすいサイトを構築することが重要です。

コンテンツ対策とは、ユーザーの検索意図を把握した良質な記事コンテンツを制作することで、Googleから高い評価を得られるようになります。その結果、検索結果で上位表示されるようになり、より多くの流入を得ることが可能です。

また、E-E-A-Tを意識したコンテンツ作成も重要です。

E-E-A-Tとは

E-E-A-Tは下記を意識すると良いでしょう。

E-E-A-T意味高める方法
Experience経験・実体験豊富な人が作成する
Expertise専門性・ジャンルを特化する
・コンテンツの専門性を高める
・専門家へのインタビューを掲載する
・体験談など一次情報を発信する
・編集ポリシーを掲載する
Authoritativeness権威性・専門家の監修を入れる
・良質な被リンクを増やす
・サイテーションを獲得する
Trustworthiness信頼性・運営者情報を記載する
・公開日と更新日を記載する
・情報を定期的にアップデートする
・信頼性が高いサイト(政府・自治体など)の情報を引用する

「エリア名×パーソナルジム」で上位表示を狙うためのSEO対策をする 

基本的に、パーソナルジムに興味がある方は自宅や職場の近隣で探すことが一般的です。

「エリア名×パーソナルジム」で上位表示を狙うことで、そのエリアに住んでいる方からの検索に引っかかる必要があります。

そのためにもキーワード選定を工夫し、質の高いコンテンツを制作しましょう。

具体的な施策については以下の項目で解説します。

パーソナルジムサイトがSEOで上位表示するための具体的な施策6選

ここでは、パーソナルジムサイトが上位表示されるための具体的なSEO施策を6つご紹介します。

サイト運営者の方はぜひ実践してみてください。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

パーソナルジムサイトでは「エリア名×パーソナルジム」で検索上位表示を狙うことが重要ですが、最初から全国や都道府県単位での集客を狙わないことをおすすめします。

最初のうちは「〇〇市+パーソナルジム」といった市や町単位での上位表示化を狙うとよいでしょう。

その理由として、広い範囲よりも限定された地域の方が競合が少ないため、検索順位が上がるまで時間がかかりにくい点が挙げられます。

さらに、ユーザーも自分の家や職場から近いパーソナルジムに興味関心があることから、問い合わせにつながりやすい点もメリットです。

1つの地域だけでも対策が必要なキーワードが多いため、まずは「エリア名×パーソナルジム」へ注力することで十分効果が期待できます。

パーソナルジム名で上位表示されるよう対策する

「地域名+パーソナルジム」で検索順位を上げることは重要ですが、それだけではどのパーソナルジムか区別がつかなくなってしまいます。

パーソナルジム名でも上位表示されるためには、指名検索を多く獲得することが必要です。

指名検索とはパーソナルジム名で直接検索が行われることで、Googleからの評価にもつながります。

具体的な施策としては、パーソナルジム名をタイトルタグに入れたり、パンくずリストやページ内リンクでトップページへのリンクをつなぐ際にアンカーテキストに含ませたりすることが挙げられます。

これらの施策は、指名検索の増加だけでなく、ジムの認知度向上にも効果的です。

自分のパーソナルジムの特徴となるキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

SEO対策においては、キーワード選定が大切になります。

自分のパーソナルジムの特徴を入れ込んだうえで、流入を得るためのキーワードと問い合わせを狙うためのキーワードに分けて記事を制作することがおすすめです。

キーワードの種類キーワード例
流入を得るためのキーワードパーソナルジム 効果
パーソナルジム 価格
相場代謝 上がらない
問い合わせを狙うためのキーワード地域名 パーソナルジム
地域名 ダイエット
地域名 筋トレ
パーソナルジム 脚痩せ
パーソナルジム 個別

