MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

27歳で転職は遅い?転職を成功させるために必見の転職情報大公開

仕事に慣れはじめる27歳の社会人が、実は転職しやすい年齢なのをご存じですか?20代の若さと実績・スキルを持ち合わせているため、年収アップも期待できます。

とはいえ、「27歳で異業種にも転職できるの?」「27歳で転職するメリットってなに?」と気になってしまいますよね。そこで本記事では、27歳の転職にまつわる悩みを徹底的に解説します。

27歳異業種転職におすすめのエージェント
  • 27歳で異業種転職をするならリクルートエージェントの登録は必須です。リクルートエージェントは25万件の求人があり、他のエージェントよりも幅広い業界・業種を見て選ぶことができます。
  • そのため、「27歳で異業種転職したいけど業界・業種は決めれていない」という人にはリクルートエージェントがおすすめです!

\25万件の求人から選べる!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

27歳で転職するのは遅い?

27歳で転職するのは遅い?

27歳で転職するのは全く遅くありません。むしろ27歳で転職するのはベストな年齢と言えるでしょう。

2020年は25歳から34歳の方が一番転職している人数が多いという調査結果が出てきます。そのため、企業側としても27歳の転職者はとてもほしい人材となっていることがわかります。

27歳の転職者は社会人としての十分な経験もあり、さらに若いということで年収が上がる可能性も十分考えられるのです。

参考:2020年労働力調査

27歳で転職するメリット

27歳で転職するメリット

実際に、27歳で転職するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。下記の3点をそれぞれ詳しく確認していきましょう。

27歳で転職するメリット
  • 年収が上がりやすい
  • 若さをアピールできる
  • 異業種へのチャレンジができる

年収が上がりやすい

27歳で転職すると、年収アップが期待できるでしょう。27歳は新入社員や第2新卒の年代と比べて、実績やスキルを企業にアピールしやすい特徴があります。

特に現職よりも規模の大きい企業や、成長率の高い企業なら実績・スキルを高く評価してくれる可能性が高まるでしょう。企業にとって採用のメリットがあれば、年収交渉も有利に進みますよ。

また、年収アップだけでなくキャリアアップも期待できます。例えば、営業職で培ったノウハウを活かして、マーケティングの道へ進むことも可能です。年収アップとキャリアアップを両方叶えるなら、27歳の転職がうってつけといえるでしょう。

若さをアピールできる

27歳になると、「もう若くないから転職は諦めよう」と考えてしまう人も少なくありません。しかし、27歳をまだ若手と判断する企業が多く、年齢をアピールできるチャンスです。

若さをアピールできる利点のひとつに、伸びしろを評価してくれる点が挙げられます。実績・スキルが多少乏しくても、企業は若い年齢ゆえのやる気を評価してくれますよ。

一方30代を過ぎると、伸びしろを評価基準に設ける企業が一気に減ってしまいます。27歳の転職は、若さとやる気を企業にアピールできる最大のチャンスといえるでしょう。

異業種へのチャレンジができる

多くの企業は、やる気のある若手人材を必要としています。特に、介護職やエンジニア職では人手が足りておらず、未経験でも歓迎してくれる企業が多数ありますよ。

27歳は若手人材に該当するため、たとえ未経験の業種でもチャレンジしやすいでしょう。若手人材の育成を目標に掲げた企業も多く、イチから新しい仕事を学びなおせるチャンスです。

なお30代で新しく仕事を覚えようとしても、体力的に難しい場合があります。また、30代の転職者は即戦力と認識される可能性が高く、教育のコストを削減されがちです。異業種へチャレンジするなら、27歳の転職がうってつけといえます。

27歳で転職するデメリット

27歳で転職するデメリット

27歳の転職には、デメリットもあります。27歳で転職するデメリットには、以下の2点が考えられるでしょう。

27歳で転職するデメリット
  • 年収がダウンする心配もある
  • 人間関係がリセットされる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

年収がダウンする心配もある

27歳で転職した際、一時的に年収がダウンする可能性があります。例えば、未経験業種への転職で前職のスキル・実績が活用できない場合は、入社時の年収が下がる傾向は強まるでしょう。

しかし、大切なのは入社時の年収ではなく、年収の伸び率です。転職先の企業でスキルを身につければ、昇進・昇給を通して年収がアップする場合もあります。一時的な年収ダウンと年収の伸び率を比較した企業選びが重要です。

