MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

30代のキャリアに関する悩みとは?行き詰まりを感じたときの対処法や放置するリスクを徹底解説

本記事でわかること
  • 30代が抱えやすいキャリアの悩みと対処法
  • キャリアの悩みを放置し続けることによるリスク
  • キャリアに悩みがある30代が利用すべきサービス

30代は、仕事とプライベートのどちらも大きく変化する時期です。一人ひとりによって異なるものの結婚や出産、昇進や昇給など、人生の転換となるできごとが少なくありません。

生活面が大きく変化するタイミングであることから、多くの30代は今後のキャリアについて悩み・不安を抱え始めます。

キャリアに関する悩みを放置すると、仕事へのモチベーションが下がるほか、体調を崩す恐れがあるため、早急に対処することが重要です。

この記事では、30代が抱えるキャリアの悩みと対処法から、悩みを持つ人が利用すべきキャリアコーチング・転職エージェントまでを解説します。自分らしいキャリアを築きたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャリアについて悩みを持つ方は、キャリドラを利用することがおすすめです。サービスを受けると、キャリアを多角的に見られるようになるため、現在抱えている悩みを解消できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screenshot-2022-07-09-17.56.34.jpg
【公式】https://careerdrive.jp/

\一人ひとりにしっかりと向き合う/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

30代でキャリアに関して悩みがある人は多い【リアルな声】

30代でキャリアに関して悩みがある人は多い

30代でキャリアに関して悩む人は多くいます。下記は、SNS上に挙げられているキャリアに関して悩みを持つ30代のリアルな声をまとめたものです。

スクロールできます

立場やこれまでの生活によってキャリアに関する悩みは個々によって異なるものの、多くの30代が何らかの不安を抱えている状況です。

2022年7月にTECH+に掲載されていた記事によると、30代の8割がキャリアに不安を抱えているという結果が出ています。

30代が抱える主なキャリアの悩みは、年収・収入に関することやキャリアアップを図るべきか否か、現職のままでよいのかなどといった内容が多い傾向です。
(出典:TECH+「30代の8割が今後のキャリアに不安、具体的な悩みは「年収・収入」が最多」

30代は、人生において大きな転換期となるタイミングです。生活面が変化したり、仕事が面白くなってきたりする時期であるため、大小問わず30代でキャリアの壁にぶつかる人が大半を占めます。

キャリアについて悩んでいる30代は、何が原因で漠然とした不安を抱えているのかを明確にし、対処することが重要です。

30代のキャリアに関する主な悩みと対処法

30代のキャリアに関する主な悩みと対処法

30代のキャリアに関する主な悩みとして、下記の内容が挙げられます。

以下では、主なキャリアの悩みの深掘りと対処法について解説します。

将来のキャリアに関する漠然とした不安

将来のキャリアに関する漠然とした不安を抱える30代は多く存在します。特に、30代男性が抱えやすい悩みとして知られています。

例えば、今後のキャリアプランやキャリアパスが不透明な場合は、将来性が見通せず、漠然とした不安を抱えやすい傾向です。

現在、キャリア形成が順調に進んでいる30代も同様に、「今後も同じキャリアを歩み続けることが正解なのか」と自身の将来について不信感を抱く場面があります。

将来のキャリアについて漠然とした悩みを抱える30代は、次のような対処法をとることがおすすめです。

対処法
  • 何が不安なのか書き出して整理する
  • 不安を解消するためにできることを洗い出す

以下では、各対処法について詳しく解説します。

対処法①:何が不安なのか書き出して整理する

将来に対して漠然とした不安を抱えている方は、何が原因でキャリアについて迷っているのかを明確にすることから始めましょう。

頭で悩むだけでは悩みが堂々巡りするため、将来への不安材料を紙へ書き出して整理することがおすすめです。紙へ不安な内容を書き出せば悩みを客観視でき、冷静に向き合えます。

また、悩みを解決する上で優先順位をつけやすくなるため、短期間で不安を解消できるかもしれません。

不安を紙に書き出す際は、箇条書きベースで思いつくものを羅列していくと、自分が抱えている悩みを漏れなく吐き出すことが可能です。

対処法②:不安を解決するためにできることを洗い出す

キャリアに関して不安に思っている事柄を書き出したあとは、解決するためにできることを洗い出しましょう。

不安を解決する方法は、一つに絞らなくても問題ありません。なぜなら、すぐに取り組めるものもあれば、時間が解決してくれることもあるためです。

不安を解決するために必要なことを洗い出したあとは、取りかかりやすいものから順に手をつけてみましょう。不安を早く解消したい気持ちもわかりますが、自分の悩みに焦らず向き合うことが大切です。