流入を得るためには、ダイエット用語やジムに関する疑問を解消するキーワードで記事を作成しましょう。

ただし、記事の内容によっては、YMYLと呼ばれるユーザーの健康や金銭に大きな影響を与えるジャンルに該当する場合があるので注意してください。

問い合わせを狙うためには、地域名と組み合わせたキーワードで記事を作成することになります。

しかし、単純に「地域名×パーソナルジム」だけでは、大手ジムやアフィリエイトサイトに勝てないケースも少なくありません。

そこで、「地域名×女性専門×パーソナルジム」のような3語以上を組み合わせたロングテールキーワードを使い、よりターゲットをはっきりさせてコンテンツ制作を行うのも有効な手段です。

読者を想定したコンテンツ内容にする

コンテンツの内容は、Googleだけでなく読者にとってもわかりやすいものでなければいけません。

パーソナルジムサイトの主な読者は、ジムへの入会検討者です。

そのため、サイトを見てパーソナルジムの全体像を把握できるように、価格・得られる効果の目安・実際のトレーニング内容・ジムの雰囲気などを掲載するとよいでしょう。

入会後のイメージがしやすくなり、問い合わせ増加にもつながりやすくなります。

パーソナルジムサイトとしての専門性を高める

パーソナルジムサイトとして専門性を高めることで、検索結果での上位表示が期待できます。

そのために、記事の本数をできるだけ増やすことがおすすめです。競合サイトと同程度か、それ以上に増やすとよいでしょう。

Googleから評価されるには、ただ記事を量産するだけでなく、質を向上させることが求められます。記事内の情報量を充実させ、読者が知りたいであろう知識を載せるようにしましょう。

また、サイトの運営期間が短いと、どれだけコンテンツが良くてもそもそもGoogleから評価してもらえないことがあります。

高品質な記事を更新しつつ、長期間サイトを運営し続けることも重要です。

運動や健康関連の被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

SEO対策において被リンクは重要な要素ですが、パーソナルジムと関係のない被リンクは数を集めてもあまり意味がありません。

ダイエットや運動、健康など、できるだけ関連性が高いサイトからの被リンクを集め、サイトパワーを向上させましょう。

また、競合に勝つためには、他サイトがどのような被リンクをどの程度獲得しているのかを調査し、差分を埋めることが必要です。

SEO対策に必須のパーソナルジム案内コンテンツ5選

SEOを活用して集客を行うなら、サイトの案内コンテンツを充実させる必要があります。

ユーザーが気になる内容を取り入れたコンテンツを用意することが大切です。

ここでは、パーソナルジムに必須のコンテンツを5つご紹介します。

入会検討中のサイト初訪問の方へ向けたページ

パーソナルジムに初めて訪問した方に向けて、案内ページを用意しましょう。

ジムの場所やアクセスといった基本的な情報や、他のジムと何が違うかなどを記載することで、このパーソナルジムが自分に合うかどうかを判断してもらいやすくなります。

入会検討中の方への最終的なアプローチにも効果的です。

トレーニングの成果や実績などまとめたページ

トレーニングの成果や実績などをまとめたページを用意すると、サイトに訪問したユーザーが「このパーソナルジムでトレーニングするとどう変わるのか」を想像しやすくなります。