なお、前職の経験が活かせる企業へ転職する場合は、前職の年収が基準値となります。内定後に年収の交渉をする場合は、前職の年収をもとに交渉を進めるとよいでしょう。

人間関係がリセットされる

転職して別企業へ移ると、社内の人間関係をイチから構築する必要があります。慣れない仕事を慣れない環境のなかで進めるのは、思った以上に疲れがたまってしまうでしょう。

一方、社内の人間関係に悩んでいた方は、転職によって新たな人間関係を構築できます。特にセクハラ・パワハラを受けていた方は、人間関係をリセットすることで良い方向につながる可能性が高まりますよ。

人間関係を重視して転職先を選ぶ場合は、口コミサイトを確認して社内の雰囲気をつかむ方法がおすすめです。

27歳で転職したほうがよい人の特徴

27歳で転職したほうがよい人の特徴

27歳で転職したほうがよい人にはどのような特徴があるのでしょうか。気になる特徴は以下を参照してください。

27歳で転職したほうがよい人の特徴
  • 実績やスキルがある
  • 今の会社ではキャリアアップが望めない
  • 異業種へのチャレンジ欲が強い

ひとつずつ見ていきましょう。

実績やスキルがある

27歳の若手でありながら、企業にアピールできる実績・スキルを持っている方は有利に転職活動を進められます。実績の例として、営業職の場合は売上目標の達成やMVP選出などが該当するでしょう。

また、経理職志望の場合は、簿記の資格で採用担当者にアピールできます。資格のほかに、ExcelやWordなどのツールを使いこなせる方も歓迎されやすいでしょう。

実績やスキルがあれば、企業の採用意欲度も高まるはずです。求人に記載されている募集要項を確認し、自分の実績・スキルが企業にアピールできるか確認するとよいでしょう。

今の会社ではキャリアアップが望めない

現職でキャリアアップが叶いそうにないなら、転職を視野にいれましょう。例えば、20代の若手と30代・40代の中堅社員がほぼ同列の仕事をしている場合、キャリアアップはほぼ見込めません。

また、年功序列制度が採用されている企業も注意が必要です。上のポジションを目指して実績をあげたとしても、年齢がネックとなりキャリアアップができない傾向が高まります。

勇気を出して転職してみると、市場価値の高い人材になる可能性もありますよ。キャリアアップできないもどかしさを感じているのなら、思い切って転職する決断も必要です。

異業種へのチャレンジ欲が強い

未経験の業種・職種にチャレンジしたい方は、27歳の転職がうってつけです。若手人材を必要としている企業は多く、未経験採用にも力を入れていますよ。

一方30代に近づくにつれ、企業は即戦力を求める傾向が強まります。また、慣れない仕事を覚えるのは体力的にも厳しくなってくるでしょう。

その点27歳の転職なら、たとえ現職の経験がさほど活かせなくても、ポテンシャルややる気を評価してくれます。27歳の転職は、未経験職種に挑戦できる大きなチャンスです。

27歳で転職を待った方がいい人の特徴

27歳で転職を待った方がいい人の特徴

27歳の転職をおすすめしたい一方で、人によっては転職を待ったほうがよい場合もあります。以下の特徴に該当する方は、転職を見送る判断も必要です。

27歳で転職を待った方がいい人の特徴
  • 社会人の基礎がなっていない
  • やりたいことがない
  • 逃げの転職になっている

ひとつずつ確認していきましょう。

社会人の基礎がなっていない

企業の採用担当者は27歳の候補者に対して、ある程度の社会人経験を期待しています。そのため、社会人の基礎がない人は企業から評価されにくいでしょう。

社会人の基礎とは身なりや礼儀などを指し、どの業種・職種でも重要視されます。面接時の受け答えはもちろん、応募時のやりとりにも細心の注意を払いましょう。

社会人の基礎があれば、転職活動の第一関門は突破できます。もし心配であれば、社会人の基礎力を身につけた後に転職活動を始めても遅くはありません。

やりたいことがない

やりたいことがないのに、なんとなく転職活動を始めようとしている方は注意してください。なぜならやりたいことを明確にしているほうが、転職を成功に導きやすいからです。

企業の面接時には、「なぜ今の会社を辞めて、うちの会社に入社したいの?」とよく聞かれます。やりたいことが明確ならスムーズに答えられますが、転職理由が漠然としていると言葉につまってしまうでしょう。