今のキャリアに行き詰まりを感じている

30代が抱える悩みとして、今のキャリアに行き詰まりを感じていることも挙げられます。

例えば、頑張っても成果が出ない人、20代のときのように成長を実感できないという方に生じやすい悩みです。ほかにも、職場の人員の関係で勤め続けても、到達できる役職に制限がある30代も、キャリアに行き詰まりを感じやすくなります。

今のキャリアに行き詰まりを感じている場合は、下記で挙げる対処法に取り組むことをおすすめします。

対処法
  • 自己研鑽に励む
  • コンフォートゾーンから抜け出す
  • 目標設定をしモチベーションを保つ

以下では、3つの対処法についてい詳しく解説します。

対処法①:自己研鑽に励む

キャリアに行き詰まりを感じている30代は、自己研鑽に励むと現状を打破できる可能性があります。

例えば、自分に自信が持てずキャリアの方向性が不明確になっている場合は、職場で活かせるスキルの習得や資格取得にチャレンジすることがおすすめです。

スキルの習得や資格取得に励むと自身の能力を高められるため、停滞していたキャリアを伸ばせる場合があります。仮に転職をするにしても、スキルの習得や資格取得に取り組んでおけば、短期間で内定を得やすくなります。

対処法②:コンフォートゾーンから抜け出す

コンフォートゾーンから抜け出すことも、キャリアに行き詰まりを感じている30代がとるべき対処法の一つです。そもそも、コンフォートゾーンとは、その人がストレスや不安を感じずに快適に過ごせる領域のことです。

キャリアに行き詰まりを感じている場合、現状の慣れ親しんだ環境を手放したくないと潜在的な部分で思っている可能性があります。

コンフォートゾーンから抜け出すためには、今よりも少しレベルの高い業務へ意欲的に取り組むことが大切です。個人の資質が高まり、キャリアの行き詰まりを解消できます。

対処法③:目標設定をしモチベーションを保つ

目標設定をしてモチベーションを保つことも、キャリアの行き詰まりから脱出する方法です。キャリアに行き詰まりを感じている30代のなかには、目標設定がなく、日々の業務を淡々とこなしている人も少なくありません。

目標設定をして仕事に取り組むと、日々の業務にハリが出るだけでなく、やりがいを見つけられます。目標設定をする際は、「〇〇を達成する」という事柄だけでなく「△△までに〇〇を達成する」というように期間を定めることが大切です。

もし、個人で目標設定をしてモチベーション維持をすることが難しい場合は、周囲の同僚を巻き込むと継続しやすくなるでしょう。

理想の年収やキャリアができていない

30代が抱える悩みのなかには、理想の年収やキャリアに到達できていないといった内容もあります。

例えば、20代のときに高い目標を掲げていた方は、現実と理想のギャップに焦りや不安を抱える傾向です。

ほかにも、昇給や昇進に必要なことがわからない方、どのようなスキルを身につければよいのか迷っている人も、理想の年収やキャリアにたどり着いていないことへ不安を感じやすくなります。

年収やキャリアは、携わる業界や企業によって限界があることも事実です。まずは、自分が達成したい年収やキャリアの目標が、現職で到達できるものなのかを一度立ち止まって考える時間が必要となります

理想の年収やキャリアとギャップが生じている方は、下記の対処法に取り組むことが大切です。

対処法
  • 今一度自分の理想の年収、キャリアを明確にする
  • 現時点での自分の市場価値を知る

以下では、2つの対処法の詳細を解説します。

対処法①:今一度自分の理想の年収、キャリアを明確にする

理想とする年収やキャリアを達成できていない30代は、今一度自分の理想とする目標を明確にすることが大切です。目標を見つめ直すと、現実的に達成可能なものなのかを客観的に判断できます。

例えば、年収600万円を達成したい場合は、月収がいくら必要で賞与がどの程度あれば実現できるのかを数値ベースで見つめ直すことが大切です。

目標とする年収に対して数万円程度で達成するのであれば、スキルアップを踏まえて副業にチャレンジすることも一つの手段です。

理想と現実のギャップをもとに、今後どのようにキャリア形成を進めるべきなのかを計画すると、目標を実現しやすくなります。

対処法②:現時点での自分の市場価値を知る

理想の年収やキャリアが実現できていない30代は、現時点での自分の市場価値を知ることもおすすめです。市場価値を確認すると、自分に足りていないスキルを見つけられたり、社会が求めることを考え直したりするきっかけになります。

