SEOコンサルティングの詳細を見る

行政書士におすすめのSEO対策6選|掲載コンテンツや集客の例をあげて紹介

行政書士サイトでSEO対策を行うにあたり、効果的な施策やSEO対策を行うメリット・デメリットや注意点を解説します。

ユーザーが行政書士へ仕事を依頼する場合、Googleで「地域名 公正証書 作成代行」「地域名 内容証明 作成代行」のように検索する場合が非常に多いです。そのため、自社の行政書士サイトが検索結果の上位に表示されると問い合わせや依頼件数がアップします。

検索結果の上位に表示されるためには、ユーザーが求めている情報を汲み取り、検索するであろうキーワードを意識したページ作りが重要です。

しかし、ただ闇雲に記事を増やしたり、書籍やネット上で紹介されているSEO対策だけでは、上位表示を獲得することが困難になりました。なぜなら、近年のSEO対策は年々複雑化しており、専門のSEO対策業社でなければ最新のSEO対策が実施できないからです。

今回は、行政書士のWebサイトの運営を担当されている方向けに、SEO対策のなかでも「まずは押えておきたい簡単なSEO対策」を紹介します。

本記事は、「地域名+依頼内容」のSEO対策を得意としているSEOコンサルティング会社が紹介します。「仙台市 公正証書 作成代行」「長崎市 公正証書 作成代行」「岐阜市 公正証書 作成代行」といった、問い合わせや依頼に直結するキーワードでの集客はお任せください。

問い合わせや依頼件数を増やし、長期間にわたって安定した集客を実現したい方は、お気軽にウェブココル株式会社までご連絡ください。

※ 「地域名+依頼内容」のSEO対策は、1地域につき1社限定となりますので、お早めにお問い合わせください。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

行政書士がSEO対策を行う目的

行政書士がSEO対策を行う目的

行政書士事務所のサイトがSEO対策を行う目的は、検索結果で自社サイトを上位表示させることです。(上位表示させる方法はこちら

検索結果で上位表示されることで自社サイトへの流入数が増加し、それに伴って依頼件数や問い合わせ件数の増加が期待できます。

自社サイトを上位表示させるためには、コンテンツ対策、内部対策、外部対策など、さまざまなSEO対策をしなければ上位表示させるのは困難です。一方で、上位表示を維持することができれば、長期間にわたって安定した集客が可能になります。

行政書士のSEO対策におけるメリット・効果

行政書士事務所サイトがSEO対策を行うメリットは下記の3つです。

  • リスティング広告等に比べて、中長期的に費用効果が高く、広告費を削減することができる
  • 上位表示を継続させることで、安定した集客が可能になる
  • 潜在層へアプローチすることが可能になり、今まで獲得できていなかった顧客層を獲得できる

例えば、「内容証明 書き方」というキーワードは月間で5,800回検索(2023年1月18日現在)されています。上位表示されれば、「内容証明 書き方」に興味・関心が高いユーザーにアプローチすることが可能になり、広告費をかけずに安定して自社サイトへの集客が可能です。

リスティング広告などの広告集客の場合、支払う広告費の範囲内でしか集客ができないというデメリットがあります。また、競合の参入が進むにつれてクリック単価が高騰するため、利益率が低下するという特徴もあります。

しかし、SEO対策の場合は、一度コンテンツを公開するとWeb上に残り続けるため、サイトを運営している限り集客することが可能です。

杉岡 玲生

弊社が担当させていただいたお客さまのサイトでは、「東京 絵画買取」のキーワードで上位表示された結果、2年ほど上位表示が継続できており、安定した集客が実現しております。

また、見込み客の獲得にもつながる点もSEO対策の強みです。行政書士に関連するキーワードで検索結果の上位に表示させることができれば、自事務所サイトへの流入が増え、潜在層へのアプローチが可能となり、新しい領域の顧客層を獲得することにも繋がります。

キーワードとしては、「飲食店営業許可申請 必要書類」「車庫証明 取り方」「定款作成」等が挙げられます。

行政書士のSEO対策におけるデメリット

SEO対策のデメリットとしては下記の3つです。

  • 上位表示できる保証がない
  • 短期間で成果を出すのは困難
  • 常に最新のSEO対策を実践する必要がある

SEO対策を行ったからといって、必ずしも上位表示できる保証はありません。もし、上位表示ができなかった場合は、SEO対策に費やした人件費やリソースが無駄になってしまいます。

