MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

【例文あり】転職面接の1分の自己紹介で言うべき内容!1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えるコツを解説

本記事でわかること
  • 1分間の自己紹介の目的
  • 自己紹介で盛り込むべき内容
  • 自己紹介を1分でまとめる方法・例文

転職面接を受ける際には、始めに自己紹介を求められることが一般的です。企業によって異なるものの、面接時の自己紹介は1分程度で求められる場合がほとんどです。

転職面接時の自己紹介は、面接官へ良い印象を与えるために注力すべき項目となっています。しかし、「どのように自己紹介を1分間でまとめるべきかわからない」という方もいるでしょう。

この記事では、1分間の自己紹介で話すべき内容から、上手くまとめる方法や好印象を与えるコツ、ケース別の例文を解説します。志望先企業に好印象を残し、内定を得たい方は、ぜひ参考にしてください。

自己紹介を作成することに苦手意識を持つ方は、マイナビエージェントを利用することがおすすめです。各業界に精通した専門のキャリアアドバイザーによって、自身の魅力を伝えられる自己紹介作りをサポートしてもらえます。

\自分の魅力を伝えられる自己紹介を作れる/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職面接における1分間の自己紹介の目的とは?自己PRとは違う?

転職面接における1分間の自己紹介の目的とは?自己PRとは違う?

転職面接における1分間の自己紹介の目的は、面接官に自身のことを知ってもらうことです。基本的には、面接の最初に聞かれることが多く、自己紹介一つで面接官に与える印象が良くも悪くもなります。

面接官に好印象を与えるためには、自己紹介が自然に話せるレベルになるまでくり返し練習することが重要です。

自己紹介と自己PRの違いは、伝える内容にあります。自己紹介では自分の人柄や経歴を中心に、自己PRでは自分の魅力をメインに話すことになります。面接ではどちらも聞かれる傾向にあるため、自己紹介と自己PRを別に作っておきましょう。

転職面接の1分間の自己紹介でチェックされるポイント

転職面接の1分間の自己紹介でチェックされるポイント

転職面接の1分間の自己紹介でチェックされるポイントは、おおむね次の3つです。

紹介したポイントを満たせない場合、面接官へ与えるイメージが悪くなる恐れがあります。以下では、各ポイントがなぜチェックされるのかについて解説します。

応募者の雰囲気・人柄が良いか

転職面接の自己紹介では、応募者の雰囲気・人柄が良いかをチェックしています。雰囲気・人柄は話す内容よりも表情や話し方など、態度で評価される場合がほとんどです。

好印象を残すためには、適度に笑顔を作りながら話すほか、面接官とアイコンタクトをとることが大切です。もし、面接官が複数人いる場合は、満遍なく視線を配るとより印象が良くなるでしょう。

話を簡潔にまとめて伝える力があるか

話を簡単にまとめて伝える力があるのかについても、転職面接における1分間の自己紹介で見られているポイントの一つです。

1分間の自己紹介の場合、特定の事柄に対して長く話しすぎると尺が足りなくなります。そのため、伝えたい内容や要点を絞って伝える力が必要です。

基本的には、伝えたい事柄を深掘りしすぎず話していけば、1分間の尺で端的に自分のことを伝えられます。

応募者が自社の求める人材かどうか

転職面接の1分間の自己紹介で面接官は、応募者が自社の求める人材かどうかをチェックします。主に話す内容のスキルや経験、応募したきっかけや入社意欲から適性を判断します。

そのため、応募動機に紐づく自己紹介ができなければ、面接官にマイナスイメージを与えてしまう恐れがあることを知っておいてください。

自己紹介を考える際は、経歴や応募したきっかけを話す時間を多く設けることがおすすめです。

転職面接の1分間の自己紹介で言うべき内容

転職面接の1分間の自己紹介で言うべき内容

転職面接の1分間の自己紹介では、次の内容を話すようにしましょう。

以下では、各項目について詳しく解説します。

あいさつの言葉

面接官から自己紹介を求められた際は、いきなり内容に入らず、あいさつの言葉を述べることが基本です。あいさつが抜けてしまうと、社会人としてのマナーが乏しい人だと判断される恐れがあります。