市場価値を知るなかで、現職で伸びしろを感じられる場合は引き続き頑張る、他社に移ったほうが評価される可能性が高い場合は転職を選択するとよいでしょう。

市場価値に合った仕事に就きたい方は、能力や人間性からマッチした求人を紹介する転職エージェントの利用がおすすめです。

職場の人間関係がうまくいかない

職場の人間関係がうまくいかないことは、性別を問わず30代が悩みやすい項目です。勤め先の企業の規模が大きくなるほど社員数が増えるため、人間関係の悩みを抱えやすくなります。

職場において30代は中間的なポジションになるため、後輩との接し方や社内の派閥、上司による人間関係に悩む場面が少なくありません。管理職ポジションに就いている方は、板挟みによるストレスに悩みを持つこともあるでしょう。

また、新卒から同じ職場で活躍している30代であれば、10年近く勤めるからこそ見えてくる人付き合いに嫌気がさすケースも見られます。

職場の人間関係がうまくいかない30代は、次の方法で対処することが大切です。

対処法
  • 自分が接し方を変えてみる
  • 仕事だと割り切り苦手な人とは距離を置く
  • 無理をせず転職を検討する

以下では、各対処法について詳しく紹介します。

対処法①:自分が接し方を変えてみる

人間関係がうまくいかないことに悩んでいる30代は、周囲への接し方を可能な限り前向きなものに変えてみましょう。実際に、自分が接し方を変えることで職場の人間関係が改善する事例は少なくありません。

下記で挙げる接し方を意識すると、職場の人間関係が良好になる可能性があります。

接し方の具体例
  • 笑顔で自分から挨拶する
  • 感謝の気持ちを言葉にする
  • 上司や部下が話すことに耳を傾ける など

職場の人と話す機会が少ないと感じる方は、自分から率先して挨拶することで人間関係がうまくいく場合があります。反対に、普段の業務で一方的に話を押し通す傾向にある方は、相手の話す内容に耳を傾けると、信頼関係の構築につながるかもしれません。

対処法②:仕事だと割り切り苦手な人とは距離を置く

「うまが合わない上司がいる」「価値観の異なる同僚や後輩がいる」という方は、無理に信頼関係を築く必要はありません。仕事だと割り切り、苦手な人とは距離を置くことも視野に入れてみましょう。

例えば、「必要以上に会話をしない」「要件を伝えるのみであればメールやチャットで済ませる」というように、顔を合わせる機会を減らすだけでも悩みを緩和できます。

ただし、いくら苦手だからと言っても、周囲を巻き込んで特定の人物を無視したり、嫌がらせをしたりするような行為は絶対にしないでください。

対処法③:無理をせず転職を検討する

接し方を改めても良好な人間関係を築けなかったり、苦手な人と同じ環境で仕事することがストレスになったりする方は、無理をせずに転職を検討しましょう。

うまくいかない人間関係が原因で、心身ともに病んでしまっては意味がありません。最悪の場合、日常生活にも支障をきたす恐れがあります。

一度でも心身を病んでしまうと、社会復帰が難しくなることも珍しくありません。人間関係に我慢できない場合は限界がくる前に、転職すべきか否かを検討することが大切です。

やりたいことが明確にならない

30代でキャリアに悩みを持つ方のなかには、やりたいことが明確にならず不安を抱える人もいます。実際に、社会人経験が10年近く経つ30代になっても、仕事のやりがいを模索する方は多くいます。

特に、自分の強みがわからない方や保有するスキルや経験に価値がないと感じている人は、キャリアの軸が定まらない傾向です。

やりたいことが明確にならない30代は、下記で挙げる対処法に取り組んでみましょう。

対処法
  • 「やりたいことを仕事にする」という考え方を捨てる
  • やりたいことではなく得意なことを書き出す
  • 好きなモノ・コトではなく、好きな行動を書き出す

以下では、3つの対処法について詳しく紹介します。

対処法①:「やりたいことを仕事にする」という考え方を捨てる

やりたいことが明確にならない30代は、「やりたいことを仕事にする」という考え方を捨てる必要があります。前提として、やりたいことを仕事にしたからと言っても、幸福度が高まるとは断定できません。

むしろ逆で、今まで好きだったことが嫌いになってしまう恐れがあります。例えば、趣味や好きなことを仕事にしたものの、半強制的に取り組まなければならず、いつのまにか嫌いになってしまう事例は多くあります。

やりたいことと仕事を切り分けて生活したほうが、将来的な幸福度は高くなるでしょう。

対処法②:やりたいことではなく得意なことを書き出す

30代でキャリアに不安を覚える方は、やりたいことではなく得意なことを書き出してみましょう。「やりたいことを仕事にする」という風潮があるものの、昇給・昇進を目指したい方は、得意なことを仕事に選ぶほうがおすすめです。