また、SEO対策の効果が現れるのは半年〜1年以上はかかるといわれており、定期的にコンテンツを作成するなど地道な努力が必要となります。一方で、サイトが育ちユーザーやGoogleからの評価が高まると、上位表示を継続されやすくなり、安定した集客が可能となります。

SEO対策では、常に最新のSEO対策を実践することも重要です。Googleでは、検索順位を決めるにあたって使用しているアルゴリズムのアップデートを頻繁に行っています。そのため、常に効果的な施策を模索し、実践していくことが重要です。

行政書士の基本的なSEO対策

ここでは、行政書士サイトにおける基本的なSEO対策について解説します。

SEO対策を行う上での基本的な要素を取り上げますので、自社サイトで実践できているか確認してみてください。

外部・内部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトを構築する

内部対策・外部対策・コンテンツ

SEO対策においては、内部対策・外部対策・コンテンツ対策をバランスよく実施することが必要です。(内部対策の詳細はこちら外部対策の詳細はこちら。)

外部対策は外部からの評価を高めるための施策、内部対策はサイトの内部を改善するための施策、コンテンツ対策はユーザーが求めている情報を記事として作成し、自社サイトへの流入を増加させることを指します。

具体的な施策は下記の通りです。

Googleからの評価を高めるための対策
内部対策・サイトマップ(HTML・XML)や内部リンクの設置などを通してクローラーの巡回を促す。(サイトマップの詳細はこちら内部リンクの詳細はこちら。)
・構造化マークアップやパンくずリストの作成などを通してページやサイト単位での構造化を行う。(パンくずリストの詳細はこちら
・画像のサイズを圧縮するなど、ページスピードを上げユーザビリティを向上させる。(ページスピードを上げる方法はこちら
・モバイル端末でWebサイトを表示させる際に最適化する。
・TOPページはユーザーが求めている情報に辿り着きやすい構造にする。
外部対策・セミナーを開催して被リンクを獲得し、サイトパワーを高める。(被リンクを増やす方法はこちらサイトパワーを高める方法はこちら。)
・グループ会社や知人の公認会計士事務所、司法書士事務所からリンクを掲載してもらう。
コンテンツ対策・ユーザーの検索意図を踏まえた良質な記事コンテンツを制作する。
・コンテンツはカテゴリーを分けて作成する(「ビザ」「相続」「建設業」等)

この3つの対策に加えて、E-E-A-Tを意識したコンテンツを制作するとよいでしょう。

E-E-A-Tとは

E-E-A-Tとは、経験(Experience)・専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)を表す言葉で、Googleでも重視されている要素です。

E-E-A-Tを高める方法として、一次情報を提供する・専門家に監修を依頼するなどの施策が挙げられます。

杉岡 玲生

2022年12月、Googleは従来の指標であったE-A-Tに加えて、Experience(経験)を追加しました。より発信者が誰か、どんな経験をした人かが重要視されるようになっていくでしょう。

Googleから高い評価を得ることで検索結果での上位表示化を達成し、多くの流入を得ることができるようになります。

「エリア名×行政書士」「エリア名×依頼内容」で上位表示を狙うためのSEO対策

行政書士事務所サイトにおいては、「エリア名×行政書士」「エリア名×依頼内容」のキーワードで上位表示を狙うためのSEO対策を行いましょう。

基本的に特定の地域の行政書士を探す人が多いため、「エリア名×行政書士」「エリア名×依頼内容」で上位表示されれば自然とユーザーの目に止まりやすくなります。

その結果、クリック率が高くなり、サイトへの流入を増やすことが可能です。具体的な施策については、以下の項目で解説します。

行政書士がSEOで上位表示するための具体的な施策6選

ここでは、行政書士事務所サイトを検索結果で上位表示させるための具体的なSEO対策を6つご紹介します。

どれも重要な施策ばかりのため、1つずつ実践していくとよいでしょう。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