やみくもに企業へ応募するのではなく、まずはやりたいことやキャリアプランを自分のなかで整理してみてくださいね。

逃げの転職になっている

転職理由が「逃げの転職」になっているなら、転職を待ったほうがよいでしょう。逃げの転職とは、ネガティブな理由だけで転職先を決めてしまうことです。

例えば、「毎日のノルマがきつい」「上司や同僚が苦手だから」などの理由だけで転職するのは、逃げの転職に該当します。現職に不満があるなら、転職の前にまずは今の会社でできることを探す方法がおすすめです。

キャリアアップや異業種へ挑戦など前向きな転職に切り替えましょう。ただし、セクハラ・パワハラなどで悩んでいる場合は、心身の健康を最優先してください。

27歳の男女別で転職するときに注意すべきこと

27歳の男女別で転職するときに注意すべきこと

ここからは、27歳の男女別で転職する際に注意するポイントをご紹介します。男性・女性それぞれの注意すべきポイントは以下の通りです。

27歳の男女別で転職するときに注意すべきこと
  • 男性は将来に備えて年収を考慮しよう
  • 女性はライフイベントを視野にいれて転職しよう

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

27歳男性が転職で注意すべきこと

27歳男性が転職する際は、年収の確認を徹底しましょう。なぜなら、今後結婚をして家庭を持ったら、家族を養う可能性が高まるからです。

昨今の共働き世帯は増加傾向にあるものの、20代の共働き世帯が60%以上なのに対し、30代は半数以下まで減少するデータもあります。男性によく使われる「大黒柱」は古い価値観になりつつありますが、男性の収入のみで生計を立てる家庭も少なくありません。

しかし、転職をして必ずしも年収アップできるとは限らないので注意が必要です。将来について考えるなら、年収の伸び率まできちんと確認しましょう。

27歳女性が転職で注意すべきこと

27歳女性が転職する場合は、ライフイベントを考慮しましょう。特に、女性は出産や育児によってキャリアを左右されがちです。

これまで積み上げてきたキャリアを手放さないためにも、転職先には育休・産休制度が整っている企業がおすすめです。企業を選ぶ際は、産休・育休の取得実績や復帰率まで確認してみてくださいね。

現在は女性の社会進出に伴い、産休・育休制度が充実している企業が増えています。もし産休・育休制度が気になるなら、企業の採用担当者に問い合わせてみましょう。

【体験談】27歳で転職した人にインタビューしてみた

【体験談】27歳で転職した人にインタビューしてみた

実際に27歳で転職をした方にインタビューをしました。今回インタビューした方はリクルートエージェントを使用して転職をしました。さらに、業界は近いものの未経験での転職を成功されています。

性別男性
年齢41歳
業界旅行業界→ホテル業界
転職エージェントリクルートエージェント

Q.27歳で転職した理由はなんですか?

前職で今後の行く末が見えてしまったので、転職しました。

前職を辞めたのは毎日忙しくて夜も遅く、先が見えなかった言いますか、そのまま働いても5年後は斜め前の先輩、10年後はヘッド席の上司、20年後はその後ろの部長と自分の行く末が見えてしまい、嫌になったと言いますか、もっと他にも人生があるのではないかと思ったからです。

新卒で入社した会社で4年働いたあと、1年専門学校に通ったあと再び転職活動を行い会社員として働きだしたという感じです。

Q.27歳で転職したことはよかったと思いますか?その理由も教えてください。

私は27歳で転職してよかったと思っています。

ちょうど社会人経験も4~5年くらいになりますので、一通り社会人としての基礎は身についていました。そのため、即戦力として迎え入れてくれました。27歳の転職は即戦力、幹部候補生的な感じで向かい入れてくれるところは多いのではないかと思いました。

転職することがいい悪いは別として、まだまだ若いというのもあり、ある意味では転職しやすい時期でもあるのかなあと思いました。

Q.27歳で転職に迷っている方にアドバイスをください。

私自身は新卒で入った会社のことは好きでしたので会社が嫌で辞めたわけではないのですが、辞めたことに対する後悔はありませんでした。でもその時に会社を辞めたことが正解だったのか、そのままいた方がよかったのかは、今でもわからないです。

今思えばもったいなかったかなあと思うこともたまにはありますが、あのまま働いていれば激務で心を壊していたかもしれないなあと思うこともあります。一つだけ伝えたいのはもし転職するのであれば次を決めてからの方がよいと思います。

