SEOコンサルティングの詳細を見る

リフォーム会社がSEO対策で売上UPする方法を紹介

リフォーム会社への施工依頼は、サイトの問い合わせフォーム経由で相談する方法が一般的になりました。

SEO対策を用いて自社のサイトを上位表示化できれば、サイトの流入数だけでなく売上・問い合わせ件数を増加させることが可能です。しかし、SEO対策とひと口に言ってもさまざまな施策があるため、適切な施策が打てなければ自社サイトの検索順位を上げることは難しくなります。

この記事では、SEO対策の基本情報からリフォーム会社に効果的な基本的なSEO対策、具体的な施策例、集客事例までを解説します。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
目次

杉岡 玲生 代表取締役社長
得意領域 地域×業種名の集客 / メディア構築

A8.net国内報酬月間ランキング1位を達成後、SEO会社を起業。 机上の空論でない、現場で結果を出し続けるSEOコンサルティングが強み。得意領域は店舗向けの地域KWでの検索順位UPおよびSEOメディア構築。

Profile/Facebook/X/LinkedIn/Wantedly/Official

SEO対策の目的

SEO対策の主な目的は検索順位の上位表示化を実現し、サイトの流入数・売上・問い合わせ件数を増加させることです。リフォーム会社のサイトでSEO対策をうまく進めると、「古くなった家をきれいにしたい」「中古戸建てを購入してリノベーションしたい」といった層にアプローチできます。

リフォーム会社の場合は全国に数多くの競合会社があるため、サイト経由の問い合わせをいきなり獲得することは難しい傾向です。しかし、検索順位で上位表示化できれば自社の名前を覚えてもらえる可能性が高くなります。

サイトを作るだけでは見込み客にアプローチすることは難しく、リフォーム会社の場合はサイトへの流入を得るための記事コンテンツを多く制作することが重要です。

記事コンテンツを作る際は、「流入を得るキーワード」と「問い合わせを狙うキーワード」に分けて戦略的にSEO対策を進める必要があります。リフォーム会社のサイトに効果的なSEO対策は後述します。

リフォーム会社のSEO対策におけるメリット・効果

リフォーム会社のサイトでSEO対策をとるメリット・効果は、主に次の3つが挙げられます。

  • 上位表示できれば広告費不要で長期的なサイト集客が可能になる
  • コンテンツが資産となりWeb上に残り続ける
  • リフォームで自宅をきれいにしたい意欲が高いユーザーを集客できる

上位表示できれば毎月一定のユーザーから問い合わせを得られるため、広告費をかけなくても長期的なサイト集客が可能となります。広告出稿よりも費用を抑えて長期的なサイト集客ができる点は、SEO対策の大きな強みです。

SEO対策を講じる際は、コンテンツを制作してサイトの露出度を高めることが一般的です。一度作ったコンテンツは自社で削除しない限りWeb上に残り続けるため資産となります。コンテンツの質が高ければ、自社のブランディングにもつながるでしょう。

リフォーム会社のサイトでSEO対策を進める場合、リフォームに興味・関心のあるユーザーを集めやすい点もメリットです。新聞に折り込むチラシを活用して宣伝するよりも、購買意欲の高いユーザーを集められます。

リフォーム会社のSEO対策におけるデメリット

SEO対策にはメリットが多いものの、デメリットもいくつか存在します。下記は、リフォーム会社のサイトでSEO対策を講じる際に起こりやすいデメリットです。

  • 狙ったキーワードでの上位表示に時間がかかる
  • 初心者だと適切な施策を打てずに結果が出ない可能性もある
  • コンテンツ制作に時間を取られリフォーム業に支障をきたす可能性もある

立ち上げて間もないリフォーム会社のサイトはドメインパワーが弱く、狙ったキーワードで上位表示できるまでに時間がかかります。検索需要が高いキーワードを狙うと上位表示できないケースも珍しくありません。

初心者がSEO対策を進めると効果的な施策が打てず、結果が出ないことがほとんどです。例えば、施策の一つであるコンテン制作を初心者が行う場合、時間を費やすだけでサイト流入数の増加につながるコンテンツが作れない恐れがあります。

SEO対策に詳しい人材が社内にいないときは、実績のあるSEO対策業者に頼ることがおすすめです。

リフォーム会社の基本的なSEO対策

リフォーム会社のサイトの流入数・問い合わせ件数などを増やしたい場合は、はじめに基本的なSEO対策から進めましょう。基本的なSEO対策ができていない状態で施策を打つと、効果が半減する恐れがあります。