サイトを立ち上げたばかりの段階では、「〇〇市×公正証書作成」といった市や町単位でのキーワードで対策を行うとよいでしょう。

「エリア名×公正証書作成」のキーワードで上位表示を目指す際は、最初から全国や都道府県単位での集客を狙わないことをおすすめします。

限定された地域の方がより競合が少ないため、上位表示できるまで時間がかかりにくい傾向にあります。

ユーザーも特定の地域で検索することが多く、問い合わせにつながりやすい点もポイントです。

1つの地域だけでも対策すべきキーワードはたくさんあるので、まずはそこへ注力するようにしてください。

限定した地域で上位表示ができるようになったら都道府県単位での表示を狙うなど、状況に合わせて少しずつ拡大していきましょう。

行政書士名で上位表示されるよう対策する

SEO対策による集客を成功させるためには、行政書士名による検索結果でも上位に表示されるように対策を行うことが大切です。

記事を作成する際や、パンくずリスト・内部リンクでトップページへのリンクを設置する際に、タイトルタグやテキストに行政書士名を含めましょう。

行政書士名で上位表示されると、ユーザーの目に触れる機会が多くなり、認知度アップや指名検索も期待できます。

杉岡 玲生

指名検索とは、会社名や商品名などの固有名詞で検索されることを指します。

行政書士関連のキーワードで流入や問い合わせを得るための記事を制作する

記事を制作する際は、キーワード選定が非常に重要です。闇雲に記事数を増やすのではなく、適切にキーワードを選定し、効率良く上位表示されるように目指しましょう。

その際、「流入を得るためのキーワード」と「問い合わせを狙うためのキーワード」に狙いを分けて対策すると効果的です。

キーワードの種類キーワード例
流入を得るためのキーワード法人設立 流れ
車庫証明 取り方
飲食店営業許可申請 必要書類
建設業許可申請 費用
問い合わせを狙うためのキーワード地域名 公正証書 代行
地域名 内容証明 代行
地域名 定款作成
地域名 行政書士事務所
地域名 行政書士 おすすめ
地域名 行政書士 実績

読者を想定したコンテンツ内容にする

記事を制作する際は、読者がどのようなことを知りたいかを想定した上でコンテンツ内容を決定するとよいでしょう。

例えば、「飲食店営業許可申請 必要書類」に関する記事を制作する場合は、必要書類を紹介するだけでなく、その必要書類はどこで入手できるか、必要書類を入手できない場合の対応方法等、読者にとって有益な情報を紹介しましょう。

行政書士サイトとしての専門性を高める

Googleの検索結果で上位表示させるためには、サイトの専門性を高めることが重要です。専門性の高いサイトはGoogleから評価されるだけでなく、ユーザーからの信頼を得やすくなります。

記事本数を最低でも競合サイトと同程度もしくはそれ以上へ増やすことが必要です。ただ記事を増やすだけでなく、読者が知りたいであろう知識を載せ、記事内容の情報量を充実させることが求められます。

定期的に記事を更新しながら、サイトを長期間運営することも大切です。どれほど良いコンテンツでも、立ち上げて間もないサイトはなかなか上位表示されません。記事の質を高めながら、長期的な視線でSEO対策に取り組んでいくとよいでしょう。

また、専門性を高める施策として、コンテンツ内にコンテンツ作成者の氏名・顔写真などを掲載して誰が作成したのか明確にするとともに、コンテンツ作成者の保有資格・実績・経歴を掲載することが効果的です。

杉岡 玲生

先ほどの「E-E-A-T」の箇所で紹介した、「一次情報を提供する」「専門家に監修を依頼する」を行うことで、専門性を高めることに繋がります。

他の士業や企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

サイトパワーを向上させるためには、他サイトから自サイトへの被リンク獲得が効果的です。サイトパワーを高めることで、検索結果で上位表示されやすくなります。

行政書士ブログ等で読者に有益な情報を発信し、被リンクを得られるような施策を行いましょう。

ただし、行政書士事務所と関係のない被リンクは、たくさん集めてもあまり効果がありません。可能であれば、他の士業や依頼を受けた企業からリンクを掲載してもらうことをおすすめします。

また、競合サイトがどのようなリンクをどの程度獲得しているのかを調査し、自サイトとの差分を埋めることが大切です。

SEO対策に必須の行政書士案内コンテンツ7選

行政書士サイトで集客を行うためには、ユーザーが気になる内容を含んだコンテンツやサジェストキーワードからの流入を狙うことが大切です。

杉岡 玲生

サジェストキーワードとは、Googleの検索窓でキーワードを入力した際に表示されるキーワードを指します。

ここでは、SEO対策において必須の行政書士案内コンテンツを5つご紹介します。

行政書士を利用したお客様の声

行政書士事務所への問い合わせを増加させるためには、行政書士を利用したお客様の声を載せるとよいでしょう。

「お客様の声」の中で、実際に依頼を受けた業務内容や感想などを具体的に紹介するとより効果的です。

コンテンツを見たユーザーに「この行政書士なら信用できそう」「安心して仕事を任せられそう」と思ってもらうことで、行政書士への信頼感や安心感が高まり、問い合わせにつながりやすくなります。