会社を辞めてから次を探すとなると収入も途絶えますので、なかなか決まらないと精神的にかなりしんどくなってきます。今思い返すとそれだけは失敗したなあと思っています。

27歳におすすめの転職エージェント

最後に、27歳におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントは、企業の紹介や選考サポートなどのサービスが充実していますよ。ぜひ、自分に合った転職エージェントを選んでくださいね。

27歳におすすめの転職エージェント

1位:リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも10万件以上あり、幅広い業種・職種を取り揃えている特徴があります。

また、全国のエリアに対応しているため、地方在住の人でも利用しやすいでしょう。Iターン・Uターン転職を考えている人にもおすすめです。

また、「転職を絶対にする!」と決めていなくてもキャリア相談として面談もしてもらえます。27歳で今後について不安な方が多いので、相談に乗ってもらえるのはモヤモヤした不安が取り除かれるはずです。

\転職成功者の8割が利用!/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

2位:doda

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】


また、
企業から直接スカウトがくるのがメリットです。他の大手転職エージェントではスカウト機能はないため、直接スカウトもらえる大手転職エージェントを利用したいならdodaを利用しましょう。

またdodaは、転職エージェントと転職サイト両方の使い方ができるサービスです。気になる求人があれば、エージェントを通さずに応募できます。

とくにIT・WEBに強い転職エージェントで、今後伸びる産業に転職したい27歳にとってはベストな転職エージェントと言えるでしょう!

\IT・WEB業界におすすめ!/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

3位:ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話

ビズリーチは27歳で転職したい方におすすめの転職エージェントです。なぜなら、ビズリーチなら年収をアップできる可能性が高いからです。

ビズリーチでは、年収800万以上の求人が多数あり、今の年収に不満を抱えている方にベストな転職エージェントになります。

有料会員になると企業へ直接応募できるので、自ら企業にアピールしたい方は検討してみるとよいでしょう。

\年収アップを目指せる!/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

まとめ:27歳で転職は遅くない!

今回は、27歳の転職をおすすめする理由やメリット・デメリットをご紹介しました。27歳の転職は新卒や第2新卒と比べて実績・スキルをアピールしやすい特徴があります。

さらに、やる気やポテンシャルも評価してくれる企業が多く、異業種のキャリアチェンジを叶えられるでしょう。やりたいことが明確なら、きっと企業側も応えてくれますよ。

おすすめの転職エージェントを利用しながら、27歳の転職活動を成功させてくださいね!

\転職成功者の8割が利用!/

あわせて読みたい
異業種転職が辛い理由を公開|異業種・未経験転職を成功させるためのポイントについても徹底解説 現職への不満やスキルアップを目指したいなどの理由で、異業種転職を検討していませんか? 一部で「異業種転職は辛い」という話を耳にしますが、異業種転職はスキル・年...
あわせて読みたい
27歳でスキルなしでも異業種転職はできるのか?スキルなしの人が転職を成功させる方法を解説 「今の仕事が楽しくない」と悩んでいる27歳の方はたくさんいます。しかし「スキルがないから」と転職をためらっているケースも少なくありません。 実際には、27歳スキル...
あわせて読みたい
転職したいけどスキルのない20代は転職できる?スキルなしの20代が今すぐやるべきことを解説 「転職したいけれどスキルがない」と悩む20代は多いです。しかし、20代の転職にスキルは必須ではありません。 特別なスキルを持っていなくても、転職に成功したケースが...
あわせて読みたい
30代スキルなしの男性は転職できるのか?30代スキルなし・未経験でも転職を成功させる方法を紹介 20代の転職とは異なり、30代になると即戦力や管理職としての経験を求められるのが一般的です。スキルなしの30代男性の転職はハードルが高いですが、未経験を受け入れて...
あわせて読みたい
28歳スキルなしは未経験転職できる?スキルなしの人が未経験転職を成功させる方法を紹介 「今の仕事が合わない」「未経験転職したいけど28歳スキルでも可能かな」などの疑問や不安を抱えていませんか?28歳同業界への転職と違って、未経験転職の場合は「今さ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

通信回線系企業の元営業。現在はWebライターとして活動しています。金融や転職からゲームまで幅広いジャンルで執筆中。誰が読んでもわかりやすくをモットーに、日々の執筆を行っています。

気になる見出しをタップ