実際にどの業界でも第一線で活躍する方は、得意なことを仕事に選んでいるケースがほとんどです。得意なことを仕事にすれば、ストレスなく容易に業務を進められるため、業務効率が高まります。

業務効率が高まれば定時退社できる日数が増えたり、社内での評価が高まったりすることから、キャリア形成が好転しやすくなります。

対処法③:好きなモノ・コトでなく、好きな行動を書き出す

やりたいことが明確にならない30代は、好きなモノ・コトではなく、好きな行動を書き出す対処法にも取り組んでみましょう。自分の強みを明確にするきっかけになり、今後のキャリア形成に役立ちます。

好きな行動を書き出す際は、下記の点に注意して思い当たるだけ書き出すことが大切です。

OKの例・野球を観戦することが好き
・野球の作戦を立てることが得意
・捕手の配球を読むことが面白い
NGの例・野球が好き
・バッティングが楽しい

OKの例のように、「好きな行動」を書くことが重要です。好きな行動を書き出したあとは、次の要素に分類しましょう。

Tの要素(Thinking)考える・議論する・学習するなどの内容
Cの要素(Communication)人と会う・話す・おしゃれをするなどの内容
Lの要素(Leadership)チャレンジする・取りまとめる・世話を焼くなどの内容

書き出した好きな行動をTCLの要素に分類します。好きな行動が多く集まった要素は、自分が強み・得意とする領域です。

例えば、Tの要素に好きな行動が多く集まった方は、考えたり議論したりする場面が多い、マーケティングやコンサルティング職で強みを発揮できるかもしれません。

仕事と家庭の両立がうまくいかない

30代が抱えるキャリアの悩みには、仕事と家庭の両立がうまくいかないこともあります。特に、女性に多い悩みとなっています。

結婚や出産を機に、仕事と家庭の両立が難しくなり、自分の時間を確保できないことがストレスになっている主な原因です。

また、30代になると職場での責任が大きくなり、仕事に割く時間が増える人が多くなります。そのなかで、配偶者や子どもとの時間も確保しなければならず、ジレンマを抱える30代は少なくありません。

下記は、仕事と家庭の両立がうまくいかない30代におすすめの対処法です。

対処法
  • パートナーに相談する
  • 会社に勤務形態を相談する
  • 両立できる仕事に転職する

生活面に大きく関わる項目のため、以下で紹介する詳細を必ずチェックしておきましょう。

対処法①:パートナーに相談する

仕事と家庭の両立がうまくいかない場合、まずはパートナーに相談することが大切です。例えば、家事や育児がどちらか片方に負担がかかる状況では、不安・不満が生じやすくなります。

家事や育児においては、パートナーと相談した上で助け合う環境づくりに力を入れることが重要です。理想は、家事や育児の役割分担を明確に決めることです。

「夫婦で先に気づいたほうが家事や育児をする」という方針では、どちらかに負担が偏りやすくなります。

共働きの状態ではどちらもが視野狭窄になりやすいため、不安・不満が爆発する前にパートナーと話し合う場を設けましょう。

対処法②:会社に勤務形態を相談する

仕事と家庭の両立が難しい場合は、会社に勤務形態を相談することも有効です。短時間勤務制度や育児休業を活用すると、フルタイムで働くよりも仕事と家庭のバランスが取りやすくなります。

ほかにも、デスクワークがメインの職種に携わっている方は、在宅勤務を提案することもおすすめです。在宅勤務ができれば通勤時間がなくなるため、家事や育児に充てる時間を確保しやすくなるでしょう。

対処法③:両立できる仕事に転職する

現在の環境で工夫を凝らしても仕事と家庭のバランスが取れない場合は、両立できる仕事に転職することを視野に入れてみましょう。

例えば、職場から近い場所に保育施設がある企業や家庭や育児に理解を示す企業、シフト制で時間に融通が利きやすい企業などへ転職すると、仕事と家庭を両立しやすくなります。

育児休業のようにキャリアを諦める必要がないため、しっかりと働きたい方は転職を検討することがおすすめです。

あわせて読みたい
結婚後のフルタイム勤務はきつい?正社員やパートなど働き方の割合について紹介 本記事でわかること 結婚後のフルタイム勤務はきついのか 結婚後に働き方を変える場合に確認しておくポイント 結婚後も無理なく働き続けられる方法と利用すべきおすすめ...