あいさつをする際は、面接の時間を設けてくれた感謝の気持ちを伝えると、面接官に好印象を与えられるでしょう。

氏名

あいさつが終わったあとには、フルネームで氏名を伝えます。よくあるミスとして、あいさつを終えてからいきなり自己紹介に進むことが挙げられるため注意してください。

「あいさつをして名前を述べる」という流れが崩れないように、面接対策をするときから意識することが大切です。なお、1分間の自己紹介の場合は、あいさつと氏名を述べるまでで10秒程度が目安となります。

経歴

経歴を話す際は、現職もしくは前職での内容を中心に話すことが基本です。

転職希望先で活かせる経験・実績から優先的に話すと、面接官に自身のことを知ってもらいやすくなります。経歴を多く挙げると時間が足りなくなる恐れがあるため、特に伝えたい内容を1つに絞ることがおすすめです。

学生時代の話までさかのぼると、内容が薄くなりやすいことから注意が必要です。第二新卒で社会人経験が浅い方以外は、学生時代の話を無理に出す必要はありません。

応募のきっかけ

経歴を伝えたあとは、応募したきっかけを志望動機の内容から取り上げて伝えます。具体的には、応募した企業や職種に関心をもった理由を中心に述べることが大切です。

応募したきっかけを深い内容にするためには、必ず転職希望先のコーポレートサイトをチェックすることが欠かせません。コーポレートサイトを見るとどのような企業なのかを把握でき、面接官に納得してもらえるエピソードを作りやすくなります。

1分間の自己紹介では、あいさつから応募のきっかけを伝えるまでで、50秒程度が目安となります。50秒以上になると、締めの言葉を丁寧に述べられなくなる可能性があることを知っておいてください。

締めの言葉・意気込み

最後は、締めの言葉・意気込みを述べて自己紹介を終えます。

締めの言葉・意気込みを伝えるパートでは、入社意欲を端的にアピールするだけでなく、「よろしくお願いいたします」と締めるときれいな自己紹介になります。

締めの言葉・意気込みを話すパートを10秒程度でまとめれば、ちょうど1分で自己紹介を終えられる計算です。

転職面接の1分間の自己紹介の上手なまとめ方

転職面接の1分間の自己紹介の上手なまとめ方

転職面接の1分間の自己紹介を上手にまとめるためには、次の内容を意識しましょう。

以下では、自己紹介の上手なまとめ方の詳細を紹介します。

文字数換算で200〜300字程度が目安

話すスピードによって異なるものの、1分間の自己紹介は文字数換算で200〜300字が目安です。200文字を下回ると時間を持て余してしまう一方で、300文字以上になると早口で話す必要が出てきます。

適切な文字数で自己紹介を作らなければ、転職したい思いが十分に伝わらなくなります。また、短すぎるもしくは長すぎる自己紹介は、面接官にマイナスイメージを与える原因になることを知っておいてください。

文字数はあくまでも目安であるため、実際に自己紹介を話す際に50秒〜1分10秒程度で収まる内容にすると良いでしょう。

最も伝えたいポイントを1つに絞る

転職面接の1分間の自己紹介を上手くまとめるためには、各項目で最も伝えたいポイントを一つに絞ることが大切です。伝えたい内容を一つに絞ると、話の筋ができやすくなります。

伝えるポイントは、履歴書や職務経歴書に書いた内容や自己PRで話す事柄から選ぶことが大切です。提出書類や自己PRから伝えたいポイントを抜粋すれば、面接中に話す内容に矛盾が生じにくく一貫性を出せます。

専門用語を盛り込みすぎない

転職面接の1分間の自己紹介を上手くまとめる方法として、専門用語を盛り込みすぎないことも挙げられます。例えば、業界や社内でしか通じない用語や省略形の言葉は、自己紹介で使用することが相応しくありません。