リフォーム会社のサイトが押さえておきたい基本的なSEO対策は次の2つです。

以下では、基本的なSEO対策を詳しく解説します。

外部・内部・コンテンツ対策にてユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいリフォーム会社HPを構築する

SEO対策の効果を上げるためには、外部対策内部対策コンテンツ対策の3点を中心に進めましょう。各対策を進めるとユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいサイトになるため、Googleから評価されやすくなります。

内部対策とは、サイト内の構築を最適化してGoogleからの評価を高めるために必要な対策のことです。内部対策とひと口に言ってもさまざまな項目があり、具体的には次のような対策を進めます。

内部対策目的
クローラビリティサイトマップや内部リンクの設置などでクローラーの巡回を促す
構造化構造化マークアップやパンくずリストの作成などでページ・サイト単位での構造化を行う
UX(ユーザー体験)画像サイズの圧縮などでページスピードを上げ、ユーザビリティを向上させる
モバイルファーストインデックスモバイル端末での表示に最適化させる

外部対策とは、被リンクなどの外部の力を活用してサイトパワーを高める対策のことです。被リンクを獲得するためには、ドメインやコンテンツ単体で高い評価を得られるサイトを作成する必要があります。

コンテンツ対策とは、キーワードをもとにユーザーの検索意図を把握した良質なコンテンツを制作する対策のことです。良質なコンテンツはサイト流入数を高める基盤になるため、SEO対策を進める上で欠かせません。

近年のGoogleのアルゴリズムでは、基本的なサイト構築に加えて「E-E-A-T」も重要視しています。E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取った用語です。

E-E-A-Tとは

E-E-A-Tを高めるとGoogleから評価されやすく、上位表示化を実現しやすくなります。

E-E-A-Tを高める方法として、一次情報を提供する・専門家に監修を依頼するなどの施策が挙げられます。

杉岡 玲生

2022年12月、Googleは従来の指標であったE-A-Tに加えて、Experience(経験)を追加しました。より発信者が誰か、どんな経験をした人かが重要視されるようになっていくでしょう。

「エリア名×リフォーム」で上位表示を狙うためのSEO対策をする

リフォーム会社のサイトでSEO対策をとる場合は、「エリア名×リフォーム」のローカルSEOで上位表示を狙うことがおすすめです。一般的なユーザーは、自宅の近隣にあるリフォーム会社を中心に探します。

「エリア名×リフォーム」で上位表示化できれば、リフォームしたいと考えている層にアプローチでき、売上・問い合わせ数の増加につながりやすくなります。具体的な施策は以下で詳しく紹介するので、あわせてチェックしてください。

リフォーム会社がSEOで上位表示するための具体的な施策5選

リフォーム会社のサイトで上位表示する可能性を高めるためには、次の施策が効果的です。

ここからは、5つの具体的な施策を詳しく解説します。

地域名など限定したエリアでの検索上位表示を狙う

リフォーム会社のサイトでSEO対策を講じる際は、地域名などの限定したエリアのキーワードで検索上位を狙うことが大切です。限定したエリアのキーワードとは、「〇〇市×リフォーム」や「〇〇区×リフォーム」などのこと言います。

エリアを限定して上位表示化を狙うべき理由は次の2つが挙げられます。

  • 限定された地域の方がより競合が少ないため上位表示にも時間がかかりにくい
  • 1つの地域だけでも対策すべきキーワードが多いため、そこへ注力すべき

Googleは数あるコンテンツをクロールして検索順位を決めるため、競合が多いキーワードを狙うと上位表示するまでに時間がかかります。

一方で限定したエリアのキーワードは競合が少ないため、上位表示化できるまでに時間はかかりにくくSEO対策の成果が出やすい傾向です。

SEO対策をする際は、特定のエリアだけでも対策すべきキーワードが多くあります。さまざまなキーワードを対策するよりも特定のエリアのキーワードに絞って対策したほうがサイト集客しやすくなります。

なお、エリアを絞って対策する際は、初めから都道府県単位での集客を狙わないことが大切です。都道府県単位のキーワードは競合が多いため、SEO対策を始めて間もないサイトの場合、上位表示させることが難しくなります。