30代でキャリアに関して悩みがある状態を放置するリスク

30代でキャリアに関して悩みがある状態を放置するリスク

30代が抱えるキャリアの悩みを放置すると、下記のようなリスクが生じます。

以下では、各リスクについて詳しく解説します。

仕事のモチベーションが低下する

30代で抱えるキャリアの悩みを放置すると、仕事のモチベーションが低下する恐れがあります。不安・不満を抱える状態では、やりがいを持って業務に取り組めません。

モチベーションが低下した状態では、仕事に集中できず、成果が振るわなくなる恐れがあります。特に、30代は今後のキャリアを伸ばしていく上で大切な時期です。

モチベーションに左右されてパフォーマンス力が下がれば、昇進・昇給が遠のくでしょう。

体調を崩す

キャリアに関する悩みを抱えたまま働き続けると、体調を崩す可能性が高くなります。悩みを抱えた状態では、常にストレスがかかるため、精神的な不調をきたす恐れがあります。

精神的な不調をこじらせてうつ病やパニック障害になると、30代以降のキャリアを棒に振ってしまうことが否めません。

ほかにも、キャリアの悩みが原因で不眠や食欲不振になると、風邪を引いたり頭痛になったりする機会が増えます。心身の不調を引き起こさないためには、今抱えているキャリアの悩みを少しでも早く解消することが重要です。

転職しにくくなりキャリアの幅が狭まる

キャリアに関する悩みを抱えた状態で漠然と30代を過ごすと、転職しにくくなり、キャリアの幅が狭まることを知っておいてください。

転職市場では、若ければ若いほど有利になります。特に、他業種への転職は、年齢を重ねるにつれて難易度が高くなる傾向です。

将来的に転職を視野に入れている30代は、抱えている悩みを解消しつつ、目的意識を持って日々の業務に取り組む必要があります。

30代でキャリアの悩みがあるならひとりで抱え込まずキャリアのプロに相談

30代でキャリアの悩みがあるならひとりで抱え込まずキャリアのプロに相談

キャリアに関する悩みを抱えている30代は、一人で抱え込まず、キャリアのプロに相談することがおすすめです。一人で悩みを抱えると、解決する糸口を見つけにくく、毎日同じことで不安を抱えやすくなります。

キャリアについて相談する方法として、次の2つがあります。

以下では、各方法について詳しく解説します。

キャリアコーチングを受ける

そもそも、キャリアコーチングとは、キャリア支援に特化したコーチングサービスのことです。キャリアに対して一人で悩むと、思いつく解決策に限界があります。

キャリアコーチングを受ければ、強みの洗い出しから自分に合うキャリアの方向性を明確にするところまでを支援してもらうことが可能です。キャリアコーチングを受けるメリットとして、下記の3つが挙げられます。

キャリアコーチングを受けるメリット
  • 人生やキャリアにまつわる目標を明確にできる
  • キャリアに関する漠然とした不安を解消できる
  • 昇給・昇進につながる可能性がある

キャリアコーチングを受けると、自身の可能性を広げるきっかけになります。キャリアに悩みを抱えている30代は、プロによるコーチングを受けてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントに登録する

キャリアコーチングを受けるなかで、転職の必要性が生まれた場合は、転職エージェントに登録しましょう。目指したい方向性が明確になった状態であれば、転職エージェントに相談するほうがスムーズにキャリアを切り開けます。

転職エージェントに登録すれば、次のようなメリットを得られます。

転職エージェントに登録するメリット
  • 希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • 書類添削や面接対策をしてもらえる
  • 転職にまつわる相談を気軽にできる

自分に合うキャリアに進むためには、キャリアコーチングと転職エージェントをうまく活用することが重要です。

30代でキャリアに関して悩みがある人におすすめのキャリアコーチング

30代でキャリアに悩みがある人は、下記のキャリアコーチングを利用することがおすすめです。

おすすめのキャリアコーチング
  • キャリドラ
  • ポジウィルキャリア
  • マジキャリ

以下では、各キャリアコーチングの特徴を解説します。

キャリドラ

サービス名キャリドラ
おすすめ度
5点
特徴・専属トレーナーによる自己分析サポート
・業界・業種リサーチを徹底できる
・自分の市場価値向上を目指せる
料金月額¥21,000~
無料相談の有無
公式HPhttps://careerdrive.jp/
キャリドラの特徴
  • 中長期を見据えたキャリアアップが可能
  • 短期間での年収アップ転職が目指せる
  • 徹底した自己分析で現状を正しく知れる

30代でキャリアについて悩んでいる方は、キャリドラでキャリアを見つめ直しましょう。ストレングスファインドや現状分析・過去分析が用いられるため、悩みを言語化することができます。現状を正しく知ることがキャリアアップの第一歩です。