特に、未経験の業界・職種へ転職する場合は、面接官に専門用語が伝わりにくく、印象が悪くなる恐れがあります。

普段使用している言葉が専門用語か判断できない場合は、家族や知人に言葉の意味が通じるかを確認しましょう。周囲の人にチェックしてもらえば、一般的な言葉を使った自己紹介にブラッシュアップしやすくなります。

転職面接の1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えるコツ

転職面接の1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えるコツ

転職面接の1分間の自己紹介は、面接官に第一印象を与える重要な項目です。好印象を与えるコツとして、次の方法があります。

以下では、好印象を与えるコツについて解説します。

声色を明るくしはっきりと話す

1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えたい方は、声色を明るくしてはっきりと話すことを意識しましょう。面接官は応募者の人柄を、話す姿勢から評価します。

そのため、聞き取りやすいスピードで明るく話す人や姿勢良く自己紹介に臨む方は、面接官からの評価が高まる傾向です。

一方で、緊張するあまり下を向いて話す方や話すスピードが早くなる人は、面接官からの印象が下がりやすくなるでしょう。

表情・視線に注意する

表情・視線に注意することも、1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えるコツの一つです。面接官は話し方だけでなく、表情や視線からも人柄をチェックしています。

例えば、明るい表情を作ったり、適度に笑顔になったり、アイコンタクトを意識したりする応募者は、面接官に与える印象が良くなるでしょう。

反対に、自己紹介を淡々と伝えるだけでは人柄が伝わりにくく、面接官にマイナスイメージを与えてしまう可能性がゼロではありません。

企業本位で話す

1分間の自己紹介で面接官に好印象を与えるためには、企業本位で話すことが大切です。「面接官が知りたい内容は何なのか」という企業本位で自己紹介を考えると、1分間という短い時間であっても濃い内容に仕上げられます。

特に、経歴や応募のきっかけを工夫することが重要です。企業が求める人材と自分の経歴や応募したきっかけがマッチすると、面接官の心を掴みやすくなります。

一方で、自分の伝えたい内容だけを詰め込むと、面接官が求める自己紹介にならない恐れがあります。

転職面接の1分間の自己紹介に不安があれば転職エージェントを活用しよう

転職面接の1分間の自己紹介作りに不安がある方は、転職エージェントを活用することがおすすめです。特に、下記の転職エージェントは転職希望者に寄り添う観点で定評があります。

おすすめの転職エージェント

以下では、マイナビエージェントとdodaの特徴を解説します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 3
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 第二新卒や20代の転職支援に強い
  • 業界専任のプロのキャリアアドバイザーが在籍している
  • 幅広い業界・業種の求人を取り扱っている

マイナビエージェントは、第二新卒や20代をはじめとした若手人材の転職支援に強い転職エージェントです。求人紹介から内定までを一貫してサポートしており、転職が初めての方でも利用しやすいと評判です。

マイナビエージェントには、各業界に強い専任のキャリアアドバイザーが在籍しています。そのため、特定の業界でどのような自己紹介が求められているのかをレクチャーすることが可能です。

転職面接における1分間の自己紹介が上手くまとまらない方は、マイナビエージェントを利用すると、説得力のある内容に仕上げられるでしょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 関東・関西・東海などの主要都市部の求人が豊富にある
  • サポート体制が充実している
  • ベンチャーから大手までの求人を多数取り揃えている
デメリット
  • 30代後半以降には向いていない
  • ハイクラス向けの求人が少ない
  • キャリアアドバイザーによって質に差がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
キャリアアドバイザーから職務経歴書の書き方や、面接対策等を学べたことが良かったです。自分の中では意識していなかった強みやアピールポイントもアドバイスしていただけたので、自信がもてました。
Review Image
Bさん
・自分では探すことが難しい求人に出会えること ・自分で探さなくても条件に合ったものを見つけてもらえること ・履歴書や職務履歴書などの書類関係を添削してもらえること