自分にも再現性があると感じてもらえると入会につながりやすいため、体型別・年齢別での実績を紹介するとよいでしょう。

ただし、トレーニングの成果には個人差がある旨を忘れずに記載しておきましょう。

トレーナーの紹介ページ

「どんなトレーナーが指導してくれるのか」を紹介することで、ユーザーがパーソナルジムに対して安心感を抱きやすくなります。

入会後のイメージが湧きやすいのもメリットのひとつです。

また「この人に指導してもらいたい」といった理由で入会希望者が現れる場合もあります。

経歴や資格など、権威性や信頼性を感じてもらえるようなものがあれば、なお良いでしょう。

ジムの施設紹介ページ

パーソナルジムへの入会を希望しているユーザーでも、施設の様子がわからないと申し込みを躊躇してしまうことも少なくありません。

ジム施設の全体や各トレーニング器具などの紹介ページを用意し、写真を多く掲載するとよいでしょう。

また、施設紹介ページを設けることで、他のジムとの比較もしやすくなるといったメリットが生まれます。

Web予約ページ

Web予約ページを設置することで、パーソナルジムサイトに訪れたユーザーが気軽に申し込みしやすくなります。

入会・見学の予約申し込みページを作成した後は「このページへ」と表記した内部リンクボタンを各記事へ設置しましょう。

ユーザーへ予約ページへの動線をわかりやすく示すことで、記事コンテンツ経由での申し込み増加を狙えます。

パーソナルジムサイトのSEO対策における注意点

パーソナルジムサイトのSEO対策における注意点として、他の競合サイトのパクリになるようなコンテンツの投稿や自演リンクなどをしないように気をつけましょう。

Googleからの評価を落とし、最悪の場合ペナルティを受けることもあります。検索順位が大幅に下落し、再び検索上位表示されないこともあるため注意してください。

パーソナルジムサイトとしての評判にも影響するため、あくまでもオリジナルのコンテンツのライティングをするようにしましょう。

また、定期的にサイトを更新することも重要です。

Googleの評価基準のひとつとして、情報の鮮度を表すフレッシュネス指標が存在しています。

最新情報を常に掲載しておくことで、ユーザーの役に立つだけでなく、検索順位を上げることにもつながります。

パーソナルジムのSEO対策における集客事例|どこでもフィット

パーソナルジム,SEO対策,どこでもフィット
https://dokodemofit.com/

パーソナルジムのSEO対策における集客事例として、大阪のパーソナルトレーニングジム「どこでもフィット」をご紹介します。※当社の実績ではありません。

どこでもフィットでは、筋肉の各部位や自宅でできるストレッチ法などのキーワードで記事を作成することで、サイトを上位表示させることに成功しました。

フィットネストレーナーの小林素明です。

下腿三頭筋は、ふくらはぎの筋肉で腓腹筋、ヒラメ筋の2つの筋肉から構成されています。この下腿三頭筋は、姿勢を保持したり、歩行や階段、スポーツのパフォーマンスに役立ちます。また、ふくらはぎは「第2の心臓」と言われ、足の血行促進の役割を下腿三頭筋が担っています。

では、下腿三頭筋とはどんな筋肉なのか? 鍛えるメリットは何か? 安全で効果的に鍛える方法は?を順番に話します。

下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋)ふくらはぎ 筋肉のしくみ(解剖学)と効果的な筋トレ法、柔軟ストレッチの方法 YouTube動画あり

サイト全体で月に約500〜1,000程度の流入があり、オウンドメディア集客を実現しています。

パーソナルジムサイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

パーソナルジム,SEO対策,ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

パーソナルジムサイトで集客を行うには、SEO対策が欠かせません。SEOを意識したサイトづくりを行うことで検索結果で上位表示されるようになり、より多くの流入を見込めます。

しかし、SEO対策の中には初心者には難しいものも少なくなく、パーソナルジムの運営と両立させるのは容易ではありません。

パーソナルジムサイトのSEO対策でお困りの方は、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングをご検討ください。少数精鋭のSEOコンサルタントにより、本当に効果のある施策をご提供いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください

業界別で探す

不動産 リフォーム会社 工務店 建設業 賃貸アパート クリニック・病院 美容皮膚科 歯科医院 介護施設 エステサロン パーソナルジム 税理士・会計士弁護士 社労士 弁理士 司法書士 行政書士 ホテル ペットショップ ハウスクリーニング 鍼灸院 整骨院 結婚式場 結婚相談所 学習塾・予備校 買取会社 ブランドショップ

 

で、検索順位の停滞から脱却しませんか?

「SEO対策で順位が上がらない」
「既存のSEO会社の結果がイマイチ」
「SEO対策が売上に直結していない」

このようなお悩みはありませんか?

ウェブココルは
「地域キーワード特化」
×
「メディアで効果立証済みの最先端SEO」
×
「高い実力のコンサルタント」

で売上に直結するSEO対策を実践します。

著者

チャレンジ地域SEOは「あらゆる事業者の地域集客を最大化させる」をミッションに、独自の地域SEO攻略ノウハウを発信しているメディアです。編集部はウェブココルのSEOコンサルティングチームで構成されています。

目次