プレスリリースの配信

行政書士を利用したお客様の声やクラウドワークスから行政書士に関するアンケートを取得して、プレスリリースを配信するとよいでしょう。

有益な内容であれば、Twitterやネット上で拡散され、被リンクを獲得することができます。被リンクを獲得することでサイトのドメインパワーを向上させることができます。その結果、自社サイトが上位表示されやすくなります。

また、より多くの人の目に自事務所の名前を見てもらうことで、認知度向上や指名検索の増加に繋がります。

業務内容と料金表ページ

行政書士事務所サイトには、担当している業務内容と料金表ページを必ず掲載しましょう。

行政書士事務所への依頼を検討しているユーザーは、この行政書士がどのような業務に対応しているのか・依頼するのにいくらかかるのかを知りたいと考えています。

サイトに業務内容や料金相場まで詳細に記載することで、ユーザーのニーズを満たせるだけでなく、実際に行政書士事務所へ依頼した際のイメージを持ってもらいやすくなります。

行政書士事務所のスタッフ紹介ページ

行政書士事務所に依頼を検討している方の中には、行政書士やスタッフの人柄や相性を重視しているケースも少なくありません。

行政書士事務所サイトにスタッフ紹介ページを載せることで、ユーザーに安心感を与え「この人なら依頼してみたい」と思ってもらいやすくなります。

行政書士の経歴やこれまでの実績等を掲載するとよいでしょう。可能であれば、行政書士の顔写真や事務所の風景も掲載しましょう。

お問い合わせページ

行政書士への問い合わせは、電話やメールだけでなくサイト経由で行われることも少なくありません。サイトにお問い合わせページがないと、期待損失につながってしまいます。

ユーザーが依頼や相談を検討した際にすぐに問い合わせできるよう、サイト内の一目でわかる位置にお問い合わせのフォームリンクを設置しておきましょう。

またフォームリンクを作成する時は、入力項目を最低限に抑えるなど、ユーザーが入力しやすいように心がけてください。

よくある質問ページ

日常業務を行っていく上で、お客さまからの質問事項はメモに残しておきましょう。

問い合わせが多い質問事項については「よくある質問」として自事務所のサイトに掲載することで、お客さまの安心感向上に繋がります。Googleからは、行政書士に関して幅広く情報を掲載しているサイトであると認識され、SEO評価が高まり、上位表示されやすくなります。

指名検索などでSEOの効果の最大化を図るために主要SNSは実名で登録する

行政書士を始めとする士業の業務では、個人名での集客も非常に重要です。

知名度を上げるためにも、Twitter・Facebook・LinkedIn・noteといった主要SNSは実名で登録するようにしましょう。

自分の名前を知ってもらうことで、指名検索にも繋がります。Googleは指名検索が多いサイトを高く評価する傾向にあり、結果として上位表示されやすくなります。

MEO対策も絡めて効果的な集客を

行政書士の集客には「MEO対策」も効果的です。MEOとは、GoogleやGoogleマップの検索結果(地図の部分)において上位表示させることです。

福岡市 行政書士の検索結果画面

Googleで「福岡市 行政書士」と検索すると、上記の検索結果が表示されます。「地域名+行政書士」のように、キーワードに「地域名」が入っている場合は、近くの行政書士事務所に行きたいという検索意図が含まれていることが多く、来店や問い合わせに繋がりやすいキーワードです。

主なMEO対策は下記の2つです。

  • 「Googleビジネスプロフィール」を充実させる
  • 多くの口コミを獲得できるような施策を行う

具体的には、複数の画像掲載や営業時間の情報を常に最新状態にする等が挙げれれます。口コミ対策としては、行政書士事務所を利用したお客さまに口コミを依頼するとよいでしょう。