引用:キャリアクラス独自調査

\自分の魅力を伝えられる自己紹介を作れる/

doda

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    ハイクラス求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェントサービスとスカウトサービスを使い分けられる
  • 転職活動を効率化するツールが充実している
  • 年齢に関係なく利用しやすい

dodaは、エージェントサービスとスカウトサービスを使い分けられる転職支援サービスです。自分のペースで転職活動を進めやすく、今すぐ転職したい人から良い条件の求人が見つかったタイミングで転職したい方まで、幅広く利用しています。

dodaでは、転職活動を効率化するツールが充実しています。自己紹介がまとまらない方は、「自己PR」発掘診断を活用することがおすすめです。

「経歴で話すことがない」と悩んでいる方でも「自己PR」発掘診断を使えば、自己紹介の内容を魅力的にできます。特に、ツールを活用しながら必要に応じてエージェントサービスやスカウトサービスを利用したい方に、dodaは適しているサービスです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 公開求人と非公開求人のどちらも豊富にある
  • 転職フェア・イベントが盛んに行われている
  • 自分のペースで転職活動を進めやすい
デメリット
  • 大量のメールが届く可能性がある
  • キャリアアドバイザーによっては専門領域が狭い
  • 求人を絞り込んで探すことが難しい

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
初めて利用してみて、使いやすくわかりやすかったのが印象だと考える。どういう業界がいいのかを選択する時に探しやすいていう点が非常に素晴らしい。このサイトに出会えて良かったと考える。
Review Image
Dさん
実際に募集要項も条件面でいいところが多く、実際に転職を決めた会社も以前の会社より年収は増え、休日もしっかりと取れるようになりました。 活動期間中も対応が早く助かりました。

引用:キャリアクラス独自調査

\ツールが充実しており自己紹介を作成しやすい/

転職面接の1分間の自己紹介で役立つ!ケース別の例文集

転職面接の1分間の自己紹介で役立つ!ケース別の例文集

転職面接の1分間の自己紹介が浮かばない方は、ケース別の例文を参考にすることがおすすめです。例文を参考にすると、どのように自己紹介を作成すべきなのかをイメージしやすくなります。

以下では、次のシーンに分けて自己紹介の例文を紹介します。

第二新卒として転職するケース

第二新卒として転職する際の自己紹介例は以下のとおりです。

本日はお忙しいなか、私のために面接の時間を作っていただき、ありがとうございます。改めまして私は〇〇と申します。

〇〇大学経済学部を卒業後、〇〇というサービスを多くの方へ普及したいと思い、〇〇株式会社の営業部へ就職しました。

そこでは、営業のやり方や社会人としての基本的なマナーを身につけるほか、仕事を最後までやり遂げる重要性を学んできました。

今回は仕事をするなかでより自分のスキルを高めていきたいと思い、転職することを決意した次第です。これまで培ってきた経験や持ち前の明るさを活かしながら、御社の事業拡大に貢献できるよう努力したいと思っております。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

未経験で実績のない業種・職種に転職するケース

未経験で実績のない業界・職種に転職するケースの自己紹介例は次のとおりです。

本日はお忙しいところ、貴重なお時間をいただきありがとうございます。私は〇〇と申します。現在、〇〇株式会社の広報部にて約〇年間、業務に従事しております。

1年前からは、広報業務だけでなく後輩の教育やマネジメントにも取り組んでおります。

後輩のマネジメントを通じて、コミュニケーションの重要性や人間関係の大切さについて学んできました。

そのなかで、今後は顧客と関わる機会が多い御社の営業職で力を発揮したいと思い、転職を決意しました。これまで培ってきたコミュニケーション能力を活かしつつ、御社の営業担当としていち早く戦力になれるように尽力するつもりです。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

これまでに経験のある業種・職種に転職するケース

経験のある業種・業界に転職する際は、下記の自己紹介例が参考になります。

本日はお忙しいなか、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。私は〇〇と申します。現在は、〇〇株式会社のマーケティング部門に〇年間ほど従事しています。

現職では、自身の施策によって売上を〇%アップさせることに成功した実績があります。

キャリアを考えるなかで、〇〇の領域に強みを持つ御社のマーケティング部門へ転職することが自身のスキルアップにつながると思い転職を決意しました。

培ってきたマーケティングスキルは、御社のマーケティング部門でも活かせるのではないかと思っております。入社後は事業拡大とあわせて、個人のスキルアップにも尽力するつもりです。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

よくある質問

よくある質問

転職面接における1分間の自己紹介に関するよくある質問は次のとおりです。

以下では、よくある質問の回答を紹介します。

自己紹介で1分以上話すのはNG?