悩み・課題を発見した後は、転職のプロが内定戦略カリキュラムを作成します。実践的なスキルと知識が蓄積されているため、中長期を見据えたキャリアアップが可能です。

まずは無料カウンセリングでキャリアに対する漠然とした不安を吐き出しましょう。不安を相談するだけでも、心がすっきりします。

>>公式HPを見る

メリット
  • 無料カウンセリング実施中
  • チャットサポートは24時まで対応
  • 管理者・MG向けマネジメント講習あり
デメリット
  • 求人紹介は受けられない

▼キャリドラの口コミ

\キャリアに行き詰まった方向け!/

ポジウィルキャリア

サービス名ポジウィルキャリア
特徴・生き方を含めて相談できる
・漠然とした不安も相談OK
・チャットでの相談も可能
料金・入会金:55,000円
・料金:385,000円~
無料相談の有無
公式HPhttps://posiwill.jp/career/
ポジウィルキャリアの特徴
  • キャリアトレーナーによるマンツーマントレーニングが受けられる
  • 中長期的なキャリア形成を得意としている
  • 顧客満足度が92%と高い水準になっている

ポジウィルキャリアは、20〜30代の相談実績がNo.1のキャリアコーチングサービスです。「年収をアップさせたい」「キャリアの方向性に迷っている」という方へのサポートを得意としています。

ポジウィルキャリアを利用する大きな魅力は、キャリアトレーナーによるマンツーマントレーニングが受けられることです。

一人ひとりの抱えるキャリアの悩みに沿ったサポートが持ち味であり、ポジウィルキャリアを利用すれば抱えている不安・不満に対して本音で向き合ってもらえます。

手厚いサポートによってキャリア形成がうまくいく受講生が多く、顧客満足度は92%と高い数値を記録しています。自分のキャリアに対してしっかりと伴走するサービスを選びたい方は、ポジウィルキャリアを利用しましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 受講生のニーズに合うトレーニングを受けられる
  • 厳しい研修をクリアしたトレーナーがサポートしてくれる
  • 中長期的な視点でキャリア形成を支援してもらえる
デメリット
  • サービスを利用する際にお金がかかる
  • プランによってサポートの質が変わる
  • 求人紹介はしてもらえない

▼ポジウィルキャリアの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
そーいえば、ポジウィルキャリア受けていたのは3年前だったかな。。 3年後、あの時よりも楽に倍ぐらい稼いでるから、人生、そんな悲観しなくても良いのかもね。
Review Image
Bさん
面談3回目終了🫡仕事理解で自分の強み、合う仕事の輪郭が見えてきた!タイトなスケジュールで組んでるから、ずっと頭の中いい意味で自分の事だらけ笑 しんどいけど楽しい。妥協せずに向き合えるだけ向き合うんだ。

引用:X(旧Twitter)

\一人ひとりにしっかりと向き合う/

マジキャリ

サービス名マジキャリ
特徴・無料で相談ができる
・転職・昇進どちらにも対応
・歴史が浅いにも関わらず実績が充実
料金・入会金:55,000円
・料金プラン:385,000円~
(2023年10月3日現在)
無料相談の有無
公式HPhttps://majicari.com/
マジキャリの特徴
  • 受講生の望むキャリア形成や具体的なアクション設計を得意としている
  • 本質的な課題解決を支援している
  • 20代前半から30代後半まで幅広い年齢層の方が利用している

マジキャリは、性格診断やキャリアの棚卸しを丁寧に進めた上でキャリアコーチングを行うサービスです。徹底したサポートが持ち味で、受講生の望むキャリア形成や具体的なアクション設計を得意としています。

マジキャリでは、キャリアに関する本質的な課題解決を大切にしています。対話やトレーニングを通じて短期的な課題解決ではなく、中長期的なキャリア形成を支援しています。

幅広い年齢層の受講生がいることから、30代ならではのキャリアの悩みに寄り添うことも可能です。キャリアについてしっかりと向き合いながら課題解決したい方は、マジキャリを利用することがおすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 全額保証があり安心して利用できる
  • サポート体制が充実している
  • 初回は無料で利用できる
デメリット
  • 利用時に料金が発生する
  • 成果を実感するまでに時間がかかる
  • すべてをサポートしてもらえるわけではない

▼マジキャリの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
毎回の宿題は大変でしたが、それも学生時代以来の経験だったので新鮮でよかったです。 また、どのセッションでも大野さんが自分の話をしっかり聞いてくれましたし、その中で自分では気づいていなかった特性なども拾ってくれたので、自分の頭の中を整理したり、自分自身についてより知ることができたりした部分がよかったなと思います。
Review Image
Dさん
小さなアクションの積み重ねで、昨日より元気になれた自分がいるような感覚を得て、毎日が明るいものに変わっていきました。 また、セッション全体を通して自分に向き合い続けたことで、やりたいことや叶えたいことが少しずつ見えてきたことも良かったと思う理由の一つです!