自社が得意とし、かつ次への受注につながりやすいリフォーム箇所のキーワードを狙う

リフォーム会社のサイトでSEO対策を講じる際は、自社が得意とし、かつ次の受注につながりやすいリフォーム箇所のキーワードを狙うことが大切です。

リフォームを検討しているユーザーは、住宅の一部から施工を依頼したいと考えている場合があります。「トイレ・お風呂・キッチン・壁紙・床」などの特定箇所と「リフォーム」をかけ合わせたキーワードで検索することが少なくありません。

「特定箇所×リフォーム」のキーワードで上位表示化できれば、リフォームを検討している層にアプローチできます。「特定箇所×リフォーム」のキーワードで対策するときは、施工実績が多い箇所から優先して進めることがおすすめです。

ユーザーの多くは施工実績をもとにリフォーム会社を選ぶため、施工実績が多い箇所のキーワードを中心に対策すると、お問い合わせや受注につながる可能性が高くなります。

読者を想定した記事コンテンツ内容にする

SEO対策で効果を上げたい方は、読者を想定した記事コンテンツを作成することが重要です。読者が定まっていない記事コンテンツは誰にも刺さらず、読んでもらえない可能性が高くなります。

リフォーム会社のサイトに掲載する記事コンテンツには、リフォームを検討している方が「問い合わせしたい」「リフォームしたい」と思うような内容に仕上げることが求められます。

下記で挙げる内容を記事コンテンツに盛り込むと、ユーザーはリフォームに興味・関心を示しやすくなるでしょう。

  • 口コミ
  • 価格
  • 実績
  • 注意点
  • ビフォーアフター

リフォーム会社の場合は、施工に関する情報を記事コンテンツに盛り込むとユーザーに興味・関心を持ってもらいやすくなります。

リフォーム会社サイトとしての専門性を高める

リフォーム会社のサイトでSEO対策の効果を出すためには、サイトの専門性を高めることも効果的な施策になります。リフォーム会社のサイトの専門性が高まると、リフォーム業界のキーワードで上位表示を狙いやすくなります。

サイトの専門性を高める場合は、次のような方法に取り組むことが大切です。

  • 記事本数を競合と同程度もしくはそれ以上へ増やす
  • 記事内容の情報量を充実させ読者が知りたいであろう知識を載せる
  • サイトを長期間運営する

Googleのアルゴリズムでは、運営者情報に加えてサイトに掲載されている情報量で専門性を評価する傾向があります。そのため、記事本数を競合と同程度もしくはそれ以上に増やすとサイトの専門性が高まると考えられます。

他にも、記事をただ増やすだけでなく、記事内容を充実させることも専門性を高める方法として効果的です。読者が知りたいと思う知識を深掘りすると、一記事あたりの情報量を充実させられるでしょう。

サイトの専門性の高さは、サイトを運営する期間にも左右されます。質の高い情報を公開していても、サイト運営機関が短い場合は評価されないことが珍しくありません。

関連企業から被リンクを獲得してサイトパワーを向上させる

リフォーム会社が運営しているサイトのパワーを上げる際は、関連企業から被リンクを獲得することが重要です。サイトパワーは外部から受ける被リンクによって高まるため、被リンク獲得に向けた施策を講じる必要があります。

リフォーム会社のサイトの場合は、リフォーム関連の記事を作成して被リンクを獲得する方法がおすすめです。

具体的には、自社が対応していないエリアでおすすめの工務店をまとめた記事を作成し、紹介した工務店から被リンクをもらう方法があります。被リンクしてもらう際は、流入のあるページから評価を高めたいページへリンクしてもらうことが大切です。

被リンクの獲得を目指すときは、外部ツールを用いて競合がどのようなサイトから被リンクを得ているのかを調査することも欠かせません。競合が得ている被リンクをもとに差分を埋めると、自社のサイトの専門性を高められるでしょう。

ただし、リフォーム会社に関連性がない業界・業種からの被リンクは、集めたとしても効果が期待できないことを知っておきましょう。

SEO対策に必須のリフォーム案内コンテンツ5選

SEO対策の効果を高めるためには、ユーザーが気になるコンテンツ、およびサジェストキーワードを狙えるコンテンツを制作することが重要です。

リフォーム会社のサイトの場合は、次で挙げるコンテンツをサイト内に設置することをおすすめします。

  • リフォーム会社を利用したお客様の声
  • お悩み解決コンテンツ
  • Q&Aコンテンツ
  • 運営会社の情報
  • お問い合わせページ

ここからは、各コンテンツが必要な理由を詳しく紹介します。

リフォーム会社を利用したお客様の声

リフォーム会社のサイトの問い合わせ件数を増やすためには、リフォーム会社を実際に利用したお客様の声を載せることが大切です。

利用者の口コミが掲載されていると、「どのようにリフォームを進めてくれるのか」「リフォームした結果どうなったのか」などをユーザーが理解しやすく、問い合わせしてもらえる可能性が高まります。他には、「安心してリフォームを任せられる」といった安心感をユーザーに与えることもできます。