1分間の自己紹介で決められた時間以上に話すことは、原則、控えたほうがよいでしょう。

話す時間が数秒程度長くなることは問題ありませんが、長々と自己紹介をすると「時間を守れない人」だと面接官に思われてしまいます。

1分間の自己紹介を求められる場合は、50秒から1分10秒程度にまとめることが理想的です。

自己紹介と職務経歴がかぶるときはどうすればいい?

自己紹介と職務経歴の内容がかぶることは、問題ありません。自己紹介では、職務経歴の内容について簡潔に話すことが一般的なためです。

したがって、自己紹介と職務経歴で多少の重複が生じることに関しては、深く考える必要はないと言えます。反対に、自己紹介と職務経歴に矛盾が生じるほうが、面接官への印象が下がる恐れがあることを知っておいてください。

職務経歴については、「これまでの職歴について教えてください」と面接官に問われたタイミングで詳しく話せばよいでしょう。

自己紹介で自分の趣味について話すのはNG?

1分間の自己紹介では、自分の趣味について無理に話す必要はありません。時間が限られているため、趣味について話すと仕事の経歴や応募に至った経緯を話せなくなる恐れがあります。

例えば、職務経歴や応募動機などを伝えても時間に余裕がある場合は、趣味について話す時間を設けてもよいでしょう。

転職回数が多い場合は経歴をどのように話せばいい?

転職回数が多い場合は、転職希望先と関連性が高い企業のみをピックアップする、もしくは経験業界ごとにまとめて伝えることがおすすめです。

面接官から転職回数が多い理由について問われる可能性があるため、ポジティブな内容で回答できるように準備することも欠かせません。

事務職の転職面接の自己紹介はどう考えればいい?

事務職の転職面接における自己紹介は、会社による仕事内容の違いが少ないため、考えることが難しい傾向です。

自己紹介で差別化を図りたい方は、応募したきっかけを話す際に、転職希望先のどのような部分に惹かれて志望したのかについて触れることがポイントです。

例えば、企業のミッション・ビジョン・バリューなどに触れると、話を膨らませやすくなります。

緊張で頭が真っ白になってしまったときはどうすればいい?

緊張で頭が真っ白になったときは、次の対策をとりましょう。

転職面接で頭が真っ白になったときの対処法
  • 焦らず平静を保つ
  • ゆっくりと深呼吸をする
  • 緊張して頭が真っ白になったことを面接官に打ち明ける

転職面接は人生を大きく左右するできごとになるため、緊張することは仕方ありません。実際、緊張していることを面接官に打ち明けたとしても、評価がマイナスになる可能性は低いと言えます。

企業側は面接を通じて経験・人柄を知りたいと思っているため、応募者が緊張している際にアイスブレイクする時間を設けてくれる場合もあります。

転職面接を突破するには1分間の自己紹介対策も手が抜けない!

転職面接における1分間の自己紹介は、面接官に第一印象を与える項目になるため、万全な対策が必要です。自己紹介で面接官に好印象を与えられれば、面接が終始和やかなムードで進むことも少なくありません。

自己紹介を上手くまとめたい場合は、話す内容を絞り込むことが大切です。1分間という短い時間で多くの内容を話すと、自分が本当に伝えたい事柄がぼやけてしまう恐れがあるためです。

1分間の自己紹介を作ることに苦戦する方は、転職エージェントの一つであるマイナビエージェントを活用しましょう。

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。面接官がどのような自己紹介を評価するのかを熟知しているため、マイナビエージェントを活用すると自分の魅力を最大限に伝えられる内容に仕上げられます。

\自分の魅力を伝えられる自己紹介を作れる/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