引用:note

キャリアに関する本質的な課題解決ができる

30代でキャリアに関して悩みがある人におすすめの転職エージェント

30代でキャリアに関して悩みがある人におすすめの転職エージェントは次の3つです。

以下では、3つの転職エージェントの特徴を解説します。

doda|質の高いサポートで30代の転職実績も豊富

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    ハイクラス求人の多さ
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェントサービスとスカウトサービスを利用できる
  • 書類作成や診断ツールが充実している
  • 転職フェアやイベントが多く開催されている

dodaは、転職事情に応じてエージェントサービスとスカウトサービスの両方を利用できる転職支援サービスです。自分のペースで転職活動を進めやすく、例えば、キャリアコーチングを受講しながら併用することも可能です。

dodaでは、書類作成ツールや診断ツールが充実しています。キャリアに迷いがある30代の場合は、年収査定やキャリアタイプ診断、転職タイプ診断を活用すると、将来を見越した転職がしやすくなるでしょう。

転職をする際に将来像を明確にしたい方は、dodaを利用することがおすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 求人数が豊富にある
  • 転職を有利に進められるイベントが多い
  • 一般職から管理職まで幅広い求人が用意されている
デメリット
  • 担当者によっては連絡がしつこい場合がある
  • 希望に合わない求人を提案されるときがある
  • キャリアアドバイザーによって質が異なる

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
E さん
dodaを経由して転職、年収は20万ほどup。半年経ちますが、自分に合った仕事を提案してくださいました。 エージェント任せだと一生転職できないと思います。最初に面接していただいた方とは話が合わず、ほとんど面談せず、一時期別の転職サイトを使っていました。 しかし、求人の数が多いので、自分のやりたい職種の会社に数打ちゃ当たる気持ちで応募しまくりました。(30社以上) そこから一次面接になったのが約15社ほど。 そこから二次面接になったのが3社。 内定をいただいたのは今の会社と、もう一社です。もう一社は二次面接を受けず断りました。 一次面接後の対応は非常に良く、二次面接後から内定までの交渉も年収や勤務時間などの言いにくい部分を伝えてくださいます。 私は5社ほど転職サイト使ってましたが、dodaが1番良かったです。転職活動を始めて約3ヶ月で転職できました。
Review Image
Fさん
親身で寄り添ってくれる姿勢は断然dodaです。 質の高いハイクラス求人に関しては、リクルートやビズリーチに軍配ですが、カウンセラーの方の対応などを含めるとdodaが使いやすいですね。

引用:みん評

\各種ツールが充実/

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と転職実績No.1

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人の多さ
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の実績を有している
  • 非公開求人が20万件以上ある
  • 転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍している

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の業界最大手の転職エージェントです。サポートの質が高いことはもちろん、取り扱い求人が豊富にあるため、多くの転職希望者から支持されています。

リクルートエージェントの大きな魅力は、待遇や条件が恵まれた非公開求人を数多く取り扱っていることです。キャリアコーチングを活用して自身のキャリアの方向性を明確にした方であれば、条件面にマッチする非公開求人を提案してもらいやすくなるでしょう。

サポートの手厚さと求人数を重視したい30代は、リクルートエージェントへの登録が必須です。

>>公式HPを見る

メリット
  • 取り扱い求人が豊富にある
  • 全業界・業種の求人を網羅している
  • 条件面の交渉などをスムーズにしてもらえる
デメリット
  • サポート期間が3ヶ月と限られている
  • 時期によっては面談予約が取りにくい
  • 求人数が多く応募先に迷いが生じる

▼リクルートエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Gさん
本番の面接前に、過去の質問例や面接の雰囲気などを教えてもらえたので、しっかり対策を練ることができ、助かりました。
Review Image
Hさん
模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用:リクルートエージェント

\業界No.1の大手転職エージェント/

JACリクルートメント|ハイクラス転職向け

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス求人の多さ
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACリクルートメントの特徴
  • オリコン顧客満足度調査の「ハイクラス・ミドルクラス転職」において5年連続No.1を記録している
  • 管理職・技術/専門職の転職支援に強い
  • 日系大手や外資系、メガベンチャーなど、魅力的な企業の求人が多い

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度調査の「ハイクラス・ミドルクラス転職」において5年連続No.1を記録している、確かな実績を持つ転職エージェントです。