行政書士サイトのSEO対策における注意点

行政書士サイトでSEO対策を行う際は、他のサイトのパクリになるようなコンテンツは投稿しないように気をつけましょう。

他サイトを真似したコンテンツはGoogleからの評価が下がるだけでなく、ペナルティとして検索順位が大幅に下落してしまうリスクがあります。ユーザーからの信頼も失いかねないため、あくまでオリジナルのコンテンツを制作するようにしてください。

もし、Googleからペナルティを受けてその状態を放置しておくと、検索結果に表示されなくなる恐れもあるため、注意してください。

また、Googleでは「フレッシュネス」と呼ばれる評価基準を採用しており、新しい情報を上位表示させる傾向にあります。フレッシュネスを高めるためにも、行政書士サイトを定期的に更新し、常に最新情報を掲載するように心がけましょう。

行政書士サイトのSEO対策における集客事例|広島遺産相続あんしん相談プラザ

広島遺産相続あんしん相談プラザのHPの一部キャプチャ
https://h-life.jp/

SEO対策によって集客に成功した事例として、広島にある「広島遺産相続あんしん相談プラザ」をご紹介します。
※当社の実績ではありません。

広島遺産相続あんしん相談プラザは、「相続相談事例」「お客さまの声」「明確な料金表」等を設置しており、ユーザーにとってわかりやすいサイト構成になっています。

また、「広島 行政書士」では検索結果2位を獲得(2022年12月27日現在)しています。月間のアクセス数では、最大で約8倍まで増加(ahrefs調べ)しており、SEO対策によるWeb集客が成功している事例です。

SEO対策の成功事例サイトの選定方法はこちら

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合、施策内容によって発生する費用は異なります。

そのため、SEO対策を依頼する目的や、SEO対策によって得たい成果をはっきりさせた上で選ぶことが大切になります。

一般的な費用相場は以下の通りです。

対策項目価格目的概要支払い方法
SEOコンサルティング25〜50万円/月
記事数が多いサイトは月100万円を超える場合もある
サイトの企画からコンテンツ作成まで、一貫したSEO対策の実施調査分析企画コンテンツ作成やライティングの指示・指導月額払い
初期サイト設計10万円〜100万円以上SEO効果の高いサイトのスムーズな立ち上げ調査分析企画一括支払い
記事コンテンツ制作3万円/記事
月に5本〜で受ける業者が多い
記事の作成によるアクセス数の増加記事の作成一括支払い
月額払い
内部対策10万円〜20万円サイトの構造を見直してサイトの評価を高めるサイト構造最適化や内部リンクの改善、見出しやタグの最適化を行う月額払い
外部対策1万円〜15万円外部からの評価を集めることでサイトの価値を高める外部のサイトから被リンクを獲得する一括支払い
月額払い

ホームページ制作からその後の運用まで一貫して依頼すると、その分高額の費用が発生します。

その代わり、SEO業者も効率よくノウハウを注ぎやすいため、すぐに結果が出やすい点がメリットです。

ただし、検索順位をすぐに上げたいからといって、外部施策を外注するのはあまりおすすめできません。

被リンクの購入はGoogleで禁止されていないものの、違反性が認められるとペナルティを受けるリスクがあります。

検索順位にも大きく影響してしまうため、十分に注意してください。

行政書士サイトのSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

ウェブココル株式会社
https://cocol.co.jp/seo/

行政書士事務所サイトでSEO対策を行うことにより、問い合わせ件数や依頼件数の増加が期待できます。外部対策・内部対策・コンテンツ対策の3つの観点から施策を実行し、検索結果で上位表示を狙いましょう。(外部対策の詳細はこちら内部対策の詳細はこちら。)

しかし、本記事で紹介したSEO対策はあくまで基本的な内容となります。これらの内容だけでは上位表示を獲得することは困難な場合が多いです。

ウェブココル株式会社は「仙台市 公正証書 作成代行」「長崎市 公正証書 作成代行」「岐阜市 公正証書 作成代行」のような地域名でのSEO対策を得意としています。

SEO対策で安定した集客を行い、広告費を抑えて利益率を高めたい!」とお考えの場合は、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングをご検討ください。現在の課題や今後の目標を踏まえ、真に成果を発揮できる施策をご提案いたします。

参考文献
行政書士 東京中央法務オフィス
労働トラブル解決センター

SEO対策の無料相談|ウェブココル株式会社
  • SEOコンサルが無料相談を実施中!実績多数のウェブココル株式会社がサイトの悩みや順位の上げ方を1ヶ月5社限定でフィードバックします。
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次