リフォーム会社を利用したお客様の声のページには、施工内容とあわせてビフォーアフターの写真を載せると、リフォームの依頼をユーザーに訴求しやすくなるでしょう。

お悩み解決コンテンツ

リフォーム会社のサイトでSEO対策する際は、お悩み解決コンテンツも必要です。お悩み解決コンテンツを掲載すると、ユーザーは自社のサイト内で回遊してリフォームに関する悩みを解決するため、サイトから離脱しにくくなります。

リフォーム会社のサイトでお悩み解決コンテンツを制作する際は、「リフォームで失敗しないための方法」「資金面に関する情報」などを取り扱ったコンテンツを作りましょう。どちらもユーザーがリフォームを成功させるために必要となる情報です。

例えば、リフォーム時に利用できる補助金関連の情報は個人で探すことが難しく、サイト内でお悩み解決コンテンツとして掲載しておくとユーザーに喜ばれやすくなります。

2022年8月現在では、「こどもみらい住宅支援事業」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」などの補助金制度があります。

Q&Aコンテンツ

自社のサイトへ訪れたユーザーに「リフォームを依頼したい」と思ってもらうためには、Q&Aコンテンツを設置しておくことが大切です。Q&Aコンテンツで悩みが解決できれば専門性が高まるほか、問い合わせCVRの最大化にも貢献するでしょう。

リフォーム会社のサイトに掲載するQ&Aコンテンツには、リフォーム時にユーザーから多くあった質問とその回答や、専門用語の解説を載せることがおすすめです。

Q&Aコンテンツは、他のコンテンツよりもサジェストキーワードを含めやすいコンテンツです。Q&Aコンテンツ内にサジェストキーワードをうまく絡めれば、上位表示を狙える可能性が高まります。

運営会社の情報

リフォーム会社のサイトには、運営会社の情報を載せるコンテンツも用意することも欠かせません。リフォーム会社のなかには、悪徳なリフォームをする会社もあることから、運営元の情報が載せられていないサイトに対して不信感を持つユーザーも一定数存在します。

運営会社の情報をサイト内に掲載すると、クリーンな運営をしている会社だとアピールできるため、ユーザーから信頼してもらいやすくなるでしょう。

運営会社の情報を掲載するコンテンツには、「会社名」「資本金」「設立日」「事業内容」「位置情報」などの基本情報を記すことが大切です。コンテンツ作成に時間をかけられる場合は、「代表者情報」「運営ポリシー」などを掲載することもおすすめです。

お問い合わせページ

近年は、サイトの問い合わせフォームからリフォームの相談をするユーザーが増えています。

リフォーム案件を獲得する機会を失わないためには、サイトに訪問したユーザーが気づきやすい位置にお問い合わせページを設置する必要があります。お問い合わせページの設置箇所は、サイトのヘッダーやフッターなどの目につきやすい場所がおすすめです。

お問い合わせページの内容は、氏名・連絡先を記述する箇所以外はチェックを入れるだけで回答できるフォームにしましょう。簡単に入力できるお問い合わせページにすると、ユーザーが途中で離脱しにくくなります。

リフォーム会社のSEO対策における注意点

リフォーム会社のサイトでSEO対策する際は、他のサイトのパクリになるようなコンテンツは投稿しないようにしましょう。

競合サイトを参考にコンテンツ制作することは大切ではあるものの、コンテンツの構成や中身まで類似すると、Googleからペナルティを受ける恐れがあります。Googleからペナルティを受けると特定のページの検索順位が下がるだけでなく、今後制作するコンテンツが評価されなくなる可能性がゼロではありません。