主に、管理職・技術/専門職への転職支援に強みがあり、キャリアを伸ばしたい30代以降の転職希望者から人気です。

キャリアコーチングサービスを通じてキャリアの方向性を明確にすれば、自身の強みを活かして、キャリアアップを見据えた転職が実現できるかもしれません。

現在、管理職として活躍している方やこれからキャリアアップを図りたい人は、JACリクルートメントに登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • ハイクラス向けの求人が占める割合が高い
  • 年収アップを実現しやすい
  • キャリアアドバイザーの能力が高い
デメリット
  • 大手の転職エージェントと比較すると求人数が少ない
  • 都市部へ求人が集中している
  • キャリアによっては求人紹介を受けられない恐れがある

▼JACリクルートメントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Iさん
辛辣なご意見も多いので、担当者さんによってかなり対応が違うのでしょうか。 私には4名くらい担当がついてくださいましたが、どなたも親切で丁寧な方々でした。 やはり企業と直接繋がりのある方が担当者になってくださるので選考の進みも早く、面接はどんな雰囲気か、とか何を聞かれるか、とか面接ごとに丁寧に教えてくださいました。 面接後のフォローも丁寧で、面接でうまくいかなかったことを後からフォローしてくださったり、とても助かりました。
Review Image
Jさん
職務経歴が充実していれば【あり】です。 逆の場合、紹介すらしてもらえないでしょう。 転職5回、年齢45歳、プラントエンジ一筋の経歴で1ヶ月少々で転職出来ました。 ここは、企業側と求職者側の担当者が同じなのでニーズの乖離が少なかった感じがします。また、各担当者間で情報を共有しているため紹介数が多い。書類通過率は他エージェントと比べて高かったです。

引用:みん評

\キャリアアップを目指す方におすすめ/

30代でキャリアに関して悩みがある人からよくある質問

30代でキャリアに関して悩みがある人からよくある質問

30代でキャリアに関して悩みがある人からよくある質問は、次のとおりです。

以下では、よくある質問に対する回答を紹介します。

30代から目指せる職業はある?

下記は、30代から目指せる職業の一例をまとめたものです。

30代から目指せる職業
  • 建築士
  • 自動車整備士
  • 営業職
  • 医療事務
  • 介護士
  • 登録販売士 など

特に、高齢化している業界は、30代でも比較的目指しやすくなります。ほかにも、資格が必須となる職業も、30代からでもチャレンジしやすい傾向です。

ただし、20代よりも30代のほうが転職する難易度は高まります。30代から異業種へ挑戦する場合は、選考対策をしっかりと進めることが重要です。

30代のうちにやっておくべきことは?

30代のうちにやっておくべきこととして、次の内容が挙げられます。

30代のうちにやっておくべきこと
  • 本当にやりたいことを見つける
  • 人脈を構築する
  • マネープランを考える
  • 健康管理を大切にする
  • 仕事以外に夢中になれることを探す

仕事面においては、30代までに経験してきた職種を定年まで続けることが一般的です。本当にやりたい仕事は何なのか、どの領域で強みを発揮できるのかを早いうちに探すことが重要となります。

また、人脈を構築しておくことも30代のうちに注力すべき項目の一つです。

プライベート面では、将来に向けた資産形成とあわせて、健康管理や私生活を充実させる取り組みを進めることが重要です。40代・50代と豊かに暮らす準備に取り組むことが、30代のうちにやっておくべき内容と言えます。

30代で多い離職・転職の理由は?

30代で多い離職・転職理由は、次のようになっています。

30代の離職・転職理由ランキング

30代の離職・転職理由の第1位は、「給与が低い・昇給が見込めない」ことでした。なお、給与や昇給に関する離職・転職理由は30代以外の年代でも上位に入っています。

「スキルアップしたい」「尊敬できる人がいない」「昇給・キャリアップが望めない」などの項目は、30代ならではの離職・転職理由です。

30代は40代・50代の将来像について考える年代であるため、キャリアにまつわる離職・転職理由が上位にランクインしていると考えられます。

30代でキャリアに関する悩みがあるならキャリアコーチングを利用しよう

30代は仕事とプライベートのどちらも転換期となるタイミングであり、キャリアに関する悩みを抱える人が増え始めます。キャリアについて漠然とした悩みを持つ方は、何に対して不安を抱いているのかを紐解くことが大切です。

現在抱えている悩みを放置し続けると、仕事のモチベーションが下がるだけでなく、心身ともに不調になる恐れがあります。漠然と30代を過ごすと、今後のキャリアの幅が狭くなることも避けられません。

30代のうちにキャリアの悩みを解決したい方は、キャリアコーチングを利用することがおすすめです。なかでも、キャリドラは、仕事について、キャリアについて、どんなご相談でも受け付けています。キャリアに迷う多くの方から支持されています。

\どんなご相談でも大歓迎/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