パクリになるようなコンテンツにしないためには、自社独自の見解をコンテンツに盛り込むことが大切です。

近年のGoogleのアルゴリズムでは、情報を定期的に更新しているサイトを評価する傾向です。サイトの更新度で評価する指標のことを「フレッシュネス」と呼びます。

Googleから評価されやすいサイトにしたい方は、新しい情報を定期的に発信し続けることがおすすめです。

リフォーム会社のSEO対策における集客事例|ハウジング重兵衛

リフォーム会社,SEO対策,ハウジング重兵衛
https://jube.co.jp/

SEO対策で効果を出すためには、同じ業界で成果を出しているサイトを参考にすることが重要です。リフォーム会社の場合は、千葉県成田市にある「ハウジング重兵衛」さんのサイトが参考になります。※当社の実績ではありません。

ハウジング重兵衛さんのサイトでは、「リフォーム トイレ増設」「浴室乾燥機 後付け」などのキーワードを狙って制作した記事で上位表示化しています。リフォームに興味・関心のあるユーザーが検索するキーワードで上位表示できているため、サイト集客を実現している状況です。

ハウジング重兵衛さんのサイトにおけるコラム全体の流入数は、1か月あたり約19,000〜22,000程度あります(ahrefs調べ)。

他にも、施工事例・スタッフ紹介ページを用意してユーザーが安心してリフォームを相談できるサイト設計になっています。

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼するの場合の費用相場

SEO対策をコンサルティング業者へ依頼する場合、施策内容によって発生する費用は異なります。

そのため、SEO対策を依頼する目的や、SEO対策によって得たい成果をはっきりさせた上で選ぶことが大切になります。

一般的な費用相場は以下の通りです。

対策項目価格目的概要支払い方法
SEOコンサルティング25〜50万円/月
記事数が多いサイトは月100万円を超える場合もある
サイトの企画からコンテンツ作成まで、一貫したSEO対策の実施調査分析企画コンテンツ作成やライティングの指示・指導月額払い
初期サイト設計10万円〜100万円以上SEO効果の高いサイトのスムーズな立ち上げ調査分析企画一括支払い
記事コンテンツ制作3万円/記事
月に5本〜で受ける業者が多い
記事の作成によるアクセス数の増加記事の作成一括支払い
月額払い
内部対策10万円〜20万円サイトの構造を見直してサイトの評価を高めるサイト構造最適化や内部リンクの改善、見出しやタグの最適化を行う月額払い
外部対策1万円〜15万円外部からの評価を集めることでサイトの価値を高める外部のサイトから被リンクを獲得する一括支払い
月額払い

ホームページ制作からその後の運用まで一貫して依頼すると、その分高額の費用が発生します。

その代わり、SEO業者も効率よくノウハウを注ぎやすいため、すぐに結果が出やすい点がメリットです。

ただし、検索順位をすぐに上げたいからといって、外部施策を外注するのはあまりおすすめできません。

被リンクの購入はGoogleで禁止されていないものの、違反性が認められるとペナルティを受けるリスクがあります。

検索順位にも大きく影響してしまうため、十分に注意してください。

リフォーム会社のSEO対策でお困りの方はウェブココル株式会社へ

リフォーム会社,SEO対策,ハウジング重兵衛
https://cocol.co.jp/seo/

リフォーム会社の問い合わせ件数や売上を増加させるためには、潜在顧客にもアプローチできるSEO対策を進めることが大切です。リフォーム会社の場合は内部対策・外部対策・コンテンツ対策の3点を中心に行い、サイトを作り込む必要があります。

SEO対策は広告費をかけずにサイト集客できる手法ではあるものの、SEOに関する知識がない場合は施策を講じても結果が出ない可能性が高くなります。

リフォーム会社のサイトのSEO対策でお困りの方は、ウェブココル株式会社のSEOコンサルティングをご検討ください。ウェブココル株式会社では、現場で培ったノウハウをもとにリフォーム会社のサイトに効果的なSEO対策を進めます。

  • 地域キーワード(地域名 +◯◯)が得意
  • 自社独自のノウハウで再現性の高いSEO対策
  • 内製組織のためお手頃価格で高品質のサービス
お電話はこちら:092-526-3588
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

About us

ウェブココル株式会社の代表取締役。奈良県奈良市生まれ。SEOコンサルタント。ウェブココル株式会社の代表取締役。立命館大学経営学部卒業。

実績のあるSEO領域は、美容医療・キャリア・観光・テクノロジー・アフィエイトメディア全般である。2017年からSEOを始めて2年後に独立、その翌年に法人化してSEOコンサルティングサービスを開始。

目次